みらい 銀行。 新型コロナウィルス感染症対策支援融資(関西みらい銀行)

関西みらい銀行

みらい 銀行

歴史 [ ] 発足前史 [ ] 関西みらい銀行の上のにあたるりそなホールディングス は、の創造を目標に掲げたリテールバンクとして、事業を行ってきた。 とりわけ、関西地区におけるスーパーリージョナルバンクの構築は、りそな銀行の前身であるの時代より、の設立とやの子会社化などと言った形で行われてきたものであった。 一方で、発足前の2017年当時、及びの親金融機関等であり、日本のメガバンクの1行でもあるやそのであるにあっては、 ()などの国際的な金融規制の対象となっており、その規制強化により、資産の効率化による資本効率の向上が最重要課題となっていたうえ、ゼロ金利政策の継続で利ザヤが縮小しているうえに、人口減少で融資や手数料収入の増加が見込めず今後の先行きが不安視される地方銀行を傘下に抱えることはリスクとなっていた。 こういった問題がある中で、傘下地銀2行を売却し自己資本比率を0. 5%程度引き上げるなど、この課題をクリアすることが求められていた。 更に、持ち合い株式を放出することで、コーポレート・ガバナンスの改善を図るというメリットもあった。 このようななか、三井住友銀行及び三井住友フィナンシャルグループは、からにかけて、に本店を置きを地盤としつつ及びへの進出を模索するに対して、みなと銀行との経営統合を持ちかけるも、固辞されるなどしていた。 また、関西アーバン銀行においても、との経営統合以前にに本店を置くの豊富な預金量を当て込んで経営統合を持ちかけ、統合後の名称を「都ホールディングス」とするところまで合意に至っていたなど、三井住友フィナンシャルグループの意向のみならず、各行においても地銀再編にコミットしようとする動きがあった。 こうした経緯もあり、関西地区でのグループの規模を拡大を求めるりそなホールディングスと傘下地銀の早急な切り離しを目論む三井住友フィナンシャルグループの利害が一致したことから、両行の傘下にあり関西地区に本店を置くりそなホールディングス傘下の及び三井住友フィナンシャルグループ傘下の並びにが経営統合し、を創設すること、そして、同FG傘下の近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併することが決定した。 2017年9月26日、りそなホールディングス及び経営統合予定の3行が経営統合の最終合意に至る。 あわせて各社より、関西みらいフィナンシャルグループ発足後の組織形態等の見通しが示され、2019年4月にに本店を置き、大阪府内で営業エリアが大きく被る近畿大阪銀行と関西アーバン銀行の両行を合併させ、 関西みらい銀行を発足させることが公表された。 2018年4月1日、当行の親金融機関等にあたる関西みらいフィナンシャルグループが設立される。 2018年10月22日、関西みらい銀行の発足に先立ち、両行合併時に重複することを避けるため、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行のそれぞれにおいて、一部支店の店名及び店番の変更を実施。 2018年12月19日、2019年4月の発足を前に、当行の初代代表取締役社長に関西みらいフィナンシャルグループ代表取締役社長の菅哲哉が就任することが報道された。 2019年1月15日、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行がそれぞれ「合併に伴うお知らせ」を公表。 2019年2月26日、関西みらい銀行発足時の新体制が公表される。 2019年3月29日、金融庁より近畿大阪銀行と関西アーバン銀行に対し、第30条第1項の規定に基づき、両行が合併し関西みらい銀行となることについて認可した旨が公表される。 発足当初 [ ] 2019年4月1日、関西みらい銀行が発足し、大阪市中央区の本店で発足式が開催される。 発足と同時に、旧関西アーバン銀行傘下の「関西アーバン銀リース株式会社」を「関西みらいリース株式会社」に、旧近畿大阪銀行傘下の「近畿大阪信用保証株式会社」を「関西みらい保証株式会社」に商号変更したほか 、旧関西アーバン銀行傘下の「株式会社関西クレジット・サービス」が個人ローン部門信用保証業務を関西総合信用株式会社に吸収分割したうえでりそなカード株式会社完全子会社となり、りそなカードに吸収合併された。 