顎 関節 症 治療。 顎関節症 (がくかんせつしょう)

顎関節症の原因・症状・治療法

顎 関節 症 治療

やってはいけない!顎関節症の治療について 顎関節症は、「噛み合わせの悪さ」「下顎のズレ」「顔面頭蓋骨の歪み」などの要因が複雑に影響して起こる病気です。 治療に関しては専門医に相談するのが一番良いのですが、中には自分で治そうとする人もいます。 自己流の間違った方法で対処することで、顎関節症の症状がさらに悪化するリスクがあります。 この記事では、顎関節症を自分で対処するリスクについて詳しく解説します。 顎関節症の治療を自分で行うリスクとは ネットなどで検索すれば、顎関節症の治療方法について書かれた記事を見ることがあります。 中には顎関節症は「自分で治療すれば簡単に治る」「自然に治る」などと書かれた情報があります。 実際は発症すると中々治らない病気であり、自分で治療しようとして症状が悪化するケースはよくあります。 間違った治療法により顎関節症が重度になったという患者の方は少なくないため、ご自身でおこなう治療にはリスクがあるということを理解する必要があります。 よくある顎関節症の治療法とリスク 顎関節症はある程度進行すると、専門知識なく症状改善できるほど簡単ではありません。 「噛み合わせが悪い」、「下顎のズレや歪みが生じている」、「口が開かない」「顎がジャリジャリ鳴る」「顎が痛い」というような症状が出はじめたら、専門医にかかるのが適切と言えます。 巷でよく言われる顎関節症の治療法がありますが、そこには少なからずリスクが潜んでいます。 よくある自己流の治療法とその問題点などをチェックしてみましょう。 自己流のマッサージ 「顎関節症をマッサージによって改善しましょう!」と書かれている記事をネットなどで見かけることがあります。 そこには「口を開け閉めする咬筋という筋肉や耳の下の筋肉、頭の両横にある側頭筋などをマッサージすることで症状が改善する」ということが書かれています。 顎関節症には、下顎や顎関節周辺の筋肉の緊張やコリも関わっていますので、マッサージをおこなうことで痛みが和らぐこともあります。 顎関節症により緊張した筋肉をマッサージでほぐすのは効果が期待できます。 しかし、自己流のマッサージにより筋肉や靭帯を傷つけて症状が悪化することもありますので、痛みが続くようなら、早めに専門医への相談が必要です。 また、マッサージ等はあくまで対症療法です。 根本的な原因である「噛み合わせ」「下顎のズレや歪み」などを同時に改善しないと、顎関節症が悪化するリスクが高まります。 合わないマウスピースの着用 顎関節症の治療に専用のマウスピースが用いられることがあります。 それはあくまでも専門の歯科医の診断に基づき、正しい使い方をすることによってはじめて効果が現れるというものです。 ネットなどで市販されているマウスピースは、あくまでも平均的な規格のものだったりすることが多いです。 それを噛み合わせの矯正などができると思い込み、自分に合わないマウスピースを着用することで矯正効果が現れないどころか、逆に症状が悪化する危険もあります。 薬物治療 顎関節症を治療するために薬物治療が行われることもあります。 痛みが生じている場合は、インドメタシンなど消炎鎮痛剤を用いたり、顎関節周辺の筋肉の硬直を和らげる筋弛緩剤などを使用し治療が施されたりする場合もあります。 こうした薬物治療は、あくまでも症状を軽減するためのもので、一時的に症状を抑える対症療法的な措置といえます。 また、顎の痛みを抑えるために、市販の鎮痛剤を過剰に服用すると思わぬ副作用が生じる恐れもあります。 市販の鎮痛剤などには2週間程度服用して症状が改善されない場合は服用を中止して医師または薬剤師に相談するようにと注意喚起されています。 顎関節症は完治が難しく症状が長引くことも多いため、結局は専門医に相談することが一番の近道といえます。 