地方 競馬 オッズ。 中央・地方競馬におけるオッズの過去最高は?全21券種をご紹介!

オッズ|地方競馬情報サイト

地方 競馬 オッズ

14番人気のミナレット(8番)が1着。 12番人気のヘイハチピカチャン(6番)と10番人気のファイヤーヒースが同着2位になりました。 誰がこの大荒れの結果を予想したでしょうか。 2着は2頭のため 8 6 14 の通りの馬券が100円賭けで過去最高額 29,832,950円の配当額となりました。 もし、もう少し良くばって1,000円賭けていたとしたら…配当は298,329,500円…。 年齢が年齢なら一生遊んで暮らせる額となっていました。 WIN5など複数のレースの1着を予想する重賞式の最高オッズには及ばないものの 単一レースの配当としては過去最高オッズです。 この的中組み合わせは4,080通りの組み合わせの内3,850人気でした。 2:3連単以外の券種のオッズ倍率は? 3連単を除く、7つの馬券種の過去最高オッズを紹介します。 2-1:3連複 3連複の過去最高オッズは2006年9月9日中京3R3歳未勝利(ダート1,700m)での 69,526倍です。 530番人気で配当は100円賭けで 6,952,600円となりました。 13番人気のメイショウギリー(14番)が2着12人気デンコウグリーン(7番)に2馬身差をつける大荒れのレースとなりました。 3着に8番人気シャリバン(9番)がデンコウグリーンにクビ差で入選。 2-2:ワイド ワイドの過去最高オッズは2017年12月3日中京7R3歳以上500万円以下(ダート1,800m)での 1,290倍です。 配当は100円賭けで 129,000円となりました。 15番人気ディスカバーと14番人気メイショウナンプウの不人気馬がまさかの激走。 中京競馬場がどよめいた歴史的レースでした。 ちなみに 3連単でも22,946,150円の超高額配当も叩き出されました。 2-3:馬単 馬単の過去最高オッズは2006年9月9日中京3R3歳未勝利戦(ダート1,700m)での 14,986. 6倍です。 225番人気で配当は100円賭けで 1,498,660円となりました。 13番人気メイショウギリー(14番)が1着に入選。 続いて3連複のレコードが出た2006年9月9日中京3R3歳未勝利2着馬、12番人気デンコウグリーン(7番人気)がまたもや2着に入選する大荒れなレースでした。 2-4:馬連 馬連の最高オッズは2006年9月9日中京3R3歳未勝利(ダート1,700m)での 5,025. 9倍です。 111番人気で配当は100円賭けで 502,590円となりました。 2006年9月9日中京3R3歳未勝利は競馬界の歴史に残るレースでしょう。 中央競馬の馬連・馬単・3連複はこの1レースでレコードが塗り替えられました。 3歳未勝利とダートという不確定要素の多い条件が重なったことが理由かもしれません。 大穴を狙うのなら同条件のレースを狙うと良いかもしれませんね。 2-5:枠連 枠連の最高オッズは1970年2月22日小倉2R4歳未出走未勝利(芝1,600m)での 1,234. 1倍です。 27番人気で配当は100円賭けで 123,410円となりました。 唯一枠連での最高オッズレースは20世紀のものでした。 3連単を含む他馬券種の最高オッズは21世紀に入ってからです。 ちなみにこのレースは8頭立てと出走馬の少ないレースでした。 2-6:複勝 複勝の最高オッズは2010年6月26日福島2R3歳未勝利(芝1,200m)での 161. 1倍です。 16番人気で配当は100円賭けで 16,110円となりました。 16頭中16番人気リバティーホールがまさかの激走。 1955年10月22日阪神競馬場6Rのレコード55,870円を 59年ぶりに塗り替えるレースでした。 3:WIN5 競馬を少し齧ったのなら一度は聞いたことのある夢のレースWIN5。 WIN5の具体的な説明とWIN5の過去最高オッズを紹介します。 3-1:WIN5とは JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着になると思う馬を選び、5レース全ての1着馬を当てる馬券です。 