コロナウイルス自粛いつまで。 2022年まで外出自粛延長?コロナや在宅生活はいつまで続く?世間の反応まとめてみた

新型コロナウイルスはいつまで流行するのか【終息予想】東京オリンピックは大丈夫なのか

コロナウイルス自粛いつまで

【コロナいつまで自粛?】 「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くの?」と頭を悩ませている人は多いです。 2020年5月5日の時点の日本において、政府は緊急事態宣言下での一部の施設の利用制限について、• 自粛緩和や• 解除 を可能とする指針を示していますが、日本経済全体の自粛は継続する方針です。 () また2020年5月5日の時点で、アジア各国では新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに効果が見られたとして外出自粛制限を緩和する動きも広がりつつありますが、今後も新型コロナウイルスの自粛は継続していきます。 () 2020年5月1日アメリカの一部の州で経済活動が再開されました()が、外出規制が続く州がほとんどであり、経済活動の再開を求める抗議デモも行われています。 () これらの「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか」を予想する事例をご紹介します。 【コロナいつまで自粛?】2020年9月「収束日」のAI予想 新型コロナウイルスの収束日はいつなのかという点について考えてみましょう。 シンガポール工科設計大学は、人工知能(AI)による、全世界の新型コロナウイルスの「収束日」の予想は、• 2020年9月26日• 99%収束• 2020年6月5日• 2020年5月20日 であるとに公表しています。 () なお、このAIによる予想は、各国から公式に発表された統計資料をベースにしています。 したがって、この予想日がどの程度正確であるのかは、• データの正確性• 透明性 に寄るところが大きいでしょう。 例えば、元のデータによると、中国は完全収束(2020年4月9日)したことになっており、これまでの経緯を考えると正式な統計データを公表しているということはあまり期待できません。 () また国立研究所によると、新型コロナウイルスの遺伝情報分析し、中国武漢から来た第一波の影響を封じ込めることには成功したが、欧米から来た第二波が訪れているとの研究結果も出ています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのかという収束日のAI予測は、あくまでも参考程度にとどめるのが良いです。 しかし、だいたい2020年9月までは新型コロナウイルスによる、何らかの形での自粛は続く可能性があると考えられます。 【コロナいつまで自粛?】2024年も続く可能性を予想 バフェット 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか予想する際に参考になるのが、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の考えです。 2020年5月2日、バフェット氏率いる米バークシャーは新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界が変わる」と主張しています。 そして、「外出制限が人々の行動に与える影響は分からない。 3~4年後に、昨年までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」と悲観的な見方を示しています。 その結果、航空株はバフェット氏の「お気に入り銘柄」でしたが、「乗客は戻らない」として米バークシャーは航空株をすべて売却しています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる経済への悪影響は徐々に薄れていくが、航空業界などの一部の産業においては、2024年以降も悪影響が続く可能性があると言えるでしょう。 【コロナいつまで自粛?】2022年までは続く予想 集団免疫 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか、集団免疫の獲得という点から見てみましょう。 集団免疫とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫を持たない人を保護する手段です。 () この説明では集団免疫についてピンとこない人も多いと思うので、もう少し詳しく見てみましょう。 多数の人々が免疫を持っている集団では、感染の連鎖が断ち切られる可能性が高く、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなります。 そこで、あるコミュニティにおいて免疫を持っている人の割合が高ければ高いほど、免疫を持たない人が感染者と接触する可能性は低くなるということです。 多くの伝染病の場合、生き残った人たちは免疫がつき、二度とその病気にかかることはありません。 () そこで、米ミネソタ大学「感染症研究政策センター」が2020年4月30日に作成したをみてみると、新型コロナウイルスによる自粛は 18~24ヶ月続くと予想されています。 Based on the most recent flu pandemics,this outbreak will likely last 18 to 24 months. この報告書は、過去に起きたインフルエンザによるパンデミックを踏まえて、新型コロナウイルスの今後を予想しています。 () またこの報告書では、新型コロナの陽性率を考慮すると、集団免疫に達してパンデミックを終わらせるには、人口の 60~70%が免疫を獲得する必要があると予想しています。 SARSの抗体研究に基づくと、まだ確実ではないものの、新型コロナウイルスの免疫は1年か2年しか続かない可能性があります。 ()しかし、完全に免疫を持っていない場合でも、2度目の感染では症状が軽くなる可能性はあるでしょう。 これらのことから、集団免疫を獲得する2022年まで、自粛は続く可能性があると予想できます。

