クオモ ニューヨーク 州 知事。 米 NY州クオモ知事「連邦政府は歴史的な過ち」政権を批判

米で人気急上昇、クオモ・ニューヨーク州知事がこの1カ月でやったこと。感染者76人で緊急事態宣言

クオモ ニューヨーク 州 知事

全米で46万6299名、アメリカは世界一の感染者数。 NY時間2020年4月10日午前 2:19:03 時点の、感染症研究のエキスパート米ジョンズ・ホプキンス大学 によると、アメリカの新型コロナウイルス感染者数は、46万6299名で、世界最多の感染国。 アメリカはダントツの1位で、2位のスペインの3倍以上の感染者数です。 5位のドイツは感染者数は増えていますが、致死率は目立って低く約2%。 どういった治療をしているのか、他国も学ぶ必要がありそうです。 中国は現在6位。 日本の感染者数は現在4667名、死亡者数は94名、回復者数は632名となっています。 【新型コロナウイルス感染国ワースト5】2020年4月10日 1. アメリカ 466,299名(死亡16,686名)(回復26,104名) 2. スペイン 153,222名(死亡15,447名)(回復52,165名) 3. イタリア 143,626名(死亡18,279名)(回復28,470名) 4. フランス 118,785名(死亡12,228名)(回復23,441名) 5. NY時間2020年4月10日午前 2:19:03 時点のデータによる 2020年4月9日現在ニューヨーク州感染者数15万9937名 2020年4月9日付在ニューヨーク日本国総領事館の「総領事館からのお知らせ」メールによると、現在のニューヨーク州の感染者数は15万9937名。 死亡者数は7067名。 ニューヨークは世界の感染の震源地となり、アメリカは感染国ワーストワン(恐怖)。 ニューヨークシティで、感染者数が多い順番は、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、マンハッタン、スタテンアイランド。 いずれも人口密集地であることから、感染者数が連日増加しています。 私の住むクイーンズ区は、人種のるつぼニューヨークシティの中でも、特に多様な人種が集まるエリアで、感染率はNYCの中で約32%とトップ。 しかもエルムハースト病院( ,Queens,NYC)の医療現場の惨さが世界中に伝わっています。 いわば、世界一の感染拡大地域で、私はまだ生き延びています(泣)。 ( )内は前日の数。 クイーンズ区: 27,752名(26,248名) ブルックリン区:23,394名(22,082名) ブロンクス区: 17,792名(16,626名) マンハッタン区:12,106名(11,504名) スタテン島区:5,984名( 5,343名) 詳細につきましては、在ニューヨーク日本国総領事館の新型コロナウイルス関連情報で確認することができます。 4月9日現在、当館管轄内における新型コロナウイルスの感染者数及び死者数は以下のとおりです。 かくいう私も、NY州知事の会見は欠かさず毎日見ています。 "心ないリーダー(Heartless Leader)"と呼ばれるトランプ大統領は、記者会見のときも下を向いたまま、原稿を棒読み。 いやいややっているのが丸わかりで、記者から質問があっても答えず(分からず)、側近に振ってしまいます。 この人は状況を把握しているのか? 国の元首なのに、不安を感じている皆にどうして励ましや優しい言葉がかけられないのだろうと、私たちをガッカリさせています。 デブラシオNY市長は連日の激務で、半泣きのような顔で毎日会見しており、やはりリーダーシップがイマイチ感じられません。 は、父親に続き親子2代の州知事で、政治家の経験値も高いのだと思いますが、抜群のリーダーシップ。 連日の記者会見はほぼ原稿を眺めることもなく、説得力を持って、事実やデータを語ります。 そして、時に私たちを励まし、時に私たちを叱り、時に自分の弱みを見せ、「NYのお父さん」さながら。 今日は彼が何を言うのかと、皆が期待するのです。 ニューヨークに限らず、全米で人気が高く、「私はこうする」という意思を持って、引っ張ってくれるリーダーを誰もが望んでいたのだと分かります。 ただし彼も激務の疲労で、顔面は蒼白。 身体に気をつけて、リーダーでいて欲しいものと心配しています。 もう同じ昨日には戻れない。 [Photos by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission. クオモNY州知事が連日記者会見で語る背景には、多分優秀なシナリオライターがいるのだと思いますが、名スピーチが多いです。 2020年4月8日のスピーチは、歴史に残る名言だと私は思いました。 拙い意訳ながら、訳してみました。 When will we return to normal? I don't think we return to normal. I don't think we return to yesterday, where we were. I think if we're smart, we achieve a new normal. いつ、日常に戻れるかって? もう、今までの日常に戻れるとは思わないよ。 同じ昨日には、戻れないだろう。 私たちが現状から学んで、これから新しい日常を生み出すんだ。 勇気を持って前に進んで、新しい日常を獲得しなければ。 特派員プロフィール• ニューヨーク3特派員 青山 沙羅 さん はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。 恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。 人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。 寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。 共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 アメリカの今• アメリカを旅する• アメリカの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

トランプ大統領に比べ際立つNY州知事の危機管理能力 WEDGE Infinity(ウェッジ)