1着になると思う馬は、自分で予想しても、コンピューターにおまかせしてもOK! そして、WIN5最大の魅力は、100円で最高6億円の払戻金を手にするチャンスがあること! 引用元:JRA WIN5はたった100円で最高6億円を獲得できる人生逆転馬券です。 競馬界の宝くじといったところでしょうか。 3-2:WIN5の倍率 過去WIN5で最も高いオッズは2016年8月21日の 4,201,278. 9倍です。 的中馬番は9(8番人気)-1(6番人気)-13(5番人気)-15(15番人気)-17(1番人気)です。 配当は前代未聞の100円賭けで 420,127,890円となりました。 的中はわずか1票でした。 WIN5を含めた馬券は一時所得扱いとなり課税対象です。 的中させた方は110,601,641円と 配当額の4分の1を税金として納税しなければいけない結末となりました。 それでも…309,526,249円…。 現在、生涯賃金は274,920,000円と言われています。 税金が引かれたとしても生涯賃金額と比べたら相当な金額ですね。 4:【地方競馬・3連単】過去最高のオッズ倍率! 過去、地方競馬の3連単での最高オッズは2017年6月27日大井競馬場第12レースでの 266,931. 2倍です。 配当は100円賭けで 26,693,120円となりました。 この配当額は地方競馬史上最高額です。 組み合わせの人気は3,360通り中3,218人気。 的中は2票ありました。 当配当額は国内で3番目の記録となりました。 5:3連単以外の券種のオッズ倍率は? 地方競馬での3連単を除く馬券種の過去最高のオッズを紹介します。 世間では中央競馬ばかりスポットが当たれていますが、地方競馬でも波乱なレースの結果、超高高額配当が叩き出されています。 地方競馬が不人気だからこそ、そこに目をつける競馬玄人がいることも耳にします。 5-1:3連複 3連複の最高オッズは2003年1月7日川崎競馬場8Rでの 54,707. 3倍です。 配当額は100円賭けで 5,470,730円となりました。 配当額は中央競馬の3連複レコード6,952,600円に及びませんでした。 しかし2003年の正月競馬で当てた方は最高のスタートを切れたことでしょう。 5-2:ワイド ワイドの最高オッズは2001年11月5日浦和競馬場1Rでの 2,866. 2倍です。 配当額は100円賭けで 286,620円となりました。 配当額は中央競馬のワイドレコード129,000円の2倍を優に越えています。 ワイドは購入する人が少ない傾向にありますが300,000円近くの配当金は地方競馬ならではでしょう。 今までワイドを選択外にしていた方はこれら選択肢に入れても良いかもしれませんね。 5-3:馬単 馬単の最高オッズは2006年5月20日盛岡競馬場7Rでの 33,086. 1倍です。 配当額は100円賭けで 3,308,610円です。 これもまた中央競馬の馬単のレコードを優に超えた配当が出ています。 中央競馬では2006年の1,498,660円がレコードです。 100円が3,000,000円に化けるなんて想像ができません。 5-4:馬連 馬連の最高オッズは2010年12月21日園田競馬場3Rでの 5,367. 5倍です。 配当額は100円賭けで 536,750円となりました。 中央競馬の馬連レコードは2006年9月9日中京3R3歳未勝利の502,590円です。 最近はネット投票も盛んになってきて地方競馬も地味なイメージから脱却しそうになっています。 地方競馬は中央競馬より儲けられると耳に挟みますので稼ぎにいくのなら今が旬かもしれませんね。 5-5:枠連 枠連の最高オッズは1997年1月14日高知競馬場2Rでの 2,588. 4倍です。 配当額は100円賭けで 258,840円と中央競馬のレコード123,410円の2倍となっています。 中央競馬のレコードは1970年2月22日2回小倉8日2Rの 20世紀のまま止まっているのが奇妙ですね。 5-6:複勝 複勝の最高オッズは2005年3月7日佐賀競馬場1Rでの 751. 8倍です。 配当額は100円賭けで 75,180円となりました。 