牡蠣 あたる。 新鮮な牡蠣(かき)でも“あたる”のはナゼ?

牡蠣にあたったら治療の薬や対処法は?治るまでの期間は何日かかる?

牡蠣 あたる

牡蠣の基本情報 まあ皆さん知りたいことはたくさんあるでしょうが、牡蠣を攻略するには牡蠣の基本的なことを押さえておかなければいけません。 牡蠣の種類は2種類! 岩ガキと 真ガキになります! 海産物は名前が多少違うだけで中身はそんなに違いがない! なんて、こともしばしばですが、この2つの違いはまあまあ大きいものがあります! 岩ガキ 上の写真も岩ガキになりますが、空けてみるとこんな感じに仕上がっています! もう旨いっ 笑 そんなことを言っているといつまでも始まりませんが、この岩ガキの旬は夏場! 今ではそんなに聞くこともなくなりましたが、以前はこんな言葉をよく耳にしました。 「Rのつかない月には牡蠣を食べるな」 知らない人にとってみれば謎過ぎる格言ですが、これは英語で月を言うとちょっと意味が分かります。 1月ーJanuary 2月ーFebruary …… こんな感じで書いていきますと5月のMay、6月のJune、7月のJuly、8月のAugustだけは「R」が付かないんですよね! この言葉を知っている方からしますと、岩ガキの旬は矛盾をしているように感じますよね? しかしこれは200年もの前にフランスで生まれたことわざで、ちょうどその時期のフランスの牡蠣は産卵が終わり、身がやせ細りその上水っぽいことから生まれたと言われています。 牡蠣は世界中にあり、世界中でオイスターバーがある程よく食べられる食材ですが、それぞれ気温も違えば水温も変わってきますからね。 旬が異なってくるのも当然の話しになってきます! 岩ガキは真ガキと比べるとサイズも大きく、天然に育ち希少価値が高いのであまりスーパーなどには出回りません。 ちなみにこれは1個1kg位あった岩ガキです! 最高で1,5kgあったものも見かけましたが…… でもまあ私は思います……何事も程ほどがちょうどいいと 笑 ここ千葉県でも獲れますが、地元の魚を取り扱う飲食店などでしか食べることは出来ないですね! でも旬になれば魚を専門に取り扱う鮮魚店なんかに行けば手に入れることも可能だと思います。 真ガキ あっ、私は結構岩ガキは取り扱っているので写真があったのですが、真ガキはそんなに取り扱いがないので拝借させて頂いております 笑 まあ載せておいて何ですが、写真だけみてもあんまり違いが分かりませんね 笑 しかしこの真ガキは岩ガキとは違い旬は冬場に迎えます! とんかつ屋さんでは冬場にカキフライフェアーをやったり、鍋に入れたりと、牡蠣は冬のイメージが強いと思いますが、この真ガキの印象があるからですかね? また大きな違いとして、 岩ガキは天然物が多いとお伝えしましたが、 真ガキは養殖物 が多いです! 岩ガキは結構全国的に獲れるのですが、真ガキと言うとやはり宮城県、広島県が有名になってきますね! 生食用と加熱用の違い この生食用と加熱用の違いも不思議ですよね? しかしこれにもちゃんとした理由があるんです! 色々と細かい基準があるのですが、1つ言えることは 牡蠣の鮮度によって生食用、加熱用と決められているワケではない と言うことです。 これに関しては確実に鮮度の違いになるので、鮮度の良いものは「お刺身用」と書き、売れ残ってしまい翌日になったら「焼き物に」になります。 牡蠣の生食用は各県ごとに定められている指定海域で漁獲されたもの。 加熱用はこの指定海域以外で漁獲されたものになります。 