ドコモ aquos sense3。 AQUOS sense3レビュー(アクオスセンス3):スペック・性能・サイズ・価格・コスパ【評判・口コミ】

AQUOS sense3 (sense3 lite)の詳細スペックと実機レビュー、楽天モバイル対応、2020年で一番売れる実用性重視の格安スマホ

ドコモ aquos sense3

AQUOS sense3の価格 端末価格は31,680円 ドコモにおけるAQUOS sense3 SH-02Mの価格は 税込31,680円です。 2019年秋冬モデルではに続いて安い端末です。 以前のように複雑な割引はなく、この価格にプランの月額料金がプラスされます。 支払いは一括払い・12回・24回・36回払いが可能で、どれを選択しても価格は変わりません。 詳細: スマホおかえしプログラム不可 ドコモでは、 スマホおかえしプログラムを実施しています。 これは、対象端末を36回分割で端末を購入し、スマホを返却すると、12回分の支払いが免除されるしくみです。 ですが、AQUOS sense3 SH-02Mはスマホおかえしプログラムの対象外です。 9 重さ 約167g 画面サイズ 約5. AQUOS sense3はドコモ以外にau・UQモバイルでも発売されました。 ソフトバンクはAQUOS sense3 plusです。 本体カラー・色 AQUOS sense3 SH-02Mの本体カラーは 「ライトカッパー」「ブラック」「シルバーホワイト」「ディープピンク」の4色です。 5インチのIGZO画面 AQUOS sense3 SH-02Mの画面サイズは5. 5インチです。 SHARPのIGZOディスプレイを使用しており、高精細で明るい画面なのに加え省エネにも優れています。 シングルSIM・DSDS非対応 AQUOS sense3 SH-02MはSIMスロットが1つのシングルSIMです。 DSDS・DSDVには対応していません。 CPUはSnapdragon630 AQUOS sense3 SH-02Mに搭載されているチップセットは Snapdragon630です。 ハイスペックとまでは言えませんが、普段使いには十分です。 高負荷のゲームをしなければ問題ない性能でしょう。 これだけあれば十分でしょう。 また、ストレージ容量はSDカードで増設可能です。 microSDカード挿入可 AQUOS sense3 SH-02Mは最大512GBの マイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。 本体のストレージ容量は64GBありますが、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。 メインレンズ:1,200万画素• 広角レンズ:1,200万画素 普段はメインカメラを使いつつ、風景を撮る場合や大人数の写真を取る場合は広角カメラに切り替えるなど、 被写体に応じて切り替えが可能です。 また、 カメラにはAIが搭載されており、 被写体を自動判別して自動的に最適な撮影モードに設定してくれます。 イヤホンジャック搭載 AQUOS sense3 SH-02Mには本体上部に 3. 5mmイヤホンジャックが搭載されています。 有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。 USB端子はUSB Type-C AQUOS sense3 SH-02Mの USB端子はUSB Type-Cです。 5GhzのWiFiに対応 AQUOS sense3が対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。 802. 4,000mAh長持ちバッテリー AQUOS sense3 SH-02Mには 4,000mAhの大容量バッテリーが搭載されています。 特にIGZOディスプレイの省エネ性能が高く、消費電力を低減してくれます。 付属しているのはSIMピンのみです。 すでにUSB Type-C対応のケーブルやACアダプタをお持ちの方はそのまま使用できます。 お持ちでない方はこちらから購入しましょう。 指紋認証センサーはホームボタンに設置されています。 防水・防塵対応 AQUOS sense3 SH-02Mは 防水・防塵に対応しています。 おサイフケータイ対応 AQUOS sense3 SH-02Mは おサイフケータイに対応しています。 最近はキャッシュレスが推進されていますので、おサイフケータイがあるのは安心です。 ワンセグ・フルセグ非対応 AQUOS sense3 SH-02Mは ワンセグ・フルセグには対応していません。 かんたんホームに切り替え可 AQUOS sense3 SH-02Mは初めてスマホを使う方や操作になれない方にもおすすめです。 ホーム画面を AQUOSかんたんホームに切り替えられます。 AQUOSかんたんホームにするとよく使う機能をホーム画面に設置し、文字も読みやすい大きな文字になります。 低価格ながらSnapdragon630・AI搭載デュアルレンズカメラ・おサイフケータイ・防水に対応し、欠点のない安心の機種です。

