ほおずき 季節。 ほおずきの季節っていつ頃?

ほおずきの季節はいつ?実・花の時期からお盆に飾る由来、季語や食用の旬も!

ほおずき 季節

ホオズキとは• 基本情報• 特徴 ホオズキは、赤いちょうちんがぶら下がったような姿が愛らしく、古くから親しまれてきました。 このちょうちんのような袋は、ホオズキの萼です。 ホオズキは3月ごろ、地下茎から芽を伸ばし始め、5月から6月ごろ、伸びた茎の各節に薄クリーム色の花を咲かせます。 花が受粉すると果実だけではなく、萼も非常に大きく成長し、袋状に果実を包み込みます。 袋状に育った萼は、最初緑色ですが、8月ごろから朱赤に色づき、これが観賞用にされています。 秋になるとやがて地上部が枯れ、冬は地下茎のみとなって冬越しします。 切り花や鉢物として少し早い時期に出回る色づいたホオズキは、バナナを黄色く熟させる際に使われるのと同じ、エスレルという植物成長調整剤で処理されたものです。 浅草寺の「ほおずき市」で、毎年夏に鉢仕立てのホオズキが売られるのが有名ですが、もともとは果実が解熱薬になる、同じホオズキ属のセンナリホオズキ( Physalis angulata)を買い、夏の病気に備えたのが始まりです。 よく熟したホオズキの袋状の萼は、数日水につけておくと柔らかい組織が溶けて葉脈だけが網状に残り、非常に美しい飾りとなります。 ホオズキ属の植物は、南北アメリカ大陸に多く、一部はヨーロッパ中~南部、西アジアから日本に100種ほどが分布しています。 特に、メキシコ~中央アメリカにかけて、多くの種が知られています。 ホオズキは、ヨウシュホオズキの変種とされており、原産地は判然としていないのですが、東アジア原産とするのが一般的です。 基本データ 園芸分類 草花 形態 多年草 原産地 東アジア 草丈/樹高 30~100cm 開花期 6月~7月 観賞期 8月~9月(果実を包む萼を観賞) 栽培難易度 1~5 耐寒性 強い 耐暑性 強い 特性・用途 初心者でも育てやすい,耐寒性が強い,落葉性.

次の

ほおずきの季節っていつ頃?

ほおずき 季節

ほおずきの季節はいつ? ほおずきの花の季節は6月~7月! ほおずきの花は、実に比べて余り注目されない存在ですが、 開花する季節は6月~7月頃です。 ほおずきは、花が咲く時期が近づくと茎をぐんぐんと伸ばし、 葉が出ている茎の節の部分に白やクリーム色の花をつけます。 ほおずきの花は、上の写真のような 小ぶりの星形の一重の花で、 同じ科に属するナスやピーマンの花にも少し似ています。 ほおずきの実の季節は8月~9月! ほおずきの実がきれいな赤色に色づき見頃になる季節は 8月~9月頃です。 ほおずきは花が咲いたあと、 ガクの部分が発達して果実を包み込み、ちょうど提灯のような形になります。 提灯型のガクは、 最初は緑色ですが、7月下旬から色づき始め、8月~9月頃にはきれいな赤色になり、 中の丸い実も同様に赤く色づきます。 ほおづきが出回る季節は6月~8月! 花は6月~7月、実は8月~9月頃が季節のほおずきですが、 市場に出回る時期は、大体6月~8月頃です。 浅草で行われる恒例のほおずき市でもお馴染みの 鉢植えが出回るのは、6月~8月。 赤い提灯のような実が付いた切り花が出回るのも 7月~8月のお盆シーズンになります。 スポンサードリンク 季節のほおずきをお盆に飾る由来は? ほおずきはご先祖様が戻る目印の提灯! お盆の時期に、ほおずきを仏壇やお墓に飾るのは、 提灯によく似たほおずきの形が由来となっています。 ほおずきは漢字で 「鬼灯」と書くように、 ご先祖様がお盆に戻ってくるときの目印の役割を果たすと昔から考えられていました。 お盆の迎え火や提灯とともに、精霊が迷わずに戻ってくる道しるべとして、ほおずきが飾られるようになったわけですね。 ほおずきの空洞にはご先祖様の魂が宿る! お盆にほおずきがお供えとして飾られるようになったのは、 ガクに実が包みこまれたユニークなほおずきの形も由来のひとつ。 お盆にお家に戻ってきたご先祖様の精霊は、 体を持たないためお盆の期間中、どこか宿る空間が必要です。 精霊は中が空洞になっている所に宿ると信じられていて、ガクが実を包みこんで中に空の空間があるほおずきは、 まさにおあつらえ向きの場所。 家に戻ってきたご先祖様の精霊は 、ほおずきの中に宿ってお盆を過ごすと考えられたのだそうです。 ほおずきの鉢植えは季節の贈り物にもおすすめ! スポンサードリンク ほおずきの季節の風物詩としての歴史とは? ほおずき市は江戸時代から始まった風物詩! ほおずきといえば、東京浅草の浅草寺で7月の始めに行われる 「ほおずき市」が有名ですよね。 ほおずき市は、現在も東京を中心に各地で開かれている季節の風物詩で、 江戸中期からの歴史があります。 ですが、ほおずき市は、以外にも浅草寺ではなく港区芝にある 愛宕(あたご)神社の縁日が起源。 江戸中期、芝の青松寺の門前町に住む使用人が、 6月24日の功徳日に 青ほおずきの実を愛宕の神前で鵜呑みにすれば、 大人は癪の種(腹の立つ原因)を切り、子供は虫の気を封ずる とのお告げの夢を見たのが、 ほおずきが縁日で売られるようになった由来といわれています。 その後、 同じ日程で、盛大な縁日が既に行なわれていた浅草寺でも、ほおずきが売られるようになったのだそうです。 愛宕神社の縁日で、ほおずき市が当たったため、「これはいける」と、 浅草寺の縁日でも取り入れられ、季節の風物詩になったわけですね。 ほおずきは薬として古くから使われていた歴史も! 現代では主に観賞用として流通するほおずきですが、愛宕神社のほおずき市以前から、 薬として使われてきた歴史があります。 ほおずきの地下茎や根は、 酸漿根 さんしょうこん という名前の生薬で、平安時代には 鎮静効果のある薬として使用されていました。 現在も、 咳・たん・解熱・冷え性などの薬として使われる場合がありますが、 子宮収縮させる効果があるため妊婦は注意が必要な生薬です。 ほおずきは観賞用の園芸品種の他に、食べられる品種があり、ヨーロッパなどでは鑑賞目的ではなく食用に栽培されてきた歴史があります。 食用ほおずきの旬は8月~10月頃で、 甘酸っぱく濃厚な味わいが、日本でも近年、新感覚のフルーツとして話題となっています。 上記のフルーツほおずき320gは、北海道赤井川コロポックル村で育てられた産直品で、摘みたての旬の味わいが楽しめますよ。 食用のほおずきの味を例えるなら、 食感は少しミニトマトに似ていて味はパイナップルといった感じ。 有機栽培で育てられた新鮮なフルーツほおずきは、 鉄分やキシリトールも豊富に含まれていて、ヘルシーなおやつやデザートにおすすめです。 食用ほおずき「ゴールデンベリー」は話題のスーパーフード!.

