ゴルフ ピッチング 打ち方。 ウェッジの正しい打ち方コツをまとめました!

ピッチショット|打ち方の基本と注意点

ゴルフ ピッチング 打ち方

グリーン周りの短いアプローチショットが苦手な方もいらっしゃるかも知れません。 でも、どんなにアプローチが苦手という方でもちょっとしたコツさえ知ってしまえば、案外簡単に打てるようになります。 アプローチショットには簡単に打てるコツがあると思うのです。 今回はグリーン周りからの短いアプローチショット(チッピング)を前提として構え方や打ち方、また使用するクラブについてもご紹介させていただきたいと思います。 尚、今回ご紹介するのは基本となるアプローチショットの打ち方になりますが、アプローチショットにはいくつかの種類があり、それぞれ打ち方が多少変わってきます。 それについてはにてご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。 構え方の6つのコツ アプローチショットの最大の秘訣・・・それは構え方にあると思います。 構え方が間違っていると、どのように打とうとしてもうまくいかず、トップやダフリに悩まされます。 大切なのは、 簡単に打てるように最初から構えておくこと・・・だと思います。 早速、その構え方についてみてゆきたいと思います。 1)スタンスは狭くとる。 殆ど揃えるくらいの気持ちで スタンスを狭くとることでアプローチショットのような小さなスイングがしやすくなります。 スタンスが広いと(次にご紹介しますが)最初から左に体重をかけにくくなりますし、上半身の動きが大きくなることで打点がブレてしまいます。 スタンスを狭くするだけでトップやダフリが改善する方もいると思います。 どの位狭くしたらいいかということですが、殆ど揃えるような気持ちで、具体的には、両足の間にこぶしが1個入る程度でいいと思います。 そのため、グリーン周りのアプローチショットでは最初から左足(左利きの人は右足)に体重の6割から8割程度をかけておき、 スイング中は体重移動をせずに打ちます。 そうすることで安定したアプローチショットが打てるようになります。 ただ、体重移動はしないというと下半身を動かさないようにされる方がいらっしゃいますが、下半身は動くのが自然で、むしろ固定しようとすると、トップやダフリの原因になることがあります。 体重は左足に6割から8割程度最初からかけておく、ということですが、のように低く打ってゆきたい時は左足に8割程度かける意識、のようにランニングアプローチよりも少し高さを出すショットの場合は左足に6割程度かけておいてもいいかも知れません。 また、でもご紹介しましたが、両足に均等に体重をかけて打つアプローチショットの打ち方もあります。 どちらの打ち方でもいいのですが、初心者の方やアプローチショットが苦手・・という方の場合は、左足に体重の6割から8割を最初からかけておく打ち方の方がショットは安定するかも知れません。 ただ、どちらのやり方も試してみる価値はあるかも知れません。 3)ハンドファーストに構える グリップがボールよりも前(ターゲット寄り)に来るように構えます。 具体的には、両手が左足太ももの内側の前に来るようにします。 ダフリやトップが多い方や、ボールを転がして打ってゆくランニングアプローチを打つ場合などは、両手がもう少し前、左足太ももの前に来る形にするといいかも知れません。 そうすることで(両手を左足太もも前にセットすることで)、ボールをよりクリーンに打てたり、ランニングアプローチの場合などはボールをより低く打ち出すことができると思います。 ハンドファーストとは、アドレスをした際、両手(グリップ)がクラブヘッドよりも前(ターゲット寄り)にあることを言います。 4)ハンドアップで構える 両手の位置ですが、もう1つポイントがあります。 それは、パターのようにハンドアップで構えるということになります。 具体的には、クラブ(ウェッジなど)のソール全体が地面に着くように構えます。 または、若干、ヒール側を浮かせて構えてもいいと思います。 