次の

ドコモ AQUOS sense3の評価レビュー|買う理由と買わない理由

ドコモ aquos sense3

シリーズ3代目の「AQUOS sense3」 今回、発表された「AQUOS sense3」はシリーズ三代目のモデルになる。 すでに、NTTドコモ、au、UQモバイルから発売され、SIMフリーモデルもMVNO各社と家電量販店などで販売が開始されている。 ワイモバイルからは「android one S7」として発売され、ソフトバンクの法人向けモデル「AQUOS sense3 basic」、楽天モバイルの専用モデル「AQUOS sense3 lite」も発売されている。 いずれのモデルも各事業者向けにバンド対応などを合わせているが、チップセットやプラットフォームなどの基本仕様は共通となっている。 今回はNTTドコモの「AQUOS sense3 SH-02M」を試用し、合わせて、筆者が購入したSIMフリー版「AQUOS sense3 SH-M12」の差分情報なども含めて、お届けする。 これまでAQUOS senseシリーズが着実に支持を拡げてきた背景には、シャープが考える「必要十分を備えたスマートフォン」というコンセプトが市場に受け入れられ、実際に消費者が購入するときの価格も「スマートフォンでできること」「商品としての価値」が十分に見合っていたことが挙げられる。 確かに、ハイエンドスマートフォンはベンチマークテストで高い値を示すが、すべてのユーザーにハイスペックなモデルが必要ではない。 スマートフォンが成熟し、完成度が高められた現在においては、ユーザーが実際に使ってみて、『必要と思われる機能を備えていること』『ストレスなく使える十分な性能が得られること』などが重要であるわけだ。 同時に、ユーザーの買い換えサイクルが長くなる傾向を踏まえると、かつては「高性能なものが長持ち」と考えられがちだったが、現在はAndroidプラットフォームのバージョンアップやセキュリティパッチの提供、端末そのものの仕上がりなどが重要であり、これらの点についてもスマートフォンの「AQUOS」シリーズは着実にサポートしてきたことが現在の評価につながっている。 ただし、この「必要十分」に求められるものは常に同じというわけではない。 当然のことながら、市場環境や利用動向の変化によって、少しずつ変わっていくべきものだ。 今回のAQUOS sense3はまさにその部分に着目し、従来のAQUOS sense2よりも一歩、進んだ『必要十分』を狙ったモデルに仕上げられている。 バッテリーのメニューでは残量だけでなく、前回のフル充電の時期やバッテリーの健康度なども参照できる。 充電もバッテリーをいたわるインテリジェントチャージ対応 試用期間中、数日、忙しい日々が続き、充電を忘れたまま、カバンの中に入れておいたものを慌てて取り出してみたら、バッテリー残量がまだ70%以上だったということもあった。 バッテリー性能を語るうえで、バッテリー容量を比較するケースが多い。 しかしAQUOS sense3の場合、このサイズ感で4000mAhの大容量バッテリーを搭載しているだけでない。 IGZO液晶などの高い省電力性能を活かし、HD動画の20時間連続再生を実現しており、この部分を他機種と比較したいところだ。 ロングライフをうたい、5000mAhクラスのバッテリーを搭載しながら、実は10時間ちょっとしかHD動画の連続再生ができない機種もあり、バッテリー容量だけで単純に比較できないことがわかるはずだ。 