断食 後 の 食事。 断食4日目~一番の効果はむくみ腸の解消~

プチ断食後に宿便が出る人と出ない人の違い!

断食 後 の 食事

断食の世界的権威である僧侶:野口法蔵先生と医師:甲田光雄先生の二人が、実践と研究の末に生み出しました。 断食革命とも言われており、坐禅と休憩(緊張と弛緩)を繰り返すことと、明けの特別な食べ物の取り方で、わずか二泊三日の断食で腸内の宿便を取る事を可能にしました。 初日は夕方の7時に集合していただき、3日目のお昼過ぎに解散になるまで13回の坐禅をします。 心の肥やし、体質改善にどうぞ。 なお、坐禅の指導をさせていただき今年で10年目ですが、今年から、特に坐禅に焦点を当てていきます。 そのため、今までの断食会とは随分と異なるものになると思います。 自分自身を見つめたい方、自分がいったいどうありたいのかなどと深く考えたい方は特にオススメします。 「世尊自ら医法経を説いて曰く、若し五体のいずこなり患いなば、先ずもって食を断つべし」 『医法経』より 現代日本に住む私たちの多くは食べ過ぎです。 その食べ過ぎの習慣があるがゆえに、消化に不必要なまでにたくさんのエネルギーを使っているわけです。 少食にすることによりそれまでに使っていたエネルギーが必要なところにまわされることになります。 それにより、自然治癒力が上がり、病氣や怪我を治したり、胃腸管が本来の働きをしてきます(蠕動運動をはじめ胃腸管内にあるものを外に押し出していきます)。 そして、宿便を出すことにより、胃腸管から良質な栄養分が吸収されることになりますし、さらに消化に使うエネルギーが少なくてよくなるという善循環が生まれます。 なので、、、、 疲れにくくなります。 精神が安定してきます。 便秘が改善されます。 花粉症・アレルギーや便秘、冷えなどの改善にも効果があります。 つまり、病氣にはかかりにくくなります。 排毒作用から肌がきれいになります。 若返りのスイッチがオンになり、体のいろんなところが変化していきます。 体臭が少なくなります。 こころの毒素的なものも排出しはじめます。 上のような書き方をするといいことばっかりに感じると想うんですが、特にこの坐禅断食をするにあたって知っておいていただきたい心構えがあります。 一般に考えられているような病氣になったら、ただ薬や注射、医師や看護人に任せて病氣を治してもらおうという受け身本位の遣り方ではないということです。 断食(少食)を継続的にしていくためには自分自身が自らの在りたい姿を考え、人によっては大変につらい過程を通らなければなりません。 (そうでなければ続きません。 ) 自身が自立した考え方が求められています。 例えば一般の断食は、三日断食をする時にその前に徐々に食事を減らしていく1週間、そして断食を挟んでその後体を慣らしていく1週間と、わりかしに時間をかけて丁寧に断食体験をします。 そんな遣り方もあるとは想いますが、わたしたちのところでは、断食前、後の食生活を自身で管理するという前提で行います。 (その為に短期間、参加費も格安で参加できることになっています。 ) 自立した人、もしくは自立する人になりたい方限定で指導させていただきます。 結局なところ、体とこころは深くつながっているので、体だけを治すというものではなく、坐禅体験だけをしてみたいと言ったものにもなりません。 体とこころの両方を真剣に考えることが必要なのです。 それはつまり自立ということになります。 体もこころも今よりも良い状態にして、やりたいことが出来るエネルギーや状態をつかんで、ほんとうの自分になる。 そしてそんな素敵な人が集まっていろんな活動をしていくことが私たちの坐禅断食会の目的です。 寒い時期はシャワーを浴びない方がほとんどです。 小食にして、1日1食でも大丈夫です。 (不感症、早漏になります。 <お車でお越しの方への道案内> 土佐道路・石立交差点より道なりに南へ。 1kmほどで右手にサニーマートが見えます。 サニーマート南側の変形五差路を越えるとすぐに信号があり、右側にぽかぽか温泉の大きな看板があるので、それに従って、ぽかぽか温泉へ向かって左折(東へ)。 50メートルほどで横断歩道があるので右折(南へ)。 そこからまた50メートルほど行くと、右手にきつい坂があり、そこを登ったところが高法寺です。 神田本村(こうだほんむら)にて下車。 バスを降りたら、降りた場所から車の進行方向と同じ向き(南)に進みます。 2つ目の交差点(ぽかぽか温泉の看板が目印)を信号を渡ってから左折します。 そのまま歩いて、最初の道を右折します。 10メートルほど歩くと、右手に高法寺の看板があります。 (途中はりまや橋で乗り換え。 乗り換え券を受け取ります。 )上町五丁目のバス停で路線バス(とさでん交通)吉野線に乗り、神田本村(こうだほんむら)で下車。

