楽天モバイル 後悔。 格安スマホに乗り換えて後悔?必ず知っておくべき失敗例と対策

後悔しない!楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプランを選ぶ全知識

楽天モバイル 後悔

今までのスマホ事情 私はこれまでドコモを6年ほど利用していました。 毎月1万円以上のスマホ料金を支払っていたかと思います。 最近は料金プランを変更したため利用料は減少しましたが…。 しかし、先日、ドコモのsimカードが壊れてしまいスマホが使えないという事態が発生しました。 ドコモショップに行って交換してもらえば済むのですが、ドコモショップに行くのがとんでもなく面倒だったので、 前からずっと気になっていた楽天モバイルを、 この機会にセルフバックを利用して新規に契約してみました。 実際に使ってみた感想 思っていたよりも速い! 楽天モバイル、スーパーホーダイのメリットは 低速通信でも 最大1mbpsの速度が出る ということですが、 実際は通信速度が遅くて使い物にならないというネットの口コミも見ました。 実は我が家にはWi-Fiどころかネット固定回線自体がありません。 そのため、楽天モバイル等の格安simを契約した場合、 必ず固定回線が必要になると思っていたので、格安simに手を出すことをためらっていました。 しかし、いざ楽天モバイルを利用してみたところ、 低速通信の速度が思っていたよりも速かったのです。 てか、これ 1Mbps以上のスピード出ていますよね。 笑 1Mbpsの速さ、そこまで期待はしていなかったのですが、 めちゃめちゃ速くて感動しています。 毎月のスマホ料金が激減した 今までドコモのスマホを利用していましたが、 毎月の料金は1万円前後(端末代込)の利用料金を支払っていました。 最近は料金プランを変更したため、毎月3,000円程度の支払いになっています。 2020年4月利用分の請求額です。 全2回線合計請求分 5,460円(税込) 2回線合計で5,460円となっておりますが、 ドコモ払いを利用しているためです。 ドコモ払いの2,178円を除くと、 2回線で3,000円を超える程度の料金ですね。 そして、こちらが楽天モバイル 【スーパーホーダイ 2GB】プランに乗り換えた結果の料金がこちらです。 請求年月2020年4月 請求額1,630円(税込) ちなみにこれ、通話もめちゃくちゃ利用しています。 スーパーホーダイは10分の通話が何度も無料 前の項でも書きましたが、 楽天モバイルのスーパーホーダイなら、 10分以内の通話なら何度かけても料金が無料 となっております。 これ、めちゃくちゃ助かってます。 通話が無料になるプランは各社でさまざまなプランが出ていると思います。 時間無制限&回数無制限の通話プランってけっこうありますよね。 しかし、たいていの通話って10分もかからないと思うんですよ。 私の場合ほとんどの通話が10分以内で終了しています。 それで通話料込みで月額1,630円。 めちゃくちゃお得ですよね。 実際に楽天モバイルをセルフバックしてみよう ここからは、 そんなお得な楽天モバイルをセルフバックでもっとお得に利用する方法をご紹介していきます。 まずはA8. netのページを開こう ではさっそくですが、セルフバックを利用して 楽天モバイル公式サイトから契約をしましょう。 セルフバックを利用するには、A8. netのページを開きます。 と、その前にまだA8. netの会員ではないという方は、 こちらから無料会員登録を行ってください。 こちらから無料会員登録を済ませればセルフバックを利用することができます。 netから楽天モバイルのセルフバックを見つける A8. netのセルフバックページに進んだら、 「楽天モバイル」と検索しましょう。 検索すると楽天モバイルのセルフバックページが表示されます。 な、な、なんと! 楽天モバイルのセルフバックが Rakuten UN-LIMIT のページに変更されていました。 今はまだスーパーホーダイを契約してセルフバックを行いたい方は、 いったん待って様子を見たほうがいいかもしれませんね。 今後またセルフバック案件が変更されるかもしれないので。 契約について 契約するときに必要だったものは、 ・楽天ID ・運転免許証の番号 あとは楽天モバイルのサイトから申込ページに移動して、 進めていけばよろしいかと。 私は「スーパーホーダイ」を契約しました。 申込後、翌日に審査が通りまして、 その翌日にはsimカードが届きました。 対応も素早く、素晴らしいです。 早速iphoneからドコモのsimカードを引っこ抜いて、 楽天simを差し込みました。 simカードを差し込んだあとは、ちょちょいと簡単な設定をして完了です! (設定には他の通信回線が必要です。 私は他のスマホでテザリングを利用して設定しました。 ) 大手から乗り換えようか迷っている方へ 私の結論は お得。 お値段以上。 大満足。 もし今あなたが大手3社と契約をしていて、毎月の高額な携帯料金に頭を悩ませていて、格安sim・楽天モバイルに乗り換えようか悩んでいるのであれば、今すぐ変えるべきだと思います。 私は楽天モバイルに乗り換えをしてみて、まだ半年ほど利用しました。 価格、使いやすさ、サービス、全ての面において満足しています。 低速モードがこんなにも速いスピードで通信ができるのであれば、もっと早く乗り換えておくべきだったなと後悔しております。 悩んでいる方、ぜひ利用してみてください!.

