桔梗 ラーメン。 塩尻市桔梗ヶ原「桔梗」独特の雰囲気で味わう幅の広い絶品メニュー!

ラーメン屋と居酒屋のハイブリッド店「めん屋 桔梗」

桔梗 ラーメン

ここは2、3回友達に連れていってもらった事があるラーメン屋というか居酒屋というか、居酒屋ラーメン屋さんですw「侮れない」と書いたように、ここのコスパはかなり高いと思う。 何よりも24時間営業なので使い勝手もいい。 近くに世界レベルの繁華街「歌舞伎町」があり、朝まで呑んでもここならラーメンを食べられる。 俺は書いた通り、朝まで歌舞伎町で呑んで、明け方4時半ごろ食べに行きましたwさすがに早朝なので、お客さんもまばらだけど、それにしては8人くらいは居た。 さすが眠らない街ですwそして、ラーメン居酒屋なので、みんな呑んでますw ここは麺だけでも選択肢が結構ある。 ・つけ麺 ¥780 ・ラーメン ¥780 ・チャーシュー麺 ¥1000 この3つから選び、 ・麺の量 ・味(醤油、塩、辛醤油) ・熱盛りかどうか 量はつけ麺だと並340g、大盛510g、特盛680gで、全て茹で上げでの量だから、少しお腹が空いていたら男性なら意外と食べられる。 特盛になると、さすがに周りから何回か大食いだよねと言われる人でないと厳しいかも。 ちなみにここは、ラーメン以外のメニューが多い。 ラーメン屋というよりも完全に居酒屋なので、アルコール類やつまみが多く、そのために前払いではなく、後払いになる。 とにかく、この量を考えたら結構コスパも高い。 このあと書くけど、それ以外にもお勧めするポイントは多い。 そして、禁断のトイレと言われるここのトイレにも踏み込んで行こう。 塩つけ麺 大盛 ¥780 ここは何回か来た事があり、以前も食べた「塩つけ麺」を注文。 待っている時間に店内を見渡してみる。 だいたいみんな呑んでいて、オジさん連中や、時間帯的に早朝だったのでホストもいた。 みんな楽しく呑んでいる中カウンターには俺1人wそして壁には居酒屋のメニューがところ狭しと並んでいる。 これだけでもテンションが上がる俺は、呑兵衛なんだろうねw そんな事をしている内に、おおよそ5分少々で俺の目の前にやってきた。 トッピングは海苔だけ麺の上で、他はつけ汁の中に入っているタイプ。 スープ割りのスープも最初から付いてきて自分で注ぐタイプ。 この写真からはわからないけど、 スープの器がめちゃくちゃ熱い。 手で持てないほど熱い。 熱盛りでなくてもスープが冷めにくく、最後まで美味しく頂ける。 これは「つけ麺屋」と名乗っている所でもやっているお店は意外と少なく、この店のつけ麺への拘りを強く感じる。 さらに つけ汁の量がかなり多い。 多いと冷めにくいし、スープ割りにした時にゴクゴク飲めるのも嬉しいね。 トッピングは ・水菜 ・メンマ ・チャーシュー ・味玉 ・玉ねぎのみじん切り 具材は多いが、味玉はあまり味が染みてないので、つけ汁に浸しながら食べるといい。 またチャーシューも薄切りのものが3枚。 ただこれも少し味が薄いかな。 そして麺。 中太のストレート麺。 適度にコシがあり、量が多くても顎が疲れにくい。 居酒屋のつけ麺と思っていると、足元をすくわれる程の非常に拘りのある麺だ。 からのスープ。 味が濃い目の塩スープ。 そしてトマトのような酸味を感じる。 薄く魚介系も混ざってるかな?どちらかと言うとシャバ系というか麺には少し絡みにくいさらっとしたスープ。 塩に酸味という組み合わせはあまり無いように感じるけど、意外とハマるね。 そしていい味を出しているのが、刻んだ玉ねぎ。 これが濃いめのスープにさっぱり感を与えてくれる。 これがないとただの「濃いスープ」になってしまうだろう。 ただ、つけ麺に拘りがあるためかわからないけど、卓上には味変するための調味料の類はほぼない。 七味唐辛子があるだけ。 まあ味が濃いから、味変する必要は無いというか、あってもあまり変わらないだろうねw 麺を最後まで食べ終わっても、半分以上スープが残っている。 前回の記事「 」では半分以上無くなっちゃったのにね。 そして勢い良くドボドボと割りスープを投入!残ったスープの量が多いので、ドボドボと行きましょう!倍くらいに割っていいと思うよ。 割ってみると、魚介系の風味がプラスされ、酸味も抑えられて、また別のスープへと変身する。 これが美味い。 割る前よりも美味い。 まあ俺が魚介系が好きってのもあるだろうけど、これを呑むために来たと言っても過言ではない(持ち上げすぎかなw)。 ゴクゴクと完飲。 しかも24時間食べられるなんて。 そして禁断のトイレ 何があるんだと気になっている人も多いだろう。 散々ここまで引っ張ってきてすみません。 まああくまでメインはつけ麺なので。 写真がなくて申し訳ないけど、さすがに載せられないレベルのものです。 ハンパないです。 初めてだとビビるレベルです。 女性のお客さんもいるはずなのにこの潔さ。 ぜひ一度ご自身の目で確かめていただきたいので、あまり細かくは書きませんwじっくり時間をかけて全部見たくなりますよw まあ、トイレだけじゃなく、つけ麺もコスパ高いので、凄いお勧めの店です。 行って見て感想をコメントして欲しいです。 ラーメン好きの人はほぼ100%知っている超有名ラーメン屋。 【この豚野郎が!と罵られながら食べるラーメン】 俺の最寄駅の西口の目の前にある、「野郎ラーメン」 ち 頓知房(とんちぼ)のつけそばは一番美味い! 東武東上線の鶴ヶ島駅からスグの頓知房(とんちぼ)。