フルショットの場合、このようにソール全体が地面に着くように構えると、が働いて、インパクトでヒール側が浮いてしまうことがあります。 ただ、アプローチショットのように小さなスイングではその心配がありません。 また、ヒール側を下の図のようにある程度浮かせて打つ方法もあります。 この場合は、クラブフェースのトゥ寄りでボールを打つようにします。 ところで、何故、こんな風にしてハンドアップで構えるのか? ・・・ということですが、ハンドアップで構えると、手が使いにくくなります。 これはフルショットではマイナスなことですが、アプローチショットのように小さなスイングの場合は、手を使うよりも、体、または肩を意識してスイングすると、ヘッドの軌道が安定して、ダフリやトップが出なくなります。 打ち方については後ほど詳しくご紹介しますが、手の過剰な動きを抑えるためにはハンドアップで構えるということが大事なポイントになってきます。 5)ボールはスタンスの真ん中から右にセットする 打とうとしているアプローチショットにもよりますが、ボールの位置はスタンスの真ん中からボール1個分程度右に置くと、最初に地面ではなくて、ボールを捉えやすくなり、ダフリなどを予防することができます。 ボールを低く打ち出したい場合は、スタンスの真ん中からボール1個分程度右にボールを置き、それ以外のショット、ピッチエンドランなどの場合は、ボールはスタンスの真ん中を1つの目安にするといいかと思います。 6)オープンスタンスについて グリーン周りのアプローチショットでは少しオープンスタンスで構えるのが一般的な構え方になります。 オープンスタンスで構えるプロも多いですが、オープンスタンスにすると、フォロースルーで体を回転させやすくなるという利点があります。 オープンスタンスの構え方ですが、両肩のラインはスクエアにしたまま(ボールとターゲットを結んだラインと平行にしたまま)、スタンスのラインだけ、少しオープンにします。 スクエアに構えた後に左足を少しだけ後ろに引くような形になります。 後は、スクエアスタンスと一緒です。 左足をどれだけ後ろに引いたらいいか・・ということですが、まず、5センチ程度後ろに引いてみてもいいかも知れません。 これはアプローチショットでは非常に一般的な構え方なのですが、ただ、スタンスだけオープンにするより、すべてスクエアに構えた方がシンプルだと感じる方もいらっしゃるかも知れません。 その場合は、スクエアスタンスでもいいと思います。 ただ、でも書かせていただきましたが、フォロスルーまでうまく振り抜けないためにトップやダフリが出ているような方の場合はこのオープンスタンスを試してみる価値はあるかも知れません。 打ち方の3つのポイント グリーン周りからのアプローチショットは構え方で結果がほとんど決まると言っても過言ではありません。 ただ、打ち方にもちょっとしたコツがあると思うんです。 1 フォロースルーでヘッドが両手を追い越さないように振る アドレスでまずハンドファーストに構えます。 インパクトではアドレスの時のように手(グリップ)がクラブヘッドよりも前に来るように意識します。 これをフォロースルーでも意識する。 つまりスイングの間は両手が常にヘッドよりも前になっていることを意識すると、安定したアプローチショットが打てるようになってきます。 2)グリップを思い切り短く持つ ダフリやトップを予防する良い方法があります。 それがグリップを思い切り短く持つということです。 右手がシャフトにギリギリかからない程度まで思い切り短く持ってみてください。 こうすることでクラブをよりコントロールできるようになります。 中にはサンドウェッジのフルスイングと同じような感じでグリップを握っている方もいますが、グリーン周りのアプローチショットではもっとグリップを短く持ってみるとスイングそのものが安定します。 アプローチショットのスイングというのはとても小さい(短い)ものですから、それに合わせてグリップも短く持ってあげるといいと思うんです。 3)肩を振り子のようにして打つ グリーン周りの短いアプローチショットは手や腕で打つのではなく、どちらかと言うと 肩を振り子のようにして打つことがコツです。 