石川 さゆり 波止場 しぐれ。 石川さゆり 波止場しぐれ 歌詞

波止場しぐれ(石川さゆり) / コード譜 / ギター

石川 さゆり 波止場 しぐれ

2010年に他界した石川の恩師である作詞家、吉岡治さん(享年76)の顕彰碑ができたためだが、そこは彼女にとって、ひとつのターニングポイントとなった場所でもあった。 顕彰碑が建ったのは、高松港との間を結ぶ同島の玄関口、土庄(とのしょう)港。 1985年、地元青年団の熱意に打たれた吉岡さんが、作曲家の岡千秋さんとともに石川の歌う「波止場しぐれ」を書いた舞台だ。 「あのとき植えたオリーブの苗木が(背丈を超え)こんなに大きくなって…月日を肌で感じます。 キャンペーンで港に集まったのが5000人。 海に落ちるんじゃないかと思うくらいのエネルギーでした」 そう振り返った石川は当時26歳。 19歳で「津軽海峡・冬景色」「能登半島」など鮮烈なヒットに恵まれアイドル演歌歌手として順風。 それが、結婚を経て84年に長女を出産(のちに離婚)。 大人の歌手への過渡期にさしかかった。 島の港町のネオン街で〈肩に重たい苦労〉を〈拾ってあげる〉と語りかける艶っぽい詞は、まさに脱皮の節目となった。 「それまでの歌とは違う深い歌。 吉岡さんには、いろいろ人生のグチも聞いていただき全部丸呑みしてくれた。 かけがえのない表現者です」 出典 小豆島の玄関口のひとつ・土庄港にサイクリングの拠点として活用できる小豆島サイクルステーションがオープンし、ますますサイクリストにとって魅力的な場所になった。 そこで、同ステーションを拠点に、島の魅力を満喫できるモデルコースを紹介しよう — cyclowired. 土庄港方面チョッと寒いです。 — shodoshima24's shodoshima24 小豆島は変わりやすい天気になっています。 土庄町の東港にある〝浮世小路〟は昭和60年頃に石川さゆりさんが歌ってヒットしていた「波止場しぐれ」の舞台となったネオン街で… — shodoshima24's shodoshima24.

次の

波止場しぐれ(石川さゆり)香川県小豆島|ご当地ソング集♪

石川 さゆり 波止場 しぐれ

2010年に他界した石川の恩師である作詞家、吉岡治さん(享年76)の顕彰碑ができたためだが、そこは彼女にとって、ひとつのターニングポイントとなった場所でもあった。 顕彰碑が建ったのは、高松港との間を結ぶ同島の玄関口、土庄(とのしょう)港。 1985年、地元青年団の熱意に打たれた吉岡さんが、作曲家の岡千秋さんとともに石川の歌う「波止場しぐれ」を書いた舞台だ。 「あのとき植えたオリーブの苗木が(背丈を超え)こんなに大きくなって…月日を肌で感じます。 キャンペーンで港に集まったのが5000人。 海に落ちるんじゃないかと思うくらいのエネルギーでした」 そう振り返った石川は当時26歳。 19歳で「津軽海峡・冬景色」「能登半島」など鮮烈なヒットに恵まれアイドル演歌歌手として順風。 それが、結婚を経て84年に長女を出産(のちに離婚)。 大人の歌手への過渡期にさしかかった。 島の港町のネオン街で〈肩に重たい苦労〉を〈拾ってあげる〉と語りかける艶っぽい詞は、まさに脱皮の節目となった。 「それまでの歌とは違う深い歌。 吉岡さんには、いろいろ人生のグチも聞いていただき全部丸呑みしてくれた。 かけがえのない表現者です」 出典 小豆島の玄関口のひとつ・土庄港にサイクリングの拠点として活用できる小豆島サイクルステーションがオープンし、ますますサイクリストにとって魅力的な場所になった。 そこで、同ステーションを拠点に、島の魅力を満喫できるモデルコースを紹介しよう — cyclowired. 土庄港方面チョッと寒いです。 — shodoshima24's shodoshima24 小豆島は変わりやすい天気になっています。 土庄町の東港にある〝浮世小路〟は昭和60年頃に石川さゆりさんが歌ってヒットしていた「波止場しぐれ」の舞台となったネオン街で… — shodoshima24's shodoshima24.

次の

波止場しぐれ(石川さゆり)香川県小豆島|ご当地ソング集♪

石川 さゆり 波止場 しぐれ

2010年に他界した石川の恩師である作詞家、吉岡治さん(享年76)の顕彰碑ができたためだが、そこは彼女にとって、ひとつのターニングポイントとなった場所でもあった。 顕彰碑が建ったのは、高松港との間を結ぶ同島の玄関口、土庄(とのしょう)港。 1985年、地元青年団の熱意に打たれた吉岡さんが、作曲家の岡千秋さんとともに石川の歌う「波止場しぐれ」を書いた舞台だ。 「あのとき植えたオリーブの苗木が(背丈を超え)こんなに大きくなって…月日を肌で感じます。 キャンペーンで港に集まったのが5000人。 海に落ちるんじゃないかと思うくらいのエネルギーでした」 そう振り返った石川は当時26歳。 19歳で「津軽海峡・冬景色」「能登半島」など鮮烈なヒットに恵まれアイドル演歌歌手として順風。 それが、結婚を経て84年に長女を出産(のちに離婚)。 大人の歌手への過渡期にさしかかった。 島の港町のネオン街で〈肩に重たい苦労〉を〈拾ってあげる〉と語りかける艶っぽい詞は、まさに脱皮の節目となった。 「それまでの歌とは違う深い歌。 吉岡さんには、いろいろ人生のグチも聞いていただき全部丸呑みしてくれた。 かけがえのない表現者です」 出典 小豆島の玄関口のひとつ・土庄港にサイクリングの拠点として活用できる小豆島サイクルステーションがオープンし、ますますサイクリストにとって魅力的な場所になった。 そこで、同ステーションを拠点に、島の魅力を満喫できるモデルコースを紹介しよう — cyclowired. 土庄港方面チョッと寒いです。 — shodoshima24's shodoshima24 小豆島は変わりやすい天気になっています。 土庄町の東港にある〝浮世小路〟は昭和60年頃に石川さゆりさんが歌ってヒットしていた「波止場しぐれ」の舞台となったネオン街で… — shodoshima24's shodoshima24.

次の