ブラウン 脱毛 器。 【動画・画像】ブラウンの家庭用光脱毛器(美容器)の効果や感想・レビュー【おすすめ】|まなきのなるようにするさ!

ブラウンの脱毛器の口コミは?シルクエピルやシルクエキスパートの効果や商品を紹介

ブラウン 脱毛 器

家庭用脱毛器は、自宅で手軽にできる脱毛方法の1つとして、多くの女性の支持を得ています。 そして、その家庭用脱毛器で人気を二分しているのが、「パナソニック」と「ブラウン」です。 家庭用脱毛器を購入するにあたり、どちらを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか? 今回は、両社の脱毛器の仕組みや効果、メリットとデメリットをもとに、どちらがおすすめかを検証していきます。 【パナソニック】脱毛器の仕組み・効果・メリットとデメリット パナソニックが展開する脱毛器は、「光美容器」と「脱毛器・ソイエ」の2種類があります。 それぞれの仕組みと脱毛効果、メリット・デメリットは次の通りです。 光脱毛器ES-WP81 脱毛サロンと同じ光を使った脱毛が自宅でできるタイプで、ES-WP81は2019年3月下旬に発売の注目の機種です。 2週間に1回のペースでムダ毛を剃った肌に光を照射することで、ムダ毛の自己処理を徐々に減らすことができます。 照射レベルは5段階あり、肌色に合わせた適切なレベルを教えてくれる機能もある優れものです。 この機種ならではのメリットは、次のことが挙げられます。 ・自宅にいながらサロン並みの脱毛ができる ・アタッチメントを変えれば全身の脱毛が可能 ・男性のヒゲ脱毛も可能 ・照射部分が大きいので、スピーディーに脱毛できる ・光による美顔器の機能(アタッチメントが必要)で、キメが整った肌になれる 何よりも自宅でサロン脱毛ができることと、全身をスピーディーに脱毛できるのが魅力でしょう。 男性のヒゲ脱毛もできるので、家族全員で使えるのもメリットといえます。 一方、デメリットといえる点は、次の2つがあります。 ・肌の色が黒い方は使用不可 ・ランプのカートリッジ交換が不要な分、使いきったら買い替える必要がある 肌の色が黒いと光が肌に反応してしまうため、使用不可となっているので注意が必要です。 また、出力レベルによって回数は変わりますが、30万回の照射が可能となっていますので、すぐに故障することないでしょう。 脱毛器・ソイエ 脱毛器のソイエは古くからある脱毛器で、ヘッドにあるツメがムダ毛を挟み、ローラーで抜くタイプの機種です。 ソイエのメリットといえる点は、毛抜きで1本ずつ抜いていたムダ毛処理を、ソイエなら一度で広範囲の脱毛ができることです。 剃らずに抜くので仕上がりの肌がツルツルになる上に、1週間程度はムダ毛のない状態を維持できます。 また、本体価格は光脱毛よりも安い上に、角質除去機能も付いているので、初めての脱毛器として購入するのもいいでしょう。 しかし、ソイエには次のようなデメリットがあります。 ・無理やり毛を抜くので、毛穴に大きな負担がかかる ・抜くときに痛みを感じる ・一時的にムダ毛を抜くだけなので、再び毛が生えてくる ソイエを使うと毛穴に負担がかかり、毛穴が隆起したり、埋没毛(毛が皮膚の下で伸びる症状)が起きたりすることがあります。 光脱毛は毛が生えてこなくなる上に肌に優しいので、どちらを選ぶかをしっかり見極めましょう。 【ブラウン】脱毛器の仕組み・効果・メリットとデメリット ブラウンの家庭用脱毛器は、光脱毛の「シルク・エキスパート」と、ローラーで毛を抜く「シルク・エピル」の2種類です。 シルク・エキスパート 脱毛サロンと同じIPL方式の脱毛が自宅でできることで、売上No. 1を誇るのがシルク・エキスパートです。 サロン並みの脱毛ができる上に、肌の色に合わせて光を自動調節する機能も備わっています。 シルク・エキスパートならではのメリットは、次の点があります。 ・肌の色を問わない ・週に1回のペースで照射ができる ・照射レベルは10段階 ・4種類の照射モードがあり、部位ごとに適した照射が可能 ・光の照射レベルに関係なく、30万回の照射が可能 このように、パナソニックの機種よりも短いペースで照射ができるので、より早く脱毛効果が出るといえます。 照射レベルも10段階あるため、よりサロンに近い脱毛ができるでしょう。 また、カートリッジ交換が不要なのは共通していますが、照射レベルが関係なく30万回の照射ができるのはパナソニックとは異なるメリットといえます。 シルク・エキスパートのデメリットといえる点は、パナソニックとは異なり、美顔機能がないことでしょう。 それだけを除けば、光脱毛器として優秀な機種といえます。 シルク・エピル シルク・エピルは、ソイエと同様の仕組みの脱毛器で、除毛や角質除去などの機能を兼ね備えている機種もあります。 5mmの短いムダ毛もしっかり掴めるため、短い産毛もキレイに抜けるでしょう。 また、押し付けを防止するセンサーも備えているので、より肌に優しく、確実に脱毛できます。 デメリットといえる点は、ソイエと同様に毛穴に負担をかけやすいことです。 痛みは使っていくうちに慣れる方も多いようですが、冷却や保湿などのアフターケアは欠かさないことが大切です。 パナソニックとブラウンはどんな人におすすめ? パナソニックとブラウンの家庭用脱毛器は、次のタイプの人に適しています。 パナソニックが向いている人 ・国内メーカーが好み ・美顔機能を使いたい ・女性のムダ毛処理と、男性のヒゲ脱毛を1台で済ませたい ブラウンが向いている人 ・肌の色が黒いけど脱毛したい ・脱毛効果をより早く実感したい ・強い照射レベルで使ってもカートリッジが長持ちする機種がいい このように、両者の機種の特長を踏まえておくと、脱毛器選びで失敗しないでしょう。 特に、光脱毛タイプは約3~5万円 するため、機能をしっかりと比較して購入することをおすすめします。 まとめ 家庭用脱毛器の2大メーカー、パナソニックとブラウンの違いについて、お分かりいただけましたか? どちらも脱毛する仕組みは同じですが、機能や特長に微妙な差があります。 ローラータイプの脱毛器は1万円前後 と手ごろな値段ですが、光脱毛器は高機能な分、値段が倍以上と安いものではありません。 どちらが自分の使い方に適しているかを見極め、適切な機種を選ぶようにしましょう。