イメージとしては、両肩とグリップを結ぶ三角形を崩さないで打ちます。 これを実践するのに簡単な練習方法がありますのでご紹介します。 まず、一枚のタオルを用意します。 それを横にして両脇にはさんでください。 その状態でゴルフクラブを持ちます。 あとは、 このタオルを落とさないようにアプローチショットを打ちます。 最初は素振りから始めてみてもよいかも知れません。 タオルを両脇に挟んでアプローチショットを打とうとすると、体の動きと腕、手の動きが一体となったスイングが身に付くと思います。 腕や手だけで打とうとするとタオルが地面に落ちてしまいますので、よい練習になると思います。 また、このタオルの代わりに、クラブ(のシャフト)を水平にして、胸の辺りに持って行き、両脇に挟んで、その状態で(アプローチショットの)素振りをするのもよい練習になると思います。 機会があれば是非、実践してみてください。 番手の選び方は?できるだけ転がして寄せるのがコツ さて、アプローチショットで使うクラブですが、 サンドウェッジからミドルアイアンまで ・・を使うことができます。 (ユーティリティやフェアウェイウッドを使うケースもありますが、一般的な選択肢としては、サンドウェッジからミドルアイアンまでになるかと思います) グリーン周りから打つアプローチショットは、サンドウェッジで打つ人も多いかと思いますが、ただ、中にはサンドウェッジだとトップやダフリが出る・・という方もいらっしゃるかも知れません。 サンドウェッジのソール部分にはバウンスと呼ばれる出っ張りがあります。 この出っ張りがあるために、バンカーショットではクラブヘッドが砂に潜りすぎなくて済むのですが、芝の上から打つ場合は、このバウンスが先に芝についてしまって、トップやダフリが出てしまうケースもあります。 そのため、アプローチショットでサンドウェッジを使うとダフリやトップが出るような方はサンドウェッジはさけるか、バウンスの少ないサンドウェッジを使ってみるといいかも知れません。 詳しくはでご紹介しています。 さて、サンドウェッジからミドルアイアンまでを使うことができるのですが・・ 一番やさしいクラブはどれでしょうか? 実は多くの方にとって、アプローチショットはボールを転がした方が寄せやすくなります。 例えば、練習グリーンなどでボールを右手で持ってカップにできるだけ寄るように投げてみます。 その時、ボールを高く上げるのと、転がすのとではどちらが簡単に寄るかというと、恐らく多くの方は転がした方が寄ると思いますし、多くの方は何も言われなくても転がしてゆこうとすると思います。 この練習で転がした方が寄ると思われた方は、アプローチショットも同じように、できるだけ転がしていった方が良い結果につながるかと思います。 そう考えると、一番優しいクラブは、先ほどの選択肢にはないですが、パターということになります。 (打ち方はここでご紹介した打ち方ではなくて、通常のパターの打ち方で打ちます) ですので、アプローチショットの打ち方をご紹介してきて、こんなことを言うのも変ですが・・グリーン周りから打つ際は、まず、「パターが使えないかどうか?」と考えてみることがポイントになると思います。 これはある方が筆者に教えてくれたことですが、グリーン周りから打つ際、そこそこ良いチップショット(ウェッジなどを使ったアプローチショット)よりも、ちょっとミスしたパットの方がピンに寄る・・・ということが多いように思います。 さて、次に簡単なのは、先ほどの選択肢の中で最もロフトが少ないミドルアイアンになります。 その次にショートアイアン、最後にウェッジ・・・という形になります。 フェアウェイウッドやユーティリティでアプローチショットを使うこともできますが、現実的には使う機会は少ないと思いますので、簡単な順番は・・ 1)パター 2)ミドルアイアン 3)ショートアイアン 4)ウェッジ ・・ということになるかと思います。 打ち方はパター以外はここでご紹介した打ち方で結構です。 できるだけ転がしてゆくわけですが、手前にバンカーがあったり、ボールからグリーンまでがラフの場合は、できるだけ早くグリーンにボールを落とすことができるクラブを選択します。 世界の青木と言われたショートゲームの名手、青木功プロでさえ(グリーン周りのアプローチショットでは)まず「パターは使えないか」と考えたそうです。 ボールは上げたらどこに飛んでゆくかわからない。 だったら転がせばいいと。 青木プロはそれを(転がすという意味で)「ゴロフ」と呼びました。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

