ウェブ 面接 と は。 Web面接の注意点・コツ| 服装・姿勢・目線・スマホ・カンペ・発声など合否に影響するポイント

Web面接による人材採用ならオンライン面接システムのインタビューメーカー(interview maker)

ウェブ 面接 と は

当記事の目次• WEB面接で映る会場作りのコツ・注意点 対面の面接では、会社側が面接会場を準備してくれますが、 WEB選考では自分でその会場を作らなければなりません。 WEB面接ではあなただけでなく、あなたが準備した会場も評価対象になると考えて、 面接にふさわしい環境を作り上げましょう。 1:WEB画面上であなたが明るく映るように照明を調整しましょう WEB面接では、画面に映ったあなたの姿が面接官にとってのあなたの印象を形成します 当然面接官も人間ですから、 画面が暗ければ、暗い印象に、明るければ、明るい印象に見えてしまうものです。 見た目の印象は、その人の印象の55%を決めるとも言われているので、無視できない要素です。 電気スタンドや太陽の光を調整し、 画面上明るく映るようにしましょう。 2:静かな環境を用意しましょう 面接中に雑音が入ってしまっては、あなたにも、面接官にもお互いストレスがかかります。 面接に集中できるように、するためにも、可能な限り静かな環境を作りましょう。 ご家族がいる場合は、事前に面接がある旨を伝えておき、 静かな環境作りに協力をしてもらいましょう。 3:背景になる部分は綺麗に整えましょう WEB面接では、画面上に映っているものが全てです。 すなわち、 画面に映っているものは、全て評価対象と考えておいたほうがいいでしょう。 画面に映る背景にも意識を向けて、 可能な限り綺麗に整えるようにしましょう。 WEB面接での話し方や聞き方のコツ・注意点 対面の面接と異なり、WEB面接ではどうしても、 緊張感や集中力が保ちづらいという特徴があります。 また、 声が対面よりも聞き取りづらくなってしまうので、WEB面接での話し方は、そのようなことを考えた上での対策が必要となります。 4:質問に対して、結論から話す WEB面接では、いかに集中力の低い相手にわかりやすく伝えたいことを伝えるかが重要ですから、まず質問に答えるときは、結論から話すことを徹底しましょう。 WEB面接に限った話ではありませんが、まず 結論を話すことで、面接官はそこから続く話を理解しやすくなります。 また、ご自身も結論から話すことで 話全体のまとまりがよくなります。 5:ハキハキとはっきり話す WEB面接は対面と比べると話が聞き取りづらいため、口を大きめに開けながら、できるだけはっきりと、ハキハキした口調でお話しすることをお勧めします。 ご自身で話していて、 少し大げさに感じるくらいがちょうど良いです。 6:姿勢良く話す・聞く WEB面接は、家などで行う分、面接会場にいるときと比べて緊張感に欠けてしまいがちです。 また、面接会場よりも居心地が良いため、姿勢が崩れやすい状況ではありますが、姿勢が悪かったりすると気の緩みを面接官が察知してしまいかねません。 あくまでも 対面の面接と同じような、姿勢を保ち、緊張感持って面接に臨みましょう。 7:まっすぐ画面を見つめて話す・聞く 通常の面接会場と違い、ご自身の家などで面接を行うことになるので、目線をやる先が多く、また緊張感も比較的和らぐので、気が散ってしまいがちです。 その結果として、目線をキョロキョロ移動させてしまうと、 集中力の散漫さが面接官に伝わってしまいます。 あくまでも面接だということを改めて肝に銘じ、目の前の画面にいる人と話すように、 まっすぐ画面を見つめて話したり、話を聞いたりするようにしましょう。 8:話を聞いているときの表情はやや大げさに作る 通常の面接と比べて、WEB面接ではあいての 細かい表情を捉えにくくなります。 そのため、こちらから面接官に示す表情はできるだけ大げさに作ってあげたほうが、親切です。 話を聞くときは、 いつもより大きくうなずき、いつもより大げさな会釈で相手に話を聞いている姿勢を示しましょう。 その他WEB面接での注意点 その他3点確認しましょう。 9:服装は対面の面接と原則同じで 当たり前ですが、WEB面接だからといって服装がどうでもいいわけではありません。 さすがに靴などは必要ありませんが、原則対面の面接と同じです。 リクルートスーツの着用はもちろん、 時計などもしっかりと着用した上で臨みましょう。 10:自分の顔が映っても髪の毛をいじらない 自分の顔が写っているのが見えると、どうしても癖で髪の毛をいじってしまう方もいるかと思いますが、画面上髪の毛をいじっていると、面接官からすればかなり気になる動きになります。 対面の面接と同じように、振る舞うためにも、 自分の髪の毛をいじってしまわないように強く意識しておきましょう。 11:トラブルに動じないこと WEB面接は、 回線上のトラブルなどが起きやすく、面接官からの質問が聞こえなかったり、自分のが相手に聞こえておらず、何度か同じ話をさせられたりなどすることがあります。 大事なのは、そのようなトラブルが起きた際に、 イライラしたり、動じたりしないことです。 トラブルへのあなたの反応は図らずも評価対象になります。 質問が聞きとれなければ「すみません、回線が少し悪く、質問が聞き取りにくかったのですが・・・」と落ち着いて聞くこと。 自分の話が聞き取ってもらえないときは、話は何度でも、相手が聞き取ってもらえるまで、イライラせずに冷静に話し続けるようにしましょう。 無料でWEB面接のフィードバックをプロからもらえるって知ってますか? WEB面接って、相手の表情や空気が読みにくいので、不安なことも多いですよね。 「本当に魅力が伝わっているのか」「知らず知らずのうちにマイナス評価を受けていないか」など色々考えてしまいます。 そんな時って、WEB面接の練習したくありませんか? 誰か社会人に見てもらって、「何がいい」とか、「どこを改善した方がいい」とかフィードバックしてもらいたいはずです。 実はこれ。 無料で、自宅で、フィードバックを受けられるサービスがあります。 就職エージェントとのWEB面談を活用しよう 就職エージェントって知ってますか?• WEB画面上であなたが明るく映るように照明を調整しましょう• 静かな環境を用意しましょう• 背景になる部分は綺麗に整えましょう• 質問に対して、結論から話す• ハキハキとはっきり話す• 姿勢良く話す・聞く• まっすぐ画面を見つめて話す・聞く• 話を聞いているときの表情はやや大げさに作る• 服装は対面の面接と原則同じで• 自分の顔が映っても髪の毛をいじらない• トラブルに動じないこと WEB面接は今後様々な企業が導入し、浸透していくことで、増えていくことが予想されます。 ただ、基本的には対面の面接とWEB面接は並行で開催されることが多いため、 WEBだからという理由で、損しないことが大事です。 そのためにも今回ご紹介したWEB面接の特徴や対策を理解し、ぜひ損をしない面接を行ってください。 ちなみに、 無料の就職エージェントでプロ相手に面接練習をすることもできます。 WEBでの面談を受け付けているところもあり、とても便利なので、是非活用しましょう。