うん、分かるような分からないような…… 笑 皆さんが言いたいのは分かりますよ!! 「その指定海域ってどうやって決まるんだ? 海って透き通る程綺麗な所だったり、濁って臭いもするような所もありますが、どの海域にも微生物や上記の細菌などが存在しています。 この基準を下回った海域のみ晴れて 【生食用】を謳うことが出来るのです! なので簡単ではありますが、こんな感じで分類することが出来ます! また「条件付き」で生食を謳うことも可能です! (2)条件付指定海域又は指定外海域で採取したかきを加熱調理用として出荷する 者は,次のとおり人工浄化実施要領に定める浄化方法に準じて浄化を行うこと。 ア 浄化水槽は,換水を十分行うことができる構造であること。 イ かきと海水の接触面積が大きくなるように工夫すること。 ウ 換水量は,かき1,000個当たり1分間に12リットル以上を原則とす ること。 エ 浄化時間は,満水後おおむね20時間程度とすること。 めっちゃ厳しく決められていますね! あとそもそもの話しですが、海域以前に牡蠣を取り扱う時点でもかなりの決まりがあり、 【平成30年3月末現在,407施設(広島市,呉市及び福山市を含む。 )が設置許可を取得しています。 】 と、なっています。 食あたりの多い牡蠣ですが、ここまでやっているのか? なので生食用の牡蠣を謳える指定水域は綺麗な沖で認可されることが多く、加熱用の牡蠣の方が美味しいとも言われます。 その原因としましては下記になります。 ノロウィルス• 腸炎ビブリオ• アレルギー こちらの4つが主な原因となります。 この中でも所謂、牡蠣にあたったと言う状況で一番多い原因がノロウィルスになります。 先に申し上げた通り牡蠣は海水中のプランクトンを食べて育ちます。 しかし口を開けてパクパク食べるワケではなく、海水を体内に取り込んでプランクトンを摂取しています。 牡蠣は体内にいっぱい海水を取り込む!!!! 海で遊んだ時に飲むつもりはなくても、間違いなくあのしょっぱい海水を飲んだりすると思います。 しかしそれだけではあたったりすることはまずないと思いますが、いかんせん牡蠣君はとんでもない海水を日々取り込んでいきますので「塵も積もれば山となる」ではないですが、蓄積されて食べれば発症してしまうレベルまで貯め込んでいってしまうのです。 ノロウィルス 潜伏期間:24-48時間程度 症状:腹痛、嘔吐、下痢 その他:上記症状が出てしまったら、体の外に出すしかありません。 嘔吐や下痢はウィルスを体内から出すためには仕方がない現象です。 その際水分もかなり失われますので、水分補給は心がけましょう。 成人の場合は1-2日で症状が治まりますが、最長1か月程、便の中に存在しますのでトイレを共有する家族がいる場合などは気をつけましょう。 腸炎ビブリオ 潜伏期間:8-24時間 短いと2-3時間で発症する場合あり 症状:激しい腹痛、嘔吐、下痢 貝毒 潜伏期間:最短30分 症状:舌・唇の痺れ、下痢、嘔吐 その他:この貝毒は毒素を持った植物プランクトンを食べ、保有している牡蠣などを食べた際に症状が現れます。 また貝毒には【麻痺性貝毒】と【下痢性貝毒】があり、下痢性貝毒の場合は死亡例はなく3日程で完治することがほとんどですが、麻痺性貝毒の場合は最悪死に至る場合があります。 しかし水揚げを行った漁協などが、定期的に貝毒の検査をしているので、市場に出回っている海産物を食べていれば基本的には発症することがありません。 