次の

【OPPO Reno A 欠点/後悔/メリット/デメリット】コスパが高い、画質が悪い、ディスプレイが綺麗、顔認証がはやい、マスクOK、など。楽天モバイルがおすすめ!

楽天モバイル 後悔

第四のキャリアとしてサービスを開始したと格安SIM総合満足度No. 月々のスマホ代を安くしたい人や格安SIMへの乗り換えを検討している人にとって、この2つは必ずと言ってよいほど選択肢に入ります。 楽天モバイルであれば、 「楽天ポイントが貯まりやすい」、 「日本全国データ使い放題」などの売りが目立ちますし、UQモバイルであれば 「通信速度が一日中速くて快適」、 「auのサブブランドなので電波が強くで安心」、「データを使い切っても最大1Mbpsの速度で使い放題」といった他の格安SIMにはないメリットがあります。 しかし、実際の利用者の 口コミを調べると、 気づかないデメリットがあるのも事実。 安易に契約する前に、メリットだけでなく実体験に基づいたデメリットもしっかりチェックしましょう!! 目次• 楽天モバイルとUQモバイルの比較まとめ 楽天モバイルとUQモバイルについて、誰もが気になる点を比較しました。 また、楽天回線のエリアマップでは楽天回線のエリアの色になっていても、実際はパートナー回線しか掴んでいないこともありますので、自宅で本当に楽天回線が問題なく入るかは試してみないとわかりません。 対して、 UQモバイルのデータ容量は、スマホプランRでは2,980円で10GBを全てのエリアで使えるため大変話題です。 私もさっそくスマホプランRに変更しました。 また余ったデータを翌月にくり越せるので、節約モードを利用してあえてデータを使わずに過ごしてデータを余らせるという方法も取れます。 楽天もポイントを貯めるの重視の人は多少我慢してでも楽天モバイル! 「楽天経済圏」と呼ばれるように、 全てのお買い物を楽天カードでポイントを貯めていて、しかもダイヤモンド会員の人であれば、楽天モバイルの方が十分メリットがあります。 逆に、 日々のスマホを快適に使えてコスパも求めるひとであれば、UQモバイルが断然おススメとなります。 楽天モバイルはiPhoneSE(第2世代)の一部の機能しか使えない 楽天モバイルをiPhoneで利用したい場合は、全ての機能は使えないため注意しましょう。 上の図は、iPhoneSE(第2世代)での対応状況です。 iPhoneSE(第2世代)の場合、データ通信や通話は可能ですが、 110番、119番通話での高度な位置情報を掴むことができなかったり、パートナー回線でのSMS送受信ができまん。 また、楽天回線とパートナー回線を行ったり来たりしたときに自動的に接続回線が切り替わらないため、 パートナー回線を一度掴んでしまうと、5GBのデータ容量ばかりいつのまにかどんどん消費されてしまうため、毎回楽天回線に接続しなおす手間がかかります。 また、海外と国内でのAPN自動設定も行われないため、海外渡航時に余計な料金がかかったり、上手くつながらなかったりする恐れがありそうです。 実際の通信速度比較!楽天モバイルvsUQモバイル 楽天モバイルとUQモバイルの回線速度がどの程度なのか、実測値をお伝えします。 楽天モバイル 自社回線 の通信速度 都心まで出る用事があり、ようやく楽天モバイルの自社回線に繋がってスピードテストできた。 この速度で通信量無制限なら強いなぁ。 速度十分。 あとは移動先と職場で楽天回線を掴めるか。 ・そもそも楽天自社回線が一覧に出てこない事も ・速度は以下。 下りはまぁまぁ。 このくらいの速度が安定的にでてくれるのであればノーストレスですね。 ただし、 スーパーなどの建物内では電波がなくなってしまうという報告もあり、室内や遮蔽物に弱い印象。 また、パートナーエリアから自社回線エリアに戻った時に、回線の切り替えがスムーズではなく、 手動でいちいち設定を戻している人も。 通信速度に関しては、現在は利用者が少ないので混んでいませんが、今後キャンペーンの連発で利用者が増えてくると予想されますので、その時に どの程度混雑で遅くなるか不透明です。 