ゲリラマスク販売。 マスク争奪戦「ゲリラ販売」でも限界…ドラッグストア、「店内待機」する客に苦慮

マスク 売ってた、買えた、入荷販売店と入手率ランキング!最新総合

ゲリラマスク販売

新型コロナウイルス感染拡大にともなうマスク不足が4月も続いている。 国内メーカーは24時間体制で通常の3倍の増産をおこない、国は輸入も含めて3月には6億枚以上を供給したとする。 また、3月15日からは国民生活安定緊急措置法に基づき、マスク転売も規制している。 しかし、薬局やドラッグストアなどの現場では依然、品薄状態だ。 数少ない入荷のマスクを求め、店舗に早朝から「行列」を作って買い占める消費者が続出。 近隣住民から苦情が出たり、他の時間帯での購入の機会を設けてほしいとの要望があったことなどから、開店時の販売をやめて、時間を予告しない「ゲリラ販売」に切り替える店舗が出ている。 ところが、こうした措置にこれまで購入できなかった人たちからは賞賛の声が上がる一方、SNSでは、ずっと店内にとどまり、マスクの棚の前に座り込んで待つ人や、駐車場でゲリラ販売を「待機」する人が報告され、新たな悩みの種となっているという。 今、現場では何が起きているのか。 ところが、争奪戦は激化の一途をたどり、開店時の購入を目指し、早朝から並ぶ消費者の列は絶えない。 都内のある駅前ドラッグストアでは、「マスクありません」と入口に大きな注意書きを出している。 この店舗ではマスク販売に際して整理券を配布していたが、整理券を求めて早朝から消費者が店舗前の道路に長蛇の列をつくってしまい、歩行者や自動車のドライバーから苦情が出ていたという。 スタッフによる行列整理も限界があり、人が密集することで感染リスクの高い「三密」の状態におちいってしまうことから、この店舗では4月5日からマスクの販売時間帯を開店時から営業時間内の不定期へと変更した。 こうした「ゲリラ販売」は、全国に広がっている。 ドラッグストアチェーンの「ツルハドラッグ」でも、4月13日からマスク販売の時間帯を不定期へと変更した。 すでに一部の店舗で先行していたが、全国1200店舗(福岡県をのぞく)の規模で実施するという。 その理由として、早朝から寒い中、多くの人が並ぶことで、「購入をめぐるトラブル」などが生じていることを説明する。 また、早朝から並ぶことが難しい人から、他の時間帯にも販売してほしいという要望があったこと、転売目的と思われる人が定期的に列に並び、購入しているケースもあったとする。 全国1300の店舗を展開する「スギ薬局」でも、すでに4月10日から実施。 店内で待つ人には「ご遠慮いただきますようお願いいたします」と呼びかけている。 「ココカラファイン」や「マツモトキヨシ」などのドラッグストアチェーンでも、やはり販売時間を変更する店舗が増えている。 店舗と絶対にマスクを求めようとする一部の消費者との「いたちごっこ」は止まる気配がない。 SNSでは、「男性が1日中、店内をうろうろしてマスクの販売を待っている」「駐車場で家族連れが待機していて、車が停められない」といった声をはじめ、中には「高齢者のグループが店内待機を禁止されたため、1人を店内に残して他のメンバーは近くの喫茶店に待機している」などの情報も報告されている。 こうした事実はあるのだろうか。 スギ薬局を展開する株式会社スギ薬局(本社:愛知県大府市)の担当者は、「普段からSNSをモニタリングしていますので、今回も一部の店舗で待機されるお客様がいらっしゃることは把握しております」と話す。 スギ薬局では通常、SNSを通じて知った問題や、各店舗から集まってくる課題に対し、臨機応変に対応しており、マスク不足が本格化した2月からは販売をめぐるマスク問題にもさまざまな対処をしてきたという。 ただし、今回、マスクの販売方法を変更したのは4月10日であり、「まだ4日しか経っていませんので、今後の状況をみながら、必要に応じてできる限りの手を打つつもりです」とする(4月13日取材時)。 しかし、「供給の回復に向かっているという兆しが、感じられません。 それでも大手チェーンは入荷する方だと思いますが、一瞬でなくなります。 少量ながらも確保するように頑張っていますが…」とスギ薬局の担当者は語る。 マスク不足の本格化にともない、薬局やドラッグストアは2月から、懸命の対応をしてきたが、それにも限界がある。 「なんとか供給を増やしていただき、新型コロナ以前のように普通に購入できる状態に戻ってほしいです。 感染に対する恐怖心や不安感が長期に続く中で、さまざまな問題も起きてくるのだと思います。 2月から現場では毎日、できる限りの対応はしていますが、どなたにとってもベストということが難しく、いろいろな言葉を浴び続けることになっています。 でも、それも含めて私たちの仕事です」 スギ薬局では全1300店舗で処方箋の対応をしているほか、500店舗で薬剤師の訪問など在宅医療にも取り組んできた。 「薬局は地域の医療機関とも関係が深いですし、ドラッグストアでは生鮮食品以外の生活必需品をすべて売っています。 現場では感染リスクを背負いながら、私たちは医療機関とともに、最後までやり続ける立場にあります。 頑張ろうと声をかけながら取り組んでいます」 政府はこの4月、7億枚の供給を目指している。 シャープが3月24日から三重県内の工場でマスクの生産をスタートするなど、国は電機メーカーなどの参入にも力を入れているが、一般消費者への流通回復までには至っていない。 一部の買い占めを止め、マスクが足りない人へくまなくゆきわたるよう、1日も早い解消が望まれている。 meti. html )。