ゴルフクラブの種類で打ち分けよう!ピッチング・ウェッジの打ち方のポイント

ゴルフ ピッチング 打ち方

アプローチとは? アプローチとは、グリーンの周りからボールをグリーンに乗せてカップに寄せるための短い距離のショットのことです。 スコアアップの鍵を握っているのは、このアプローチであると言われています。 150ヤードなど長い距離のショットで正確にグリーンに乗せることは初心者には難しく、グリーンを外し、グリーン周りからリカバリーショットをするケースが多くなります。 10ヤードといった短い距離でも、アプローチでどこまでカップに寄せられるかで、次に打つパターの難易度が大きく変わり、最終的にパットの回数が大きく変わるため、アプローチは非常に重要とされています。 アプローチには打ち方の種類があるので、グリーン・カップまでの距離やシチュエーションによって適した打ち方を覚えておくと良いでしょう。 アプローチの種類 アプローチには3種類の打ち方があり、距離や状況によって使い分けます。 状況というのは、ボールがある場所の状態、グリーンの傾斜、グリーンの手前に障害物がある場合など様々ですが、初心者は以下の3種類のうち、まず「チップショット」からマスターするのが良いでしょう。 チップショット グリーンエッジからカップまである程度の距離があり、転がして寄せる場合。 例:グリーンまで10ヤード、グリーンエッジからカップまで20ヤードなど。 ピッチショット グリーンエッジからカップまでの距離が短かく、少し高めにボールを上げてグリーンに乗せ、少ない転がりで寄せる場合。 例:グリーンまで10ヤード、グリーンエッジからカップまで10ヤードなど。 ロブショット 高くボールを上げてグリーンに乗せ、少ない転がりでカップに寄せる場合。 プロのトーナメント中継で、高い軌道で真上からボールが落ち、ピタッと止まるシーンを見たことがある方も多いと思いますが、それがロブショットです。 グリーンの手前のバンカーや池など、障害物を超えてグリーンに乗せる場合などに使われます。 続いて、1のチップショットの打ち方についてご説明します。 アプローチの正しい打ち方 ここでは、初心者がまず始めにマスターしておきたい、チップショットの正しい打ち方についてご説明します。 このとき、左足はボールの延長線からクラブヘッド1個分のところに置きます。 左足の位置を決めたら、右足を左足に寄せ、わずかに足を開く位置まで狭めていきます。 右足のつま先の延長線上にボールがあるイメージです。 足の位置が決まったら、体重を左足に7割、右足に3割くらいのイメージで置きます。 最後に、グリップは左足の付け根の延長線上あたりで構えます。 これが、チップショットの正しいアドレスです。 コックは使わずに(手首は返さずに)、テークバックからフォロースルーまで、下図のように三角形を維持したまま振ります。 このとき、頭が動かないように注意しましょう。 頭が動くとトップやダフリというミスにつながります。 例えば、グリーンまで5ヤード、グリーンエッジからカップまで10ヤードという状況で、5ヤードほど飛ばしてグリーンに乗せたい場合のふり幅の目安は下の写真のとおりです。 ここでポイントとなるのは、テークバックとフォロースルーのふり幅は同じになるように振ることです。 アプローチのコツ 打ち方のコツもいくつかありますが、最も重要なのは「安全策をとること」だと言われています。 安全策とは、「できるだけ転がしてカップに寄せる」ことです。 スピンがかかってピタッと止まるアプローチは見ていてカッコ良いものです。 しかしその打ち方にはある程度テクニックが必要で、ミスのリスクも高くなります。 