地方競馬は複勝でも中央競馬より4倍以上の配当を出しています。 中央競馬の複勝レコードは2010年6月26日福島2R3歳未勝利での16,110円です。 地方競馬は人気馬へのオッズの偏りが大きく、荒れた際に下位人気馬オッズが跳ね上がるのかもしれません。 JRAから移籍してきた馬の初戦はかなり支持を集めますからね。 もしそのような馬が来た時に裏打ちしてみるのも面白いかもしれません。 5-7:単勝 単勝の最高オッズは2001年7月18日姫路競馬場2Rでの 2,057. 6倍です。 配当額は100円賭けで 205,760円となりました。 単勝で2,000倍を超えるオッズがつくのは地方競馬ならではですね。 中央競馬の単勝レコードは2014年4月26日福島8Rでの56,940円です。 中央競馬ではこれほどのオッズがつくことは見られないでしょう。 6:地方競馬特有の券種 地方競馬も中央競馬も同じ競馬ではありますが 地方競馬特有の馬券がありますので紹介します。 6-1:枠単 6-1-1:枠単とは? 枠番連勝単式のこと。 1着、2着の枠番を順番どおり予想する馬券。 現在中央競馬での発売はない。 引用元:オッズパーク 6-2:七重勝単勝式 6-2-1:七重勝単勝式とは? 最終レースから数えて7つのすべての1着を当てる賭式のことです。 例えば、当日の発売レース数が12レースの場合、対象レースは6から12レースとなります。 引用元:オッズパーク 6-3:五重勝単勝式 6-3-1:五重勝単勝式とは? 最終レースから数えて5つのすべての1着を当てる賭式のことです。 例えば、当日の発売レース数が12レースの場合、対象レースは8から12レースとなります。 引用元:オッズパーク 6-4:トリプル馬単 6-4-1:トリプル馬単とは? トリプル馬単とは指定された3つのレースの馬単をすべて的中させる馬券です。 引用元:nankankeiba. com トリプル馬単は50円から10円単位で購入できます。 各レースから選択した馬単1組を3レースで馬単の一組として50円から購入できます。 配当の最高限度額は法令により10円に対して6,000,000円と定められ、50円で最高300,000,000円。 100円で最高600,000,000円の配当を獲得できます。 7:高額配当を狙うのなら抑えるべき2つのポイント 中央競馬や地方競馬の過去最高オッズを紹介しましたが、その 膨大な配当金は自分が手に入れなければ意味がないですよね。 そこで数千万円のWin5を2回当てている猛者 「インスタントジョンソンのじゃい氏」が徹底している2つのポイントを紹介します。 7-1:最初は馬券を買わない まず初めに「 競馬の知識が溜まってくるまでは馬券の購入を控える」こと。 と言っても予想はちゃんとします。 馬券を買わずに予想を行うということですね。 そうすることでレース展開がどのようになっていきどういう馬が勝つのか肌感でわかってくるようです。 わかってくるまでは馬券を買わず競馬場へ行くかグリーンチャンネルを見て全レースをチェックすることが大事なようです。 初心者だと勝てるレースがいまいち把握できないので最初の頃はレースを観察することに徹底することが大事です。 7-2:500円で3点12レースを購入する 馬券の購入パターンを最初から決めておくことが大切でルールに従って慎重に買い続けることが大事です。 総額20,000円近い馬券代になりますが、じゃい氏はこれで大勝ちしています。 ポイントはたった2つなので、 もし興味があれば試してみてはどうでしょう。 参考元:インスタントジョンソンのじゃい氏が競馬で稼ぐ手法 まとめ 以上、 中央競馬と地方競馬の馬券種別過去最高オッズ(倍率)を紹介しました。 21世紀に入り未だレコードが更新されていないのは中央競馬と地方競馬の枠連だけです。 その他の券種はレコードが更新されています。 次のレコード更新はあなたが購入した馬券かもしれません。 ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

次の

中央・地方競馬におけるオッズの過去最高は?全21券種をご紹介!

