オリゴ 糖 血糖 値。 血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?|【医師監修】オリゴ糖の便秘解消効果&おすすめランキング【最新版】

オリゴ糖が糖尿病に効果があるのは血糖値を上昇させない糖質だからです

オリゴ 糖 血糖 値

『オリゴのおかげ』の味とカロリー ビフィズス菌を増やしておなかの調子を整えるオリゴ糖の商品には、原料や製法の違いによってたくさんの種類が市販されていますが、味やカロリーなどにもそれぞれ違いがあります。 『オリゴのおかげ』は、砂糖の成分でサトウキビに含まれる「ショ糖」と牛乳に含まれる「乳糖」を原料に、酵素の反応を利用して作られている甘味料です。 製品の主成分は「乳果オリゴ糖(乳糖果糖オリゴ糖)」で、そのほかにショ糖、乳糖、ぶどう糖、果糖などの糖類が含まれます。 原料が乳糖とショ糖ですので、上品な甘さでクセもなく、砂糖のおいしさにとても近い味です。 砂糖のようにふだんの食事に取り入れやすい味でありながら、カロリーは砂糖の約半分(砂糖1g当たり 3. 8kcal、『オリゴのおかげ』1g当たり 2. 3kcal)なので、カロリーを気にする方にも喜ばれています。 気になる糖質は? 近年、食べものの「糖質」が注目されるようになりましたが、『オリゴのおかげ』の主成分である乳糖果糖オリゴ糖は胃や小腸では分解されず大腸に届くため、消化吸収されない「難消化性」の糖質です。 血糖値やインスリンの濃度への影響が少ないので、糖尿病の方にもご利用いただいています。 科学的なデータに基づいた"トクホ"のオリゴ 『オリゴのおかげ』は、「特定保健用食品(トクホ)」の許可を得た食品です。 整腸効果や安全性に対して科学的な実証データを国が審査し、消費者庁が表示許可を認めています。 トクホの食品は商品に摂取量などを記載するよう義務付けられており、『オリゴのおかげ』の摂取量は1日にティースプーンで2~5杯(8~20g)が目安となっています。 市販されているオリゴ糖の商品はそれぞれ効果や1日当たりの摂取量が違うので、たくさん摂取しないと効果が期待できない場合もありますが、『オリゴのおかげ』は1日8gという少ない量で効果が実感できるオリゴ糖です *。 *個人差はあります。 また、難消化性のオリゴ糖の中には、たくさん食べるとのおなかがゆるくなるものもありますが、この『オリゴのおかげ』は多く摂取してもおなかがゆるくなりにくいのも特長です。 からもわかるように、おなかの中のビフィズス菌を増やすのに大切なのは、オリゴ糖を継続して摂取すること。 砂糖に近い自然な甘さでカロリー控えめの『オリゴのおかげ』は、続けやすさという点でもうれしいですね。 【関連記事】.

次の

オリゴ糖の血糖値への影響!糖質制限中の人にも良い理由!