グリーンに乗せてからカップまである程度距離がある場合は、初心者はできるだけ転がす打ち方、つまりチップショットで打つことを考えましょう。 アプローチの時に使うクラブは? アプローチというと、PW(ピッチングウェッジ)、SW(サンドウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)を使うイメージがあると思います。 しかし、必ずしも「ウェッジ」という名称がついたクラブを使う必要はありません。 状況によって7番アイアンや9番アイアンを使うのが良い場合もあります。 グリーンまでの距離にもよりますが、グリーンエッジからカップまでの距離がある場合は、PWや9番アイアンなどのロフトの立ったクラブを使ってチップショットをすると、寄せやすいでしょう。 一方、グリーンエッジからカップまでの距離がない場合は、SWを使いピッチショットでボールを高く上げてピタッと止める打ち方をします。 ただし、7番アイアンや9番アイアンでチップショットをし、グリーン手前に落として転がしてカップに寄せる方法もあります。 初心者は、まずはロフトの立ったクラブで転がして寄せることを考えるのが良いでしょう。 アプローチの練習法とオススメ練習器具 1.アプローチの練習法 アプローチに正しい打ち方はもちろんありますが、実際のゴルフ場でより多くの経験をし感覚で慣れることも必要です。 ラウンドにたくさん行けなくても、アプローチ練習場を併設している打ちっぱなし練習場や、ショートコースに行くなどして、実際の芝から打つ練習をたくさんするのが上達への近道かもしれません。 またラウンド当日、そのゴルフ場にアプローチ練習場がある場合は、ぜひアプローチ練習をしてから本番のラウンドに臨むことをおすすめします。 2.オススメ練習器具 屋外で練習できる環境がない場合は、室内で練習するだけでも効果があります。 実際のゴルフボールを打てなくても、練習用の柔らかいボールを使用したり、アドレスの確認と素振りをするだけでも、ラウンド当日に落ち着いてアプローチショットに臨めるでしょう。 GDOゴルフショップでは屋外だけでなく室内でもアプローチ練習ができるグッズを取り扱っています。 自分に合った練習器具を取り入れて、アプローチ上達に向けて頑張りましょう。 クラブを買うならGDOショップで ウェッジは基本的、PW ピッチングウェッジ 、AW アプローチウェッジ 、SW サンドウェッジ 、LW ロブウェッジ の4種類あります。 企画協力/GolfTEC by GDO 「GolfTEC」とは、全米で160店舗を展開し、アメリカNo. 1の店舗数を誇るインドア・ゴルフレッスンチェーンです。 2012年5月、その日本第1号店「GolfTEC by GDO」として六本木にオープン。 1)完全マンツーマン、2)スイングの可視化システム、3)いつでも復習可能なWEBサポート、4)ビデオによるセルフトレーニング、5)いろんなメーカーから選べるクラブフィッティングで、あなたの上達を本物にします。 まずは、お気軽に無料カウンセリングのお申込みをお待ちしています!•

次の

ピッチショット|打ち方の基本と注意点

ゴルフ ピッチング 打ち方

ピッチングウェッジの飛距離は約100ヤード くらいで、アプローチにも使用できるので 使いこなせられると、出番の多いクラブに なります。 ピッチングウェッジは地面を削りやすい ダフリやすくなっているクラブです。 打つ時に、クラブと地面の距離を掴みたい ので、地面をかするように素振りをして 距離感を確認してショットにはいると ミスを減らせられます。 長いクラブのように、力いっぱい振るクラブ ではないので、グリップを短く持って、 コンパクトなスイングを心がけましょう。 