地方 競馬 オッズ

14番人気のミナレット(8番)が1着。 12番人気のヘイハチピカチャン(6番)と10番人気のファイヤーヒースが同着2位になりました。 誰がこの大荒れの結果を予想したでしょうか。 2着は2頭のため 8 6 14 の通りの馬券が100円賭けで過去最高額 29,832,950円の配当額となりました。 もし、もう少し良くばって1,000円賭けていたとしたら…配当は298,329,500円…。 年齢が年齢なら一生遊んで暮らせる額となっていました。 WIN5など複数のレースの1着を予想する重賞式の最高オッズには及ばないものの 単一レースの配当としては過去最高オッズです。 この的中組み合わせは4,080通りの組み合わせの内3,850人気でした。 2:3連単以外の券種のオッズ倍率は? 3連単を除く、7つの馬券種の過去最高オッズを紹介します。 2-1:3連複 3連複の過去最高オッズは2006年9月9日中京3R3歳未勝利(ダート1,700m)での 69,526倍です。 530番人気で配当は100円賭けで 6,952,600円となりました。 13番人気のメイショウギリー(14番)が2着12人気デンコウグリーン(7番)に2馬身差をつける大荒れのレースとなりました。 3着に8番人気シャリバン(9番)がデンコウグリーンにクビ差で入選。 2-2:ワイド ワイドの過去最高オッズは2017年12月3日中京7R3歳以上500万円以下(ダート1,800m)での 1,290倍です。 配当は100円賭けで 129,000円となりました。 15番人気ディスカバーと14番人気メイショウナンプウの不人気馬がまさかの激走。 中京競馬場がどよめいた歴史的レースでした。 ちなみに 3連単でも22,946,150円の超高額配当も叩き出されました。 2-3:馬単 馬単の過去最高オッズは2006年9月9日中京3R3歳未勝利戦(ダート1,700m)での 14,986. 6倍です。 225番人気で配当は100円賭けで 1,498,660円となりました。 13番人気メイショウギリー(14番)が1着に入選。 続いて3連複のレコードが出た2006年9月9日中京3R3歳未勝利2着馬、12番人気デンコウグリーン(7番人気)がまたもや2着に入選する大荒れなレースでした。 2-4:馬連 馬連の最高オッズは2006年9月9日中京3R3歳未勝利(ダート1,700m)での 5,025. 9倍です。 111番人気で配当は100円賭けで 502,590円となりました。 2006年9月9日中京3R3歳未勝利は競馬界の歴史に残るレースでしょう。 中央競馬の馬連・馬単・3連複はこの1レースでレコードが塗り替えられました。 3歳未勝利とダートという不確定要素の多い条件が重なったことが理由かもしれません。 大穴を狙うのなら同条件のレースを狙うと良いかもしれませんね。 2-5:枠連 枠連の最高オッズは1970年2月22日小倉2R4歳未出走未勝利(芝1,600m)での 1,234. 1倍です。 27番人気で配当は100円賭けで 123,410円となりました。 唯一枠連での最高オッズレースは20世紀のものでした。 3連単を含む他馬券種の最高オッズは21世紀に入ってからです。 ちなみにこのレースは8頭立てと出走馬の少ないレースでした。 2-6:複勝 複勝の最高オッズは2010年6月26日福島2R3歳未勝利(芝1,200m)での 161. 1倍です。 16番人気で配当は100円賭けで 16,110円となりました。 16頭中16番人気リバティーホールがまさかの激走。 1955年10月22日阪神競馬場6Rのレコード55,870円を 59年ぶりに塗り替えるレースでした。 3:WIN5 競馬を少し齧ったのなら一度は聞いたことのある夢のレースWIN5。 WIN5の具体的な説明とWIN5の過去最高オッズを紹介します。 3-1:WIN5とは JRAが指定する5つのレースそれぞれで1着になると思う馬を選び、5レース全ての1着馬を当てる馬券です。 