次の

ブラウン脱毛器の効果とは?1ヶ月使って分かったメリットとデメリット

ブラウン 脱毛 器

どちらも有名な脱毛器だね。 ブラウンは世界的に有名だけど、ケノンは日本で圧倒的な支持をされている脱毛器。 スペックを徹底的に比較してみたからこれから詳しく解説していくね。 脱毛器として名高い両者。 「ブラウン」と「ケノン」。 両方とも家庭用脱毛器としては十分なスペックを持っており、どちらを選んだとしても問題なく脱毛することができるわけですが、どちらも値段がかなり高めなので買う際は悩んでしまいますよね。 様々なメディアが脱毛器ランキングで1位にしているのはブラウン。 されど、楽天などの有名なプラットフォームで80万台以上を売り上げて日本での実績を積んでいるのはケノン。 迷いますね。 そこでこの記事では、 脱毛器ブラウンとケノンではどのような違いがあるのか? そして、それぞれにどのような魅力があって、どういう人にどちらがおすすめなのか? 細かい部分まで詳しくまとめてみました。 それでは見ていきましょう。 読みたい場所にジャンプ!• 脱毛器ブラウンvsケノン 脱毛器ブラウンとケノンを徹底的に比較して分かったことを先にサクッと伝えたいと思います。 まず、 スペック面で言うとケノンの方が優秀です。 例えば、 寿命や照射面積、それから連続照射、美顔器としての機能などですね。 ただ、ブラウンにもケノンが持っていない機能が入っており、例えば自動的に肌の色を読み取り照射威力を最適化してくれる機能です。 他にもやさしさモードという痛みを軽減してくれる機能もありますが、これもブラウンだけの機能になります。 しかし、脱毛に重要な部分である、照射回数(寿命)や照射パワー、それから美顔器として使えるかどうかなどの面を比較してみるとケノンのほうがワンランク高い脱毛器なんですね。 だから、ケノンがおすすめですと言いたいところですがそうは言い切れません。 なぜかというと、 値段がかなり違うからですね。 脱毛器ブラウンには色々な種類があるのですが 、旧モデルなら4万2800円程度で購入できます。 さらに、 最新のシルクエキスパートPro5版でも5万9980円程度です。 一方でケノンは6万9800円。 価格にして1万円以上も違ってくるのでここら辺を細かく見ていくと、どういう人にどちらがおすすめなのか? というのが分かりそうですね。 では、ここからさらに深掘りしてスペックの違いをまとめていきたいと思います。 脱毛器ブラウンとケノンを徹底比較 脱毛器ブラウンとケノンのスペックを徹底比較してみた表がこちらになります。 (優れている部分にマーカーを引いています。 しかし、「こういう人にはこっちがおすすめ。 」ということは言えそうです。 まず、 脱毛器ブラウンで髭脱毛をしようとしている男性の方は注意してください。 公式サイトでも書かれているのですが脱毛器ブラウンは主に女性の全身脱毛向けに開発されており、男性でも使うことができるのですが男性の場合は肩から下の脱毛にのみ使えるようです。 もちろん、脱毛器なので髭脱毛できないことはないと思いますが公式サイトで「ご使用可能な部位」が書かれている以上、ブラウンで髭脱毛はしないほうが良いと思います。 上記のことからも髭脱毛をしたい男性であれば、ケノンがおすすめです。 また、シンプルに脱毛器としてのスペックを比較してみた場合、優秀なのはケノンでした。 なので、 価格よりもスペックを重視して脱毛器を選んでいる方にもケノンが良いと思います。 ケノンなら120gと軽量になっている上、カートリッジを交換すれば故障しない限りいくらでも使い続けることができます。 また、ケノンには最初からスーパープレミアムカートリッジと呼ばれる照射回数300万発の驚異的な寿命のカートリッジが付いています。 これだけでも十分すぎるのですが、さらに特典でカートリッジがもらえますので寿命からするとケノンは最高位ですね。 また、 スキンケアカートリッジが必要ですが美顔器としても使うことができ、これによってフォトフェイシャル効果と呼ばれるエステサロン並みの光美容が自宅で再現可能。 脱毛が終わった後でも使えるのが嬉しいですね。 