次の

ファスティング初心者〜断食後の食事は?回復食〜

断食 後 の 食事

断食の世界的権威である僧侶:野口法蔵先生と医師:甲田光雄先生の二人が、実践と研究の末に生み出しました。 断食革命とも言われており、坐禅と休憩(緊張と弛緩)を繰り返すことと、明けの特別な食べ物の取り方で、わずか二泊三日の断食で腸内の宿便を取る事を可能にしました。 初日は夕方の7時に集合していただき、3日目のお昼過ぎに解散になるまで13回の坐禅をします。 心の肥やし、体質改善にどうぞ。 なお、坐禅の指導をさせていただき今年で10年目ですが、今年から、特に坐禅に焦点を当てていきます。 そのため、今までの断食会とは随分と異なるものになると思います。 自分自身を見つめたい方、自分がいったいどうありたいのかなどと深く考えたい方は特にオススメします。 「世尊自ら医法経を説いて曰く、若し五体のいずこなり患いなば、先ずもって食を断つべし」 『医法経』より 現代日本に住む私たちの多くは食べ過ぎです。 その食べ過ぎの習慣があるがゆえに、消化に不必要なまでにたくさんのエネルギーを使っているわけです。 少食にすることによりそれまでに使っていたエネルギーが必要なところにまわされることになります。 それにより、自然治癒力が上がり、病氣や怪我を治したり、胃腸管が本来の働きをしてきます(蠕動運動をはじめ胃腸管内にあるものを外に押し出していきます)。 そして、宿便を出すことにより、胃腸管から良質な栄養分が吸収されることになりますし、さらに消化に使うエネルギーが少なくてよくなるという善循環が生まれます。 なので、、、、 疲れにくくなります。 精神が安定してきます。 便秘が改善されます。 花粉症・アレルギーや便秘、冷えなどの改善にも効果があります。 つまり、病氣にはかかりにくくなります。 排毒作用から肌がきれいになります。 若返りのスイッチがオンになり、体のいろんなところが変化していきます。 体臭が少なくなります。 こころの毒素的なものも排出しはじめます。 上のような書き方をするといいことばっかりに感じると想うんですが、特にこの坐禅断食をするにあたって知っておいていただきたい心構えがあります。 一般に考えられているような病氣になったら、ただ薬や注射、医師や看護人に任せて病氣を治してもらおうという受け身本位の遣り方ではないということです。 断食(少食)を継続的にしていくためには自分自身が自らの在りたい姿を考え、人によっては大変につらい過程を通らなければなりません。 (そうでなければ続きません。 ) 自身が自立した考え方が求められています。 例えば一般の断食は、三日断食をする時にその前に徐々に食事を減らしていく1週間、そして断食を挟んでその後体を慣らしていく1週間と、わりかしに時間をかけて丁寧に断食体験をします。 そんな遣り方もあるとは想いますが、わたしたちのところでは、断食前、後の食生活を自身で管理するという前提で行います。 (その為に短期間、参加費も格安で参加できることになっています。 ) 自立した人、もしくは自立する人になりたい方限定で指導させていただきます。 結局なところ、体とこころは深くつながっているので、体だけを治すというものではなく、坐禅体験だけをしてみたいと言ったものにもなりません。 体とこころの両方を真剣に考えることが必要なのです。 それはつまり自立ということになります。 体もこころも今よりも良い状態にして、やりたいことが出来るエネルギーや状態をつかんで、ほんとうの自分になる。 そしてそんな素敵な人が集まっていろんな活動をしていくことが私たちの坐禅断食会の目的です。 寒い時期はシャワーを浴びない方がほとんどです。 小食にして、1日1食でも大丈夫です。 (不感症、早漏になります。 <お車でお越しの方への道案内> 土佐道路・石立交差点より道なりに南へ。 1kmほどで右手にサニーマートが見えます。 サニーマート南側の変形五差路を越えるとすぐに信号があり、右側にぽかぽか温泉の大きな看板があるので、それに従って、ぽかぽか温泉へ向かって左折(東へ)。 50メートルほどで横断歩道があるので右折(南へ)。 そこからまた50メートルほど行くと、右手にきつい坂があり、そこを登ったところが高法寺です。 神田本村(こうだほんむら)にて下車。 バスを降りたら、降りた場所から車の進行方向と同じ向き(南)に進みます。 2つ目の交差点(ぽかぽか温泉の看板が目印)を信号を渡ってから左折します。 そのまま歩いて、最初の道を右折します。 10メートルほど歩くと、右手に高法寺の看板があります。 (途中はりまや橋で乗り換え。 乗り換え券を受け取ります。 )上町五丁目のバス停で路線バス(とさでん交通)吉野線に乗り、神田本村(こうだほんむら)で下車。