1着になると思う馬は、自分で予想しても、コンピューターにおまかせしてもOK! そして、WIN5最大の魅力は、100円で最高6億円の払戻金を手にするチャンスがあること! 引用元:JRA WIN5はたった100円で最高6億円を獲得できる人生逆転馬券です。 競馬界の宝くじといったところでしょうか。 3-2:WIN5の倍率 過去WIN5で最も高いオッズは2016年8月21日の 4,201,278. 9倍です。 的中馬番は9(8番人気)-1(6番人気)-13(5番人気)-15(15番人気)-17(1番人気)です。 配当は前代未聞の100円賭けで 420,127,890円となりました。 的中はわずか1票でした。 WIN5を含めた馬券は一時所得扱いとなり課税対象です。 的中させた方は110,601,641円と 配当額の4分の1を税金として納税しなければいけない結末となりました。 それでも…309,526,249円…。 現在、生涯賃金は274,920,000円と言われています。 税金が引かれたとしても生涯賃金額と比べたら相当な金額ですね。 4:【地方競馬・3連単】過去最高のオッズ倍率! 過去、地方競馬の3連単での最高オッズは2017年6月27日大井競馬場第12レースでの 266,931. 2倍です。 配当は100円賭けで 26,693,120円となりました。 この配当額は地方競馬史上最高額です。 組み合わせの人気は3,360通り中3,218人気。 的中は2票ありました。 当配当額は国内で3番目の記録となりました。 5:3連単以外の券種のオッズ倍率は? 地方競馬での3連単を除く馬券種の過去最高のオッズを紹介します。 世間では中央競馬ばかりスポットが当たれていますが、地方競馬でも波乱なレースの結果、超高高額配当が叩き出されています。 地方競馬が不人気だからこそ、そこに目をつける競馬玄人がいることも耳にします。 5-1:3連複 3連複の最高オッズは2003年1月7日川崎競馬場8Rでの 54,707. 3倍です。 配当額は100円賭けで 5,470,730円となりました。 配当額は中央競馬の3連複レコード6,952,600円に及びませんでした。 しかし2003年の正月競馬で当てた方は最高のスタートを切れたことでしょう。 5-2:ワイド ワイドの最高オッズは2001年11月5日浦和競馬場1Rでの 2,866. 2倍です。 配当額は100円賭けで 286,620円となりました。 配当額は中央競馬のワイドレコード129,000円の2倍を優に越えています。 ワイドは購入する人が少ない傾向にありますが300,000円近くの配当金は地方競馬ならではでしょう。 今までワイドを選択外にしていた方はこれら選択肢に入れても良いかもしれませんね。 5-3:馬単 馬単の最高オッズは2006年5月20日盛岡競馬場7Rでの 33,086. 1倍です。 配当額は100円賭けで 3,308,610円です。 これもまた中央競馬の馬単のレコードを優に超えた配当が出ています。 中央競馬では2006年の1,498,660円がレコードです。 100円が3,000,000円に化けるなんて想像ができません。 5-4:馬連 馬連の最高オッズは2010年12月21日園田競馬場3Rでの 5,367. 5倍です。 配当額は100円賭けで 536,750円となりました。 中央競馬の馬連レコードは2006年9月9日中京3R3歳未勝利の502,590円です。 最近はネット投票も盛んになってきて地方競馬も地味なイメージから脱却しそうになっています。 地方競馬は中央競馬より儲けられると耳に挟みますので稼ぎにいくのなら今が旬かもしれませんね。 5-5:枠連 枠連の最高オッズは1997年1月14日高知競馬場2Rでの 2,588. 4倍です。 配当額は100円賭けで 258,840円と中央競馬のレコード123,410円の2倍となっています。 中央競馬のレコードは1970年2月22日2回小倉8日2Rの 20世紀のまま止まっているのが奇妙ですね。 