次の

ホオズキ

ほおずき 季節

原産は東南アジアで、近縁種が南欧やアメリカ大陸など温帯に自生しています。 草丈は60~80㎝で葉は広卵形で互い違いに生え、葉の緑には少数の大きな鋸歯があります。 ほおずきの花 ほおずきの花は淡黄色で6~7月頃、葉の脇に花径1~2㎝で五弁を下向きにつけて咲きます。 花の後に蕚が赤い提灯のような袋状になった実がつき、このふっくらとした様子から頬を連想した「頬づき 顔つきなどのつき 」と呼ばれるようになり、同時に熟した実の種をとって頬を膨らませてほおずきを鳴らす子供たちの様子から「頬突き」であるともいわれています。 ほおずきの種類 ほおずき属に分類されるほおずきには食用にできる食用ほおずきと言われる種類があります、原産地は熱帯アメリカから東部にかけての地域でメキシコや中南米では野菜として一般的に栽培されているようです。 日本でも最近はホオズキトマトなどの名前で苗が販売されています。 品種としてはオオブドウホオズキ、シマホオズキ、ショクヨウホオズキ等があり、秋田県上小阿仁村の特産品で北海道では1995年から由仁町、江別市などでも生産されています。 また、センナリホオズキという種類はほおずきよりも小型の実をつけ、熟しても蕚は緑色のままで赤くなることはありません。 丈夫な性質で熱帯アメリカ原産ですが、暖地では帰化植物として野生化しているほど。 私たちがほおずきと呼んでいる鑑賞用のほおずきにも色々な種類があり、世界では約80種類が分布していると言われています。 丹波オオミホオズキは丹波が産地のほおずきで、時に実が大きく草丈も100㎝程度になる大型の品種です。 主に切り花用に使われています。 サンズンホオズキは草丈15~20㎝と小型なので鉢植えに向いています。 ヨウラクホオズキは通常ちょうちんのような袋状になる蕚がなぎなたの刃のような形になって垂れ下がるのが特徴で、なぎなたほおずきの名前もあり、種はできずに株分けのみで増やされます。 ほおずきの育て方 ほおずきの植え付けの時期は3から4月です。 庭植えの場合は株を15~20㎝間隔で植えつけ、鉢植えの場合は6号以上の大きな鉢に植え付けます。 水はけと水もちの良い土を好むので赤玉土中粒と腐葉土を5:3の割合、それに調整済みのピートモス2の配合土がおすすめです。 植え付けの時にリン酸分の多い緩効性化成肥料を混ぜて使用します。 鉢植えの場合は植え付けの時にあまり肥料をあげすぎると大きくなりすぎてバランスが悪くなってしまうので元肥入りの土に植え付けたら最初の花が咲くのを待って追肥するようにします。 陽当たりの良い場所を好むので1年を通じてよく日の当たる場所に植え付けます。 鉢植えも同様です。 庭植えの場合は水はけにも注意をし、水はけの悪い場所では盛り土をして植え付けるようにしましょう。 病気は6~8月に高温と雨が続くと白絹病が多発します。 水はけを良くして病気が発生した株は周りの土事取り除き、速やかに破棄するようにしましょう。 アブラムシ、オオニジュウヤホシテントウは4~8月の特に新芽にアブラムシが発生しやすくなります。 発生したらすぐ防除します。 オオニジュウヤホシテントウは6~8月に発生します。 見た目はテントウムシに似ていますが、葉を食害して穴だらけにしてしまいます。

次の