また、照射面積もケノンなら7㎠〜9㎠と大きいので脱毛にかかる時間も相対的に少なくなります。 上記のことからも、値段よりスペックを重視したい方にはケノンがおすすめです。 ブラウンであれば4万2800円(旧モデル)〜5万9980円(最新モデル)で購入することができ、これはケノンの販売価格6万9800円よりもかなりお得ですよね。 また、 ブラウンの場合は照射回数は40万発しかありませんが全身脱毛するには十分すぎるほどの回数です。 男性の場合は460回、女性の場合は300回程度の照射回数で全身脱毛できることを考えるとブラウンだけでも男性なら869回、女性なら1333回も全身脱毛できることになります。 1週間に1回のペースで使用するとしてもこれだけ全身脱毛できれば、ブラウンだけで十分ツルツルに仕上げられますね。 以上のことを踏まえてもブラウンはかなりコスパよく全身脱毛できるアイテムと言えます。 旧モデルなら4万2800円で購入できるので、 お得に脱毛したい方には脱毛器ブラウンがおすすめです。 脱毛器ブラウンがケノンより優れているところ 脱毛器ブラウンはケノンよりも優れている点がコスパ以外にもあります。 それがこちら。 連続照射機能• 自動肌カラー認識による出力の最適化• やさしさモード まず、連続照射機能ですが、これはケノンが3回・6回なのですが 脱毛器ブラウンは10段階に調整可能です。 連続照射機能というのは、腕や脚などの長くて大きいラインを脱毛するときに便利なのですが、連続照射回数が多いほど肌への負担が小さくなり、痛みが軽減される特徴があります。 その分、毛根に光エネルギーを伝えにくくなるので単発照射のほうが脱毛効果は高いのですが全身脱毛をパパッとしたい場合は連続照射のほうがおすすめです。 そして、連続照射回数で優れているのはブラウンというわけですね。 また、 自動肌認識機能がついているのもブラウンだけです。 ブラウンは毎秒80回の自動読み取りによって、肌の色を認識し照射威力を最適化してくれます。 肌色が濃ければ威力を弱め、肌色が薄く透明感が高ければ威力を強めてくれる機能です。 これによって、常に照射パワーを使用者にぴったりな威力に設定してくれるので痛みと脱毛効果のパフォーマンスも上げてくれるわけですね。 最後に、 ケノンについていない機能でやさしさモードというのがブラウンには備わっています。 こちらは、痛みが苦手な方に向けて設計されたモードなのですが、痛みをカットし脱毛の肌ストレスを軽減してくれる機能になります。 もちろん、ケノンでも照射威力を下げれば痛みは軽減できるのですが、ブラウンは3段階でやさしさモードを選ぶことができるので、便利ですね。 全体的に見ればケノンが優れているのですが、 部分ごとに見ればブラウンにも優れている点が多くあります。 迷ったらこっちがおすすめ! ということでここまで脱毛器ブラウンとケノンを比較してきましたが、 最後に迷っている方におすすめのほうを紹介して終わりたいと思います。 脱毛器ブラウンかケノンのどっちかで迷ったら、 ケノンをおすすめします。 もちろん、値段がやや高くなってしまいますが長期的に使えるのはケノンです。 寿命が長いことはもちろん、脱毛が終わった後でも美顔器として使い続けることができるのはケノンなので長い目でみればケノンのほうが使いやすいと思います。 また、 ケノンには脱毛可能な部位の制限がないこともポイントです。 ブラウンの場合は男性の髭脱毛ができません。 (詳しくは公式サイトの使用可能部位をご確認ください。 ) 男性の方にとって、髭をメインに脱毛したい人も多い中でそれは少しキツイですよね。 推奨していないとかであれば、注意しながら脱毛すれば問題ないのですが、使用不可となっていれば少々不安です。 一方で、 ケノンはvioラインや髭を含む全身が脱毛可能です。 ただし、ビキニラインであるvライン以外のデリケートゾーン(iラインとoライン)は脱毛を推奨されていないので注意してください。 上記のことからも、 スペックが優れており、長期的に使い続けることができるケノンをおすすめします。 ケノンを購入する際にはこちらの記事をご覧ください。