海に行くとテトラポットに着いた牡蠣を獲って食べたりする人もいると思いますが、どういった菌を保有しているかは分からないのでやめておいた方がいいです。 アレルギー 潜伏期間:数時間 症状:激しい下痢、嘔吐 その他:このアレルギーは一般的な「そばアレルギー」や「海老アレルギー」などと同じものです。 よく「牡蠣にあたると何度も繰り返す」なんてことを聞きますが、1度あたったからと言って2度目が確実に起こることはありません。 しかしこのアレルギーを持っている方は何度食べても絶対に発症し、アナフィラキシーショックが起きる可能性がありますので、アレルギーを持っているか検査をした方が良さそうです。 では絶対にあたらない牡蠣はあるのでしょうか? 答えは残念ながらありません。 よく生食用の牡蠣に 「24時間以上清浄海水で牡蠣の体内を浄化しております」 「オゾン水を使用し、ミクロの泡で体内を体内を浄化しておりますのでご安心下さい」 などと、書かれているのを見たことがありませんか? 確かにこの作業をすることによって、大半の菌などは死滅してしまいます。 しかし残念ながらノロウィルスを100%死滅させる技術は今のところありません。 また出荷する牡蠣にノロウィルスがいないことを証明するために、専門の機関で調べ数値に問題がないことが分かっているものもありますが、こちらもその日の生産分の一部を検査したものになるので、出荷されたものが全て安心だとは言い切ることは出来ません。 海の中には確実に菌はいますからね。 牡蠣100個の中99個が安心であっても、1個だけに菌がいる可能性も当然あります。 こんなことを言ってしまうと「重箱の隅を楊枝でつつく」ようになってしまいますが、限りなく安心ではありますが、100%と言い切ることが出来ないのが現状です。 あたらない為に出来る事 ちょっと不安を煽るような事を言い過ぎましたが、これを聞けば少しも安心が出来ると思います。 これは年度別のノロウィルスによる食中毒の発生状況です。 これを見ると「何か多い気もするな~。 」と思いますが、ノロウィルスって集団発生することが多いので件数的には結構少ないと思います。 これは記載の通り、海産物全般からの話しになりますので、牡蠣だけに焦点を当てればかなり確率は低くなります。 これを聞くと結構安心出来ますが、まだまだ不安はありますよね? 「牡蠣は生で食べても加熱してもあたるの? 」って…… ここにこんなデータがあります! 牡蠣を食べた人の中であたった経験があるのは、 ナント22%! よく言われるのは生食用の牡蠣は前述の通り、洗浄なんかが徹底されているのであたる確率は低く、あたる原因としては加熱不足が多いと…… しかし現実はこんな結果となっています! では牡蠣にあたる確率を限りなく低くするために出来ることとは何でしょう? 生食用、加熱用のチェックは確実に• 体調が優れない時には食べない• 岩ガキと真ガキで旬が異なる• 生食用と加熱用の牡蠣の差は漁獲された海域の違い• 生食用と加熱用の牡蠣は県によって基準が異なる• ノロウィルスは怖いが注意をすれば安心!? いかがでしたでしょうか? 「牡蠣があたる」ってだけで食わず嫌いな方も多いですよね! お伝えしました通り、牡蠣に100%あたらない方法は残念ながらありません。 しかし可能性があるってだけで、こんなに美味しい食べ物を食べないのは非常に勿体ないと思うんですよね。 私の方から「牡蠣は安全だから絶対食べてね! 」なんてことは口が裂けても言えませんが、もし興味を持ったら是非食べて頂きたいものです!

