ポケモン ブイズ 育成論。 【ポケモン剣盾】ブラッキーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ブースターの育成論

ポケモン ブイズ 育成論

【ポケモン剣盾】ブースターの育成論と対策【不遇ブイズ】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はブースターの育成論と対策を考えていきたいと思います。 初代からいるポケモンですが、不遇過ぎて最近までは全く使われておらず、今作でもほとんど使われていませんが、はたして本当なのか見ていきましょう。 ブースターの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【ブースターの特徴1】高火力 ブースターの特徴はなんといって攻撃種族値130の物理高火力でしょう。 これはあのウインディの攻撃種族値110を20も上回る数値です。 特攻種族値も95あるので、特化+メガネなどで補強すれば一応使えなくはない火力を出すことができます。 【ブースターの特徴2】鈍足・物理低耐久 ブースターは非常に高い攻撃種族値を持っているものの、物理の強力なポケモンが多いランクバトルにおいて、鈍足+物理低耐久は向かい風になっています。 最高打点のフレアドライブが自傷技なので、物理相手対面では相手の攻撃+自傷ダメージで1ターンで瀕死になることも珍しくはありません。 鬼火によるAダウンを狙うも鈍足なため、1発は素の状態でダメージを受けてしまいます。 ブースターの場合、Aダウンは鬼火で狙うよりも必ず先制できる「つぶらなひとみ」で行う方が有効ですが、1ランクしか下げられません。 こういった点から、アタッカーおよび物理受けとしては威嚇も覚えて素早さも速く、耐久も高くて火力も出せる万能ポケモンウインディを使わずにブースターを使う理由が少ないのが不遇ブイズと言われる1つの理由となっています。 ちなみに特防種族値は110もあり、無振りでも相当の耐久力があることを知っているトレーナーは多くないでしょう。 【ブースターの特徴3】あくび+バトンタッチ+ほのおのうず ブースターにできてウインディにできないことといえばブイズ恒例の対面操作です。 あくび+バトンタッチの対面操作により確実に有利対面を演出するテクニックは、特にシャワーズやニンフィアで有名な戦法ですが他のブイズも可能です。 その中でもブースターにできる対面操作といえば、ほのおのうずにより相手を交代不可能にしつつ襷を潰しながらの対面操作(シャワーズのうずしおでもできます)、にほんばれや意外にもあまごいを覚えるのでこれらの技を使って晴れパエースや雨パエースにバトンを回す、こわいかおを覚えるので素早さを下げて後続につなぐ動きです。 完全に高火力攻撃種族値が無駄ですが、ブイズ恒例のサポート的立ち回りができます。 【ブースターの特徴4】特性もらいび、夢特性こんじょう 実はブースターの夢特性もローブシンやタチフサグマと同じ状態異常時にこうげき1.5倍の根性なのですが、ほのおタイプなので火傷しません。 つまりほぼほぼ死に特性になっています。 (くろいヘドロや毒毒玉で毒になったりすることは一応できなくはないですが、受けるダメージ量が高すぎるので実用的ではありません) もう1つのもらい火はナットレイやアーマーガアなどと組ませて、相手が炎技のサブウェポンをうってきたタイミングで出せば無効化して次のフレアドライブの威力が凄まじいものになるため、基本的にはこちらの特性を採用することになります。 ブースターの育成論と戦い方 ブースターは主に高火力の物理アタッカー型と、ブイズ恒例の対面操作型が見られます。 ただ、どちらもランクバトルにおける非常に個体数は少ないでしょう。 【ブースターの育成論】対面操作型ブースター• 特性:もらいび• 個体値:CS抜け4V(S逆V• もちもの:こうかくレンズ• わざ:ほのおのうず・あくび・バトンタッチ・こわいかお 特徴 ブイズ恒例の対面操作型育成です。 こうかくレンズをもたせているので命中不安のほのおのうずもほぼ当たります。 命の珠ミミッキュのシャドークローなら確定3発まで耐える耐久になります。 一応最遅にすることでS43族(クワガノン)と同速まで落とせます。 1倍にするもちものです。 (ウオノラゴンなど) できればほのおのうずで捕まえてからうちたい技 他には晴れパではにほんばれ、雨パではあまごい、鬼火をどうしても打ちたい場合は鬼火の採用もありでしょう。 今回はこわいかおを採用していますが、にほんばれを覚えさせてリーフィアやフシギバナと組ませて晴れパとして運用し、リーフィア対面で炎ポケモンがでてきたらブースターのもらいびで受けるような立ち回りもギミカルで面白そうです。 【ブースターの育成論】ダイマックスブースター• 特性:もらいび• 個体値:C抜け5V• もちもの:じゃくてんほけん(命の珠・オボンのみ)• わざ:フレアドライブ・ばかぢから・おにび・アイアンテール 特徴 基本的にはダイマックスして戦うブースターです。 フレアドライブは自傷、ばかぢからは能力下降、アイアンテールは命中不安なので、素の状態で戦う場合は不安定になりやすいところは注意しましょう。 弱点をよくつかれる場合は弱点保険、そうでない場合は命の珠をもたせることが多いでしょう。 フレアドライブの自傷ダメージを補完できるでしょう。 ブースターの対策 物理アタッカーで対面するのがいいでしょう。 鬼火を受けることもありますが、基本的には物理にぶっぱしていないブースターの耐久は低いので倒すことができます。 一方で特殊はそこそこの耐久があり、鈍足のブースターはHPに努力値を割いていることも少なくないので一撃で倒すことは難しい場合もあるでしょう。 とはいえそこまで環境にいるポケモンでもないので、あえてブースター対策のポケモンを採用するようなことはしなくていいと思います。 まとめ:【ポケモン剣盾】ブースターの育成論と対策【不遇ブイズ】 いかがでしたでしょうか。 ブイズの中でも不遇ポケモンのブースター、ほとんど警戒されていないのが逆に強みなので育てて使ってみるのも面白いでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 構築については下記記事もおすすめです。 「」 Youtuberなどゲーム実況やりたい方はこちらの記事もどうぞ。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