次の

7月16日|スギ薬局マスク消毒液情報!入荷日,販売時間いつ?在庫あり店は

ゲリラマスク販売

早朝から並ぶことのできない人はまず買えませんでしたし、 同じ人が何日も連続で並んで購入するという問題もありました。 そこで、マツキヨ は開店直後のマスク販売はなくし、 営業時間中にゲリラ的にランダムな時間帯で販売することになりました! ゲリラ販売いいねー👍 近くのマツキヨでも 『マスク販売の時間は不定期です。 並ばないでください。 長時間店内におられるお客様にはお声かけする場合がございます』て貼り紙してた😁 — kanae👑🐃 Kanagnu3 マスク、開店直後は販売しません ドラッグストアで相次ぐ導入…早朝の「行列」問題化で 言おうかどうか迷ってたんだけど記事になったので。 マツキヨもゲリラ販売をはじめてるみたいです。 一人でも多くの人にマスクが行き渡りますように。 ありがとう!アイリスオーヤマ! 2ヶ月ぶりくらいかな、お店で買ったの。 おばさまたち群がってて怖かったわよ、、 — まいまい 6歳4歳兄弟 dearsnow0128 午前中に買えた方もいれば、 14時・16時に買えた方も! 4月14日 休憩時間、マツキヨ来たらまさかのマスク売ってた!久しぶりに店頭でマスク買えた😷 — DEW tears0406 この方はお昼過ぎに購入。 仕事帰りにふらっとマツキヨ寄ったらマスク売ってて買えた — りゃん knknchain4649 18時以降に購入。 4月13日 仕事帰りにマツモトキヨシで列ができてたので並んだら、マスク5枚350円で買えた。 しかも余っていてさらに5枚。 そろそろ出回ってきたのかな? — かりんとう d4G0YiAf4i60jAw 19時頃。 4月12日 夕方だったけど、マスクが買えた…!マツキヨさんありがとう😭 — noriii n0r1ichan 夕方入荷のツイート多め! たまたま通りかかったマツキヨで、ちょうどマスクを売り出したところだったので一つゲット! トイレットペーパーも買えた。 久々にお店でマスクを見かけたわー。 — ゆりゆり horiyuri 13時ごろ入荷したとのツイートも。 ポイント ほぼ毎日マスクの入荷はあるようですが、 店舗や日によって販売時間はバラバラです! 今まで買えなかった方のために・・・ということなので、 お店側もしっかり対策を練ってくださっています! ツイートを見ての印象ですが、夕方~夜にかけての入荷も多めでしたよ! 時間は読めませんが、こまめにお買い物に行けば出会える可能性が出てきましたね!.

次の

7月16日東京マスク入荷速報!新宿・渋谷・秋葉原他で売っているマスク情報

ゲリラマスク販売

マスク不足が続く中、メーカー各社は24時間体制でマスクの増産にあたっていますが、医療機関や介護施設などでは十分な量が確保できておらず深刻な問題となっています。 nhk. html 国としても、マスク不足解消に向けて動いてはいるものの、まだまだ医療機関や介護施設などでは充分に行き届いていない状況が続いています。 もうまもなく花粉症シーズンが本格化してくる時期で、コロナウイルス対策だけではなく、生活に支障が出るという方も多くいらっしゃいます。 ただ、Twitterを見てみると、店舗によってはドン・キホーテで販売していたという声が多数聞こえてくるようになりました。 マスクいつまで品薄?ドンキホーテの入荷販売情報 Twitterを見てみると、ドン・キホーテでマスクを購入できたという声が多く聞こえてきました。 お1人様1点までだったけれど。 そんな声の中には、こんなものあったのでご紹介させていただきます。 ドンキホーテのマスクは割高?仕入れや価格は各店舗の店長の戦略? マスクをドン・キホーテで購入することができたという声の中にこんな声がありました。 ドンキでマスク5枚で1280円やった。 堂々と暴利を貪るなぁ。 誰も手に取らない。 — AyaNo…. たけぇよ — sayaO323 O323Saya ドン・キホーテの店舗のなかには、このように少し市場価格よりも高い?と感じるケースもあるそうです。 仕入れ値の違いもあったりするかと思いますが、ドン・キホーテは店長の裁量が大きいということが有名です。 仕入れるものも価格も、店長の采配によるところが大きく、それ故、店長や販売員のモチベーションも高いのが特徴です。 そのため、店舗によって、マスクに力を入れるのか、そして、マスクをいくらで売るのかも変わってきます。 先程のツイートは少しネガティブなものでしたが、一方でこのような粋な対応をする店舗もありました。 ドンキホーテ六本木店は10枚100円でマスク販売 ドン・キホーテ六本木店では、このような価格で販売されていたそうです。 また、買い占めを防ぐために、このような対応を取られる店舗もあったそうです。 ドンキホーテでマスク2箱目から9,999円? より多くの方にマスクを行き届かせるために、このようなファンキーな手法を取る店舗もあったようです。 今朝、開店直後のドン・キホーテでマスク売ってました。 この販売には、多くの方が好意的に受け止めているようでした。

次の