黒 にんにく 効果 女性。 黒にんにくは効果なし?いいえ、こんな効能が期待できます

黒にんにくで【精力】がアップするって本当?

黒 にんにく 効果 女性

「黒にんにくって体に良さそう!」 黒にんにくは白いニンニクと違います。 なぜなら、普通のにんにくを熟成させて発酵させた色の黒いニンニクだからです。 見た目とは裏腹に体に良い黒にんにくですが、いったいどんな効果があるのでしょうか。 今回は、黒にんにくに期待できる5つの効果や副作用、食べ方について紹介します。 黒にんにくが黒い理由 黒にんにくは 白い生ニンニクを発酵して熟成することによって黒くなります。 色が黒い理由は、発酵する際におこる化学反応なのです。 通常、食品が発酵するためには酵母菌のような微生物が必要です。 しかし、ニンニクにはそんな微生物は存在していません。 では、なぜニンニクは発酵するのでしょうか。 実は、ニンニクには糖質とアミノ酸が含まれており、この2つがメイラード反応をおこして発酵をしているのです。 その結果、白い生ニンニクは発酵し、熟成され、色は黒って黒にんにくに生まれ変わるのです。 熟成された黒にんにくは抗酸化作用が高まります。 また、もともと ニンニクが持っているポリフェノールやアミノ酸(たんぱく質)の含有量が増加するほか「S-アリルシステイン」という有効成分も大幅に増加します。 これらの有効成分には様々な健康効果が期待できます。 まず、黒にんにくは 生活習慣病の予防になります。 また、 夏バテや疲労した体を回復するのに役立ちます。 いわゆる元気になる食材というわけです。 そんなニンニクですが、古来から健康促進として活用されてきました。 ニンニクの歴史はとても古く、紀元前4000年にも溯ります。 はじめて使われたのが古代エジプト時代で、ピラミッドをつくる際にも活力源として食べられていました。 ニンニクの効果はエジプトの医学書「Codex Ebers」(紀元前1550年)にも触れられており、「不思議な力を与える食べ物」として紹介されております。 昔から使われてきたニンニクですが。 2006年、弘前大学からこんな発表がありました。 「生ニンニクを発酵させてできあがった黒にんにくには、S-アリルシステインという機能成分が生成され、生ニンニクの約4倍も含まれている」 この研究結果は各メディアでも大きく取り上げられ、国内はもとより海外の学会においても、黒にんにくの成分について盛んに研究報告がなされています。 とくに、 黒にんにくに含まれている『S-アリルシステイン』の効果は、NK細胞を活性化するため、がん予防などに期待できます。 他にも、抗酸化力を高める効果や活性酸素を除去するはたらき、疲労回復、アンチエイジング、血液をサラサラにするといった様々な効果が期待できます。 以下から黒にんにくの効果を5つ紹介します。 1,生活習慣病の予防になる 人間の体には40歳を過ぎる頃から体内に活性酸素が蓄積してしまいます。 活性酸素が増えれば老化によるシミやシワ、白内障、関節炎、がん、糖尿病、動脈硬化、肝機能障害、アレルギー、メタボリックシンドローム(生活習慣病)の原因になります。 これらの解決してくれるのが 「 S-アリルシステイン」です。 S-アリルシステインには、老化や動脈硬化、生活習慣病などの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。 また、 肝機能促進や抗がん作用などにも効果ががあることが研究によりわかっております。 さらに、S-アリルシステインの大きな特徴といえば即効性です。 S-アリルシステインは口から摂取すると約15分から30分程度の短時間で吸収するため、即効性も期待できると考えられています。 2,抗がん作用 もともと生ニンニクにも抗がん作用があることが分かっていますが、黒にんにくが持つ抗がん作用はさらに強力なものです。 というのも、黒にんにくになることで生成される S-アリルシステインがNK細胞を活性化させ、がん細胞の抑制に効果的であるからです。 黒にんにくのがんに対する研究報告は数多くなされています。 現在も引き続き研究が行われています。 3,血液がサラサラになる 黒にんにくには、研究により循環器病の予防や治療効果が期待出来ることが報告されています。 中でも特に注目を集めているのは、 コレステロールや血圧を低下させる作用です。 つまり、黒にんにくには血液をサラサラにしてくれる作用があるということです。 日本の3大死因である、がん・脳血管疾患・心臓病のうち、心臓病と脳血管疾患は循環器系の病気です。 これらは動脈硬化が原因で発症することが分かっています。 黒にんにくを食べることにより日頃から血液をサラサラにしておけば、いつまでも若々しく健康的な体を維持する事が可能です。 4,疲労回復・体力精力増強 黒にんにくは生ニンニクと比べて様々な成分が増加します。 その中にひとつが アルギニン です。 黒にんにくにはアルギニンが生ニンニクと比べて3倍も含まれています。 アルギニンとはアミノ酸の一種で、老化抑制、免疫力の向上、一酸化窒素生成などの効果があります。 そのため、 疲労回復や体力回復、精力の増強といった効果を期待することができます。 