チップセットやメモリーも強化 今回のAQUOS sense3が従来のAQUOS sense2の単なる後継機種ではなく、前述のように、きちんと『必要十分』の条件を見直していることがうかがえるのは、チップセットなどの基本仕様が進化している点だ。 チップセットは従来のAQUOS sense2が米Qualcomm製Snapdragon 450だったのに対し、AQUOS sense3は1クラス上のSnapdragon 630を搭載する。 シャープによれば、CPU性能で15%、GPU性能で60%の性能向上が図られているという。 メモリーもストレージ(ROM)を2倍の64GB、RAMは従来の3GBから4GBへ増量されている。 Androidプラットフォームを長く使ううえでもこの性能向上はうれしいところだ。 同じシーンを広角に切り替えて撮影。 こういったシーンでは広角の方が有効 カメラ周りで気になる点としては、広角と標準の切り替えで、わずかにタイムラグが感じられること、写真を表示するためのアプリがシャープ独自の「アルバム」アプリから「Googleフォト」に変更されていることなどが挙げられる。 切り替えのタイムラグについては他機種に比べて、極端に遅いといったものではないが、急いで切り替えたいときなどに少し気になることがあった。 写真を表示するアプリについては、やはり、Androidプラットフォームのバージョンアップ対応などを考えると、しかたのないところという印象もあるが、シャープによれば、Googleと連携することにより、スマートフォンAQUOSならではの「AIライブストーリー」や「インテリジェントフレーミング」などの機能はGoogleフォトアプリのプラグインという形でサポートしているとのことで、基本的には従来モデルと変わらない環境を実現しているという。 スマートフォンAQUOS初のデュアルSIM対応。 2枚目のnanoSIMカードはmicroSDメモリーカードとの排他利用 つまり、一般的なSIMフリースマートフォンと同じように、デュアルSIMの環境で利用できるわけだ。 1枚目に既存のキャリアSIMを挿して、話し放題プランの高音質なVoLTE通話などに使い、2枚目のSIMカードにMVNO各社の安価なデータ通信プランを利用するといった使い方ができる。 仕事用とプライベート用、国内用と海外用など、さまざまな使い分けが可能だ。 スクロールオートは画面に触れることなく、自動的にスクロールさせることができる ゲームをバリバリ遊ぶユーザーも居れば、動画を何時間も視聴するユーザーもいるし、もっとライトに使うユーザーもいるはずだ。 すべての人がハイエンドの高価格のスマートフォンを求めているわけではなく、本来は自分がやりたいこと、使いたいことに見合った価格のモデルが求められてくるはずだ。 AQUOS sense3はまさにそこに着目し、多くの人に求められる『必要十分』を定義し、ユーザーが安心して、長く使っていけることを目指したモデルに仕上げられている。 シャープというメーカーはかつての「目の付けどころが~」というコピーから、ちょっと変わったものを作るメーカーという捉えられ方をすることが多いが、AQUOS sense3についてはこれまでのモデルの『必要十分』をきちんと見直しながら、非常に堅実にまとめられており、幅広いユーザーにおすすめできるモデルに仕上げられている。 もし、スペック的に少し物足りないのであれば、少し上位に位置付けられる「AQUOS sense3 plus」もラインアップされており、そちらを選ぶこともできる。