楽天モバイル パートナー回線 の通信速度 楽天モバイル パートナー回線エリア通信速度 — RIKA RIKA3kane 楽天モバイルの通信速度測定をしてみた パートナーエリア 21:30の結果 — 琴子 kokonote 昼の混雑時間帯の速度比較 左:mineo au回線 右:楽天モバイル パートナー回線エリア — るふとぷ カラオケ rufutopu 楽天モバイルのパートナー回線エリアでの速度は、3~30Mbpsと場所や時間によって開きがあるようです。 パートナー回線エリアは他社から借りている回線のためか、速度が安定しないようです。 回線を太くするためには費用もかさむため、大幅に改善する可能性は低そうです。 お使いのインターネットの速度はどのくらいですか? — 藤次郎 deki3 UQモバイルの節約モードの通信速度、今までは、300Kbpsだったけど、データプランR(月額2980円)だと、1Mbps出てる。 SNSを使うには問題ないし、普通にYouTubeを観られる速度。 私もUQモバイルを2年以上利用していますが、昼や夕方の混雑時間帯でもサクサク通信できるので、満足度が非常に高いです。 また他の口コミでは、6月から始まったスマホプランRで使える 「節約モード」での通信速度が最大1Mbpsになったことで、非常に評判がよいです。 データは減らないし、この速度(最大1Mbps)で オンライン授業も受けられるという点も見逃せないポイントです。 スマホプランRは待ちに待った料金プランで評判がイイね。 楽天モバイルの口コミ 楽天モバイルの最新の口コミを集めました。 実際に利用しているユーザーの生々しい口コミ評判をお伝えします。 楽天モバイル MNO 回線で二週間ほどウバ運用しましたが遅延を感じたことは私はありませんでした。 悩ましい。 iPhoneでDSDSで使うのがいいのか、とりあえずRakuten miniのままにしておくのがいいのか。。。 — htht rs21727 楽天モバイルがiPhoneに正式対応してくれたら悩まなくていいんですけどね — おまきざる capuchinyou2 楽天モバイルのsim届いたがiphone se開通せず。 apn設定も何度もチャレンジしたができない。 速度は速いが、ビル内や地下は電波が弱い• eSIMの設定は初心者には難しそう• 場所によってはドコモより電波の掴みがよい• 回線の品質に不安があるので、サブ回線での利用がベター• 楽天回線のエリアなのに電波が一切入らない• 楽天回線が圏外だと当然データ無制限では使えない• iPhoneの正式対応はまだ• iPhoneは楽天Linkの無料通話に対応していない• iPhone SEでの設定が上手くいかない まとめると、 楽天モバイルの口コミは特に通信速度は早くて満足。 でも地下や建物の中では繋がらなかったり、楽天回線エリアの自宅なのに電波をつかまなかったりと、まだ不安定な面が目立ちます。 また肝心の iPhoneには正式対応しておらず、設定をいろいろと工夫すればiPhoneでも使えたという情報がネット上にはいくつかありますが、初心者にはまだまだ難しそうです。 楽天モバイルは、楽天市場でのポイントをたくさん貯めている人には魅力的ですが、スマホのメイン回線として利用するにはまだ不安な面が多いようです。 UQモバイルの口コミ 続いてUQモバイルの実際の口コミの数々です。 UQモバイルのスマホプランRに変更したけどこれいいわ 節約モードでも必要十分な速度でるから高速モードすら使わなくてもすみそう. — おとうふ男爵にがり mocchiripon uqモバイルのスマホプランRに変えて、通信容量が3GBから10GBに増えたことよりも、低速通信速度上限が1Mbpsになったことに感動してる。 Youtubeは480p、Gyao、TVer、AmebaTVも多少待てば再生出来るのには驚いた、画質も悪くない。 300Kbpsとは比べ物にならないですね。 — いとう 福島県在住の25歳 motohiro0322 UQモバイルの10GB 2980円で使い切っても最大1Mbpsっての結構スゴイよね。 