また、黒にんにくには血液循環を促進させる作用があります。 その為、体を温める効果が期待できます。 結果、 疲労回復や体力増強などにも効果があります。 5,アレルギー改善 アレルギーの反応は、免疫系の異常により起こるものです。 とくに体に外のない細菌やウイルスでも過剰に反応してしまうこともあります。 アレルギー反応で代表的なものといえば、花粉症やアトピー、喘息、食物アレルギー、金属アレルギーなどです。 近年では、アレルギー体質の方が増えており、3人に1人は何かしらのアレルギーがあるとも言われています。 アレルギーの原因や治療法が明確に解明されていません。 が、実際に黒にんにくを食べている方の中には 喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎などを改善した、という報告がたくさんあります。 これは、黒にんにくに含まれる成分でレクチンという物質に、腸管免疫を活性化させる作用があるためです。 この影響で全身の免疫が正常に働き、アレルギーが改善するとされています。 SPONSORED LINK 黒にんにくの副作用は? ニンニクは自然食品ですけど副作用はあります。 通常の生ニンニクの場合は、ニンニクの成分であるアリシンの殺菌力によって腸内のビフィズス菌(善玉菌)などを殺してしまうといわれています。 その為、胃腸障害を起こすことがあるようです。 では、黒にんにくの副作用はどうでしょうか。 結論からいえば、 黒にんにくに副作用はありません。 なぜなら、黒にんにくは発酵することでアリシンという成分がなくなるからです。 ですので、食べ過ぎてしまっても胃腸障害になることはありません。 ですが、やはり何事も食べ過ぎは禁物です。 副作用や危険性がない黒にんにくでも、余分に食べ過ぎてしまうと胸焼けをおこすかもしれません。 なので、黒にんにくの摂取は決まった量で食べましょう。 なお、黒にんにくの1日の摂取量の目安は「1片〜2片くらい」です。 この食べ方を守って活用していきましょう。 どこで手に入れる? 黒にんにくを手に入れるには2つの方法があります。 自分で黒にんにくを作る 1つめの方法は、 自分で黒にんにくを作る方法です。 生のニンニクと炊飯器を用意し、2週間かけてニンニクの発酵と熟成を行います。 この期間は炊飯器がまったく使えないので、ご飯を炊く場合はもう1台の炊飯器を用意して炊くといいです。 ニンニクのニオイが家中に充満するので、炊飯器での熟成は外ですることをおすすめします。 黒にんにくを産地直送してもらう 2つめの方法は、 黒にんにくを産地直送してもらうことです。 そこで個人的におすすめなのが、 青森県産ニンニクを使用した黒にんにくです。 青森県産のニンニクは、国内ニンニク生産量を占めるほど超ニンニク生産地です。 青森県産ニンニクは、福地ホワイト六片種のみを使用しており、ニンニク玉が大きく、成分も豊富です。 また日本国内No. 1の生産地だからこそできる、品質管理は他の生産地に比べてもピカイチです。 そんなニンニクをじっくりと熟成し作られた黒にんにくが 「岡崎屋の純黒にんにく」です。 青森県産の黒にんにくは以下から確認できます。 その感想はというと、まず見た目はやはり黒い色したニンニクです。 ですが、 ニンニク特有の臭いはありません。 まったく臭くもなく、ニオイも気になりません。 鼻を近づけてみても嫌な感じはしませんね。 黒にんにく1片を手に取り、口にしてみました。 食感はというと、 プレーンのような感じで食べやすく美味しい。 通常のニンニクなら口の中で何らかの刺激はあるのですが、黒にんにくには口を刺すようなピリピリ感はありません。 とても食べやすい食品だと思います。 これなら色んな料理に合うと思います。 とはいえ、ニンニクの臭みを楽しむようなスタンダードなニンニク料理には合いませんね。 ですから、黒にんにくを料理に使う場合はスパイス的に使うのではなく、ただ健康の為の補助として備えておく方がいいでしょう。 黒にんにくを食べた効果は? 黒にんにくを食べた効果はというと、 翌朝の目覚めが軽い気がします。 ニンニクはもともとスタミナ食材ですので、食べるだけで元気になるのは知っていましたが、黒にんにくにも同様の効果はありそうです。 あと凄くいいと思ったのが、 ニンニクのニオイがまったくしません。 通常のニンニクを食べた翌日は、口がニンニク臭いはずですが、黒にんにくはもともとニオイはありませんし、食べても翌日にニンニクのニオイが残るってことはありませんね。 食べるだけで元気になるし、ニオイも気にならないし、黒にんにくはとても魅力的な食材です。 黒にんにくを食べるだけで元気になれたのは、 体の中で抗酸化作用が働いている証拠かも知れません。 つまり活性酸素を除去し、リフレッシュしているということでしょう。 黒にんにくを上手につかって、日々の健康維持に役立てるのは個人的におすすめですね。 なお、黒にんにくは自然食品の黒にんにくやサプリメントとしてたくさんあります。 ご自分に合うものを使うといいと思いますが、 完全無添加の黒にんにくなら、やはり自然の姿をしたものがいいでしょう。 例えば、以下の黒にんにくは、産地直送なのでおすすめですよ。