ブイズ入り上位構築まとめ【USUM】

ポケモン ブイズ 育成論

はじめに 育成の基本となるイーブイの進化系 そのイーブイの中でも最強 GO基準 と謳われるシャワーズの育成論を上げてみたいと思います。 本育成論では、H. S(体力. 素早さ)などの略語を用います。 また、252等の努力値の数字の使用。 対戦環境及びポケモンごとの努力値調整がまだ安定していない環境下であるためダメージ計算は行いません。 有利不利の判定は投稿者独自の基準です。 仮想敵の配分が自分の基準と違う事もあるかと思いますが、その際ご自身で計算し、判断してください。 採点される場合、採点の高低に係わらずコメントを頂けると嬉しいです。 技構成 熱湯、冷凍ビームor眠る、黒い霧、雨乞い 持ち物:食べ残し 特性:潤いボディ 夢特性 H172 B252 C76 D4 S4 控えめ H227 B112 C154 D116 S86 C振りは毒みがギルガルドの身代わりを熱湯で破壊 H204 D52 24. 8〜29. 6〜45. 1〜18. 技解説• 雨乞い 特性潤いボディで状態異常回復になる。 ドヒドイデやナマコブシやギルガルドの毒の回復とかその他の状態異常対策。 バンギラス等の相手有利の天候変化に対応できる。 ギルガルドのキングシールドにあわせてうつことで火力アップ。 後続の味方へのサポート等に• 黒い霧 イーブイのナインエボルブースト カビゴンやマリルリのはらだいこ ギャラドスの竜舞等に 吼えるだとラス1無効とかはらだいこ後の攻撃食らったりとかエーフィに無効なんで基本こっちのが高性能。 シャドボで特防下げられても回復できる• 熱湯 メイン。 ミミッキュとかと撃ち合いを考えるとポンプよりこっちのが性能高い。 威力はギルガルドの身代わりが潰せるライン• 冷凍ビーム ボーマンダ、ガブ一撃。 草への役割破壊。 眠る 雨状態で即起きの全回復技 コケコ、レヒレが出てくると眠れなくなる 冷凍ビームは諦める事になるがギルガルドの受けが安定する 受け イーブイ、ギルガルド、ドヒドイデ、パルシェン 対面有利 ガブリアス、ボーマンダ、ギャラドス、ゲンガー、ウツロイド、ガラガラ、フェローチェ、マンムー、ハッサム、カビゴン、マッシブーン、ベトベトン、バンバドロ、エアームド、マリルリ 以上。 単水は特徴が無い分、繰り出せる相手は非常に限られているとは思いますが、攻撃と守備のバランスの取れた配分で多くの相手に有利な展開に持っていけるかと思います。 ブイズの中でも育成の基本となる控えめ個体でめざパの厳選もありません。 簡単に育てられるかと思うので、よかったら使ってやってください。 修正しときます。 採用理由は受けれる奴を見ればわかるかと 広範囲に撃ち合いできる積み封じみたいな感じです。 ダメ計は初心者に参考にならないし、上級者の方々は自分でした方がわかりやすいんでざっくり説明でOKかなと思ってます。 高評価ありがとうございます。 」とありますが、 「ギルガルドのキングシールドにあわせてうつことで火力アップ」の方がよいのではないのでしょうか。 使わさせて頂きます。 ご提案ありがとうございます。 回復だけなら他の持ちものでターンを消費しなくて済むのでZ枠消費するほどの利便性はないです 冷凍ビームも強化できますが、ガブマンダには足りてるので撃つ場面が非常に限られてきます。 対面で積めて回復までできる相手は限られて黒い霧Zとも相性が悪い。 使える場面はありますがコンセプトが変わるので無しです。 正直に申し上げて目的が不明で評価のしようがありません。 山積みな問題の中で最大のものは冷凍ビームと眠るが選択肢な点です。 有用なのは明白ですが並列する選択肢ではありません。 パーティの構築や実戦での立ち回りといった参考情報があればまた見方は変わりますが、現状ではこの育成論の取り下げを強く推奨します。

