キムチチゲ。 韓国の友人直伝!!超ハマる本場『キムチチゲ鍋』のレシピ紹介♪

韓国本場流おいしいキムチチゲの作り方

キムチチゲ

作り方 [ ] キムチと肉類を炒め、そこに肉などでとったを注ぐ。 ・・おろし・粉などで味を調え、・などの野菜や豆腐といった具を加えて煮る。 非常に一般的な料理で、店や家庭によって調理法や具材は多彩である。 使用するキムチはが進んで酸味が強くなったものでないと、特有の味が出ないとされている。 を多く含むやなどと一緒に炒めると、キムチの成分と反応してよりうまみが出る。 肉はコクのあるなどを使うことが多い。 肉以外ではの(で「チャムチ( 참치)」)がよく使われ、 チャムチキムチチゲ( 참치김치찌개)、あるいは単に チャムチチゲなどと呼ばれる。 食堂などでは一人前から注文することが普通で、トゥッペギ( 뚝배기)と呼ばれる小さな鍋で出てくる。 もちろん複数人数で鍋を囲んでつつくこともある。 日本におけるキムチチゲ [ ] 日本では一般的にはキムチ鍋と呼ばれている。 日本で紹介されるレシピではキムチと肉を炒めるものが少なく、最初から煮込むものが多い。 またコクを出すためか辛さを抑えるためかを少量加えるものがある。 また、日本ではこのキムチチゲを指して「チゲ鍋」と呼ばれることがある。 しかし韓国語で「チゲ」はを意味する。 つまり、「チゲ鍋」は「鍋鍋」ということになってしまうので、注意が必要である。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

豚キムチチゲスープ|ローソン公式サイト

キムチチゲ

1韓国料理の代表?!チゲ 韓国料理といえばチゲ!という人も多いはずです。 日本語のチゲ鍋という表現は、訳すと「鍋鍋」という意味になりますから、実は間違っているんですね。 韓国のチゲの特徴は、具がごろごろと多く水が少なく、味付けが濃い目だということ。 日本と同じように大きな鍋で作って取り分けて食べるのが一般的です。 チゲの代表的な種類 韓国のチゲにはいろいろな種類があります。 韓国で注文するときこれは「一体どんなチゲだろう?」と思ったことはありませんか? 簡単に代表的なメニューをあげてみましたので、韓国旅行の際に参考にしてください^^ キムチチゲ 家庭であるもので簡単にできてしまうのがキムチチゲです。 キムチと豚肉が入ったキムチチゲが一番一般的です。 キムチにと一緒に、チャムチ(シーチキン)を加えたチャムチチゲもありますよ。 最近はチャムチチゲ用のシーチキンなんてのもあります^^ テンジャンチゲ テンジャン(味噌)ベースの鍋です。 キノコ、ジャガイモ、ズッキーニ、かぼちゃなど中に入る具材は、さまざまです。 日本の味噌汁よりは濃厚な味で、煮込めば煮込むほど美味しさが増す韓国料理です。 スンドゥブチゲ 日本人にも人気のスンドゥブチゲは、辛いベースにスンドゥブ(韓国のおぼろ豆腐)を入れた鍋です。 入る具材は、あさりなどの海産物が多いですが、肉類、キムチなども入ることがあります。 プデチゲ 「プデ」が、部隊という意味で、朝鮮戦争後の食糧難の時に米軍の物資で鍋を作ったのが始まりとされています。 スパムというミートハムが入るのが一番の特徴で、キムチやソーセージやトックッ(韓国のお餅)を薄く切ったもの、というか何でも入れていい鍋という感じです。 締めは、インスタント麺を入れていただくのが定番です。 楽天で購入 ポイント2 キムチと肉の比率は3対象1 キムチと肉の比率に悩むところですが キムチ3・豚肉1の割合で作るのが一番おいしく作れます。 これを見安にすれば余ったキムチでチゲを作る場合、悩む心配がありません。 ポイント3 キムチはよく炒めるべし キムチチゲを作る場合、炒めずに水を追加するというのは邪道中の邪道。 ぜーったいよく炒めてから水をいれましょう、全く味が違うはずです。 ポイント4 水を使うな、米のとぎ汁を入れろ キムチチゲを作る場合、水を入れる人多いんじゃないんでしょうか? それよりも米のとぎ汁を使えば、臭みをとることができ香ばしい味に仕上げることができます。 米のとぎ汁は韓国のスープを作るときによく利用していますヨ。 米を研いだ時の最初の水ではなくて2~3回目のとぎ汁を利用してみてください。 どうせ捨てるものですし、騙されたと思って入れてみてください。 ポイント5 隠し味は、、砂糖 キムチチゲの隠し味はずばり、砂糖です! チゲの味とは正反対なので、ビックリしたのではないでしょうか。 キムチチゲには酸っぱいキムチを使いますが だいたい作ってみて酸っぱすぎる、まろやかさがないという場合に使える裏技です。 砂糖を入れることで、酸っぱさが取り除かれてまろやかになります。 必要な場合は味を見ながら少しずついれてみてください。 また砂糖と同じ役割をするのが、玉ねぎなんです。 砂糖を使いたくないけど、キムチは酸っぱそうだという場合なら 最初の時点で玉ねぎの量を多めにしても効果的ですヨ。 レシピを見て冷蔵庫の中の材料で作ってみましょう! 【材料】• 酸っぱいキムチ• 玉ねぎ• 大ネギ• 潰したニンニク• あればダシダ• 必要なら砂糖 【作り方】 1 キムチを食べやすい大きさに切ります。 玉ねぎは2㎝くらい縦に切って、半分に。 豚肉・豆腐はお好みの大きさに切っておきます。 2 鍋に油をひいて、キムチを炒めます。 だいたい炒まったら、豚肉も加えて炒めます。 3 鍋の中の具に被るぐらい米のとぎ汁を追加して、煮ます。 4 少ししたら豆腐・玉ねぎを加えてぐつぐつ煮ます。 キムチチゲは煮込むと美味しくなるのでよく煮込みましょう。 5 味を見て、味が薄いようならキムチの汁を追加したり、塩、ダシダを入れて味を調えます。 また酸っぱいなら、砂糖を少しずつ入れてみましょう。 6 水が少なくなってきたらネギを入れて、ひと煮立ちさせて完成です。