次の

1週間続けてわかった黒にんにくの効果とは?40代女性の体調管理

黒 にんにく 効果 女性

こんにちは、自称黒にんにく伝道師のトミーです。 このブログをやるようになって、黒にんにくの質問を受ける機会も増えました。 なかには、 「黒にんにくには効果なし??」 なんて、聞かれることもありますが、 決してそんなことはありません。 むしろ、その多種多様の効果・効能を説明するのに、どれをどの順番で説明しようか悩むほどです。 ここでは、できるだけ多くの黒ニンニクの効果・効果について説明していきますが、おそらく全てを説明しきることは不可能でしょう。 それぐらい、 いろんな効果が期待できるし、その多くはデータの裏づけもあるのですから。 その中でも、もっとも注目されているのは、癌(ガン)に対するものです。 ガンと黒ニンニク(生ニンニクも!)の深い関係性については、内容が多岐にわたるため、別途『』にまとめてあります。 以下は、 ガン関連以外の効果・効能についてです。 このページの目次• 黒ニンニクを購入される目的で一番多いのが「疲労回復」 要は、毎日元気に過ごすために黒ニンニクをいただくということです。 これがまず基本中の基本ですね。 何はともあれ元気がイチバン! え?ニンニクにダイエット効果もあるの?! 一部の人にしか知られていない、ニンニクの代表的な効果の一つとして「ダイエット」があります。 万能過ぎますね。 黒ニンニクが風邪を遠ざける?! ガン予防作用や抗がん作用にも通じる話ですが、私たちの体を守る仕組みである「免疫」を高めてくれる働きも黒ニンニクは持っているんです。 美容女子必見!肌荒れやニキビを黒ニンニクが抑えてくれる これは意外と知られていませんが、黒ニンニクに含まれている「S-アリルシステイン」や「ポリフェノール」が美肌効果をもたらしてくれるのです。 黒にんにくが便秘に効く根拠を知って納得 わたし自身もその効果をひしひしと感じている黒にんにくの便秘解消パワー。 その根拠をじっくりと調べたところ、黒にんにくと便秘をひもづける、納得の関係性を理解することができました。 冷え性の人は黒ニンニクの血行促進効果を見逃さないで ニンニクが入ったラーメンを食べると体が温まるように、黒ニンニクにも血行促進効果があります。 女性が喜ぶ効果効能が満載の黒ニンニク 滋養強壮や精力増強のイメージが強く、どちからというと男性向けの食品と考えられがちなニンニクおよび黒ニンニクですが、実は女性にこそ食べてほしい食品なのです。 「ダイエット」「美肌」「便秘解消」「冷え性改善」…と、女性が喜ぶ効果効能ばかりでしょう? 滋養強壮&精力増強!夜の元気は黒ニンニクにお任せ 「疲労回復」に次いで、男性の方の黒ニンニクの購入目的で多いのが滋養強壮&精力増強。 精力剤なんて飲まなくても、黒ニンニクという自然の恵みからパワーは得られるのです。 健康診断のたびに気になる「悪玉コレステロール」の数字改善に黒ニンニクが役立つんです 日常生活ではまったく気にしないし、話題にものぼらないのに、健康診断のあとだけやたらと存在感をますものっていくつかありますよね。 その1つが、悪玉コレステロールの値。 中性脂肪や尿酸の値とともに、その言葉を聞くだけで不健康な自分を認識して残念な気持ちになる人も多いのでは。 そんな悪玉コレステロールの値を改善する力を、黒ニンニクを秘めていると知ったら、ちょっとは黒ニンニクのことを見直すんじゃないでしょうか。 黒ニンニク食べ過ぎると何か問題ある?副作用は? 良いことばかり書いてあげてきましたが、悪いことはないのでしょうか。 そう思うのが普通の人間です。 たとえば、食べ過ぎたらどうなるの? 副作用全般についてはこちらにまとめました。 【重要】黒ニンニクの効果を最大限に生かすために 黒にんにくには様々な効果・効能がありますが、さすがにお薬ではないので、即効性はありません。 何より大事なことは、継続して摂取することです。 私の経験からすると、継続できるかどうかの最大の鍵は、黒にんにくの味が自分の口に合うかどうかにあります。 そして、味が合うか合わないかは、美味しい黒にんにくに出会っているかどうか次第でもあります。 そこで、どんな効果・効能を黒にんにくに期待するにせよ、美味しい黒にんにくがあることを知っていただくために、『』という記事を書きましたので、参考にしてください。