クオモ ニューヨーク 州 知事

米国で新型コロナウイルスの感染者が集中する東部ニューヨーク州で、対策の指揮を執るアンドリュー・クオモ州知事(62)=民主党=の手腕を評価する声が高まっている。 専門家の意見と矛盾する言動のトランプ大統領とは対照的に、記者会見ではデータを示し、状況が深刻なことを率直に説明。 論理的だが、人間味もある言葉で語りかける姿が人気を呼んでいる。 「ニューヨークには(感染者が多い)中国もイタリアも含めて世界中から人が訪れる。 私たちは通りやバス、レストランですれ違い、隣り合って暮らしている。 それは(感染が広がりやすいという)私たちのもろさであり、同時に強みだ。 互いに受け入れ合うことが、私たちを人たらしめている。 それがニューヨークだ」 こういう記事を見ると、(やっぱりそうなんだなあ)と妙に説得力があります。 一般に、記者会見の英語は「説明するための発言」なので速度もゆっくりめで聞き取りやすいです。 ニューヨーク州で感染者が爆発的に増えてから、人工呼吸器の数が大量に不足していることにいら立ったクオモ知事が連邦政府に支援を求め、 「Ventilators, ventilators, ventilators! 」と連呼していたときの映像が今でも頭に焼き付いています。 意訳すると「とにかく、人工呼吸器が全然足りんのだ!なんとかしてくれ」という感じでしょうか。 これを見たときのインパクトは強烈で、(この単語、もう一生忘れんわ)と思ったほどです。 クオモ知事の凄いところは、「なぜそうせねばならないのか」という理由を、まさに「論理的かつ人間味もある言葉で」長時間にわたって語りかけていることです。 「Washington Post」のこの動画が彼の人柄を端的に描いているのでご紹介します。 共和党のトランプ大統領との対立も説明されていて、なかなか興味深い動画です。 クオモ知事が今回の危機対応を高く評価されていることから、こんなコメントもついています。 (このコロナウイルス危機で人気が出て、2024年の大統領選に出馬確定だな) 確かに、そう考える人がいても不思議ではありません。 さきほど速報で知りましたが、このクオモ知事の弟であり、CNNキャスターでもあるクリス・クオモ氏が新型コロナウイルスの検査で陽性だったとのこと。 このことについて、兄のクオモ知事は心配しながらも「彼はまだ若いから大丈夫でしょう」と話しています。 CNNチャンネルでいつも親しんでいたキャスターなので、本当に無事回復されることを祈りたいです。 こちらの動画は、なんと、キャスターの弟(クリス)がウイルスに感染後、隔離先の自宅から知事の兄(アンドリュー)を取材している様子です。 有能で勤勉なクオモ兄弟が、そろって危機を乗り切って元気で仕事を続けられますように…!.

次の

もう同じ昨日には戻れない。NY州知事の名スピーチ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】 アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

クオモ ニューヨーク 州 知事

米国で新型コロナウイルスの感染者が集中する東部ニューヨーク州で、対策の指揮を執るアンドリュー・クオモ州知事(62)=民主党=の手腕を評価する声が高まっている。 専門家の意見と矛盾する言動のトランプ大統領とは対照的に、記者会見ではデータを示し、状況が深刻なことを率直に説明。 論理的だが、人間味もある言葉で語りかける姿が人気を呼んでいる。 「ニューヨークには(感染者が多い)中国もイタリアも含めて世界中から人が訪れる。 私たちは通りやバス、レストランですれ違い、隣り合って暮らしている。 それは(感染が広がりやすいという)私たちのもろさであり、同時に強みだ。 互いに受け入れ合うことが、私たちを人たらしめている。 それがニューヨークだ」 こういう記事を見ると、(やっぱりそうなんだなあ)と妙に説得力があります。 一般に、記者会見の英語は「説明するための発言」なので速度もゆっくりめで聞き取りやすいです。 ニューヨーク州で感染者が爆発的に増えてから、人工呼吸器の数が大量に不足していることにいら立ったクオモ知事が連邦政府に支援を求め、 「Ventilators, ventilators, ventilators! 」と連呼していたときの映像が今でも頭に焼き付いています。 意訳すると「とにかく、人工呼吸器が全然足りんのだ!なんとかしてくれ」という感じでしょうか。 これを見たときのインパクトは強烈で、(この単語、もう一生忘れんわ)と思ったほどです。 クオモ知事の凄いところは、「なぜそうせねばならないのか」という理由を、まさに「論理的かつ人間味もある言葉で」長時間にわたって語りかけていることです。 「Washington Post」のこの動画が彼の人柄を端的に描いているのでご紹介します。 共和党のトランプ大統領との対立も説明されていて、なかなか興味深い動画です。 クオモ知事が今回の危機対応を高く評価されていることから、こんなコメントもついています。 (このコロナウイルス危機で人気が出て、2024年の大統領選に出馬確定だな) 確かに、そう考える人がいても不思議ではありません。 さきほど速報で知りましたが、このクオモ知事の弟であり、CNNキャスターでもあるクリス・クオモ氏が新型コロナウイルスの検査で陽性だったとのこと。 このことについて、兄のクオモ知事は心配しながらも「彼はまだ若いから大丈夫でしょう」と話しています。 CNNチャンネルでいつも親しんでいたキャスターなので、本当に無事回復されることを祈りたいです。 こちらの動画は、なんと、キャスターの弟(クリス)がウイルスに感染後、隔離先の自宅から知事の兄(アンドリュー)を取材している様子です。 有能で勤勉なクオモ兄弟が、そろって危機を乗り切って元気で仕事を続けられますように…!.

次の