適度な運動について 健康のために日頃から適度な運動をすることは大切です。 適度な運動やスポーツはストレス解消にもなるため、病気の進行や改善にも期待できるケースもあります。 しかしながら、顎関節症が発症している人(あるいはその疑いのある人)は運動時には注意が必要です。 例えば、顎に負担をかける運動、左右どちらかの側ばかりに負荷がかかる運動、関節や筋肉を冷やす運動などを行うことで顎関節症の症状を悪化させる恐れもあります。 ウエイトトレーニングなど歯を食いしばるような運動や、簡単な運動でも無理して行うことで顎関節に力が入ってしまう場合もあります。 気温が低い状態での運動、水泳、スキューバダイビングなどは関節や筋肉を冷やすため、顎関節症の症状が悪化することもあります。 運動の種類や仕方によっては顎関節症に悪影響となるため専門医に相談の上おこなうことが大切です。 咀嚼訓練・開口訓練 ガムを噛むことによる咀嚼訓練や、口を大きく開く開口訓練などによって、「顎関節の可動域を広げる」「顎口腔の筋肉を鍛える」という訓練法を見かけることがあります。 これらの訓練も間違った方法や自己流で行うことで顎関節や顎周辺の筋肉に無理な力が加わるなどして症状が悪化する場合があります。 自己流の訓練方法では本当にその訓練がその人にあったものなのか、一般の人では判断できない場合が多いです。 顎口腔に関してどういうトレーニングが必要なのかは、医師が診察して、その人の症状や病状などの状態を総合的に判断して決めるものです。 顎口腔系の訓練はあくまでも専門医の指導を受けながらおこなうのが良いでしょう。 柔らかい食べ物ばかりを食べる 顎関節症になると、口の開閉の違和感や顎が痛くなることを避けるために、柔らかい食べ物ばかりを食べる人がいます。 確かに柔らかい食べ物は顎にかかる負担が少ないですが、咀嚼回数が減ることによって顎周辺の筋肉が弱くなります。 顎関節症の患者の多くが、左右いずれかの痛い方での咀嚼を避けるようになり、片側噛みという偏咀嚼になりがちです。 片側の筋肉が発達してもう一方の筋肉は衰えるため、顔面骨格の歪みが生じて顎関節症が悪化することがあります。 つまり柔らかい食べ物ばかり食べるということは、急性期の痛みの対策にはなりますが、顎周辺の筋肉のバランスが改善するわけではありません。 顎関節症専門でない歯科医院への通院 顎関節症になった患者の多くが歯科医院に受診します。 顎関節症の症状を持つ人が歯科医院に通院したことで「歯を削る」「詰め物を入れる」などの治療によって、症状が余計に悪化したというケースが実際にあります。 一般の人からすれば、歯科医なら「噛み合わせ治療」「顎関節症治療」ができると考えますが、専門外であるという場合もあります。 新宿デンタルオフィスでは、顎関節症を抜本に治療するために独自の咬合理論に基づき、「噛み合わせ治療」「顎位矯正治療」から、全身症状の改善を目指す治療を行っています。 顎関節症は個人差があり様々な症状があらわれる病気です。 顎周辺の不調や痛みだけでなく全身に不定愁訴が引き起こされることがあります。 そのような数々の症例と向き合って診療経験を積まなければ、顎関節症を治療するのは難しいと言えます。 初診カウンセリングを受診しませんか 新宿デンタルオフィスは、顎関節症・噛み合わせの専門クリニックです。 経験豊富な専門医が、お一人お一人に合った治療法を判断して適切な治療を行っています。 「噛み合わせ治療」「顎位矯正治療」「ナイトガード」など、患者様にあった治療法により顎関節症の改善をご提案しています。 顎関節症の治療をどうすればいいか分からないという方は、まずは【予約制の初診カウンセリング】の受診をおすすめします。 噛み合わせ、顎位、筋肉の状態を確認し、総合的に診断していきます。 どうぞお気軽にご相談下さい。