次の

【女性にこそ食べてほしい】黒ニンニクが女性にもたらす良い効果効能まとめ

黒 にんにく 効果 女性

ちなみにガンの次に多い死亡原因が脳梗塞、心筋梗塞です。 この死亡原因ダントツ1位のガンの特効薬として「にんにく」が世界で注目されており、ガンに限らず3大死因の脳梗塞や心筋梗塞の予防効果も期待できることが判明しています。 にんにくが脚光を浴び始めたのはいまから約6千年も前で医薬品のなかった時代では非常に重宝された食材なんですね。 この記事では「食品の王様」ともいわれるにんにくを発酵させた黒にんにくの秘密に迫りたいと思います。 発酵黒にんにくとは? 発酵黒にんにくは生のにんにくを温度65度以下で管理し、湿度を細かく調節して発酵させたにんにくのことです。 じっくり長時間熟成させて乾燥させます。 こうすることにより添加物を使わなくても「自己発酵」し、だんだん黒っぽくなっていきます。 発酵させることにより白い生のにんにくよりも 約10倍の抗酸化力を発揮することが分析結果でわかっています。 つまりポリフェノールを豊富に含むようになります。 それがガンの発症を抑えたり、血中のコレステロールや血圧、血糖値の上昇なども抑えてくれます。 この発酵黒にんにくを定期的に摂取することにより、がん予防や生活習慣病の予防や改善をしてくれます。 ほんとうに素晴らしい食材といえますね。 発酵黒にんにくの抗ガン作用について ガン予防の食材の中で頂点に君臨しているにんにく。 発酵黒にんにくの抗ガン作用はアメリカでもすでに注目されていて、抗ガン剤や放射線を使わずににんにくを利用してガンを治療するという研究も進められています。 アメリカの国立ガン研究所が「デザイナーズフーズ計画」という疫学調査の結果では、にんにくはガン予防の効能がトップクラスであると位置づけています。 この食材の王様にんにくの素晴らしいところは ガン細胞を死に追いやってしまうことです。 具体的な研究で結果では、にんにくを毎日食べたグループと食べていないグループを比較したところ、 ガンにかからない率がなんと11倍も差がついたのです。 また大阪府府立成人病センターでは白血病の治療にもにんにくが使われ強い効果を上げることに成功しています。 胃がんやそのほかのガンも抑えてくれると述べている博士もいます。 これ以外にも実験結果はあります。 週1回にんにくを食べた女性グループと、まったく食べない女性グループで実験をしたところ 大腸がんにかかる危険性がなんと半分になったという実験結果もあります。 また直腸がんも35%減少したという結果でました。 にんにくに含まれているジアリルトリルフィドはガンの増殖を抑えて、自滅させる働きがあり、最終的に消滅させてしまいます。 これはたいへんな発見で、アメリカの生化学専門誌で発表されました。 このジアリルトリルフィドはにんにくを調理したときに生まれる香りの成分で、すりおろしたりして細胞が破壊されることによりアリインという物質がアリシンという物資に変わり、ジアリルトリルフィドに変化します。 なのでにんにくはそのまま食べるのではなく調理することで効果を発揮します。 これ以外にもまだまだにんにくの優れた効能はあります。 発酵黒にんにくの疲労回復効果 にんにくを摂ると疲れがとれたり、疲れにくい体になります。 私の父親も76歳になるのですが疲労回復効果があることを知ってから、にんにくをすりおろしたものをカレーなどに混ぜて毎日食べていると 「年のせいだと思っていたけど、ほんまに疲れなくなったわ」 と心底嬉しそうに話していました。 