次の

らーめん 桔梗と空@西新井 : 麺好い(めんこい)ブログ Powered by ライブドアブログ

桔梗 ラーメン

ここは2、3回友達に連れていってもらった事があるラーメン屋というか居酒屋というか、居酒屋ラーメン屋さんですw「侮れない」と書いたように、ここのコスパはかなり高いと思う。 何よりも24時間営業なので使い勝手もいい。 近くに世界レベルの繁華街「歌舞伎町」があり、朝まで呑んでもここならラーメンを食べられる。 俺は書いた通り、朝まで歌舞伎町で呑んで、明け方4時半ごろ食べに行きましたwさすがに早朝なので、お客さんもまばらだけど、それにしては8人くらいは居た。 さすが眠らない街ですwそして、ラーメン居酒屋なので、みんな呑んでますw ここは麺だけでも選択肢が結構ある。 ・つけ麺 ¥780 ・ラーメン ¥780 ・チャーシュー麺 ¥1000 この3つから選び、 ・麺の量 ・味(醤油、塩、辛醤油) ・熱盛りかどうか 量はつけ麺だと並340g、大盛510g、特盛680gで、全て茹で上げでの量だから、少しお腹が空いていたら男性なら意外と食べられる。 特盛になると、さすがに周りから何回か大食いだよねと言われる人でないと厳しいかも。 ちなみにここは、ラーメン以外のメニューが多い。 ラーメン屋というよりも完全に居酒屋なので、アルコール類やつまみが多く、そのために前払いではなく、後払いになる。 とにかく、この量を考えたら結構コスパも高い。 このあと書くけど、それ以外にもお勧めするポイントは多い。 そして、禁断のトイレと言われるここのトイレにも踏み込んで行こう。 塩つけ麺 大盛 ¥780 ここは何回か来た事があり、以前も食べた「塩つけ麺」を注文。 待っている時間に店内を見渡してみる。 だいたいみんな呑んでいて、オジさん連中や、時間帯的に早朝だったのでホストもいた。 みんな楽しく呑んでいる中カウンターには俺1人wそして壁には居酒屋のメニューがところ狭しと並んでいる。 これだけでもテンションが上がる俺は、呑兵衛なんだろうねw そんな事をしている内に、おおよそ5分少々で俺の目の前にやってきた。 トッピングは海苔だけ麺の上で、他はつけ汁の中に入っているタイプ。 スープ割りのスープも最初から付いてきて自分で注ぐタイプ。 この写真からはわからないけど、 スープの器がめちゃくちゃ熱い。 手で持てないほど熱い。 熱盛りでなくてもスープが冷めにくく、最後まで美味しく頂ける。 これは「つけ麺屋」と名乗っている所でもやっているお店は意外と少なく、この店のつけ麺への拘りを強く感じる。 さらに つけ汁の量がかなり多い。 多いと冷めにくいし、スープ割りにした時にゴクゴク飲めるのも嬉しいね。 トッピングは ・水菜 ・メンマ ・チャーシュー ・味玉 ・玉ねぎのみじん切り 具材は多いが、味玉はあまり味が染みてないので、つけ汁に浸しながら食べるといい。 またチャーシューも薄切りのものが3枚。 ただこれも少し味が薄いかな。 そして麺。 中太のストレート麺。 適度にコシがあり、量が多くても顎が疲れにくい。 居酒屋のつけ麺と思っていると、足元をすくわれる程の非常に拘りのある麺だ。 からのスープ。 味が濃い目の塩スープ。 そしてトマトのような酸味を感じる。 薄く魚介系も混ざってるかな?どちらかと言うとシャバ系というか麺には少し絡みにくいさらっとしたスープ。 塩に酸味という組み合わせはあまり無いように感じるけど、意外とハマるね。 そしていい味を出しているのが、刻んだ玉ねぎ。 これが濃いめのスープにさっぱり感を与えてくれる。 これがないとただの「濃いスープ」になってしまうだろう。 ただ、つけ麺に拘りがあるためかわからないけど、卓上には味変するための調味料の類はほぼない。 七味唐辛子があるだけ。 まあ味が濃いから、味変する必要は無いというか、あってもあまり変わらないだろうねw 麺を最後まで食べ終わっても、半分以上スープが残っている。 前回の記事「 」では半分以上無くなっちゃったのにね。 そして勢い良くドボドボと割りスープを投入!残ったスープの量が多いので、ドボドボと行きましょう!倍くらいに割っていいと思うよ。 割ってみると、魚介系の風味がプラスされ、酸味も抑えられて、また別のスープへと変身する。 これが美味い。 割る前よりも美味い。 まあ俺が魚介系が好きってのもあるだろうけど、これを呑むために来たと言っても過言ではない(持ち上げすぎかなw)。 ゴクゴクと完飲。 しかも24時間食べられるなんて。 そして禁断のトイレ 何があるんだと気になっている人も多いだろう。 散々ここまで引っ張ってきてすみません。 まああくまでメインはつけ麺なので。 写真がなくて申し訳ないけど、さすがに載せられないレベルのものです。 ハンパないです。 初めてだとビビるレベルです。 女性のお客さんもいるはずなのにこの潔さ。 ぜひ一度ご自身の目で確かめていただきたいので、あまり細かくは書きませんwじっくり時間をかけて全部見たくなりますよw まあ、トイレだけじゃなく、つけ麺もコスパ高いので、凄いお勧めの店です。 行って見て感想をコメントして欲しいです。 ラーメン好きの人はほぼ100%知っている超有名ラーメン屋。 【この豚野郎が!と罵られながら食べるラーメン】 俺の最寄駅の西口の目の前にある、「野郎ラーメン」 ち 頓知房(とんちぼ)のつけそばは一番美味い! 東武東上線の鶴ヶ島駅からスグの頓知房(とんちぼ)。