次の

Web面接システムおすすめ8選を徹底比較|無料ツールもご紹介!|ITトレンド

ウェブ 面接 と は

初めてのWEB面接を成功させるには? 何をするにも「初めてのこと」は、勝手が分からなくて不安がつきものです。 今回は、皆さんがWEB面接で気持ちの良いスタートダッシュを切れるよう、有益な情報をお伝えしたいと思います。 WEB面接(オンライン面接)と対面面接の違い WEB面接と、従来の対面面接にはどのような違いがあるのでしょうか? 面接に必要な「服装、髪型、言葉遣い、質問内容」はどちらの場合でも変わらないと考えて頂いて構いません。 強いて言うならば、WEB面接の場合、映像と音声にタイムラグが発生することがあります。 タイムラグや音声が聞き取りにくかったときに、面接官に不信感を与えないためには視覚情報を分かりやすく提示してあげることが重要ということになります。 知っておきたい「WEB面接」ならではの注意点! WEB面接と対面面接の違いは、何となく理解して頂けたでしょうか。 ここからは、WEB面接の合格率を上げるためのテクニックを紹介したいと思います。 【面接前フェーズ】 ・撮影環境は周囲の騒音・雑音に配慮し、インターネット環境が安定した場所を選ぶ 面接中に周囲がざわついてしまうと、自分も面接官もどうしても気が散漫になってしまいます。 また、カフェなどの公衆Wi-Fiは不安定なので、途切れる心配のないWi-Fi環境や有線LANケーブルがある場所で面接を行いましょう。 ・背景の写り込みを意識する 自分の部屋で面接をする際は、ポスターや装飾品が目立たない場所で。 シンプルな壁やカーテンを背景にすると良いです。 カフェや大学では周りの声や人、環境が気になってしまうため、出来るだけ自宅で面接すべきです。 自宅で行う場合も、家族がいるリビングルーム等は避けましょう。 面接時間を事前に家族に伝え、家族の邪魔が入らないようにすると良い。 ・緊急連絡先を確認しておく 面接の開始になっても正常に動作しないことや、途中で何らかのトラブルにより面接が中断されてしまうこともあります。 不測の事態に備え、緊急時の連絡方法を企業に確認しておきましょう。 ・ Skype面接の場合 アカウントを自分で用意する 後述の「Skype面接の適切な設定方法」をご覧の上、初めての方はできれば友達同士などでSkypeを使ってみると良いでしょう。 ・持ち物 スマートフォンやカンペやイヤホン等 を用意する WEB面接には、皆さんにとって非常に良いことがあります。 それは、手元にカンペ資料を置いておくことができるということです。 下記の<持ち物リスト>を参考に、WEB面接に必要なものを用意しておきましょう。 ただし、資料を見て目線がずっと下がってしまったり、質問に対して用意した回答をそのまま読み上げたりすることはないように、気を付けてくださいね! <持ち物リスト> PCかスマートフォン、タブレット端末 そもそも、スマホでWEB面接ってOK?と思われている方、多いのではないでしょうか。 以下はWEB面接システム「インタビューメーカー」を利用しWEB面接を実施した、応募者のスマートフォン利用比率となっています。 6割もの応募者が、スマートフォンを利用して面接を受けていることが分かります。 スマートフォンはNGなのでは?と危惧する応募者が多くいますが、スマホを利用してのWEB面接は特に問題ありません。 カメラ カメラを搭載していないパソコンを使用する場合やより良い画質を求めたい場合などには、外付けWEBカメラの用意が必要です。 3000円以内で買えるおすすめの外付けWEBカメラを2つ紹介しておきます。 1. 2. イヤホン(有線タイプがおすすめ) PCや携帯では音声が拾えない場合もあるので、マイク付きのイヤホンを使用しましょう。 イヤホンを付けたほうが面接官の声もよりクリアに聞こえますし、自分の声もより伝わります。 イヤホンをつけた方が面接官の声を拾いやすく、よりスムーズなコミュニケーションを取ることが出来ます。 おすすめ商品は、有線タイプのAPPLE社純正のイヤホンです。 とはいえ、もう少し安い優先のイヤホンでも問題ありません。 3000円以内で買えるおすすめのイヤホンを2つ紹介しておきます。 1. 2. マイク マイクを搭載していないパソコンを使用する場合には、用意が必要です。 