「にんにくってすごい・・・」と感心したのと同時に、そのまま長生きしてくれと思いましたね。 にんにくを摂取することで疲れにくくなるのは、にんにくの成分が体内に吸収されて、各細胞の働きを活発にして、より多くのたんぱく質を合成させる能力を作り出すからです。 このたんぱく質が各細胞の機能を格段に向上させ、より一層疲労回復させるのです。 さらに、疲労回復にかかせないビタミンB1とにんにくの成分「アリシン」が結びつくと、アリチアミンという体内に吸収されやすい物質に変化して、活性持続性型B! ともよばれる優れたスタミナ効果を発揮します。 精力の弱い人もにんにくはうってつけの食材です。 発酵黒にんにくの血液サラサラ作用 血液はサラサラになってこそ健康だといえます。 発酵黒にんにくは血栓が固まるのを防いでくれる「メチルアリルトリストフィド」という栄養素が豊富に含まれているので、心筋梗塞や脳梗塞、血栓症などの病気の予防にもなります。 発酵黒にんにくはニヲワナイ にんにくのニオイは無臭のアリインが分解されてアリシンになるためです。 しかし発酵黒にんにくはこのアリシンがにおいのない成分S-アリルシスティンに変化するので においが気にならないのです。 にんにくのニオイが気になってしまう方も発酵黒にんにくなら安心して摂取できますね。 発酵黒にんにくで期待できる効能 発酵黒にんにくの効能をいくつかあげてきましたがまだまだあるんです。 多くの博士が報告しているにんにくの効能を具体的にまとめますと ・抗ガン作用 ・抗ウイルス作用 ・疲労回復作用 ・精力増強作用 ・強肝作用 ・抗菌作用 ・老化防止作用 ・コレステロール抑制作用 ・抗アレルギー作用 ・抗不妊作用 ・美肌作用 ・血液サラサラ作用 ・糖尿病の予防 ・高血圧の予防 ・動脈硬化の予防 ・慢性下痢の予防 ・更年期障害の予防 ・便秘の予防 ・風邪の予防 ・胃痛の予防 ・冷え性の改善 ・不眠症の改善 ・食欲の増進 ・ホルモンの分泌促進 などがあげられます。 こうみるとすごい数の効能が期待できますね。 にんにくの効果を最大限に生かすには調理すること 黒ニンニクについて解説してきましたが、もちろん普通のニンニクもカラダに良い食材です。 実は最近になって 調理方法によって効能がかわることがわかったんです。 「えっ食べたら一緒じゃないの」 と思われたかもしれませんが、どのように食べてもよいというわけではないのです。 殺菌効果は 生にんにくのスライスやすりおろしがよく、抗血栓作用や抗酸化作用や強壮作用はにんにくのスライスをサラダ油に入れたり酢漬けやアルコール漬けがベストです。 にんにくは細胞を破壊することで有効成分がにじみでますので加工法がとても大切で、ガン予防にはにんにくオイルやガーリックバターが最適な調理法です。 摂取量には注意 にんにくは食べ過ぎると下痢や胃腸をこわしてしまう方もおられます。 この場合は量を調節したりするか、それでもダメならサプリメントであれば胃腸への刺激が弱くニオイもほぼ無臭なので最適です。 副作用が気になる方や合わないなと感じる方は摂取量を調節するのが一番確実な方法です。 まとめ 発酵黒にんにくは通常のにんにくと比べても栄養価が高く、とくに末病といわれる「病気になる前のカラダ」を健康にしてくれます。 ぜひ毎日に食事に取り入れてがんを予防して長生きしましょう。

次の