次の

牡蠣にあたるとどんな症状がでる?軽い場合、時間や期間、治療法は?

牡蠣 あたる

近頃では都内を中心にオイスターバーが登場し始め、今までよりもずっと気軽に牡蠣が食べられるようになりました。 しかし牡蠣と言えば気になるのが食あたりです。 以前に友人と旅先で牡蠣を食べた時に、私は大丈夫だったのですが、友人は同じ牡蠣を食べてひどいあたり方をしていました。 その時はどうしたら良いか分からずテンヤワンヤになったことがありました。 今、この記事を読んでいるあなたや周囲の御家族は、もしかしたら牡蠣に当たって下痢や腹痛などでお辛い状況かもしれません。 私のように、どうしたら良いか困ることがないよう、• 牡蠣にあたるとでる症状ってどんなの?• 症状が続く期間は?• どうやって対処すれば良いの? という内容についてご紹介します。 まずは今現在、自分が出ている症状と症状が出始めた期間から、原因菌を特定しましょう。 そうすることで、いつまで症状が続くのかの目安が分かります。 牡蠣による食あたりの原因菌は3種類に分けられます。 食後すぐに症状が見られた場合 食事中に症状が出た場合は貝毒によるものと考えられます。 特に、痺れの症状がでた場合は深刻ですので、すぐに病院に行って下さい。 貝毒による食あたりは、 体が痺れる麻痺性のものと、下痢、腹痛、嘔吐などの症状が見られる下痢性の2種類あります。 麻痺性貝毒は唇や喉から痺れ始め、手や足まで痺れが広がることもあり症状が重い場合は死に至るケースもあります。 下痢性貝毒は腸炎ビブリオによる食あたりと症状が似ていますが、発熱がないことと、潜伏期間が短くすぐに発症することが特徴です。 下痢性貝毒の場合、死亡例はありません。 麻痺性の貝毒であれば、1~2日で治まると言われています。 下痢性の貝毒であれば3日以内に治まると言われています。 食後半日ほどで症状がでた場合 細菌(腸炎ビブリオ)が原因菌と考えられます。 この菌の特徴は下記の通りです。 主な症状:強い腹痛、下痢• 他の症状:発熱、嘔吐を伴うこともある• 最初は少しお腹が痛い程度なのが、時間とともに激しい腹痛に変わります。 また、最初は下痢が止まらず、トイレから離れられなくなりますが、しばらくすると下痢も治まってきます。 発熱がでた場合は38度くらいまででることがあります。 牡蠣の食あたりの中では比較的軽症となります。 牡蠣を食べてすぐに腹痛や下痢の症状が出た場合は腸炎ビブリオによる食あたりを疑いましょう。 症状が続く期間は2日程度と言われていますが、長い人だと1週間程続くことがあります。 食後2日程経過してから症状がでた場合 食後2日ほど経ってから症状がでた場合はノロウイルスの可能性が高いです。 ノロウイルスの特徴は下記の通りです。 主な症状:激しい下痢、嘔吐、吐き気、腹痛• 他の症状:発熱を伴う場合もある。 (高熱にはならない)• 食後しばらく(2日ほど)してから症状がでた場合はノロウイルスの可能性が高いです。 