TEL:049-265-5825 東武東上線「ふじみ野駅」西口 徒歩5分• TEL:046-884-8345 京急本線「汐入」徒歩3分• TEL:0480-48-5858 JR宇都宮線・東武伊勢崎線「久喜」バス15分• TEL:0493-23-5550 東武東上線「東松山駅」徒歩7分• TEL:048-832-1055 JR京浜東北線「与野駅」徒歩1分• TEL:03-3680-5333 東京メトロ東西線「西葛西駅」徒歩2分• TEL:042-373-5558 京王線・小田急線・多摩都市モノレール「多摩センター駅」徒歩1分• TEL:03-6915-1958 JR中央線、総武線、東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅より徒歩1分• TEL:0495-71-9437 湘南新宿ライン、上野東京ライン「本庄駅」徒歩11分• TEL:022-246-1215 仙台市営地下鉄「長町南駅」直結• TEL:045-264-6353 JR根岸線「石川町駅」徒歩5分 みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩7分• TEL:0436-98-4445 JR内房線『五井駅』東口よりバス約6分• TEL:03-6806-3071 東武伊勢崎線「西新井駅」徒歩7分、梅島駅徒歩10分• TEL:03-6240-7979 東京メトロ千代田線、JR常磐線 「綾瀬駅」より徒歩3分• TEL:042-505-9793 JR中央線 「国立駅」南口より徒歩3分• TEL:048-486-9318 JR武蔵野線 「新座駅」より徒歩1分• TEL:0480-58-8900 JR東北線・宇都宮線 東京上野ライン 湘南新宿ライン 「東鷲宮駅」より徒歩3分• TEL:03-6657-8274 北総線 新柴又駅より徒歩2分• TEL:03-6806-6506 JR山手線・京浜東北線 日暮里・舎人ライナー線 京成本線 日暮里駅より徒歩3分 JR山手線・京浜東北線 日暮里・舎人ライナー線 千代田線 西日暮里駅より徒歩7分• TEL:044-223-8100 京急大師線 鈴木町駅より徒歩2分• TEL:03-6451-7645 東急池上線 長原駅より徒歩3分、洗足池駅より徒歩7分 東急大井町線 旗の台駅より徒歩8分、北千束駅より徒歩7分• TEL:044-750-8439 東急東横線 元住吉駅より徒歩4分• TEL:047-303-3786 JR線 新浦安駅より徒歩17分• TEL:03-6913-9620 JR線 西荻窪駅北口より徒歩4分• TEL:047-323-6607 東京メトロ東西線 行徳駅より徒歩2分• TEL:03-6407-1402 小田急線 代々木八幡駅より徒歩7分 千代田線 代々木公園駅より徒歩10分 京王線 初台駅より徒歩13分• TEL:03-6411-5018 小田急小田原線 祖師ヶ谷大蔵より徒歩7分• TEL:048-739-6444 東武アーバンパークライン 豊春駅東口より徒歩1分• TEL: 047-479-5628 JR総武線 津田沼駅南口より徒歩2分• TEL: 03-6404-9114 JR京浜東北線 大森駅より徒歩2分• TEL:03-5826-8458 JR山手線 御徒町駅北口より徒歩3分 日比谷線 仲御徒町駅より徒歩1分 銀座線 上野広小路駅より徒歩4分 大江戸線 上野御徒町駅 A8出口より徒歩1分• TEL:03-6336-0010 JR埼京線 北赤羽駅赤羽口より徒歩30秒• TEL:042-315-6514 JR中央線 西武国分寺線 多摩湖線 国分寺駅より徒歩3分• TEL:03-6914-6768 西武池袋線 江古田駅北口より徒歩2分 西武有楽町線 新桜台駅より徒歩4分 大江戸線 新江古田駅より徒歩12分 西武池袋線 桜台駅より徒歩12分 有楽町・副都心線 小竹向原駅より徒歩15分• TEL:0297-48-0810 関東鉄道常総線 南守谷駅より徒歩7分• TEL:029-879-7553 つくばエクスプレス 研究学園駅より徒歩4分• TEL:03-5986-5677 西武池袋線 椎名町駅北口より徒歩3分• TEL:042-703-3500 JR線・京王線 橋本駅より徒歩15分• TEL:03-5725-2236 東急目黒線 西小山駅より徒歩3分• TEL:047-316-2562 JR総武線 本八幡駅北口より徒歩1分 都営新宿線 