事前に企業に提出した履歴書やES エントリーシート 質問を想定した回答のメモ書き カンペ ライト(照明) テストで写りを確認した際に、あまりに暗く映ってしまう場合は手持ちのライトをPCやスマホの後ろ側に用意し自分に当てるようにしましょう。 逆に顔に照明が当たりすぎて、顔が真っ白に見えてしまうことがあります。 見え方は事前に確認しておきましょう。 【面接直前フェーズ】• ・WEB面接に使用する端末を固定する スマホやタブレットを使用する場合、手持ちではなく固定するようにしましょう。 また、パソコンを使用する場合でも、カメラを顔の高さに合わせましょう。 顔の5度上から撮影すると、目がハッキリし顎がシャープに映るそうですよ。 ・服装の確認をする WEB面接だからといって、服装をないがしろにしてはいけません。 面接官はカメラ越しでも服装までしっかり見ていますのでカメラに映らない下半身の服装も含め、きっちり面接マナーに則った服装を用意しましょう。 対面面接の際と同様の格好をしていれば問題ありません。 ・映像の確認をする 端末を固定したら、実際に映像を映して確認しましょう。 面接場所が自室であれば、少なくとも画面に映る範囲のものは片付けておいてください。 また、顔が暗くなりすぎていないかもチェックが必要です。 顔の正面斜め上から、柔らかい光を当てるとよく映ります。 さらに、顔の下に白い紙やハンカチをセットしておくと、光が反射して満遍なく光が当たります。 面接では、やはり第一印象は重要です。 照明次第でパッと明るい印象を面接官に持たせることも出来ます。 ・充電を確認する 面接前にフル充電されているか、確認してください。 途中で電源が切れてしまうことを防ぐため、念のため充電器に接続しておくと安心です。 【いよいよ本番!面接中フェーズ】• ・最初の挨拶はハキハキと! 第一印象が良いと、その後の内容も受け入れられやすくなるため、挨拶は非常に重要です。 笑顔でハキハキと明るい挨拶をして、暗いイメージにならないよう気をつけましょう。 通常の面接では、面接開始時・終了時に立ってお辞儀をすることが多いですが、web面接で無理に立つ必要はありません。 企業によっては、全身の服装を確認することもあるので、上半身だけでなく下半身まで身だしなみを整えておきましょう。 ・焦らず間を置いて話す 冒頭で紹介しましたが、ビデオ通話をしているとタイムラグが生じることがあります。 相手に質問を投げかけられてから、間を置かずに話してしまうとせっかちな印象を与えかねません。 緊張もあるとは思いますが、落ち着いて話すことがいい結果を生みます! ・視線はWEBカメラのレンズへ 手元に置いた資料を凝視して話すのはもちろんNGですが、画面に映った相手の目を見て離していても、相手からは目線が下がっているように見えてしまいます。 あなたの顔を写しているのはWEBカメラのレンズなので、ここを見ながら話すように心がけましょう。 ・画面とは適度な距離を保とう! 近すぎず遠すぎず。 写真の中央の方のように、肩までカメラの枠に入れるように意識しましょう。 ・声の大きさは普段より少し大きめに 接続上の問題で聞こえづらいこともまれにあります。 WEB面接では、声のボリュームを少し大きめに発生することを意識しましょう。 大きすぎた場合は、採用官がボリュームを小さくして対応してくれるので大丈夫です。 笑 一語一語、はきはきと。 普段よりワントーン上げ、声のボリュームを大きめに。 ・表情について最後まで気を抜かない! 面接の画面が消えるまで笑顔をキープ。 最後の挨拶が終わってもまだ面接官に応募者が見えている場合もあるので、面接が終わっても画面が消えるまで笑顔をキープしましょう。 みなさんの「WEB面接」の成功を祈っています! いかがでしたか。 WEB面接は最近普及しはじめた面接手法で、応募者はもちろんのこと採用官も不慣れのこともあります。 一番大切なことは、どんな状況になっても落ち着いて冷静に対処すること。 採用官の支持に従って、行動しましょう。 多くの、WEB面接経験者は、対面の通常面接と大きな違いは無く、特に実行に問題は無かったと回答しています。 (インタビューメーカー調べ)いつも通りに、安心して挑みましょう! 最近ではWEB面接や録画面接に特化した面接システムもあります。 顧客満足度NO. 1弊社のWEB面接ツール「インタビューメーカー」について、詳しくはから。

