トイレ 風呂 逆流。 ユニットバスが排水詰まりで逆流!対処法と日々の簡単お手入れ方法

トイレが下水臭い原因と対処方法「アレ」を使えばすっきりだった!

トイレ 風呂 逆流

トイレやお風呂が突然逆流したら?非日常的な事態に慌てふためく人は多いですが、逆流を引き起こすつまりの原因と対策を前もって知っておけば、実際にその場面に遭遇しても落ち着いて対処できます。 もちろん自分でできることには限りがありますので、早急に業者に連絡するのも被害を最小限に食い止めるうえでのポイントです。 また、日頃から排水管などのつまりについて目を配っていく姿勢も大切です。 トイレが逆流する原因と対策 トイレが逆流すると排泄物混じりの汚水が床にあふれ、後片付けが大変苦痛になります。 原因をあらかじめ知っておけば、大惨事は免れるかもしれませんので覚えておきましょう。 原因として挙げられるのはまず便器内でのつまりで、トイレットペーパーなどの紙類をはじめとして排泄物や異物などが排水路でつまって水がせき止められるパターンです。 これらが奥まで入っていくと、今度は排水管がつまります。 ただし排水管の場合は、ペットボトルなどによるタンク内の水位のかさ増しも逆流を引き起こす要因となります。 また、汚水ポンプの故障も逆流につながります。 自分でできる対策としてはつまりの場合ならラバーカップの使用、お湯や重曹を流すなどといった方法が有効です。 しかし無理に自力で解決しようとするとかえって悪化するおそれがありますので、最終的には業者に連絡するのが確実です。 お風呂が逆流する原因と対策 お風呂の逆流の原因は、ほとんどが排水パイプに付着して蓄積された髪の毛や皮脂などの汚れのつまりです。 これを取り除けば、元通り水がスムーズに流れていくようになります。 まずは、ヘドロ状になった汚れに強い液体パイプクリーナーを使うのが良いでしょう。 さまざまな種類のものが市販されていますので、扱いやすいものを選んでください。 また、その場しのぎではありますがトイレのつまりで活躍するラバーカップを使用するという方法もあります。 お風呂での使用は、トイレ用よりも少し小さめのほうがおすすめです。 何よりお風呂の場合は、普段から汚れをため込まないよう気をつけておくのが一番です。 排水口にヘアキャッチャーやネットをかぶせておいたり、週に一回程度は液体パイプクリーナーで中を洗浄しておいたりするだけで逆流は十分に防げます。 それでもつまるときはつまりますので、そのときは業者に依頼しましょう。 自然災害による逆流も ごくまれに、大雨などの自然災害によってトイレやお風呂の逆流が引き起こされることがあります。 これは、雨水や土砂がマンホールに流れ込むことによって家庭の汚水が排水できずに押し戻されてしまうのが原因です。 家庭の汚水は、それぞれ排水管を通って汚水枡で一つにまとめられてから下水道に向かっていきます。 自然災害発生時、汚水が下水道まで流れていってつまりを起こすと、汚水枡にどんどん汚水が溜まっていき、やがて行き場を失って再び排水管を通って排水口から噴き出すという仕組みです。 下水道のつまりは自治体の管轄ですのでお任せするしかありませんが、自然災害時には水まわりの使用を控えめにするなどの自衛的な対策はそれぞれの家庭でも可能です。 また、元々の汚れで排水管がつまる寸前だったという可能性もありますので、逆流したらまずは業者に連絡するのが間違いありません。 まとめ トイレとお風呂のつまりには共通点も相違点もあり対策もそれぞれですが、自分で何とかしようと思わないですぐに業者に全てを委ねるのが結局は一番安全です。 特に自然災害における逆流は、行政や業者でないと対応ができませんので冷静に行動しましょう。 トイレやお風呂の構造などについての正しい知識を身につけたり、つまりを発生させないように掃除を普段から心がけたりすることはできます。 快適に過ごすために日常生活を振り返ってチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