次の

新型コロナの自粛期間はいつまで?イベント中止などの予想を徹底解説

コロナウイルス自粛いつまで

緊急事態宣言の再延長・再延期!自粛はいつまで?【コロナウイルス関連情報】 2020年がスタートしたとき、今のような状況を誰が予想していたでしょうか?新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、特に感染拡大が心配される7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)には 4月7日から1ヵ月間の緊急事態宣言が発令されました。 その後、緊急事態宣言の適応範囲拡大によって、4月16日にはその範囲が全47都道府県に拡大され、 期間は5月6日までででした。 しかし、5月4日に緊急事態宣言の延長が宣言され、その期間が5月末までに延長されました。 今の日本全体のコロナウイルス感染拡大の状況を見る限り、今回の緊急事態宣言はしょうがないと言えると思います。 というのも、7都道府県だけに緊急事態宣言が発令されていても、そうではない他の都市や地域から人の流入や感染拡大防止の意識の違いが起こってしまうからです。 またイタリアなどで起こったように、首都圏から無症状の感染者が地方へ戻り、感染を拡大させてしまうということも充分にあり得る状況だったため、今回の緊急事態宣言は世界的に見ても平均的と言えると思います。 緊急事態宣言の再延長・再延期はあるのか? 現在のところ、緊急事態宣言はゴールデンウィーク明けの 5月末日までとされていますが、これが最延長・再延期されることはあるのでしょうか?前回の緊急事態宣言の解除前には、多くのメディアがこの緊急事態宣言が延長・延期されるのではないか?ということが報道されていました。 というのも、緊急事態宣言の解除は、イコールで 経済活動の再開を意味します。 当然のことながら、各店舗等でコロナウイルス感染症の感染拡大の防止策をしたとしても、一気に活動を再開すれば必ず再び感染拡大が起きる恐れがあるからです。 各国で分かれる対応 アメリカやヨーロッパでも経済活動の再開をいつにするのか、あるいはどのようにスタートするのかで各国の方針が異なっています。 例えばニューヨークは経済活動の再開に慎重な姿勢ですが、カリフォルニア州の一部地域や、ドイツなどでは少しずつ経済活動を再開する動きがあります。 アメリカの一部の週では自粛活動の解禁を求めるデモ運動まで起きていますね。 デモで人が集まってしまうようでは本末転倒とも言えます。 緊急事態宣言の解除は経済活動の再開=感染のリスクは増える 前回の緊急事態宣言の解除について、安倍首相は「専門家から提言を頂き判断する」としていましたが、結局解除の基準を明確には示していませんでした。 もし専門家の意見を優先させるのであれば緊急事態宣言の再延長や再延期はあり得るのではないかと予測されます。 もし緊急事態宣言が再延長・再延期されるならいつまで? 仮に、5月末日までの緊急事態宣言が再延長・再延期されるならいつまででしょうか?前回の緊急事態宣言を延長・延期したときは、 追加で1~2週間、長い場合は追加で1ヵ月(4週間)程度の延長・延期が起きるのではないか、あるいは 5月いっぱいなのではないか?という報道が多かった中で 5月末までの延長・延期でした。 もし緊急事態宣言の再延期が行わるとすれば、1週間の緊急事態宣言延長・延期であれば、日付は6月7日 日まで。 2週間の緊急事態宣言延長・延期であれば14 日まで。 3週間の緊急事態宣言延長・延期であれば 21日まで。 1ヵ月の延長・延期となれば 6月末までがその期間となります。 緊急事態宣言の解除は段階的に行われる? 緊急事態宣言の期間がいつまで続くのか、あるいはいつまでなのかは政府の発表を注視する以外に方法はありませんが、仮に解除がされるとしてもそれは 段階的に行われることが考えられます。 経済を優先させるのであれば、7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)が最初の方が良いわけですが、これは感染拡大を防止させるという意味ではあまり良い方法とは言えません。 そのため、もし解除が行われるのであれば、感染者が少ない地域から段階的に行う方法が考えられます。 緊急事態宣言が再延長・延期されれば学校も休校になる 当然ではありますが、経済活動だけ自粛して学校関係だけスタートしては感染拡大防止の観点から意味がありません。 もし緊急事態宣言が延長・延期されるのであれば、小中学校や高校・大学といった各方面の教育機関も休校が延長されると考えるべきでしょう。 都道府県によっては、すでに5月6日以降の休校についても決定しているところも多数あるようですね。 あるいは学校の再開を欧米と揃えて 9月スタートにしてはどうかという提言も知事会でまとめられているようです。 ゴールデンウィーク後も外出の自粛を 先日Twitterをみていたら、ゴールデンウィーク中の沖縄への飛行便がほぼ満席で6万人分が予約をされているという話がありました。 その後呼びかけで1万5千人にまで減っているようです。 もちろん、仕事関係で行く方もいるでしょうし、前々から計画していたということもあると思います。 しかし、満席の飛行機の機内を考えただけでも、感染拡大のリスクが相当あると考えられるので、やはり可能な限り移動を自粛するべきなのでは?と私は考えています。 また、自粛明けには政府の予算で旅行や宿泊などに使える補助金なども出ると言われているので、ゴールデンウィークはおとなしく家で読書などをするのがおすすめです。 感染拡大は1人1人の意識から 緊急事態宣言の解除がいつになるのか、あるいは延長・延期が行われるのかはまだ分かりませんが、仮に延長・延期がされたとしても私たちのするべきことは、手洗いうがいを徹底することや3密を避けることなのは変わりません。 経済活動の自粛で仕事が減ったり、無くなったりと大変な時間を過ごしている方も多いとおもいますが、きっとまた活動が再開されるときがきます。 今自分に出来ること、家族単位で出来ることをしっかりと行いましょう!特に国の政策でやなどの支援をうまく活用しながら乗り越えていきましょう!それではまた!.