次の

【ポケモン剣盾】イーブイ進化先・出現場所・進化条件一覧

ポケモン ブイズ 育成論

壁技をいれていくとか瞑想で積んでく型なら、相手の攻撃ですぐにやられないようにHSに振ることが多いですね。 そのまま攻撃していくならCSになります。 ひかりのかべ リフレクター めいそう シャドーボール あたりが候補になってくると思います。 イーブイから進化させずにレベルを上げてくとバトンタッチを覚えます。 これを使って瞑想バトンなんて事もできるのがエーフィです。 壁をやるのに便利なアイテム「ひかりのねんど」は野生のゴビットが持っていることがあります。 一番上に移動 上に移動 下に移動 一番下に移動 移動 修正 削除 鋼に通すシャドボか強烈に誘うバンギの打点に草結びが候補ですね。 シャインじゃ威力が交代読みでも負担にすらならないので。 鋼をコイツで意識するかで変わります。 エーフィは瞑想型か壁型が主流でどちらも積み合いに強くなる目的があるため一概にそうだとは言いませんがほぼサイキネ<サイコショックです。 基本的に瞑想がないと火力に回しても確1取れる範囲が少ない&瞑想でどうせ積むなら耐久に振るほうが総合的に場持ちが良い(瞑想1積みにおけるC振りと無振りの確定数の差が少ない)。 等の理由からH振りが主流です。 何と言っても、「マジックミラー」が強力。 変化系の技を相手に返せるので、相手にすると嫌な「クレッフィ」を楽に相手できます。 後「ちょうはつ」もかわせるので、両壁を安心して張れるのが魅力。 もちものは、壁のターンを8ターンにのばす「ひかりのねんど」。 ただ、見つけるのが大変wゴビットの出る確率が低いので... オンバーンを先頭においてひたすらループ、「ひかりのねんど」を持ってたら「どろぼう」。 1時間くらいかかりました... 特殊受けで止まらないように「サイコショック」を採用してみました。 立ち回りは基本、両壁を張るor特殊技読みです。 最近は「おにび」持ちも多いので、重宝しますよ〜 特攻・素早さ種族値が高く、先手を取れる特殊エースとして期待できそうです。 しかしエーフィは攻撃技の種類が少なく攻撃範囲が狭いです。 他タイプを持つ特殊エースであるラティオスやスターミーだけでなく、同じく単エスパーのフーディンと比較しても火力・攻撃範囲ともに劣ります。 エーフィはフーディンに特攻・素早さで劣りますし、フーディンのように「きあいだま」で悪・鋼タイプに対抗することもできません。 耐久はエーフィの方が高いですが、突破力が劣ってしまうのはエースとして致命的です。 「あくび」「あまえる」などフーディンに使えない技を使うことができますが、フーディンはそれらの技がなくても困らないため差別化にはなりません。 また、より攻撃範囲が広いエースとしては「だいもんじ」「だいばくはつ」を使える単エスパーであるアグノムもいます。 純粋なエースとしては、エーフィは彼らの劣化です。 タイプ耐性がほぼなく、耐性を活かした交代出しができません。 上記特殊エースのラティオスやスターミーは耐性を活かして水相手などに交代出しができます。 またフーディンは相手の補助技読みで出ていき「アンコール」で技を縛ることができます。 エーフィはそのような手段での交代出しができません。 場に出られるチャンスが少ないです。 エースとしては様々なポケモンの劣化となってしまうため、「みがわり」「めいそう」+「バトンタッチ」や「リフレクター」「ねがいごと」などの補助技を使い味方をサポートしていくことが考えられます。 しかしエーフィは交代出ししにくいポケモンです。 