次の

AQUOS sense3は超進化! 機種変更するしかないと思える理由を解説します!!

ドコモ aquos sense3

iPhone XRのSPECIAL割引 画像引用元: まずは、最も割引額が高いiPhone XR(64GB)のご紹介です。 ハイスペックスマホであるiPhone XRが、本キャンペーンによってどのくらい安くなるのかを見ていきましょう。 7万円台のスマホが5万円台で購入できるのは非常にお得ですよね。 iPhone XRの特徴 ここからは、iPhone XRの魅力的な点を見ていきましょう。 ハイスペックスマホならではの処理速度• シングルカメラでもポートレート撮影が可能• 圧倒的なコスパ• 1インチの大画面• カラーバリエーションが豊富 iPhone XRは2018年発売機種とはいえ、使用しているCPUは上位機種のiPhone XSと同じです。 つまり、処理速度は現在でもトップクラス。 そんなスマホが本キャンペーンで 5万円台に。 コスパが凄いですよね。 また、iPhone XRはシングルカメラですが、被写体が人物である場合に限り、ボケを生かしたポートレート撮影が可能です。 ディスプレイも6. 1インチと大きく、動画やゲームアプリを迫力の大画面で楽しむことができます。 本体のカラーをホワイト・ブラック・ブルー・イエロー・コーラル・(PRODUCT)REDの6色から選べる点も魅力的ですね。 処理が重いゲームアプリなどもサクサクこなせるお買い得なスマホが欲しい方には、非常におすすめできますよ。 iPhone XRのスペック 項目 スペック詳細 ディスプレイ 6. 1インチ 本体サイズ 高さ:約150. 9mm 幅:75. 7mm 厚さ:8. 3mm 重さ 約194g アウトカメラ 約1,200万画素 インカメラ 約700万画素 バッテリー 2,942mAh 非公式 RAM 3GB 非公式 ROM 64GB・128GB・256GB CPU A12 OS iOS12 認証 顔認証 カラー ホワイト・ブラック・ブルー・ イエロー・コーラル・ (PRODUCT)RED AQUOS sense3のSPECIAL割引 画像引用元: SPECIAL割引でのAQUOS sense3の割引額を細かく見ていきましょう。 ドコモ公式ショップのランキングで1位のAQUOS sense3が月々たった617円で購入できるまたとないチャンスです。 AQUOS sense3の特徴 ここでAQUOS sense3がどんなものかをカンタンに見ていきましょう。 持ちやすい5. 1インチ• 電池持ち1週間と大容量バッテリー• 指紋・顔認証付き• おサイフケータイ対応 6インチを超える大画面スマホが主流のなか、AQUOS sense3は5. 1インチとポケットに入れやすく、持ちやすいサイズとなっています。 また、指紋認証・顔認証に加え、おサイフケータイ対応など、基本的な機能は幅広く備えています。 高級でも良いから最新端末が良い!という方はもしかしたらAQUOS sense3は合わないかもしれませんが、 必要な機能があってコスパがいいスマホが欲しい、という方には非常におすすめです。 AQUOS sense3のスペック AQUOS sense3 ディスプレイ 5. 5インチ 本体サイズ 高さ:約147mm 幅:70mm 厚さ:8. 9mm 重さ 約167g アウトカメラ 標準:約1,200万画素 広角:約1,200万画素 インカメラ 約800万画素 バッテリー 4,000mAh RAM 4GB ROM 64GB CPU SDM630 OS Android 9pie 生体認証 指紋認証・顔認証 カラー ライトカッパー・ブラック・ シルバーホワイト・ディープピンク 詳細 Xperia AceのSPECIAL割引 画像引用元: SPECIAL割引でのXperia Aceの割引額を細かく見ていきましょう。 ややこしい条件がなく、Xperia Aceが11,000円割引で購入できるチャンスはなかなかないので、検討中の方はこの機会にいかがでしょうか。 Xperia Aceの特徴 続いてXperia Aceの特徴についてまとめました。 5インチで小さく持ちやすい• インカメラが超広角で自撮りが撮影しやすい• ハイレゾ対応• 指紋・顔認証付き• おサイフケータイ対応 AQUOS sense3に引き続き持ちやすいサイズ感と指紋・顔認証やおサイフケータイなどスペックとしては十分な機能を備えています。 注目すべき点は カメラ性能とハイレゾ対応という点です。 特にカメラ性能は同じ価格帯のスマホと比較しても優秀で、約120度の超広角のインカメラや、ポートレートセルフィーとハイブリッド手ブレ補正で美しい人物写真が撮れます。 Xperia Aceのスペック Xperia Ace ディスプレイサイズ 5インチ 本体サイズ 高さ:140mm 幅:67mm 厚さ:9. 