次の

live.gettymusic.com:ウェブ面接・動画面接はAIで攻略!? すぐ開発に取り組める「AI CORE Xスターターキット」解説! (1/4)

ウェブ 面接 と は

面倒な面接スケジュール調整を自動化• 面接URLをボタン1つでまとめて生成• 応募者への選考情報一斉連絡• 面接中の評価を瞬時に担当者間で共有• 書類選考の不安を軽減する録画選考• 土日も有人電話対応• お客様専属のカスタマーサクセス• 既存のカレンダーシステムと連携して面接スケジュールを管理でき、応募者書類や選考評価などの社内共有もスピーディ。 求人媒体の管理も一括で行えるため、リクルーティングにかかるコスト・工数を大幅に削減できます。 面接の 自由度を高め、 応募数アップ! ウェブ面接という新しい選択肢により、これまで応募に結びつかなかった遠方の方や忙しい方などと多くの出会いを創造します。 応募者は自宅からでも面接できるので、通常の対面型よりも精神的・物理的なハードルが下がり、応募者数・面接実施率が向上。 時間的にも融通がつきやすく、他社より早く応募者にリーチすることも可能です。 手軽に面接でき、 見極め精度が向上! ウェブ面接は時間や場所の制約が少ないので、書類選考のような手軽さで面接を行えることも大きなメリット。 書類だけでは見えてこない応募者の人柄などを知ることができます。 また、リラックスできる環境で面接できるので、応募者はより自然体で面接にのぞむことができ、採用側は応募者の本質を見極めやすくなります。

次の