三社もそれぐらいサービスして欲しいけど、流石に無理か…。 でも、ギガ超過後の速度をもう少し上げてくれてもいいと思う。 LINEの写真も開けないぐらいだもんな。。 最近UQモバイルにしたけど、普通に繋がってる。 格安スマホは安かろう悪かろうかと思ってたけど、通信速度も悪くないしそれでいて月額は安いし良いね! 新型iPhone SEを予約購入!同時にauから格安スマホへ乗り換えた話。 — 嵐 1RnPdZEgDWyDPdU まさにシムフリーiPhoneにUQモバイル挿して使ってるわ! 通信速度は大手キャリア並みにいいと思う。 他の格安シムよりは高いけど、大手キャリアよりは安いし、速度考えたら他の格安シムよりは使いやすいね。 スマホプランRの評判がイイ!データ消費せずにYoutubeが見れる• auから乗り換えても速度に違いはない• mobile、楽天モバイルの友達は遅かった• UQモバイルに変えて1年経つが、不満はない• 大手キャリアからUQモバイルに変えて年に6万円くらい浮いた• docomoは通信障害が!UQは普通につながっている• SIMフリーのiPhoneでUQを使ってる。 UQモバイルの口コミを見ると、速度が速くて満足度が非常に高いことがわかります。 auやSoftBankなどの大手キャリア時代と 変わらない快適さで、年間で6万円も節約できたという評判も目立ちます。 また 節約モード(スマホプランR:最大1Mbps)でYoutubeが十分みれるという口コミも。 UQから他の格安SIMにしたけれど、 速度に不満だからUQモバイルに戻りたいと投稿している人の意見が特に印象的ですね。 楽天モバイルの料金プラン 家族2台目からはさらに月々500円安くなるんだね! UQモバイルの料金プランは、 プランS(3G)が月々1,980円、プランR(10G)が月々2,980円と、シンプルにできています。 しかも家族2台目以降は500円さらに割り引かれるため、 プランSが月々1,480円、プランRが月々2,480円となります。 楽天モバイルとUQモバイルを2年総額で料金比較 UQモバイル (1台目) UQモバイル (家族2台目) 楽天モバイル プランS 47,520 3GB 35,520 3GB 35,760 楽天エリア(無制限)/パートナーエリア(5GB) プランR 71,520 10GB 59,520 10GB 楽天モバイルとUQモバイルの主要料金プランを 2年総額(2年契約)で比較しました。 楽天モバイルの魅力はなんといっても1年間無料ですので、トータルでの料金が単純に半分ですみます。 楽天モバイルの自社回線の不安定さや不便さを許容できる場合や、2台目以降のサブ回線としてお試しで使う人であれば、かなり魅力的な料金設定といえます。 一方、UQモバイルは楽天モバイルと比べると高くみえますが、ドコモ、au、SoftBankと比べると十分安くなります。 家族2台目以降は月々の料金がさらに500円安くなるので、家族で乗り換える人が多い理由がうなづけます。 さらに、UQモバイルであれば10,000円が貰えるを使えば、さらにお得にする方法があります。 楽天モバイルの特長・メリット・デメリットまとめ ここまでお伝えしてきた、楽天モバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。 楽天モバイル 回線の種類 自社回線またはパートナー回線 速度は速いが地下や建物内で弱い 回線速度 比較的早くて快適 パートナーエリアの5GBを使い切ると最大1Mbps 料金プラン 300万人まで1年間無料 パートナーエリアは5GBまで 通話 国内通話かけ放題 無料となるのはRakuten Linkアプリ利用時のみ iPhone利用 一部制限あり SMSの送受信などができない 格安スマホの種類 ふつう 約10種類 契約期間の縛り 縛り無し サポート 店舗、電話、メール、チャット サポートセンターとチャットで対応が異なるという口コミも Amazonをよく使う人はメリットないんだね・・ 楽天モバイルの最大のメリットは、から申し込んだ場合に楽天ポイントが付与されるキャンペーンを活用することで、楽天ポイントが効率よく貯まることです。 