あべの マスク 届い た。 アベノマスクのサイズは何センチ?いつ届く?届いたマスクの口コミを調査|めるブログ

小杉織物のシルクマスクが届いた

あべの マスク 届い た

4月から配布の始まった「アベノマスク」。 安倍晋三首相肝いりの新型コロナウイルス感染症対策だが、東京都内に住む記者のもとに、なぜか2回、国から布マスクが届いた。 12日時点では、東京、大阪、福岡の3都府県でしか配布が始まっておらず、いつになったら届くのかという声もあがるあのマスクが、どうして? 担当者に聞いてみた。 記者宅の郵便受けに一つ目の布マスクが届いたのは、4月17日。 「3つの密を避けましょう!」という注意が印刷された紙とともに、2枚ひと組の布マスクが入っていた。 差出人は厚生労働省だ。 それから6日後の23日、また同じマスクの袋が入っていた。 こんな投稿が複数あった。 布マスク配布に使われているのは、日本郵便の「タウンプラス」というシステム。 通常は企業のダイレクトメールやクーポンの配達などに使われ、宛名を表記せず、指定した地域内の事業所などを除いた配達可能な箇所すべてにポスティングできるという仕組みだ。 日本郵便によると、布マスクの全戸配布は、各郵便局の配達可能箇所数を日本郵便から厚労省に伝え、それに応じた数のマスクが各郵便局に届けられ、そこから管轄地域内にある郵便受けに配達する、という方法で実施されている。 同じ場所に2回届くことがあるのだろうか。 日本郵便の調査・広報部に電話で尋ねると、「あまり聞かないが……」と困惑ぎみ。 「担当者間で引き継ぎミスがあって同じ場所に2回配られた、などという可能性は考えられる」との回答が返ってきた。 マスクの供給がまだまだ不足するなか、手元に二つあるのは気が引ける。 送り返した方がいいのか、差出人の厚労省の医政局経済課に電話して、布マスク全戸配布の担当者に聞いたところ、「予備はあるので、他の人の分が足りなくなることはありません。 ぜひ有効にご活用ください」との回答で、肩すかしを食らったような気分になった。

次の

アベノマスクはいつ届くの?届け先や地域による配送時期に差はある?|こあらの散歩道

あべの マスク 届い た

4月から配布の始まった「アベノマスク」。 安倍晋三首相肝いりの新型コロナウイルス感染症対策だが、東京都内に住む記者のもとに、なぜか2回、国から布マスクが届いた。 12日時点では、東京、大阪、福岡の3都府県でしか配布が始まっておらず、いつになったら届くのかという声もあがるあのマスクが、どうして? 担当者に聞いてみた。 記者宅の郵便受けに一つ目の布マスクが届いたのは、4月17日。 「3つの密を避けましょう!」という注意が印刷された紙とともに、2枚ひと組の布マスクが入っていた。 差出人は厚生労働省だ。 それから6日後の23日、また同じマスクの袋が入っていた。 こんな投稿が複数あった。 布マスク配布に使われているのは、日本郵便の「タウンプラス」というシステム。 通常は企業のダイレクトメールやクーポンの配達などに使われ、宛名を表記せず、指定した地域内の事業所などを除いた配達可能な箇所すべてにポスティングできるという仕組みだ。 日本郵便によると、布マスクの全戸配布は、各郵便局の配達可能箇所数を日本郵便から厚労省に伝え、それに応じた数のマスクが各郵便局に届けられ、そこから管轄地域内にある郵便受けに配達する、という方法で実施されている。 同じ場所に2回届くことがあるのだろうか。 日本郵便の調査・広報部に電話で尋ねると、「あまり聞かないが……」と困惑ぎみ。 「担当者間で引き継ぎミスがあって同じ場所に2回配られた、などという可能性は考えられる」との回答が返ってきた。 マスクの供給がまだまだ不足するなか、手元に二つあるのは気が引ける。 送り返した方がいいのか、差出人の厚労省の医政局経済課に電話して、布マスク全戸配布の担当者に聞いたところ、「予備はあるので、他の人の分が足りなくなることはありません。 ぜひ有効にご活用ください」との回答で、肩すかしを食らったような気分になった。