オリゴ 糖 血糖 値

オリゴ糖と言ったら腸内環境を改善するための糖質ということで有名ですね。 オリゴ糖がもたらす健康効果は様々なものがあって ・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ ・腸の蠕動運動を活性化させる ・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化 ・余計な脂肪の分解 ・糖尿病の予防 ・免疫機能の調節によるアレルギー抑制 ・大腸がんの予防 ・カルシウム吸収を促して骨の強化 ・妊娠しやすい体づくり といったことが代表的なものとして挙げられます。 オリゴ糖がもたらす効果の詳細は これらはすべて、オリゴ糖がビフィズス菌に代謝されることによって生み出される 短鎖脂肪酸が生み出す効果というわけですが・・・よく考えると不思議なものもありますよね。 そう、オリゴ糖を取ることで「 糖尿病の改善になる」というものです。 オリゴ糖は糖質でありながら 糖尿病の予防になるというのは不思議な話ですが、実はオリゴ糖には「血糖値を上昇させない」という特質があるのです。 ということで、今回はオリゴ糖と糖尿病予防・血糖値上昇の関係についてお話していきたいと思います。 糖尿病とは オリゴ糖と糖尿病の関係を知るためには、 糖尿病とはどんな病気なのか?ということをまず知らなくてはなりません。 人間は食事などで外部から炭水化物、つまり 糖質を摂取するとそれを分解して小腸から吸収します。 小腸から吸収された糖質は脳のエネルギー源でもある グルコース(ブドウ糖)あるいはグリコーゲンとして肝臓に貯蔵され、その一部は 血糖として血液中で利用されて筋肉のエネルギー源となります。 食事の後であれば誰でも血糖値はある程度上昇します。 ここで健康な人の場合は上がった血糖値を下げる方向へと調整するために膵臓から「 インスリン」というホルモンを分泌します。 インスリンが分泌されると血中のブドウ糖をグリコーゲンとして肝臓に貯蔵するように働きかけるので、血糖値が低くなっていきます。 このインスリンの分泌が十分にされないか、あるいはインスリンが分泌されてもそれによってうまく血糖値が下がらないかのいずれかの原因によって 血糖値が高いままになってしまうのがいわゆる糖尿病というものです。 元々人間の体は「低血糖」に備える体の仕組みはいくつもあるのに対して、 「 高血糖」 への備えというのはこのインスリンというホルモンだけなのです。 飢餓に対する備えはあっても飽食に対する備えはほとんどないんですね。 だから血糖値が上昇するという体にとっては慣れない事態が発生するだけで、全身の 神経や 血管が傷ついたり様々な 合併症を発症したりと体のあちこちに不都合が生じてしまいます。 オリゴ糖が糖尿病の予防に効果がある理由とは? では、 なぜオリゴ糖が糖尿病の予防に効果があるのでしょうか? ここで一つ注意してほしいのは、オリゴ糖は「糖尿病を治す」効果というよりは「 予防できる」効果のほうが中心ということです。 糖尿病の治療において「食事療法」というのは非常に大事なのですが、別に「これを食べたから治る」ということではなくて日々の食事の習慣を変えることで徐々に改善していこうというものです。 もちろん中にはコーヒーオリゴ糖のように 血糖値を下げた効果が実験で認められたものもありますが、そこに対して過度な期待はあまり持たないようにしましょう。 すぐに血糖値を下げる効果があるものだとしたら、それはもう インスリン注射しかないですね。 それを踏まえてオリゴ糖と糖尿病にはどんな関係があるのか説明していきましょう。 オリゴ糖は糖質として吸収されず血糖値を上昇させない まずオリゴ糖というのは、普通の糖質と違って「 小腸で吸収されない」というところが最大の特徴の糖質です。 なぜならば、砂糖などのように 消化酵素を体内に持たないから。 だからこそ吸収されずに大腸へ届いてビフィズス菌のエサになって 短鎖脂肪酸を生み出し、冒頭で挙げたような様々な健康効果をもたらしてくれるわけですが・・・それらはすべて「吸収されない」ということが大前提になっています。 吸収されなければ当然ですが 血中に糖質として取り込まれることはないので血糖値も上がりません。 とはいえオリゴ糖にも色々な種類があり、中には 一部消化されるという性質を持つオリゴ糖もあります。 そういったオリゴ糖の場合には吸収されて血糖値を上昇させるものがありますね。 食べた後にどれくらい血糖値を上昇させるかという指標に GI(グリセミックインデックス)というものがありますね。 これはわかめなどの海藻類、キノコ類、野菜類などとほぼ同じです。 中でも特にGIが低いのはGI値 10を示すガラクトオリゴ糖や、GI値が ほぼ0というラフィノース(ビートオリゴ糖)などです。 ビート(甜菜) やはり オリゴ糖は種類が大事というのを示していますね。 おそらく種類によって一部が分解・吸収されたりして血糖値を上昇させるのでしょう。 それでもGI値が10やほぼ0というのはかなり低いですけどね。 それでいてオリゴ糖には砂糖ほどではないにしてもちゃんと甘味があるのでコーヒーに入れたり肉じゃがやすき焼きなどの料理の味付けにも使えるのです。 オリゴ糖のカロリーは短鎖脂肪酸 ここで不思議なのは、オリゴ糖の成分憑依を見てみると「 カロリー」が書いてあるというところです。 短鎖脂肪酸は 大腸の運動のエネルギー源になるのでそれをエネルギーとして、カロリーとして計算しているのです。 だからそのカロリーの数値は参考程度のもので、オリゴ糖で太ることはほとんどないと言えます。 むしろオリゴ糖を使ったダイエットなんてのもありますしね。 「 オリゴ糖 ダイエット」で検索していただければその体験談がたくさん出てくることでしょう。 オリゴ糖が持つ他の糖質にはない利点とは? 砂糖のように血糖値を上げない代替甘味料としては、オリゴ糖のほかにも 人工甘味料や 希少糖といったものが挙げられます。 人工甘味料に危険性があるかどうかはひとまず置いておいて(私自身は人工甘味料の危険性はないと思っていますが)、人工甘味料はカロリーだけでいえば0です。 また、希少糖も限りなく0に近いカロリーを示しながら砂糖の7割程度の甘味を持ちます。 これに対してオリゴ糖は種類によっては一部消化されてしまうので「血糖値を上げない」という観点から見れば、 オリゴ糖よりも人工甘味料や希少糖のほうに軍配が上がるように思えますね。 しかしオリゴ糖の利点は何といっても、ビフィズス菌のエサになって 短鎖脂肪酸を生み出して腸内環境を整えてくれるという点にあります。 腸は本当に体の健康の様々な部分に関係していて、「腸を制する者は健康を制する」なんていう言葉もあるくらいです。 冒頭で挙げたものをもう一度言っておくと ・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ ・腸の蠕動運動を活性化させる ・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化 ・余計な脂肪の分解 ・糖尿病の予防 ・免疫機能の調節によるアレルギー抑制 ・大腸がんの予防 ・カルシウム吸収を促して骨の強化 ・妊娠しやすい体づくり ですね。 このほかにも 血流を改善させる効果なども確認されています。 糖尿病の患者というのは得てして「 高血圧」でもあることが多いです。 そのため食事において減塩を強いられることになるわけですが、これに対しても効果を示してくれるのがオリゴ糖というわけなのですね。 人工甘味料や希少糖ではエサにならずにそのまま排出されるだけで、オリゴ糖のように腸内環境を整えてくれません。 あくまでも カロリーがないけど甘いだけに過ぎないのですね。 糖尿病を患っている方というのはおそらく、糖尿病以外にも 高血圧や 肥満といった健康リスクも併発していることでしょう。 そういった体へのトータルケアとしてオリゴ糖というのはピッタリなのです。 どうせなら糖尿病だけでなくほかの色々なものも治したいですよね?そのためにはまず腸内環境を整えるということが非常に重要になってくるのです。 「第二の脳」と言われる腸を整えることの重要さは当サイトでは口を酸っぱくして何度も言っていますね。 これを機に、腸内環境を整えることの意義やオリゴ糖のすごさというものを知っていってください。 まとめ:オリゴ糖は糖質なのになぜ糖尿病に効果があると言われているの? 糖尿病は血糖値を下げるインスリンの機能が低下して血糖値が上がったままになってしまう病気で、オリゴ糖は人が消化酵素を持たない糖質なので血糖値を上げないので糖尿病の予防をしてくれます。 オリゴ糖は単に吸収されずに血糖値を上げないだけでなく腸内で短鎖脂肪酸を生み出して体に様々な良い効果をもたらしてくれるので、単にカロリーゼロというだけの人工甘味料や希少糖よりも得られるメリットが大きいです。 オリゴ糖ならこれ! オリゴ糖をお探しでしたら、すでに実績があって口コミでの評判も良好なものを買うのをオススメします。 私が使っているオリゴ糖は数種類のオリゴ糖を黄金比率でブレンドした高純度のオリゴ糖というもので、「 日本一売れているオリゴ糖」でもありその実績と信頼は確かなもので、妊婦や赤ちゃんでも安心して使うことが出来ます。 オリゴ糖にも色々な種類がありすぎてどんなオリゴ糖を選んだら良いかわからないという方は是非このオリゴ糖を参考にしてくださいね。 私も使ってみて便秘が解消しましたし、実際に使っての詳細なレビューも書いています。 日本一売れているオリゴ糖を詳しく知りたいという方はそちらもご覧ください。

