ゴールデン ブザー と は。 マークスペルマンのマジックの種明かしは?(ゴットタレント)【アンビリバボー】|衝撃ニュースシアター

コーディー・リー/盲目の自閉症シンガーがゴールデンブザー!【America’s Got Talent 2019】

ゴールデン ブザー と は

今回アンジェリカちゃんが選んだ楽曲は、アリシア・キーズの「Girl on Fire」。 緊張した面持ちだった彼女だが、いざパフォーマンスが始まると、力強い歌声で楽曲を歌い始める。 小さい身体からあふれ出る美しい音色に会場は大興奮。 椅子に座っていた観客も立ち上がり、アンジェリカちゃんの歌声に聞き入っていた。 ゲスト審査員のクリス・ハードウィックは、アンジェリカちゃんの歌声に魅了されたようで、彼女が歌い終わると「アンジェリカ、僕は思うんだ。 君が選ばれし子だとね! 」と興奮気味にコメント。 そして、目の前にあったゴールデンブザーに手を伸ばす。 ゴールデンブザーとは、審査員が1シーズンで1度しか使えないブザー。 出場者が獲得すれば、一気に準々決勝への進出が決まるというものだ。 クリスがボタンを押すと、黄金のテープが宙を舞い、会場全体がアンジェリカちゃんの健闘を称えていた。 クリスも審査員席を離れ、アンジェリカちゃんのいるステージに移動。 がっちりとハグを交わし、「君は素晴らしいよ! 」と喜びを分かち合った。

次の

「こんなのは初めてだ」辛口審査員サイモンをノックアウト-13歳のLaura Bretan(ローラ・ブレタン)が全米を風靡

ゴールデン ブザー と は

「長年、番組をやってきたなかで、こんなのは初めてだ。 信じられない」と、あの辛口審査員のサイモンをうならせたのは、わずか13歳の少女、Laura Bretan(ローラ・ブレタン)でした。 年齢相応のあどけない笑顔で、服装が大人びているわけでもなく、どこにでもいそうな可愛い13歳です。 ステージではガチガチに緊張して、聞かれたことを答えるので精一杯。 観客も不安そうに見守るなか、彼女が歌い始めたのは・・・ なんと、オペラ!しかも、こんなに華奢で小さな体から出てくるとは思えない声量と、信じられないレベルのコン。 感情移入も、まだ13年しか生きていない子のものとは到底思えません。 会場は総立ちで拍手喝さいし、審査員も全員ベタ褒め。 サイモンでさえ、彼女をこう称えました。 I have never heard anything like that in all the years I've been doing this show. Seriously, It was unbelievable. What made it even better is the fact that you are such a sweet person. So humble. Not even aware of how amazing you are. 長年、番組をやってきたなかで、こんなのは初めてだ。 本当に信じられないパフォーマンスだった。 さらに良いのは、君はとてもかわいらしく、謙虚で、自分がどれだけ素晴らしいか気づいてさえいないこと Mel Bがゴールデンブザーを押し、準決勝までスキップできる権利を得ました。 各審査員がブザーを押せるのはシーズン中に1回のみで、そう簡単には押されません。 彼女はすでに優勝といってもいいでしょう。 そしてなにより、本当にかわいい・・・こうした番組に出場する子どもたちって、ませていたり、生意気だったりすることも多いですが、彼女は邪気が一切ないですね。 ゴールデンブザーも5000%喜んでます(笑)お母さんも控えめで素敵。 両親は人で、彼女はアメリカで生まれ育ったそうです。 歌を始めたのは、7歳のときにディズニー映画「眠れる森の美女」を観ながら、一緒に歌ってみたのがきっかけ。 ただ、敬虔なクリスチャンのお母さんは、ディズニーが教会音楽ではないことが気に入らず、2人の妥協点がオペラだったそう。 オペラで妥協する7歳もすごいな(笑) ある程度、彼女が逸材だと事前に分かっていなければ、こういうカメラの回し方はできないよなーと思い調べてみたところ、 この番組に先立って、数ヶ月前にの同様の番組で優勝したそうです。 なるほど。 在住のおじいちゃんの強い希望で出場したとか。 そのときのパフォーマンスは以下より観られます。 審査員が彼女のの訛りから「人?」と聞いていたから、きっと英語の方が得意なんですね。 Romania's Got Talentに続いて、America's Got Talentでもぜひ優勝してほしい!準々決勝が待ちきれません。 wasabiNY.

次の

【動画de英語】America's Got Talentでゴールデンブザーを押させた13歳のライオン少女!|Courtney Hadwin(コートニー・ハドウィン)

ゴールデン ブザー と は

最高栄誉「ゴールデンブザー」とは?• ゴールデンブザーとは審査員と司会者に与えられる特権。 ゴールデンブザーボタンを押された挑戦者は、準々決勝(生放送)進出が無条件で確定する。 ただし、各審査員ワンシーズンに1回ずつしか使えない。 ゴールデンブザーは、審査員にとっては特権で、挑戦者にとっては最高の栄誉。 ゴールデンブザーが押されると、会場全体がゴールドの紙吹雪に包まれる。 挑戦者が感動で泣き崩れるシーンはなんとなくもらい泣きしてしまう。 ブーイング後の爆笑2大ゴールデンブザーを紹介! 大抵の場合、ゴールデンブザーはどの審査員が押しても、満場一致で拍手喝采の中迎えられる。 なぜなら、ゴールデンブザーが良いパフォーマンスに送られるものだからだ。 しかし、審査員一人だけが気に入った場合、ブーイングの中でゴールデンブザーが鳴り響くこともある。 しかし、なぜかだんだん会場に気に入られ、最終的には審査員1人の独断でゴールデンブザーが送られた。 ダサさで会場の心を見事に掴んだ挑戦者のロレイン・ボーウェンも面白い。 【和訳】審査員全員に嫌われそうになりつつも 予選通過したロレイン・ボーウェン• こういったパフォーマンスが好き。 サイモンの「 あんなのに押すなんて 君は何か問題でもあるのか?」というやり取りも面白いのでぜひ最後まで見て欲しい。 しかし、なぜかまたあの審査員が……• 【和訳】次々と鳴り響く失格ブザーに、あの男が動く! BGT 2014• 最初から挑戦者の立ち振る舞いやゲイっぽいスタイルを気に入っていた。 もう歌とか関係ないのかな? 笑 ただめっちゃ面白いwww 本当はこれが感動のゴールデンブザー3選 まず爆笑したのを紹介してしまいましたが 笑 、大抵のゴールデンブザーは次に紹介するようなものです。 13歳のコートニーは己の全てを歌に込め、オーディションに勝利する!• 腹話術で勝利を手にした12歳ドルシーの予選• 今年最後のゴールデンブザー!ベン・トリガーのダンスに観客総立ち•

次の