とにかく激しい下痢と嘔吐・吐き気に襲われます。 吐き気に関しては、胃がムカムカして吐いてしまうという感じではなく、 急な吐き気に襲われて、嘔吐してしまうことが特徴ですので、常に嘔吐用のバケツなどを用意しておきましょう。 個人差がありますが、 症状は1週間ほど続くとされています。 対処方法は? 薬による症状の緩和ですが、残念ながら使用できる市販薬はありません。 発症した時の対処方法は以下の通りです。 安静にする• 水をしっかり飲む• 下痢はしっかり出す(下痢止めを飲まないこと!) 脱水症状を回避しよう! 嘔吐・下痢が続くと脱水症状を引き起こす場合があります。 そうならないよう、水分をよくとり、無理に動き回らず安静にしていることが一番の良策です。 症状がでている間は食事も摂りづらいでしょうから、 水分摂取には栄養補給も兼ねてスポーツ飲料水が適しています。 ゴクゴクと大量に飲まず、吐き気・下痢が悪化しない程度に少量ずつ飲むのがコツです。 自己判断で服薬しない! 嘔吐や下痢がつらい症状なのはよくわかりますが、 自己判断での服薬は絶対に避けるべきです! 嘔吐や下痢には体内に貯まった悪い菌を外に出す働きがあります。 吐き気止めや下痢止めを服薬してしまうと、菌が体内にとどまり、症状が長引いてしまう可能性があります。 病院に行くことも検討する 症状が耐えられない場合は病院の胃腸科を受診しましょう。 また、ノロウイルス以外、3日以内に回復することがほとんどです。 これ以上の期間が経過しても症状が持続する場合は病院に行った方が良いかと思います。 あと、 痺れがでた場合はとにかく救急車で病院へ!これは急を要する症状ですので、通常の食あたりと考えないでください。 空気感染の可能性は極めて低いのですが、飛沫感染のリスクは充分にあります。 咳が出る症状ではありませんが、嘔吐や下痢をした際の汚物に大量のノロウイルスが含まれます。 そのため、周りに飛び散った汚物に触れた人が感染……という可能性があります。 汚物を処理する際は必ずマスク・使い捨てのビニール手袋をして、使用したペーパータオルなどはビニール袋に入れて処分をするようにしましょう。 処理をした際は、必ず石鹸で手洗いし、アルコール消毒もしておきましょう。 まとめ• 牡蠣にあたると腹痛、下痢、嘔吐、発熱、痺れの症状が出る可能性がある• 下痢止め、吐き気止めの市販薬は使用せず、耐え難い場合は病院へ• 回復するまでの期間は3日以内(ノロウイルスは1週間)で、その間は安静にして過ごす• ノロウイルスの場合は感染力が高いので汚物処理は感染予防をしてから行う 牡蠣の食あたりというとノロウイルスが有名かもしれませんが、腸炎ビブリオや貝毒による3種類の原因菌があるとご紹介しました。 現在、牡蠣にあたっている場合、相当お辛いと思いますが、自己判断での服薬は必ず避けてください。 薬を飲まなくてはつらいほどの症状でしたら、近隣の胃腸科を受診ください。 (胃腸科がなければ内科へ) 少しでも早く快復されることをお祈り申し上げます。