次の

GI値から見えてるオリゴ糖と血糖値の関係|オリゴのおかげの口コミ効果を全暴露※添加物・成分表まとめ

オリゴ 糖 血糖 値

オリゴ糖は大きく分けて2種類あります。 それは「消化性オリゴ糖」と「難消化性オリゴ糖」です。 消化性オリゴ糖とは、小腸で消化吸収されるタイプのオリゴ糖のことです。 このタイプのオリゴ糖は血糖値を上げてしまうタイプになるので、血糖値を管理しなければならない人には避ける必要のあるオリゴ糖になります。 難消化性オリゴ糖とは、小腸で消化吸収されず、そのまま大腸まで届き、ビフィズス菌などの善玉菌のエサになるタイプのオリゴ糖です。 このタイプのオリゴ糖は、小腸で消化吸収されないので、血糖値を上げることがありません。 つまり、糖尿病など、血糖値を管理しなければならない人にとって、摂取したいオリゴ糖となります。 難消化性オリゴ糖の代表的なものは「フラクトオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」「キシロオリゴ糖」「ラクトスクロース」「ラフィノース」「大豆オリゴ糖」「イソマルトオリゴ糖」などがあります。 その中で「イソマルトオリゴ糖」は難消化性ですが、一部が消化性なので、それ以外のものが安心でしょう。 難消化性オリゴ糖が血糖値そのものを下げるわけではありませんが、今まで砂糖を摂取していたのをオリゴ糖に変え、血糖値を上げにくくする食生活を続けていくと、血糖値を低く保つことができるといえます。 オリゴ糖を選ぶ際に注意したいこと オリゴ糖を選ぶ際に注意したいことは、その純度です。 純度が低いものは、オリゴ糖だけでなく、他の糖質や合成甘味料等が含まれている可能性があるからです。 オリゴ糖を配合しているとうたっている飲み物やスウィーツなども、オリゴ糖以外のもので甘味をプラスしている可能性があるので、成分をチェックする必要があります。 せっかく難消化性オリゴ糖が配合されているということで、選んだものでも、オリゴ糖以外に入っているものが原因で血糖値が上がったりしてしまうのは非常に残念なことです。 また、いくらオリゴ糖が砂糖に比べて低カロリーと言っても、カロリーはあります。 オリゴ糖が配合されているからと安心して量を食べ過ぎると、体重の増加や、血糖値の上昇の原因にもなります。 口に入れるものはしっかりと成分を確認し、吟味していく必要があるでしょう。 難消化性で、かつ、純度の高いオリゴ糖を適量摂取することが血糖値を低く保つための秘訣といえるでしょう。

次の