次の

顎関節症 治療|【危険】絶対に顎関節症でやってはいけないのはコチラです@立川・小平・東大和・東京

顎 関節 症 治療

顎関節症はこんな病気 顎関節症 がくかんせつしょう とは、「口を開けると痛む 開口時痛 」「口が開かない 開口障害 」「あごで音がする 関節雑音 」といった症状がでるあごの疾患です。 これらの症状は、あごの関節を構成する骨・筋肉 咬筋:こうきん・側頭筋など ・関節円板・靭帯などの異常によって生じます。 顎関節症の治療のゴールは、「痛みなく」「十分に口が開く」ことです。 「関節雑音」を手術で治療していた時代もありましたが、現在では症状が「関節雑音」だけの場合は治療の必要はないとされています。 顎関節と筋肉の構造 以下にI~IV型について、それぞれの特徴と一般的な治療方針を簡単に解説します。 I型 主にあごの筋肉 咬筋・側頭筋など の「使いすぎ」が原因のいわゆる「筋肉痛」です。 咬筋は頬、側頭筋はこめかみに痛みを生じるので、こめかみの痛みから「頭痛」と訴える患者さんもいます。 これは、筋マッサージやあごの安静で治療します。 II型 関節靭帯の異常で、簡単に言うと「あごのねんざ」です。 無理に口を開けすぎたり、固いものを食べたり、歯ぎしりや食いしばりでも生じます。 顎関節は耳の穴の直前にあるため「耳の痛み」と思い、耳鼻咽喉科を受診される患者さんもいます。 あくびは控える、固いものは避ける、食事は小さくカットしてあまり大きく口を開けないでいいようにするなど、可能な限りあごを安静にして治療します。 III型 関節円板の異常です。 関節円板とは、上あごの骨と下あごの骨の間に存在する、クッションのような役割をする組織です。 III型の患者さんは関節円板の位置がずれてしまっているため、口を開けると「カクカク」「ポキポキ」といった「関節雑音」を伴います。 しかし、症状が「関節雑音」だけの場合は特に治療の必要はありません。 一方で、関節円板のずれがひどくなると「関節雑音」が消失して「開口障害」が出現します。 この場合、一般的にマウスピース治療を行いますが、効果が不十分な場合には、歯学部付属病院の顎関節専門外来などで、より専門的な治療を行うことがあります。 IV型 関節を構成する下顎骨の関節突起の変形によるものです。 このタイプは症状だけでは診断困難です。 そのため、顎関節症で来院された患者さんの診断は、まず、あごのレントゲンを撮影して骨の変形がないか調べるところからスタートします。 変形した骨を元通りにすることは困難なので、「痛みなく」「十分に口が開く」ことを目標にマウスピース治療や開口訓練を行います。 早期発見のポイント 「医学解説」でも説明したように、顎関節症 がくかんせつしょう の3大症状は「口を開けると痛む 開口時痛 」「口が開かない 開口障害 」「あごで音がする 関節雑音 」です。 このうち、「関節雑音」は、「痛みがなく」「十分に口が開けられる」ならば治療の必要はありません。 簡単な目安として、自分の手の人差し指・中指・薬指をそろえて並べたときの幅 3横指:さんおうし よりも大きく口を開くことができれば、「十分に口が開けられる」と判断します。 しかしながら、いままで「関節雑音」があったのに、突然音がしなくなった場合は要注意です。 「開口障害」が生じている可能性があるので、3横指入るか確かめてください。 もし、3横指が入らなかったら、できるだけ早くお近くの歯科医院または口腔外科にご相談ください。 症状が痛みだけの場合は、あごを安静にして1週間程度様子をみてください。 それでも改善がなければ、医療機関の受診をおすすめ致します。 予防の基礎知識 近年、無意識のうちに食いしばりや歯ぎしりをしている方が増えています。 これをTCH Tooth Contacting Habit=歯牙接触癖:しがせっしょくへき と呼びます。 昔からの癖だったり、ストレスだったり、原因はさまざまです。 元来、安静にしている人間の上下の歯は接触しておらず、食事や会話の時だけ接触します。 1日のうちで上下の歯が接触している時間は、合計しても20分足らずといわれています。 TCHのある方は、TCHのない方と比べると顎関節に長時間負担がかかっているため、顎関節症に発展する恐れがあります。 とりわけ、顎関節症I型・II型は食いしばりや歯ぎしりが原因のケースが大多数を占めますので、TCHの改善が重要です。 この記事を読みながら歯を食いしばっていませんか?歯を食いしばっていたら要注意です。 あごを緩めてリラックスするように心がけてください。 また、頬づえをついたり、電話の受話器を肩とあごで挟んだり、ガムをかみ続けたりすることも、あごへの負担となります。 抜歯して歯がなくなったまま、入れ歯やブリッジを入れずに放置していませんか?歯を失うとその場所から歯並びが崩れ始め、かみ合わせがおかしくなってあごへの負担が増え、顎関節症を発症する場合もあります。 顎関節症はさまざまな要因の積み重ねで生じる疾患です。 当てはまる個所があったらできるだけ治し、顎関節症を予防するように心がけましょう。