次の

コロナいつまで続く?5月まで結婚式旅行自粛?日本のスピリチュアルな予言

コロナウイルス自粛いつまで

3月からは学校の休校などの措置が始まり、私達、合唱を趣味とする人達にも大きな活動制限が起こっています。 緊急措置として約2週間、公共施設の休館があったりで練習も中止となっていますが、何よりも、合唱を練習するという環境が今回の事態には好ましくない環境だと言われている事・・・。 この二つが大きな理由。 なんともし難い状況。 これで、2週間したら、「ハイ!OK」とは言えないわけで、これからまだまだ約2か月は予断を許さないでしょう。 ただ感染爆発の山を緩やかにする為にとられた措置って事ですよね。 ウイルス対策や治療のための準備が整わない限り、しばらくこの状態が続くと思うにつけ、どうにか練習を再開する方法はないのかと考えてしまいます。 だって、このままだったら3か月、半年と合唱練習はダメ!って事になりかねません。 インフルエンザ程度の予防や対処ですむよう、早く特効薬が作られ、予防もできるようになってもらいたいものです。 普段から合唱をしている人達はある意味、インフルエンザなどに対しても、普通に風邪に対してもかなり慎重な行動をとっているように思います。 だって、咳が出たり、声が枯れたら歌えないですから。 とは言え、症状も無い感染者が多いわけですから、もしかしたら自分も感染しているかもしれない。 世の中のこの状況で合唱練習なんて趣味の分野は2の次3の次。 どうにか早く終息させる為に協力しなくてはいけない!! ふぅ・・・・。 これで、ダメかなぁ?・・・・・・。 やっぱりダメですね。 ですよね。 年々、あまりに早い時間経過で、 本番まであと5回、仕上げの段階に入って、強弱などもきっちり表現する練習になっています。 今週のPMSは1部の終曲29番に入りました。 アルト以下3声とソプラノの歌う旋律とは全く違う曲。 アルト 今週は今年最後の先生練習だったピノ。 忘年会の代わりに練習後に茶話会をしました。 先生の最終 おかあさんコーラス全国大会が終わってから初めての練習になったピノ。 新曲選定が直前だった事もあって、事 今週のピノは先生の急なお仕事で自主練習になりました。 私にとっては貴重な自主練習になりました。 合唱の練 今週のピノは先生練習。 いつも先生がいらっしゃるまでの自主練習で、新曲の練習や問題部分の改善、練習中 今日はピノの新メンバーの衣装依頼に同行しました。 個人のデザイナーさんのお店です。 久々の表参道駅、地下 今週のピノは先生のご都合で、自主練習となりました。 なので、まずは先週歌えなかった、ルネサンス曲から練.

次の