5-6:複勝 複勝の最高オッズは2005年3月7日佐賀競馬場1Rでの 751. 8倍です。 配当額は100円賭けで 75,180円となりました。 地方競馬は複勝でも中央競馬より4倍以上の配当を出しています。 中央競馬の複勝レコードは2010年6月26日福島2R3歳未勝利での16,110円です。 地方競馬は人気馬へのオッズの偏りが大きく、荒れた際に下位人気馬オッズが跳ね上がるのかもしれません。 JRAから移籍してきた馬の初戦はかなり支持を集めますからね。 もしそのような馬が来た時に裏打ちしてみるのも面白いかもしれません。 5-7:単勝 単勝の最高オッズは2001年7月18日姫路競馬場2Rでの 2,057. 6倍です。 配当額は100円賭けで 205,760円となりました。 単勝で2,000倍を超えるオッズがつくのは地方競馬ならではですね。 中央競馬の単勝レコードは2014年4月26日福島8Rでの56,940円です。 中央競馬ではこれほどのオッズがつくことは見られないでしょう。 6:地方競馬特有の券種 地方競馬も中央競馬も同じ競馬ではありますが 地方競馬特有の馬券がありますので紹介します。 6-1:枠単 6-1-1:枠単とは? 枠番連勝単式のこと。 1着、2着の枠番を順番どおり予想する馬券。 現在中央競馬での発売はない。 引用元:オッズパーク 6-2:七重勝単勝式 6-2-1:七重勝単勝式とは? 最終レースから数えて7つのすべての1着を当てる賭式のことです。 例えば、当日の発売レース数が12レースの場合、対象レースは6から12レースとなります。 引用元:オッズパーク 6-3:五重勝単勝式 6-3-1:五重勝単勝式とは? 最終レースから数えて5つのすべての1着を当てる賭式のことです。 例えば、当日の発売レース数が12レースの場合、対象レースは8から12レースとなります。 引用元:オッズパーク 6-4:トリプル馬単 6-4-1:トリプル馬単とは? トリプル馬単とは指定された3つのレースの馬単をすべて的中させる馬券です。 引用元:nankankeiba. com トリプル馬単は50円から10円単位で購入できます。 各レースから選択した馬単1組を3レースで馬単の一組として50円から購入できます。 配当の最高限度額は法令により10円に対して6,000,000円と定められ、50円で最高300,000,000円。 100円で最高600,000,000円の配当を獲得できます。 7:高額配当を狙うのなら抑えるべき2つのポイント 中央競馬や地方競馬の過去最高オッズを紹介しましたが、その 膨大な配当金は自分が手に入れなければ意味がないですよね。 そこで数千万円のWin5を2回当てている猛者 「インスタントジョンソンのじゃい氏」が徹底している2つのポイントを紹介します。 7-1:最初は馬券を買わない まず初めに「 競馬の知識が溜まってくるまでは馬券の購入を控える」こと。 と言っても予想はちゃんとします。 馬券を買わずに予想を行うということですね。 そうすることでレース展開がどのようになっていきどういう馬が勝つのか肌感でわかってくるようです。 わかってくるまでは馬券を買わず競馬場へ行くかグリーンチャンネルを見て全レースをチェックすることが大事なようです。 初心者だと勝てるレースがいまいち把握できないので最初の頃はレースを観察することに徹底することが大事です。 7-2:500円で3点12レースを購入する 馬券の購入パターンを最初から決めておくことが大切でルールに従って慎重に買い続けることが大事です。 総額20,000円近い馬券代になりますが、じゃい氏はこれで大勝ちしています。 ポイントはたった2つなので、 もし興味があれば試してみてはどうでしょう。 参考元:インスタントジョンソンのじゃい氏が競馬で稼ぐ手法 まとめ 以上、 中央競馬と地方競馬の馬券種別過去最高オッズ(倍率)を紹介しました。 21世紀に入り未だレコードが更新されていないのは中央競馬と地方競馬の枠連だけです。 その他の券種はレコードが更新されています。 次のレコード更新はあなたが購入した馬券かもしれません。 ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