次の

診療ガイドライン|一般社団法人日本顎関節学会

顎 関節 症 治療

その顎関節症は手術が必要? 1-1 手術以外の治療が主流 顎が十分に開かない・咀嚼するたびに音が鳴る・顎を開くときに痛みがあるなど、顎関節に症状が現れる顎関節症。 顎関節症の治療法について、具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか。 顎関節症は必ず手術で治療するというわけではありません。 手術が必要かどうかはケース・バイ・ケースであり、手術必要になるのはむしろ非常に珍しいケースです。 一般的によく行われる顎関節症の治療は、運動療法やマウスピースの装着などが主流になります。 1-2 運動療法とは 朝起きると顎が開かずに硬直する方や、ガクガクと顎関節が鳴る方など、慢性化した顎関節症を持つの方の場合、まず行われる治療が運動療法です。 顎関節症は、顎や頬、頭にかけての筋肉が緊張し、力のバランスが崩れていることが原因になります。 運動療法を行い、凝り固まった筋肉がほぐし、顎の関節を緩めていきます。 運動療法では、開口訓練などのリハビリテーションが中心です。 症状によってリハビリの種類が変わってきますので、すべての方が開口訓練を行うわけではありませんが、よく行われる療法ですので知っておきましょう。 ただし、この療法は専門的な知識を必要としますので、必ず顎関節症に詳しい歯医者さんや歯科口腔外科の医師に診てもらうようにしてください。 1-3 マウスピースによる治療法とは 顎関節症は顎に負担がかかって発症している可能性があります。 顎関節に負担がかかる行為として、まず挙げられるのが歯ぎしりや食いしばりの癖です。 歯ぎしりや食いしばりによる負担は、マウスピースの装着でやわらげることができます。 寝ている間に歯ぎしりをしている場合には、顎周りの筋肉の緊張をやわらげる手助けにもなります。 また、顎だけでなく歯への負担を減す効果も期待できます。 ただし、マウスピースは市販のものではなく、必ず自分専用に作ったものを使いましょう。 歯医者さんや歯科口腔外科で作ってもらえますので、歯ぎしりなどの可能性がある人は伝えてみましょう。 費用も保険適用内なら5,000円程度のため、比較的取り入れやすい治療法といえます。 1-4 手術をするケース 上記に挙げた運動療法やマウスピースの装着を行い、一般的には3ヶ月から半年間様子をみます。 この期間治療をしても改善が見られない場合は、外科手術での治療が検討される場合があります。 顎関節症は、関節部分などの状態をMRIなどで撮影して検査していきますが、最初は運動療法やマウスピースで治療を行い様子をみるのが一般的です。 ただし、検査段階で手術が必要だと判断されることもあります。 繰り返しにはなりますが、顎関節症の治療で手術が必要になるケースは非常に稀です。 顎関節症の手術には周辺の神経の走行などを詳細・正確に把握し、きわめて慎重な症例の選択が必要になり、また偶発症が発生するというリスクも伴います。 原因は何?顎関節症とは 2-1 顎の関節に問題がある 顎関節症は、顎の関節や筋肉に異常があるときに診断されます。 口を動かしたときにカクカクと振動が伝わったり、音が鳴る症状がみられるのが特徴です。 何らかの原因で顎が歪んだり、片方の奥歯だけで噛むなど、ちょっとした癖が原因で発生することもあります。 痛みがある場合などは、それが原因で口が大きく開けられないこともあります。 