本八幡駅より徒歩1分 京成本線 京成八幡駅より徒歩2分• TEL:042-709-3833 小田急線線 町田駅より徒歩2分 JR横浜線 町田駅より徒歩5分• TEL:03-5876-7995 JR総武中央線 小岩駅より徒歩3分• TEL:047-404-5628 京成本線 船橋競馬場駅より徒歩5分 JR京葉線 南船橋駅より徒歩10分• TEL:03-6661-7258 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅より徒歩3分 都営新宿線 浜町駅より徒歩5分 東京メトロ日比谷線 人形町駅より徒歩6分 都営浅草線 人形町駅より徒歩7分• TEL:03-6905-6636 都営三田線 板橋区役所前駅より徒歩5分 JR埼京線 板橋駅より徒歩10分 東武東上線 下板橋駅より徒歩7分• TEL:0476-40-1562 北総線 印西牧の原駅より徒歩2分• TEL:045-628-9639 東急東横線 反町駅より徒歩3分• TEL:04-2968-6455 西武池袋線 西所沢駅より徒歩1分• TEL:03-5875-1890 総武線 亀戸駅北口より徒歩5分• TEL:043-222-0008 京成千葉線 千葉中央駅東口より徒歩1分• TEL:03-3474-4290 京急本線 青物横丁駅より徒歩2分• TEL:03-5972-4401 JR山手線 駒込駅東口より徒歩3分• TEL:03-5933-9161 西武池袋線 中村橋駅より徒歩2分• TEL:048-229-3058 JR京浜東北線 西川口駅西口より徒歩1分• TEL:04-2936-9497 西武池袋線 入間市駅南口より徒歩3分• TEL:03-5942-7328 JR中央線・東西線 中野駅北口より徒歩1分• TEL:045-710-0616 市営地下鉄ブルーライン 新羽駅より徒歩1分• TEL:045-508-9112 市営地下鉄ブルーライン センター南駅より徒歩3分• TEL:04-2941-4757 西武新宿線 新所沢駅西口より徒歩約2分• TEL:042-519-4042 青梅線・西武線 拝島駅南口より徒歩1分• 東京都昭島市松原町4-14-11 TEL:042-519-4042• 埼玉県所沢市緑町2-7-161F TEL:04-2941-4757• 埼玉県所沢市山口33-1 グランディール1F TEL:04-2968-6455• 横浜市都筑区茅ヶ崎東3-17-40 キャッスルサイドヒルズ1F TEL:045-508-9112• 横浜市港北区新羽町1636-1 パティオワンビル2F TEL:045-710-0616• 東京都中野区中野5-32-6 城西ビル1F 102号室 TEL:03-5942-7328• 埼玉県入間市豊岡1-7-21 イルマスクエアビルディング1F TEL:04-2936-9497• 埼玉県川口市西川口1-6-16 西川口駅前ビル1F TEL:048-229-3058• 東京都練馬区中村北3-19-11 今宮マンション中村橋B1 TEL:03-5933-9161• 東京都北区中里2-16-10 EPビル1F TEL:03-5972-4401• 東京都品川区南品川3-1-8 TEL:03-3474-4290• 千葉県千葉市中央区本千葉町2-5 今関ビル3-A TEL:043-222-0008• 東京都江東区亀戸5-32-21 渡辺ビル B号室 TEL:03-5875-1890• 神奈川県横浜市神奈川区泉町14-1 フィルボーン横浜1F TEL:045-628-9639• 千葉県印西市牧の原1-3 モアショッピングセンター TEL:0476-40-1562• 東京都八王子市横山町12-1 YOビル2F TEL:042-649-7790• 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋3F TEL:047-404-5628• 東京都江戸川区西小岩4-1-22 スピカ小岩ビル8F TEL:03-5876-7995• 東京都目黒区原町1-4-7 TEL:03-5725-2236• 