従って、 普段からネットショッピングを楽天一択でしている人にドンピシャでしょう。 逆にAmazonやヨーカードー、イオンなどの複数のネットショッピングを使い分けれている人であれば、楽天モバイルにそこまでこだわる必要はありません。 楽天モバイルの通話は「Rakuten Link」という専用アプリからかけないとかけ放題の対象にならないため、使い慣れていない人は通話代金がかさむ傾向にあります。 また 建物内や地下では電波が届かないこともまだまだあるため、これまで使えてたはずの場所で使えなくなったということが起こりかねません。 したがって、 メイン回線ではなくあくまでサブ回線として、お金に余裕のある人がお試しで使うことに向いています。 UQモバイルの特長・メリット・デメリットまとめ UQモバイルの特長・メリット・デメリットを一覧にまとめました。 1だし、au回線で室内や地下でも強い! UQモバイルの最大のメリットは、 docomoやauなどの大手キャリアと通話や通信品質がほぼ変わらないのに、月々の料金がグンと安くなる点です。 通常、他の格安SIMであれば安くなるだけのデメリットがありますが、UQモバイルにはそれがありません。 逆にUQモバイルのデメリットとしては、格安SIMの中で最安ではないという点です。 したがって、 何が何でも最安料金の格安SIMを選びたいという人には向きません。 しかし、 大手キャリア時代よりも半分から3分 の1程度安くなって、通話も回線速度も妥協したくない人には最もバランスが取れた選択肢となります。 楽天モバイルに向いている人と選び方まとめ 楽天モバイルに向いている人• 楽天市場、楽天カードのヘビーユーザーでとにかく楽天ポイントを貯めたい人• スマホマニアでお試しで試したい人• メイン回線ではなく、サブ回線としてデータ無制限で使いたい人(e-SIM、テザリング利用) 楽天モバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。 楽天経済圏と呼ばれる、あらゆる買い物を楽天縛りにして 楽天ポイントをガンガン貯めたい人にはピッタリです。 しかし、 スマホ自体の品質や機能を犠牲にしたくない人であれば、契約後に後悔する可能性がありますのでご注意ください。 上手な使い方としては、サブ端末としてテザリング利用でポケットWifi替わりに使うのであればとてもコスパが良いです。 また、デュアルSIMができるスマホで、e-SIMを使って2枚目のSIMとして登録し、データ通信を楽天モバイルのSIMで使いたい人にもピッタリです。 UQモバイルに向いている人• 大手キャリア時代から通話、通信の品質や使い勝手を落としたくない人• 今使っているiPhoneをそのまま使いたい人• 格安SIMの中で最安の選択肢出なくても構わない人 UQモバイルに向いている人はズバリ上記3点に当てはまる人です。 格安SIMにありがちな、一番スマホをよく使う昼休みや、夕方帰宅時、夜間にスピードが遅くてネットが見れないというストレスが全くなく、 一日中快適に使うことができます。 それなのに、 大手キャリア時代と比べて半分から3分の1くらいに料金が安くなるので、人気な理由がわかります。 格安SIMの中で最安というわけではありませんが、 コスパで選びたい人には最高の選択肢となるのがUQモバイルなのです。 楽天モバイルのキャンペーン 楽天モバイルでは、事務手数料ポイント還元や対象製品+プランセット購入などのが期間限定で開催されています。 しかし、現金キャッシュバックを受け取れるキャンペーンはありませんのでご注意ください。 UQモバイルのキャンペーン UQモバイルでは、スマホの大幅割引キャンペーンだけでなく、SIMだけの契約で適用されるがあります。 UQモバイル店舗ではこのキャッシュバックキャンペーンは受け取れませんので、ネットからの申し込みが断然お得にできています。 UQモバイルのをお見逃しなく!!.