次の

ブラウンとパナソニックの脱毛器の効果・使い易さを比較!

ブラウン 脱毛 器

ムダに照射できる回数が減る 家庭用脱毛器は、壊れるまで永遠に使えるものではありません。 どれも「 何回まで使えますよ」と、照射できる回数に限りがあります。 たとえば ブラウンのシルクエキスパートであれば、400,000回の照射が可能です。 この場合、400,000回使い終わったらもう使えません。 家庭用脱毛器によって照射できる回数に違いはありますが、どれも使い切ったらカートリッジを交換するか、本体を新しく買い替える必要があります。 もしも家庭用脱毛器を毎日使ったらどうなるでしょうか。 どんどん残りの照射可能回数が減っていきますよね。 しかも、回数が減るだけで脱毛効果は変わりません。 これって、とてももったいないと思いませんか? 肌の色に合わせた出力に調整する 家庭用脱毛器はメラニン色素(黒色)に反応して効果を発揮するものです。 そのため肌の色が濃い方は、出力を下げないと肌へのダメージが大きくなってしまいます。 逆に肌の色が明るい方は、強めの出力でもお手入れが可能です。 肌の色に適していない強さでお手入れしてしまうと、痛みが強く出たり脱毛効果が思うように出なくなったりします。 出力の調整がうまくいかずに効果が落ちてしまうのは、時間や照射数がもったいないですし、肌トラブルの原因です。 痛みが出ず、なおかつ効果を最大限にする出力に調整する必要があります。 「 でも正直、どれくらいの強さに設定していいのかわからない」 という方がほとんどだと思います。 実際、エステティシャンでも経験を積まないと、なかなか難しいものなんです。 そのような方におすすめなのが ブラウンのシルクエキスパートです。 最適な出力でお手入れができるように、自動で肌色に合わせた出力に調整してくれますよ。 TAGS• ARCHIVES• 2020年• 2019年•

次の