スッキリ!風呂の水が逆流する原因と解決方法

トイレ 風呂 逆流

Contents• 簡単!お風呂の排水逆流を防ぐ2つの方法 逆流の原因となる詰まりを防ぐ方法は、主に以下の2つ。 どちらもとても簡単です。 1.排水口にヘアキャッチャー(またはネット)を付ける 2.液体パイプクリーナーで1週間に1度お掃除する たったこれだけ。 ヘアキャッチャーは、お風呂場の排水口にかぶせる目皿のようなものです。 逆流してしまったときの不快感と手間を考えたら、この2つの方法で予防してスムーズな排水を目指したほうが断然楽ですね。 また、異物が排水口に流れ込んで奥で詰まる場合もあります。 うっかりシャンプーのキャップなどを落としてしまったときにはすぐに拾っておきましょう。 もしもお風呂の排水口が詰まって自分で対処できず業者に依頼した場合、 *詰まりの除去に約8,000円~ *高圧洗浄ともなれば約15,000円~ と、大きな出費となります。 日々のちょっとした手間でこうした出費も抑えられます。 次からは、2つの予防方法についてそれぞれ詳しく解説していきます。 1.排水口にヘアキャッチャーやネットをつける 排水口にヘアキャッチャー(ゴミ取り用カバー)やネットをつけるのは、最もシンプルで効果的な予防方法です。 排水口から水が逆流してくる主な原因は、髪の毛や石鹸カスによる詰まり。 ヘアキャッチャーやネットを付けることで、これらを入り口でキャッチできます。 ヘアキャッチャーやネットは、スーパーやホームセンター、インターネットで手軽に購入可能。 種類がいくつかありますので下記を参考に選んでみてください。 ステンレス製の浴室用ヘアキャッチャー(約1,000円〜) ヘアキャッチャーの目はネットよりも細かく、髪の毛などが排水口に流れ込むことを効果的に防いでくれます。 ステンレス製のヘアキャッチャーはプラスチック製より少々高いですが、お湯が溜まっても浮かび上がることなく安定します。 プラスチック製では浮かんでしまうという場合、ステンレス製にするといいでしょう。 ネットのようにいちいち取り替えずにすむので便利ですが、毎日ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛や石鹸カスを取り除いてゴミ箱に捨てる必要があります。 ヘアキャッチャーが目詰まりしてくることもあるので、そんな場合はブラシやスポンジで綺麗に洗いましょう。 プラスチック製の浴室用ヘアキャッチャー(約500円〜1,000円) 使い方はステンレス製と同じく排水口にかぶせるだけです。 ステンレス製と同じく、毎日ヘアキャッチャーに溜まった髪の毛などをゴミ箱に捨て、汚れが付着してきたらブラシやスポンジで洗う必要があります。 プラスチック製のヘアキャッチャーには、特殊形状で水を流すと髪の毛が中央にくるくるまとまる便利な商品もあります。 こうしたタイプは、捨てるときにヘアキャッチャーの端を持てば、髪の毛に触ることなくポイっと捨てられます。 あまり髪の毛や石鹸カスに手を触れたくない方におすすめです。 粘着タイプの排水口ネット(30枚で約500円〜) 排水口の目皿に粘着性のネットをかぶせる方法です。 ネットを取り替える手間はかかりますが、粘着性のネットであれば、剥がすときに集めた髪の毛やゴミを包み込むようにして一気に捨てられます。 目皿に汚れも付着しづらく、捨てやすさで言えば一番です。 目皿にかぶせるタイプの排水口ネット(150枚で約600円〜) 粘着性ではなく、目皿を覆うようにかぶせるタイプのネットもあり、粘着タイプのネットより安価です。 ただし、目皿を排水口からいったん外して、目皿全体を覆うようにネットをかぶせてまた目皿を排水口に戻す必要があります。 粘着タイプのネットよりは少し手間がかかりますが、安さを重視したい方にはおすすめです。 まずは、こうしたヘアキャッチャーやネットを活用して、排水口の中へ汚れが流れこむ前にキャッチすることが逆流予防のポイント。 まだ何も対策していない方は、すぐにでも排水口にヘアキャッチャーを取り付けるか、排水口の目皿にネットをかぶせましょう。 2.液体パイプクリーナーで1週間に1度お掃除する ヘアキャッチャーでほとんどの髪の毛や石鹸カスはキャッチできますが、どうしても排水口に流れ込んでしまうものもあります。 また、時間の経過とともに、内部のヌメリが溜まることは防げません。 