次の

後悔しない!楽天モバイルのスーパーホーダイと組み合わせプランを選ぶ全知識

楽天モバイル 後悔

こんにちは!チチ猫です! 3大キャリアからの乗り換え先として人気の ワイモバイル。 CMも頻繁に流していて認知度も高いですね。 通信回線のシェアでも3大キャリアに次ぐ契約者数を誇り、乗り換え先として検討している方も多いでしょう。 調べていくと、大体• 速度はキャリア並み。 大手キャリアより料金節約になる。 とメリットばかり目につくワイモバイル。 メリットばかり言われると 『なんか落とし穴があるんじゃ・・』と勘ぐってしまうのが人間。 今回は、ワイモバイルも旧プランにて体験済の私が、契約に潜む落とし穴を探っていこうと思います! ワイモバイルは1年前に解約してしまいました💦 一年たって料金が上がるのが嫌だったので、端末セットを大幅値引きしているキャリアに乗り換えちゃいました。。 これもワイモバイルの注意するべき点ですよね・・。 それでは、チチ猫的ワイモバイルの落とし穴についての考察をご覧ください! 後悔しない乗り換えの助けになれば幸いです! Contents• まず一番に気を付けなければならないのは、 取り扱いの機種の少なさです。 当然、端末のセット販売もしているワイモバイルですが、取り扱いの機種が少ないので高級端末や最新機種など購入したい場合には注意が必要です。 今現在取り扱いのある端末は以下のとおりです。 HUAWEI P30lite• Xperia 8• iPhone 7• Andoroid One シリーズ• Libero S10• かんたんスマホ 以前に比べるといくらか改善しているかもしれませんが、ほかのキャリアと比較してもちょっとラインナップが寂しく感じてしまいます。 以前からずーっとメインに扱っている『Andoroid Oneシリーズ』は、ワイモバイルだけが取り扱っている機種で、あまり聞いたことがないという人も多いかもしれません。 Andoroid OneはGoogleが各国のスマホメーカーと協力して、展開しているスマホプロジェクトで、主に発展途上国・新興国での流通を目的とした、 ミドル・ローエンドの低価格帯スマホです。 メーカーでいうと京セラとシャープ、LGが提供しています。 基本的にはミドル・ローエンドの機種になっていますので、高性能機種を求める人には物足りない機種です。 また、一時期ワイモバイル店舗などでは在庫の多いAndorid Oneを結構ゴリ押ししていた時期があるようで、ふたを開けてみればあまり性能の良くない機種だった・・。 ということで批判を受けていたこともありました。 2019年の総務省指導に基づく新料金プランの発表以降は、格安SIMキャリアの中でも最新機種・ハイスペックモデルを扱うところがみられるようになりました。 端末セットでの乗り換えを期待している人には、 落とし穴になります。 2019年の総務省指導に基づく新料金プランからワイモバイルの料金は 『スマホベーシックプラン』に移行されています。 料金表は以下のとおり。 そして、その金額も適用されるのは新規割がある 最初の半年間だけ! この点は十分注意しなければならない 落とし穴といえます。 UQモバイルとどっちがお得? ライバルのUQモバイルの料金表をみると・・。 最初から月額は1,980円でずーっとかわりません。 しかし、UQモバイルの料金にはワイモバイルのように10分通話無料がふくまれていません。 利用する場合はオプションでつけることになります。 支払う総額については最初の半年間の割引(新規割)がワイモバイルにはあるので、その料金の分だけワイモバイルの方がお得です。 しかし、料金プランのシンプルさわかりやすさではUQモバイルのほうがわかりやすいといえるでしょう。 かけ放題プランがいらない! という場合はUQモバイルは家族割も適用すればずーっと1,480円になります。 最大容量のRプランでも17GB。 このデータ容量は13か月だけ。 それ以降はデータ容量は14GBになります。 大手キャリアの大容量プランだと、データ容量が50GB・60GB・はたまた無制限などの取り扱いがありますので、大容量を求める人には物足りません。 注意すべきはデータ増量がキャンペーンによって無料になっていること。 つまり、 自分で増量しないとデータ容量は増えません。 この点は 落とし穴です。 注意しましょう。 ワイモバイルの場合、『マイワイモバイル』からオートチャージの設定ができますので、増量し忘れないように必ず設定しておきましょう。 節約モードとは? 節約モードとは、通信速度を抑える代わりにデータ容量を消費しないモードのこと。 節約モードの速度でも使える通信を使えば、その分のデータ消費が節約できます。 節約モードの速度で言えば、楽天モバイルの1Mbps・UQモバイルは300Kbpsなどが高速な部類です。 これだけの速度があれば、ほとんどのWeb検索・YouTubeなどの動画視聴にも耐えます。 大容量プランがななくても、節約モードを使うことでその分をカバーしてくれるのです。 ワイモバイルに乗りかえる際にぜひ活用したいのは、キャッシュバックです。 ワイモバイルでは大手キャリアからの乗り換えに対して高額なキャッシュバック案件を多数用意しています。 そのキャッシュバック金額・種類の多さは他のキャリアより間違いなくおススメできるものです。 しかし、ソフトバンクからの乗り換えはキャッシュバック還元額が減額されたり、キャッシュバックの対象外になってしまいます。 キャッシュバック目的で乗り換えたい人で、ソフトバンクから乗り換えようとする人には 落とし穴ですね。 ご注意ください。 まとめ いかかがだったでしょうか? ワイモバイルのデメリットとなりうるポイントをいくつか挙げていきました! と言いつつ、我がサイトではUQモバイルやワイモバイルといったいわゆるサブキャリアへの乗り換えを強くおススメしています!.

次の