次の

生牡蠣にあたる確率は?一緒に食べた人があたったら何日後まで気をつけるべき?

牡蠣 あたる

「牡蠣にあたってしまった・・・!? 」 牡蠣にあたると、およそ12時間~48時間(半日~2日)程度の潜伏期間を経て、ものすごい吐き気に嘔吐、発熱に激しい下痢と、かなりきつい症状が合わせて突発的に出てきます。 嘔吐(気持ち悪くて吐く)や下痢の症状が酷い間は、 「トイレから出られない」といわれるほど大変な状況が見受けられます。 下痢や嘔吐を繰り返すことでかなり体力も奪われ、 「だるい・・・。 」と感じることもあるでしょう。 もしあなたや、あなたのご家族の方がこのような状況であれば、正しい対処をして早めに回復できるように、この記事を参考にしてくださいね。 ということで今回は、 牡蠣の食あたりの対処法について書いていますので、一緒に見ていきましょう! contents• 牡蠣の食あたりの原因は? 冬場(11月~3月ごろ)の牡蠣の食あたりの主な原因となるのは、 『ノロウイルス』です。 鮮度の良い悪いにかぎらず、牡蠣やアサリ、シジミのような二枚貝の体内にはノロウイルスが蓄積されている可能性があります。 ノロウイルスによる症状の特徴は、38度程度の微熱が出る(稀に高熱)、頭痛、チクチクと刺すような腹痛、吐き気、嘔吐、下痢がみられます。 特に 嘔吐と下痢は非常に激しいものとなりやすく、人によっては 1日に10回以上繰り返すこともあり、成人でもかなりの体力を消耗します。 このため体力の少ないお年寄りや子供は重症化しやすくなるため、特に注意が必要です。 前の日の晩に牡蠣を食べ、翌日にこのような症状が出てきたというような場合であれば、ノロウイルスの感染が疑われます。 それではこのような症状が出てしまった場合、どのように対処すればいいのかということについて見ていきましょう。 スポンサードリンク 牡蠣の食あたりの対処法は? ノロウイルスに対する特効薬というものは現在のところありません。 飲み薬や注射で体内にいるノロウイルスをすぐに退治するということはできないのです。 このため、病院でも胃腸風邪と同じように治療は 対症療法が行われます。 対症療法とは自己治癒能力による病状の回復を目指すと共に、患者の症状に合わせた治療を行うことです。 具体的には脱水症状の疑いがあれば点滴をする、酷い吐き気が続くようであれば吐き気止めを投与する、などということです。 ノロウイルスに感染した際の症状は非常につらいものがありますが、 健常者であれば通常1日~2日ほどで症状は落ち着いてきます。 しかし症状を悪化させないためには、次のようなことに気をつけてください。 出すものは出す 下痢や嘔吐が酷い場合、非常につらいものですが、これは 身体からウイルスを排出するための整理反応といえるものです。 なるべく早く体内のウイルスを出してしまうことが早期回復に向かうことになりますので、 出るものは出してしまいましょう。 このときに注意してほしいのが、下痢が止まらないからといって、慌てて下痢止めを飲むことです。 下痢を止めてしまうことで、ウイルスが体内に長くとどまることになってしまい 逆効果となりますので、市販の下痢止めなどは服用せず、出すものは出して、ある程度落ち着くまでは安静にして様子を見てください。 脱水症状に注意 下痢や嘔吐が続く間、特に気をつけないといけないのは脱水症状です。 脱水症状に陥ると、血圧の低下や倦怠感、めまい、頭痛などが引き起こされ、更なる体力の低下を招く、あるいは場合によっては危険な状況を招いてしまうことにもなりかねません。 下痢や発汗によってかなりの水分が身体から排出されますので、 スポーツドリンクやお茶などで水分補給をしましょう。 たとえ一口ずつでも水分を取っておくことが大切です。 このとき、あまり冷えたものは避け、できれば常温か少し温めたものが望ましいです。 二次感染に注意 ノロウイルスの感染力は非常に強力です。 患者への接触感染、くしゃみなどの飛沫感染、空気感染と、あらゆる感染経路で拡散する恐れがあります。 患者を介抱する人は嘔吐物や排出物からの 二次感染に注意しなければいけません。 嘔吐物を処理する際は、ビニール手袋やマスクを着用し、処理後は手洗いうがいを徹底してください。 また、特に子供さんが患者となってしまった場合、 繰り返す嘔吐物による窒息に注意 が必要です。 嘔吐物入れを近くに用意して、吐く予兆があれば手助けしてあげてください。 ノロウイルスは、食中毒患者が完治した後も1週間~2週間程度、人によっては1ヶ月程度は感染力を保っていますので、お互いに うつさないように、うつらないように気をつけ合う必要があります。 様子を見て病院へ 症状が重いと感じた場合、 下痢や嘔吐が少し落ち着いた頃を見はからって病院で診察してもらいましょう。 病院では症状に応じて、 点滴や整腸剤などの処方がされます。 特に症状が酷く水分を取ることもままならないような状態であれば、早めに点滴を投与したほうが良い場合もありますので、近くの内科や小児科へ行くことをあらかじめ考えておいてください。 また、食あたりと思っていたものが、じつは違う病気だったということの無いように、いつでも病気の安易な自己判断は危険であることも覚えておいてくださいね。 症状が落ち着いてきたら、おかゆなどの消化の良い食べ物からとるようにしていきましょう。 おわりに ぼくの住んでいる地方でも牡蠣の水揚げがあり、時々食あたりの話が聞こえてきます。 どうやらその年によっても流行しやすい、しにくい、ということもあるように思いますね。 牡蠣がノロウイルスを体内に取り込んでしまうことは、ある意味二枚貝の習性といえるものなので、どうしても感染してしまうリスクがあります。 特に 生食は加熱したものに比べてさらにそのリスクは高まりますので、今後も十分気をつけてくださいね。 「牡蠣にあたるつらさは、なった者しか分からん」といわれるくらい キツイです。 牡蠣で食あたりとなってしまった際は、今回の記事も参考に早めに回復されてくださいね。 それではお大事に。 他にも牡蠣の食あたりの記事があります。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 206件のビュー• 60件のビュー• 39件のビュー• 31件のビュー• 28件のビュー• 25件のビュー• 21件のビュー• 20件のビュー• 18件のビュー• 16件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の