次の

「“アベノマスク”届いた? 使っている人は何%?」「現金10万円は届いた?」 <アンケート結果>

あべの マスク 届い た

政府の布マスク配布に便乗して一方的にマスクを送りつけ、代金の支払いを求める「送りつけ商法」が横行しているという。 まずは受け取らないこと 例えば、宅配便を開封すると、中に箱入りのマスクのほか、「7日以内に代金を振り込むか、不要な場合は送料元払いでお返しください。 返送がなければ、購入したとみなします」などと書かれた高額な請求書や振込用紙が同封されているというパターンだ。 これまでも、、手を変え品を変えて繰り返されてきた古典的な悪質商法の手口だ。 代金引換制度を悪用し、先に代金を手にする場合もある。 ただ、それらの商品と違い、昨今の新型コロナ騒動でマスクは需給バランスが崩れており、簡単には手に入らない。 身に覚えのない業者から送られてきたものであっても、また、代金が高かったとしても、マスクの品質に問題さえなければ、ようやく手に入ったんだから支払って使おうという消費者も多いだろう。 悪徳業者は、そこに目をつけているわけだ。 まず、注文していない商品が入った宅配便を受け取ったり、開封したからといって、それだけで売買契約が成立するわけではない。 「返送がなければ、購入したとみなします」といった業者側による一方的な条件に縛られることもない。 それでも、受け取ってしまえば、業者に付け入るすきを与えることになるし、特に代引きだと返金を得るのも一苦労だ。 心当たりがない宅配便は拒否すべきだし、家族に確認したいのであれば、いったん受け取りを「保留」にしておくべきだ。 拒否だと送り主に返送されるが、保留だと不在扱いで持ち帰りになる。 もし家族が注文したものだと分かれば、再配達を依頼すればすむ。 じっと14日間待つこと では、代引でないことなどから安易に宅配便を受け取り、開封したところ、先ほどのようにマスクや請求書などが同封されていた場合、どうすればいいか。 絶対にそのマスクを使ったり捨てたりせず、そのままの状態で保管し、14日間、じっと待つことだ。 「不要な場合は送料元払いでお返しください」などと書かれていても、返送する必要などない。 というのも、により、売買契約に基づかないで送付された商品については、業者側が引き取りを行わなければならないことになっているからだ。 14日間、その商品の購入を承諾せず、送りつけた業者による引き取りもなければ、それだけで業者側は返還を請求できなくなる決まりだ。 すなわち、たとえ代金を支払わなくても、14日間経過すれば、受け取った側が合法的にその物を自由に処分できるようになるというわけだ。 廃棄せず、使用しても構わない。 送りつけ商法の悪徳業者が魚介類を送りつけてくるのは、保存がきかないため、受け取った側がつい早めに食べたり捨てたりし、代金支払いに応じざるを得なくなることを狙っているからだ。 7日間に短縮も可能だが… もっとも、2週間となると長いと感じる人もいるだろう。 商品を受け取った側から業者に対してその引取りを請求すれば、先ほどの特定商取引法により、14日間が7日間に短縮される決まりだ。 その間に業者が引き取りに来なければ、やはり受け取った側が自由に使って構わなくなる。 ただ、送りつけ商法をするような悪徳業者に連絡を入れると、個人情報を聞き出されて悪用される可能性が高い。 手数料だけ支払ってほしいなどとうまく口車に乗せられたり、これから取り立てに行くと脅されたり、裁判を起こすぞと恫喝されたりする可能性もある。 やはり放置したうえで、14日間待つのが賢明だろう。 ただし、最寄りの消費生活センターと警察の相談窓口に電話などで業者名などを伝え、相談しておくべきだ。 というのも、全国から同様の被害通報があり、情報を集積し、詐欺罪などで水面下の捜査が進められている可能性もあるからだ。 また、忘れたころに業者から連絡があり、代金の支払いを請求されるかもしれない。 送りつけられた側に責められるべき事情はないのだから、毅然とした態度を示し、警察にも通報済みだと伝えるといいだろう。 (了) ~序章 1 逮捕2日前 夜半、携帯電話に着信履歴。 大阪地検の特捜部長からだった。 折り返すと、「自宅でゆっくりしている時に悪いな。 検事正から話があるそうやから、明日の午後1時に検事正室に来てくれるか。 検事正には部長も同席するようにと言われた。 用件は不明や」とのこと。 日曜日の23時になろうかという時間だったし、翌9月20日は敬老の日だった。 地検トップの検事正がわざわざ特捜部の部長と検事をセットで休日の庁舎に呼び出すということ自体、穏当でない。 ちょうど9日前には、僕が主任検事として捜査の取りまとめを行った厚労省虚偽証明書事件で、担当課の元課長に無罪判決が下っていた。 捜査当時は「社会・援護局長」という厚労省の要職に就いていた方だ。 引責のための突然の人事異動の話か、フロッピーディスクのデータ改ざんの件ではないかと直感した。 僕は何よりも法と証拠を重視すべきプロの法律家である検事として、絶対にやってはならない罪を犯した。 元課長やそのご家族をはじめ、厚労省事件に関わった全ての関係者の皆さまに与えた計り知れない苦痛を思うと、まさしく万死に値する行いにほかならない。 検事として、それ以前に一人の人間として、衷心からのお詫びの気持ちを形に表すべく、けじめをつけなければならない。 後輩検事の一人に改ざんの件を告白した際、「最後は僕が首をくくって責任をとるから」と言っていたが、いよいよその時がやってきたようだ。 (続).

次の