痛みが無かったとしても、顎に不具合が起こりその影響で十分に食事が取れないこともあります。 口が開かずに食べ物が入らなければ、日常生活に大きな支障をきたすでしょう。 顎の関節に異常が出るということは、とても不自由なことです。 2-2 顎関節症の原因 固いものを食べ続けた、噛合せが悪いなど、物理的なことが顎関節症の原因として挙げられます。 噛合せが悪いとどうしても顎の関節にかかるバランスが偏ることがあり、それが長期間繰り返されることで関節に異常が出てしまいます。 また、物理的な理由以外にも、心理性の原因が考えられることがあります。 強いストレスなどを感じている人は歯を食いしばることがため、歯ぎしりもしやすく、それが原因となって顎関節症を発症してしまいます。 顎関節症の外科手術 3-1 関節腔内穿刺 この手術はパンピングとも呼ばれる方法です。 顎関節部分に局部麻酔をかけ、患部に生理食塩水などを注射して行います。 関節腔内に針をさし、生理食塩水の注入・吸引を繰り返し、患部の炎症性発痛物質を洗い流す手術方法です。 3-2 関節腔内洗浄療法 こちらも、生理食塩水で患部の炎症性発痛物質を洗い流す治療法です。 上に挙げた治療との違いは、洗い流す方法にあります。 まず、関節腔内に複数本の針を指して、生理食塩水を注入して還流させます。 食塩水を患部に巡らせることで、その部分の炎症性発痛物質を洗い流す治療法です。 3-3 関節鏡手術 内視鏡を使用して手術を行います。 関節に癒着などが見られる場合に利用する治療法です。 内視鏡を関節内に入れ、観察しながら器具を使って癒着部分を剥がします。 その後は、癒着部分の洗浄を行います。 ここまでの手術工程をすべて内視鏡手術だけで行えるため、傷口が小さく術後の回復も早いことがメリットとなります。 3-4 開放性関節手術 炎症などがみられる患部が広い範囲におよぶときに用いる治療法です。 上に挙げた関節鏡手術では対処できない場合に用いる手術方法になります。 メスを用いて患部を切開しますので、切開する範囲は広くなり、内視鏡に比べて術後の回復に時間がかかるという特徴があります。 入院は必要?顎関節症の手術 4-1 数日の入院が必要 一般的に、顎関節症の手術は数日間の入院が必要です。 手術直後は安静が必要という理由もありますが、顎関節部分に負担をかけないように咀嚼のいらない流動食を摂取する必要があることが、大きな理由になります。 自宅では食事の管理なども難しいため、数日間は入院する必要があることを心得ておきましょう。 4-2 長期間のリハビリが必要なケースも 退院したあとは、機能回復のためのリハビリテーションが必要になります。 長いときは1年以上かかる場合もあり、その後も顎関節を健康に保つためには続ける努力も必要です。 手術を行えばそれだけで終わりということではなく、通院期間が必要であることも念頭に入れましょう。 4-3 抗生剤の投与も 手術した患部に炎症や感染症が発生しないように、抗生剤の投与をする場合があります。 きちんと定められた通りに服薬しなければ、細菌感染などで炎症を起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。 手術後の抗生剤は医師の指示通りに服薬する必要があります。 手術したらそれで終わりということはありません。 患部の傷口の状態などが回復してくるまで、気を抜かないことが大切です。 まとめ.

次の