神奈川県相模原市緑区西橋本5-4-3 TEL:042-703-3500• 東京都中央区日本橋浜町3-3-1 トルナーレ日本橋浜町1F 03-6661-7258• 東京都町田市原町田6-13-20 アズハーツ33 B1F 042-709-3833• 東京都新宿区揚場町2-20 島田ビル2F マルエツ2F 03-6457-5887• 千葉県市川市八幡2-6-12 スズキビル2F 047-316-2562• 東京都練馬区栄町27-8 2F 03-6914-6768• 東京都豊島区長崎2-13-15 地下1階 03-5986-5677• 茨城県つくば市研究学園5-19 イーアスつくば 029-879-7553• 東京都国分寺本町4-3-16 サンクレストビル2F 042-315-6514• 東京都北区赤羽北2-31-18 アクトピア北赤羽弐番館104 03-6336-0010• 東京都台東区東上野1-15-4 キスワイヤ御徒町ビルB1F TEL:03-5826-8458• 東京都大田区大森北1-10-14 Luz大森3F TEL:042-703-3500• 千葉県習志野市谷津1-16-1 モリシア津田沼オフィス棟2F 047-479-5628• 埼玉県春日部市上蛭田119-4 ネクストガーデンビル2F 048-739-6444• 東京都世田谷区祖師谷4-2-11 ビッグA入り口2階 03-6411-5018• 東京都渋谷区元代々木町49-25 横田ビル2F 03-6407-1402• 東京都杉並区西荻北3-32-12 ルミノール西荻窪 B1F 03-6913-9620• 千葉県市川市南行徳1-16-21 南行徳駅前郵便局2階 047-323-6607• 千葉県浦安市明海4-1-1 ニューコースト新浦安3階 047-303-3786• 神奈川県川崎市中原区木月1-31-3 2階 044-750-8439• 東京都大田区南千束1-4-4 03-6451-7645• 神奈川県川崎市川崎区港町12-1 イトーヨーカドー川崎港町店 2F 044-223-8100• 東京都荒川区西日暮里2-29-6 秋山ビル 2F 03-6806-6506• 東京都葛飾区柴又4-32-14 須原ビル 2F 03-6657-8274• 埼玉県久喜市桜田3-2-1 イオン・パルモール東鷲宮店2F 0480-58-8900• 埼玉県新座市野火止5-2-10 CKスクエア新座1F 048-486-9318• 東京都国立市中1-17-27 関口第3ビルB1 042-505-9793• 東京都足立区綾瀬2-18-3 メゾン南柏綾1F 03-6240-7979• 東京都足立区関原3-23-20 AIビル102 03-6806-3071• 千葉県市原市更級4-2-1 アクロスプラザ市原更級F棟 0436-98-4445• 神奈川県横浜市中区山下町221-1 B1 045-264-6353• 宮城県仙台市太白区長町7-20-3 ザ・モール仙台長町 アウトドアスポーツ館1F 022-246-1215• 埼玉県本庄市中央2-62-1 0495-71-9437• 東京都杉並区上荻1-16-16 ユアビル2F 03-6915-1958• 東京都多摩市落合1-39-1 マグレブビル5F 042-373-5558• 東京都江戸川区西葛西6-16-11 BPRスクエア西葛西2F 03-3680-5333• 埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-2-5 東栄アネックス与野5F 048-832-1055• 埼玉県東松山市神明町2-11 ビバモール東松山2F 0493-23-5550• 埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005-1 モラージュ菖蒲2F 0480-48-5858• 神奈川県横須賀市本町2-1-12 コースカベイサイドストアーズ5F 03-5577-3183 オープン準備室• 埼玉県ふじみ野市うれし野2-10-3 ソヨカふじみ野1F 03-5577-3183 オープン準備室.

次の