3mm 重さ 154g アウトカメラ 標準:約1,200万画素 インカメラ 超広角:約800万画素 バッテリー 2,700 mAh RAM 4GB ROM 64GB CPU Snapdragon630 OS Android 9 認証 指紋 カラー パープル・ホワイト・ブラック 詳細 iPhone 7のSPECIAL割引 画像引用元: 続いて、2月3日からスタートしているiPhone 7の割引額も見ておきましょう。 筆者は今でもiPhone 7を使っていますが、購入金額は当時の定価の72,800円でした。 同じ端末なのに4万円近く差が出るなんて悔しいの一言です。 iPhone 7の特徴 ここでiPhone 7の特徴を見ていきましょう。 iPhone 11が出てるときにiPhone 7だなんて、と考える方もいるかもしれませんが、iPhone 7はまだまだ現役で使えます。 7インチで非常にスマート• 指紋認証付き• Apple Payが使える AQUOS sense3やXperia Aceで小型と書いていましたが iPhone 7が一番小型なんですね。 筆者の実際のレビューを交えるとiPhone 7で困りごとはありません。 バッテリーも動画見っぱなしとかでなければ1日持ちますし、サイト閲覧やゲームで 動作が重いと感じることはほとんどありません。 COD 銃で撃ちあうゲーム も問題なく動作するので、一般的な使い方であればほぼフリーズするようなことはないはずです。 もちろんPayPayとかも普通に使えます。 ただ、カメラの画質だけは最新iPhone達と比べると見劣りする部分にはなります。 最新のiPhoneにして一番聞くのが値段が高い、小さい方が良かったという声なので• 7インチの小さなサイズ• 月額904円で使える SPECIAL割引のiPhone 7は非常におすすめです。 iPhone 7のスペック iPhone 7 ディスプレイサイズ 4. 7インチ 本体サイズ 高さ:138. 3mm 幅:67. 1mm 厚さ:7. ただ、それでもいくつかは注意点があるので、申し込み前にチェックしましょう。 過去6か月以内に機種購入手続きがされてる回線での購入• 過去6か月以内にXiからFOMAへの契約変更がされている回線での購入• 過去6か月以内に持ち込みになった機種でドコモを新規契約している回線での購入 それぞれを簡単に言うと過去6ヶ月以内に• スマホの購入• LTEから3Gに契約変更• スマホ持ち込みでドコモに乗り換え した場合はその回線での機種変更は今回のキャンペーンから外れてしまうということです。 当てはまる人は多くないと思いますが、 過去6ヶ月以内に機種変更・契約変更・乗り換えをした方はしっかり適用条件を確認しましょう。 ドコモオンラインショップでの購入が必須 また冒頭でも紹介しましたが、今回のキャンペーンはドコモのウェブサイト上の「ドコモオンラインショップ」限定です。 街中のドコモショップで対象のスマホを購入してもキャンペーンは適用されないので注意してください。 では頭金や事務手数料が無料になり、 ドコモショップより1万円程度お得に機種変更できるので、この機会に試してみましょう。 開催:2020年2月1日から• 条件:ドコモオンラインショップで対象機種に機種変更すること 上記のとおり、 本キャンペーンの条件はドコモオンラインショップで機種変更することだけです。 機種変更を対象とした割引キャンペーンは数が少ないため、今が機種変更を安く済ませるチャンスであると言えるでしょう。 なお、本キャンペーンの対象機種は下表のとおりになります。 上表のとおり、本キャンペーンの対象機種は人気どころも数多く抑えていますね。 なお、上述した「SPECIAL割引」と同様に、 本キャンペーンも在庫が無くなり次第終了となりますので、対象機種が気になる方は早めの購入をおすすめします。 ドコモオンラインショップは今がお得 本記事では、iPhone XRやAQUOS sense3が最大2. SPECIAL割引は、iPhone XRやAQUOS sense3などの人気機種が 最大2. 2万円割引• 両キャンペーン共に、ドコモオンラインショップでの機種変更が必須• 在庫がなくなり次第、終了 AQUOS sense3は様々なランキングでも1位になる人気スマホであり、iPhone XRは今なお人気なiPhone機種であるため、SPECIAL割引で購入する方も多いと思います。 今回のSPECIAL割引は 在庫限りなので、検討している方は今すぐチェックしてみてください。 また、上記のスマホで気になるのがなかったという方にもおすすめな「SPECIAL特典」もドコモオンラインショップで開催しています。 こちらはiPhone 11をはじめとする最新スマホへの機種変更で dポイント3,000ポイントがもらえるキャンペーンとなっています。 ぜひ合わせて確認してみてください。

次の