次の

楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

地方 競馬 オッズ

昨日の記事、ちょっと予想以上に反響があって驚いたのが本音。 意外と見てくれるもんなんですね、びっくり。 じゃあ続き。 昨日の記事で適正オッズ=印という定義にしたので無理やりそれに従う形で、適正オッズを原点とした場合、印とオッズの関係を表すとこうなると思う。 オッズは常に動き続けるので、適正オッズをポジり続けるわけでは無いのは皆さんもご理解いただけるかと。 必ずどこかの象限にいますよね。 まぁ強いかもしれないけどそのオッズおかしくない... ?ってのありますよね。 ちょっと脱線しますが、過剰オッズの時ってちょっと買い方を変えるだけで回収率を上げることができたりします。 今日ちょうど自分が買ったレースで良い例があったのでそれを例にすると 1番人気は葵ちゃんの単勝2. 9倍です。 実はこれ単勝が売れてるだけで、他の券種はそうでもなかったりするんですよ。 馬単の合成オッズを計算してみました。 単勝1番人気の葵ちゃん、馬単の合成オッズで見ると実は3番人気なんです。 しかも4. こういうケースでは、馬単を買う方が圧倒的にお得ですよね。 だって当たる確率は単勝も馬単の1着固定も変わらないですから。 なのにオッズがお得。 今回は1着固定で全通り買った時の合成オッズで計算してますが、明らかに来ないと思う馬を消してあげれば当然合成オッズも上がりますよね。 あと、楽天で地方を買っている場合、単勝では楽天ポイントの還元が受けれません。 一方で馬単はポイント対象の券種です。 楽天ポイントをお金と等価で考えると、これってモロ回収率に響きますよね? ということで、買い方を変えるだけで、回収率がこんなに変わってきますよーっていうTipsでした。 話を戻しましょう。 ここではそれを関係者の買いと定義し、いわゆるヤリのサインとみなすようにします。 じゃあどうやってオッズから判断するか、シンプルに説明するとこんな感じ。 例えば3頭立てのレースがあったとして、オッズ(投票率の割合)の適正値は青:緑:黄色=7:2:1が適正とします。 上にも買いた通りですが、オッズは常に同じ位置をポジり続けるわけではありません。 刻一刻とオッズは変動します。 関係者票が入る時は必ずと言っていいほど、こんな感じのオッズ推移になります。 え?良くわからない? じゃあこの3頭立てのレースを、青(ウサインボルト)、緑(カールルイス)、黄色(井手らっきょ)としましょう。 普通に考えて、このメンバーで戦った場合、井手らっきょがカールルイスより買われる理由はありませんよね? でも、一瞬でも井手らっきょの方がカールルイスよりも買われてた時間帯があればどう思います?なんかありそうじゃないですか? 例えばカールルイスのスタートが遅れたり、途中で転んじゃったりして、井手らっきょが2位になるパターンとか。 するとどうなるか。 これぞオッズのマジックです。 面白いですねー。 とまぁこんな感じで、異常オッズがある場合は、普通では絶対に買えないような馬をオッズ解析から拾うことができることが、オッズ派の最大のメリットだと思います。 (逆に異常オッズがない場合は、ただただオッズに振り回されるだけなんですけどねw) あれ?何の話だっけ... あ、異常オッズだ。 なんか締まりが悪い気もしますが、長くなったのでここで一旦切りましょうか。 なんか書いて欲しいことがあればコメントくださいね。 書けることであればそれをネタにして書きたいと思います。 面白かったーとか、また続きを読みたいなーって思った方がいればサポートしてくれると、次を書くモチベーションに繋がるので嬉しいですね。 それではまた。

次の