そこで、1週間に1度は排水口に液体パイプクリーナーをかけてお掃除をしましょう。 使用方法はとても簡単で、排水口に液体パイプクリーナーを回しかけて30分ほど経ったら水で流すだけです。 液体パイプクリーナーはスーパーやホームセンター、インターネットでも購入できます。 代表的なものは以下のような商品です。 * パイプユニッシュ 密着ジェル(1本800ml 約300円〜) * パイプハイター 高粘度ジェル(1本500ml 約300円〜) 汚れが溜まりに溜まって逆流してしまうと、液体パイプクリーナーを使っても流れなくなってしまい大変です。 そうなる前に、普段からこまめに掃除して逆流を予防しましょう。 1週間に1回程度パイプクリーナーでお掃除してあれば、排水口からの悪臭予防にもなります。 スポンサードサーチ それでも解決ないときの3つの解消法 上で紹介した2つの予防方法を実践しても排水口が詰まってきてしまった場合には、パイプクリーナーで対処するか、ラバーカップを使ってみましょう。 1.液体パイプクリーナーと40度のお湯で詰まり除去 排水口が詰まっている場合、髪の毛に石鹸カスが絡まってヘドロのようになり、排水口の奥で塊になっているかもしれません。 液体パイプクリーナーはこの髪の毛ヘドロを強力に溶かしてくれます。 まずは市販のパイプクリーナーで詰まりを除去しましょう。 使用方法は、液体パイプクリーナーのパッケージに記載された使用量を排水口に注ぎ、15〜30分放置した後、水を流すだけ。 より効果的に使うなら、液体パイプクリーナーを注ぐ前に40度のお湯を流して汚れを浮かしておきましょう。 最後にパイプクリーナーを流す際にも、40度のお湯を使うとさらに効果的です。 本当に簡単なので、いざという時のためにも液体パイプクリーナーを買い置きしておくと安心ですよ。 2.業務用パイプ清浄剤「ピーピースルーF」を使ってみる 一般家庭用の液体パイプクリーナーでも詰まりが解消されないなら、業務用のパイプ清浄剤「ピーピースルーF」を試してみるのも一つの手です。 インターネットなどで、1本(600g)約1,000円から購入できます。 使用する際は、排水溝に粉末をふりかけ40度〜50度のお湯で流し込みます。 泡を立ててピーピースルーが汚れを溶かしてくれるので、30分〜1時間ほど放置し、最後に水を十分に流しましょう。 ピーピースルーの強力な効果で、詰まっていた排水溝に水が流れていくはずですよ。 当然、一般家庭用の液体パイプクリーナーよりは強力な効果が望めます。 液体パイプクリーナーなどを試してみても2〜3日でまた詰まってきてしまうようなら、ピーピースルーFを試してみましょう。 ただし、充分な換気をしながら、マスク、メガネ、手袋を着用して行いましょう。 くれぐれも他の薬剤と混ぜないように注意してください!!! 3.ラバーカップで詰まりを解消 ラバーカップとは、柄の先に丸いゴムのカップがついた、トイレの詰まり解消に使われる器具です。 通称:「すっぽん」と呼ばれたりもします。 ラバーカップは、実はトイレ以外の排水口の詰まりにも使えます。 使い方は、カップを排水口にピッタリ当ててからゆっくりと押し付け、ポンっと一気に引き上げるというもの。 このとき、カップの上ぐらいまで水が溜まった状態で行いましょう。 上の動作を何回か行うと、水の力でゴボっと詰まりが解消されます。 ちなみにラバーカップにも大・小などのサイズがあるため、排水口のサイズにあったものを選んでくださいね。 お風呂場や脱衣所のあたりで悪臭がする理由は雑菌やカビ 排水口の詰まり以外にも気になるのが、お風呂場や脱衣所のあたりでする嫌な臭い。 そのような場合、 * 排水口の中の汚れやヌメリなどに発生した雑菌が放つ悪臭 * お風呂の壁や床などのカビが放つカビ臭 といったものが原因として考えられます。 排水口に関しては、上記でご紹介したようにヘアキャッチャーで汚れが溜まらないようにしたり、定期的に液体パイプクリーナーを使用してお掃除をしていれば防げます。 お風呂の壁や床のカビは、カビキラーを使用して根本から殺菌しましょう。 毎日のこまめなお掃除と換気で、できるだけカビの発生を防ぐことも大切です。 まとめ お風呂の排水口の逆流や、排水口からの悪臭は、ちょっとした手間をかけるだけで防げます。 ヘアキャッチャーや液体パイプスルーを使っていつもスムーズな排水を保てば、毎日のお風呂時間を快適に過ごせますよ。