次の

断食後の回復食7つのメニュー

断食 後 の 食事

プチ断食を頑張って行った後のお楽しみ! 宿便タ~イム! しかし、あれ?あれ?あれれれれ?宿便が出てこない! こんなショックな事はありませんよね。 何かやり方が間違ってたのかな?と、不安になりますよね? 今回はプチ断食を行って、きちんと宿便が出る人と、出ない人の、意外な違いをご紹介させて頂きます。 まずは便の質は抜きにしても、自分の身体が毎日排便出来てるか・出来ていないかは、とても重要な点です。 なぜならば、それは生ゴミと同様で、捨てる事なくどんどん積み上げていると、下の方から徐々に腐敗が始まってしまいますよね! それと同じ様な事が、お腹の中でも起こってしまうという事なんです。 何と、恐ろしい事でしょう! 毎日の排便が無い理由には、人の顔がそれぞれ違うように、沢山の様々な理由が考えられます。 毎日排便が無い事が当たり前になってしまっている方こそ、今一度、自分自身の趣味・嗜好・体質を分析して、取り入れるべき事、排除するべき事を整理してみましょう。 日々暮らしていて、あれ?2日続けて排便あったぞ?とか、今日は気持ち良く出たなぁ!と感じた時には、すぐさま何が良かったのだろう?と、振り返ってみて下さい! そこを追求出来れば、自分の身体の良い癖を掴む事が出来る様になるので、それをより多く実行してみて、毎日の排便へと繋げてみて下さい。 沢山の情報に振り回される必要はないです。 ですので、ひょっとすると嫌っていた食材が嬉しい効果に繋がる事もありますし、嗜好品の頻度をを減らすと良い結果に繋がる可能性もあります。 皆さんはどう思われますか? 私は、宿便は存在すると思っています。 もちろん、腸の中を徹底的に解剖した訳ではありませんが、明らかに毎日の排便とは違う『ブツ』を何度も見た経験があるからなんです。 その中で、きちんと頑張ってプチ断食を行ったにも関わらず、宿便が出る人と、 出ない人がいるというのもよく耳にします。 では、一体何が違うのでしょうか? それは、とてもとても以外な理由なのですが 、『今までの生活習慣』なんです! えっ?何で?プチ断食したのに?何の事?って、思われますよね。 プチ断食中は、固形物の食事を一切やめて、水分だけで過ごしますよね! この水分だけで過ごすというのは、胃や腸などの臓器をお休みさせるという、とても大切な意味がありますよね。 そのため、宿便を排泄出来るまでの力を発揮出来ない状態になっているのです。 つまり、日頃より腸内環境をいたわる生活を心掛けておかなくてはいけないのです。 逆を言えば、今まで相当胃や腸に無理をさせてしまっていたという事でもあるのですね。 そんなの、何か申し訳ないですよねっ。 また、もちろんプチ断食中に飲み物だけを摂取する事もとても大切です。 ですので、1度や2度のプチ断食挑戦で私には無理だったと判断するのではなくて、取り組む事で徐々に、何よりもお腹が軽くなって、腸内が喜んでいるのが分かる時が来ますっ! その時の、お腹と心と身体の軽さを、皆さんに体感して頂きたいです! プチ断食中は水分だけで過ごすので、確かにいつもよりは空腹感もありますが、それが大切なのです。 お腹の中でキュリュキュリュッと、軽快に活動してくれているのが分かる様になると、あ!腸が今頑張ってくれてる!と、感じれる日が来ます。 そして、何よりも私はプチ断食に取り組んで、何が良かったかと言いますと、日々の食事・生活習慣にしても、1つ1つの行動を意識する様になれた事なんです。 食事のメニュー決めも、同じ作るなら食物繊維を多く取れる食材を使おうとか、ティータイムも同じ飲むなら、身体を温める紅茶やハーブティにしようとか、身体を温めるしょうがを、いつでも即使える状態で常備する様になったりと、とにかく身体をいたわるようになった事です。 そのわずかな意識を変えただけで、快便・宿便はもちろん、冷え性が明らかに改善されました。

次の