死に出しや味方の後攻「とんぼがえり」などの手段でやっとバトルに登場したエーフィが即刻「バトンタッチ」で引いたり、補助技だけ使って交代してしまうと効率が悪いです。 また「みがわり」「めいそう」は相手の交代読みで積むものですから、相手を流せることが必須条件となります。 エーフィが交代出しでき、流せる相手が少ないためこれらの積み技を使うことは困難です。 「みがわり」+「バトンタッチ」は水タイプに交代出ししやすいサンダースでやった方がよいです。 サンダースの方が素早さが高いので、役割を終えたあとバトル終盤の抜きがしやすいというメリットもあります。 交代読みの「リフレクター」「ねがいごと」を使うとしても、ラティアスなど場に出しやすいポケモンに任せた方がよいです。 エースとすると他の劣化となりますが、サポートとしても他のポケモンを使った方が良くなってしまいます。 性格 :おくびょう 努力値:特攻252、素早さ252、HP6 持ち物:いのちのたまなど火力UP系 確定技:サイコキネシス 選択肢:シグナルビーム、あくび、バトンタッチ、リフレクター、くさむすび、めざめるパワー炎 基本的に死に出しでしか登場できないため、死に出し機会の多い6on6での使用がオススメです。 火力と攻撃範囲は様々なポケモンに劣りますが、エース仕様です。 サポートにするなら繰り出しやすいポケモンを使った方が良くなってしまいますし、エース仕様なら少なくともエーフィの特攻と素早さを活かすことができるためです。 攻撃技が少ないため補助技を絡めて戦います。 性格・努力値について。 エースなので特攻全振りとします。 撃ち合いに備えておくびょう最速とします。 ゴウカザルを抜くことができます。 持ち物について。 突破力を上げる「いのちのたま」がオススメです。 既にパーティの他メンバーに使われているなら「ふしぎのプレート」などが候補です。 技について。 「サイコキネシス」「選択肢」「選択肢」「選択肢」という技構成とします。 「サイコキネシス」はタイプ一致のメインウェポンです。 残りの技は選択肢となります。 「シグナルビーム」はエスパー技が無効の悪タイプへの牽制技です。 エスパー相手の弱点を突くこともできます。 「あくび」は交代読みで様々な相手の牽制として使います。 「バトンタッチ」は交代時に相手の「おいうち」を発動させません。 エスパータイプは通常ミカルゲなど「おいうち」「ふいうち」を持つ悪タイプに捕まりがちですが、エーフィは「バトンタッチ」によりミカルゲから逃げることができます。 ただし繰り出しにくいエースなので、自らバトルから引くことは効率が悪く、本来相性が悪い技です。 「リフレクター」は繰り出される物理相手の対策となります。 重ねがけできる「あまえる」も習得できますが、「クリアボディ」のメタグロスを呼び寄せることと効果の持続を考えてこちらがオススメできます。 壁技では「ひかりのかべ」も使うことができますが、物理相手を呼び寄せやすいので「リフレクター」の方が役立ちます。 「くさむすび」はバンギラスに交代読みで使います。 「いのちのたま」と合わせれば、砂嵐の特防UPを受けたHP振りバンギラスが確2となります。 「めざめるパワー格闘」でも確2なので、最速にできるこの技の方がオススメできます。 スターミーの牽制にもなります。 「めざめるパワー炎」はメタグロスやハッサムなど鋼タイプの弱点を突ける技です。 「おいうち」読みなら「バトンタッチ」で逃げられるため、必須ではありません。 めざパの個体値の関係で最速にできません。

次の