次の

「大雨でトイレが逆流するって本当!?」その原因と対策

トイレ 風呂 逆流

なぜトイレからゴボゴボ音がするのか トイレの水を流した際になぜ、ゴボゴボと音がするのか。 便器から水が流れる際には流れる水が多いのでザーッという音がするのが普通ですが、水を流した時にトイレや他の場所(キッチン・洗面・お風呂など)からもゴボゴボと音がする際は 汚水配管内で異常が起きています。 例えば、配管内でのつまりが原因で水が渋滞し、空気がたまり大量の水が空気と一緒に流れていく音だったり水圧が関係していたりするなど理由は様々ですが、悩まされ続けるよりも 行動すれば解決することがほとんどです。 家庭に問題がないケース 豪雨が降り続けるとトイレがゴボゴボいうことがあります。 これは下水管に多量の水が流れ込んだことによって空気が上に押し上げられその空気がお風呂場、トイレなど排水口から出てきます。 この逆流現象が原因でゴボゴボと音が発生します。 トイレから汚水があふれることもあるのでひとまず、トイレ用の蓋を閉めておきます。 これらが原因のゴボゴボ音は 天候が落ち着くと共に症状も治ります。 音がする時は原因を探る まずは、原因を探しましょう。 水はスムーズに流れるけど、ゴボゴボ音がする場合はトイレの排水管に吸気弁がなく配管内が負圧状態になり、 便器内のトラップの封水が引っ張られて音がなっている可能性があります。 ちなみにこの音はトイレだけではなく他の場所(キッチン・洗面・お風呂など)で聞こえる場合もあります。 トイレで水を流すと キッチンや洗面所など別の排水口があるところでもゴボゴボ音がなることが多く確認されています。 しかし配管内が負圧状態にならなければゴボゴボという音はしません。 症状がピンキリですが、治すことが可能な症状です。 水を流すとゆっくりと溜まり(便器ギリギリまで水がたまるかもしれません)、ゴボゴボと音を立てながら流れていくときは 配管内に便の塊などのつまりが生じています。 これは単純に水が通るスペースが少なく通った先の空気が音をならす原因となっているからです。 つまりを解消させることで、ゴボゴボ音は治り普段通りの排水に戻ります。 便器のトラップ水が引っ張られる時の対処法 配管内が負圧状態になり、水がひっぱられることでゴボゴボ音がなるケースだと症状がひどい場合、 家の壁をぶち抜き配管をやり直す必要があります。 値段も数十万円とそうとうかかりますがここまでひどい状態はあまりないのでほとんどは配管をやり直す必要はありません。 ゴボゴボという音の症状が軽度であったり、家庭によって違いますが配管の構造によっては 汚水桝の蓋を吸気口が付いたものに変更するだけですぐに治ってしまう場合もあります。 数千円で専門店にて購入することができ、だれにでもできるような簡単な作業で治ってしまいます。 水がゆっくりと流れる排水管のつまりが原因の対処法 水を流すと便器のギリギリまで水が多く溜まり、ゆっくりと落ちるように流れていく、 配管のつまりが原因でゴボゴボ音がなるケースは、つまりを解消させることが一番の解決法です。 家庭にスッポン(ラバーカップ)があるようでしたら、水が飛ばないようにビニールで蓋を作り、キッチンやお風呂などの排水溝をぞうきん等で蓋をしてその上から重しを乗せるなどして汚水が逆流して汚水まみれになることを防ぐ準備をしてから ラバーカップを使いつまりを解消させます。 また、ラバーカップなどでもつまりが解消されない場合は詰まっている異物をヌメヌメさせて流れやすくする アルカリ性の洗剤などを使い流れやすくし、時間をおいて水を流すことでつまりが解消されます。 雨が酷い時にゴボゴボ音がするときの対処法 逆流でゴボゴボ音がなる時の原因は天候にあるので、 雨が収まるのを待つしかありません。 しかし、雨でも逆流を防ぐ方法はあり、それは 浄化槽の蓋に空気抜きの穴を設けることです。 しかし、浄化槽は臭いものなので穴をあけた場所にS字のトラップのパイプを設置することで普段は臭いを防ぎ、ひどい雨の日はパイプから空気が抜けていくのでトイレでのゴボゴボ音は解消されます。 雨が止んだら水をS字トラップパイプに入れておくことを忘れないようにしてください。

次の