次の

韓国の友人直伝!!超ハマる本場『キムチチゲ鍋』のレシピ紹介♪

キムチチゲ

韓国家庭料理の定番、キムチチゲ 김치찌개。 その名前はいまや日本でもすっかり定着していますね。 でも日本風にアレンジされたレシピも多くて、中にはどうみても日本の鍋料理にしか見えないものもちらほら…。 というわけで、今日は本場韓国のおいしいキムチチゲのレシピをご紹介します。 韓国語のネットで100件以上の支持を得ているレシピをもとに少しアレンジして私が作ったものです。 実際に韓国人にもおいしいとの太鼓判をもらいました。 さんまを入れたバージョンもおいしいのですが、今回はオーソドックスに豚肉バージョンです。 本場韓国の豚肉入りキムチチゲ 김치찌개 レシピ 材料(4~5人分)• 発酵が進んだ韓国キムチ 3分の1~2分の1株分(キムチの量は目分量でぶた肉の約3倍位です。 長ネギ 1本• 豆腐 1丁• えのき 半袋(なくても可)• 生の青唐辛子 1本(好みで。 なくても可)• 米のとぎ汁(なければ水)900㎖~1L• 韓国味噌(なければ赤みそかミックス味噌) 2分の1T• 砂糖 1T• おろしにんにく 1T• コチュカル(唐辛子粉) 好みで1T~4T(なくても可)• クッカンジャン(국간장 韓国の汁物用醤油。 なければ普通のしょうゆ) 1T• アミの塩辛(なくても可) 1T 韓国料理にはおろしにんにくは欠かせません。 大抵の家庭では冷凍保存して常備しています。 4.えのき、豆腐、青唐辛子、ねぎを入れ、味を見て調えます。 物足りないときはキムチの汁を足してみるか、砂糖をもう少し入れてみてください。 ここに挙げたこまごました調味料は、実はその大部分がキムチを作るときにも入れるものです。 だから、おいしくて味がしっかりしているキムチがあったら、キムチと水と肉と豆腐とねぎだけでも、ほんの少し味を調えさえすればまあまあおいしいキムチチゲを作ることができます。 (実際、韓国人に最初に私が教えてもらったときは、それだけで作っていました。 )でもやっぱり少し酸っぱくなりすぎたり、舌を刺すような刺激があったりと、何かが違う!と思い、アレンジしてできたレシピが今回ご紹介したレシピです。 皆さんも、このレシピをもとに、さらなる改良を加えて家庭の味を確立してみてください。 【おすすめの記事】.

次の