次の

年間800杯食べるマニアが厳選!函館の旨すぎる人気ラーメンBEST17

桔梗 ラーメン

ん?このメニューよく見ると… 特性って漢…おっと、誰か来たようだ。 自身以前は結構な頻度でお邪魔していたものの、この日はかなり久しぶりにお邪魔致しました。 私がこのお店に行く目的としては、大抵このメニューが食べたくなって行くことが多いです。 山賊定食 972円 おっと山賊焼きが画面からはみ出しておりますね。 こ…これでも駄目か… なんとか入ってはいるけどなんだこのアングル… ここの山賊焼きはとにかく豪快。 御覧の通りその大きさはさながら野球グローブレベルの大きさで登場します。 ちなみに骨付きですので肉の部分を選別しながら食べ進めていくタイプのもの。 ちなみに当サイトでアンケート取らせていただきました「山賊焼き会議」においても投票いただいているファンの多い隠れた名店でございます。 半端な価格設定に思えますが、税抜900円という事かと。 定食のセット内容はごはん、味噌汁、山賊焼き、お漬物とシンプルな構成。 山賊焼きの下にはざく切りキャベツと荒塩(岩塩?)が添えられております。 さて、このお店の山賊焼きのキャラクターを一言で表すと 「ワイルド」が最も適切かと思います。 グローブのような見た目は勿論ですが、ごはんがどんどん進むにんにく等の薫り、塩気強めのお味。 かぶりついた時のあぶらで唇がひたひたになる感じは、さながら食べている人自身が山賊になったように感じてしまうほどワイルドな代物。 この下に敷かれたモブキャラのざく切りキャベツが、山賊焼きのこぼれた衣とあぶら、そしてお塩をちょんと身にまとうだけで一気にメインのオカズへと進化を遂げます。 これだけでごはんかなりいけますぞ。 たまに中毒的に食べたくなるこの一品。 外しません。 ざるそば(1枚) 648円 今度は冷たいお蕎麦からチョイス。 メニュー表には今回注文した1枚と1人前(1080円)が存在しており、価格の示す通り1人前の方が量が多いとの事(おおよそ2枚分ほどと言われた気がします。 ) そば湯付のシンプルな構成。 店の表の看板には手打ちそばの表記有りでした。 ひとくちしかいただいておりませんがもっと食べたくなるキリッとして美味しいお蕎麦でした。 こちらもやはり外しません。 ラーメン 540円 こちらも試しに。 メンマ、チャーシュー、ゆで卵ハーフ(味玉ではない)と薬味に長ねぎ。 こちらは良くある食堂系の鶏がらのスッキリとした… ん…? …良い意味で思ってたんと違う。 さっぱりスッキリではあるんだけど味に深みがある。 そしてチャーシューもちゃっかり美味い。 細かいことはよくわかんないけど…美味い。 しかもこの値段…流石桔梗。 侮れません。 まとめ 一見入りにくそうなスナック的な店の雰囲気と、なんとも独特の世界観を演出している店内の雰囲気。 ただし、食事内容は王道で私は大好きな店なのであります。 山賊焼き以外の定食もそれはそれはボリューミーな構成の物ばかりですのでもぐもぐ系男子は一見の価値有です。 大盛りにすると尚良し。 こういったお店が大好物の私です。 今後とも頑張ってほしいです。 美味しかったです。 御馳走様でした。 店名 桔梗 電話番号 0263-54-0123 住所 長野県塩尻市宗賀桔梗ケ原71-52 営業時間 11:00~21:00 定休日 月曜.

次の