つんく 絵本。 つんく♂さん「ねぇ、ママ?僕のお願い!」インタビュー 初めて手がけた絵本も作詞のように(好書好日)出版に先駆け、読み聞かせ動画無料公開 音…|dメニューニュース(NTTドコモ)

つんく♂の無料絵本動画が話題!|株式会社双葉社のプレスリリース

つんく 絵本

ある日、「ボク」は「買い物に行きたいんだ」とママにお願いするも、なかなか聞き入れてもらえず。 ついには泣いてしまい、ママからは「泣いて頼んだってダメだから」と一蹴され……。 昨年から、ゴールデンウィークの発売に向けて制作していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発売の延期が決まっていた。 世の中の皆様がいろんなことを我慢なさっていることも重々承知です。 出版社の双葉社の皆さんとも幾度となく話し合い、どうすることが我々にとって本当のベストかを議論してまいりました」と経緯を明かし、「結論を申しますと、本の発売を待たずしてYouTubeにて内容を発表させていただくことといたしました」と報告。 「正直、出版社の皆様からしてみれば、とんでもないことというのもわかっております。 だって誰もが無料で見られるのだから。 でも、とにかくいち早くお届けしたかった」と公開に踏み切った思いをつづり、「私のわがままを聞いていただき、本当にありがとうございます」と双葉社への感謝も。 そして、「より多くの方にこの作品が届くことを祈り、そして少しでも気に入ってくださった方は家族、親戚、友人、知人の皆様方に共有拡散し、お知らせいただけると幸いです。 例え、ひとときであっても、笑顔とキュンが世界中に響き渡れば!とそう思っております」と願いを込め、「どうぞ、未来が明るい未来で有りますこと、心より祈っております。 ありがとうございました」と結んだ。 一方の双葉社は、「出版社としては死活問題」が本音ではあるものの、「……が、こうなれば、我々も腹を決めた!」。 YouTubeのコメント欄には、「感動で涙が出ます」「ハッとさせられる動画」「友人や恋人との関係についても考えるきっかけになりました」「気づかされる事沢山ありました」など感想が続々。

次の

つんく♂初の絵本が6月発売!娘2人が読み聞かせ動画に

つんく 絵本

ある日、「ボク」は「買い物に行きたいんだ」とママにお願いするも、なかなか聞き入れてもらえず。 ついには泣いてしまい、ママからは「泣いて頼んだってダメだから」と一蹴され……。 昨年から、ゴールデンウィークの発売に向けて制作していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で発売の延期が決まっていた。 世の中の皆様がいろんなことを我慢なさっていることも重々承知です。 出版社の双葉社の皆さんとも幾度となく話し合い、どうすることが我々にとって本当のベストかを議論してまいりました」と経緯を明かし、「結論を申しますと、本の発売を待たずしてYouTubeにて内容を発表させていただくことといたしました」と報告。 「正直、出版社の皆様からしてみれば、とんでもないことというのもわかっております。 だって誰もが無料で見られるのだから。 でも、とにかくいち早くお届けしたかった」と公開に踏み切った思いをつづり、「私のわがままを聞いていただき、本当にありがとうございます」と双葉社への感謝も。 そして、「より多くの方にこの作品が届くことを祈り、そして少しでも気に入ってくださった方は家族、親戚、友人、知人の皆様方に共有拡散し、お知らせいただけると幸いです。 例え、ひとときであっても、笑顔とキュンが世界中に響き渡れば!とそう思っております」と願いを込め、「どうぞ、未来が明るい未来で有りますこと、心より祈っております。 ありがとうございました」と結んだ。 一方の双葉社は、「出版社としては死活問題」が本音ではあるものの、「……が、こうなれば、我々も腹を決めた!」。 YouTubeのコメント欄には、「感動で涙が出ます」「ハッとさせられる動画」「友人や恋人との関係についても考えるきっかけになりました」「気づかされる事沢山ありました」など感想が続々。

次の

つんく♂、娘2人参加で絵本動画の英語版公開「ご愛敬ということで…」

つんく 絵本

一度は諦めて宿題に向かう僕。 それでもやっぱり諦められず、改めてママにお願いします。 「ねぇ ママ じつは お願いがあるんだ 僕 買い物に行きたい」 そのお願いを聞いたママは、何を買いたいのかを教えてくれないと買い物には連れて行かないと言います。 ところが、僕にはそれを言えない事情があるのです。 宿題が終わったら買い物に連れて行って欲しいと僕はママにお願いします。 それでもママは、何を買いたいのか教えてくれないと連れて行かないと言うのです。 明日は、母の日。 最初は何も気にしていなかった僕ですが、クラスの友達がサプライズを企んでいるということを聞いているうちに、僕もママを驚かせたい、喜ばせたい、そう思うようになったのです。 パパの肩揉みをして貯めていたお小遣いを使って、ママにサプライズプレゼントをしようと考えていた僕ですが、子ども一人では買い物には行けません。 事前に準備をすれば良かったのかもしれませんが、急にアイデアが湧いたので時間に余裕がありません。 しかも今日に限ってパパがいないので、仕方がなくママにお願いしなければならなかったのです。 最後は、必死でママにお願いする僕。 ところが、ママを喜ばせるどころか逆に怒らせてしまいます。 僕は、悔しくて、どうしたらよいのか分からなくて、涙が出てきました。 「なんで泣いてるの? 泣いてもダメよ オモチャは買わないからね」 ママは、僕がオモチャを買って欲しいと思っているのだと勘違いしているようです。 それを否定すると、何を買いたいのかとママの質問は止まりません。 涙が止まらず、どうしようもなくなった僕は、ついに企みを打ち明け・・・。 少年のもどかしい気持ち、日々忙しい母の行動、どちらが悪いとも言えず、どちらにも共感できることでしょう。 親子の深い愛情に胸が締め付けられるような、そんな感動を覚える絵本です。 『シャ乱Q』や『モーニング娘。 イラストレーター・なかがわみさこの優しいタッチのイラストが加わり、さらなる感動を呼びます。 発売前に公開された絵本動画も、多くの号泣コメントが寄せられました。 「心温まり、涙が出てきました。 頭ごなしに怒っちゃうこともあるけど、やっぱりなにより癒しをくれるのは子どもなんだって再確認できました」 「とっても素敵なお話。 世界中が暗いニュースのなか、心がほっこりしました」 「最近怒りすぎたかな、明日は笑顔でいようと涙しました。 ありがとう」 「絵がほんわかタッチで、うるうる。 涙で心がお洗濯されちゃいました」 「僕」と「ママ」のやり取りに、自身の子育ての喜び、苦労を重ね、きっと涙するはず。 子育てをするすべての人が、子どもからたくさんの勇気と笑顔をもらえる絵本です。 出版社「」より.

次の