勘定系システムの統合 [ ] 旧近畿大阪銀行及び旧関西アーバン銀行の両行の勘定系システムの統合を2019年10月15日に実施した。 これにより、同行のすべての店舗・ATMで、同社(並びにりそな銀行及び埼玉りそな銀行)の通帳の利用及びキャッシュカードを利用した入金が可能になった。 なお、システム統合後は、旧関西アーバン銀行の通帳(もともと関西アーバン銀行だった関西みらい銀行の店舗で発行した通帳を含む)は、合併後、窓口では一切の使用ができなくなり、来店時に窓口での切り替えが必要となる。 店舗の移転統合(ブランチインブランチ実施店舗) [ ] 店名 移転先店名 旧住所 移転日 名古屋中央支店 名古屋支店 名古屋市中区錦2-15-22 2019年11月11日(月) 岸和田支店 岸和田駅前支店 大阪府岸和田市宮本町2-5 2019年11月18日(月) 沿革 [ ]• 2019年(31年・元年)• 04月 01日 - 近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併し、関西みらい銀行が発足。 10月15日 - 旧関西アーバン店舗の勘定系システムのりそな統合システムへの移行(勘定系システムの統合)が完了。 関係会社 [ ] 連結子会社 [ ]• 関西みらいリース株式会社• 関西みらい保証株式会社• 関西総合信用株式会社• びわこ信用保証株式会社• 株式会社びわこビジネスサービス• 幸福カード株式会社 脚註 [ ] [] 註釈 [ ]• 関西みらい銀行の発行済株式のすべてを保有する関西みらいフィナンシャルグループは、自社の発行済株式の過半数をりそなホールディングスに保有されている。 銀行法施行令第四条の二の二及び同第四条の二第2項並びに銀行法施行規則第十四条の七の定義するところにより、銀行法第十三条三の二第2項に基づき、関西みらい銀行はりそなホールディングスの子金融機関等に当たることとされる。 これについて、ロイター通信は、大手銀行傘下の地方銀行が系列の垣根を超えて統合することは珍しいとコメントしている。 なお、に本店を置くみなと銀行については、関西みらい銀行には加わらず「県民銀行」としての経営に徹するとしている。 これについて、りそなホールディングスの幹部の一人は「みなとは形式的には関西みらいに加わるが、勝手にやらせてもらうと言っているようなもの」であるというコメントを月刊FACTAの取材に対して残している• 発足時に取締役社長に就任した菅哲也は「お客様の成功、地域活性化に全力を尽くす覚悟。 『なくてはならない』と思ってもらえる銀行を目指す」「時代の転換期で銀行のあり方そのものが問われている。 関西みらい銀行の存在感しっかり示せるよう、サービスを届けていきたい」等とコメントした。 同日より、関西みらい銀行発足を記念した合併記念定期預金が発売される。 出典 [ ]• 2019年4月に銀行の合併が行われたが、については同年10月15日のシステム統合まで合併前の旧両行のものを使用していた。 - 合併に関するお知らせ|関西みらい銀行 2019年4月10日閲覧. 日本経済新聞 2019年4月1日. 2019年4月3日閲覧。 (e-gov 2018年8月15日公布)• (e-gov 2018年8月15日公布 2018年8月16日施行)2019年2月14日確認• (e-gov 2018年8月15日公布 2018年8月16日施行)2019年2月14日確認• (『経済界』 2014年6月26日配信 2017年2月25日確認)• (投資家向け資料 2000年公表)• ( 2017年10月10日06:30配信) 2017年10月29日閲覧• ( 2017年2月20日14時38分配信 配信日に確認)• (NHK 2017年2月20日15時51分配信) 配信日に確認• 『三井住友・りそなの関西3地銀、来春統合で大筋合意』( 2017年2月25日朝刊5頁)• (産経新聞 2018年12月19日配信)配信日に確認• (日本経済新聞 2018年12月19日配信)配信日に確認• (近畿大阪銀行 2019年1月15日公表)公表日に確認• (関西みらいフィナンシャルグループホームページ)2019年4月2日確認• ( 2019年3月29日公表)公表日に確認• ( 2019年4月1日11:01配信)配信日に閲覧• (関西みらい銀行公式ホームページ) 2019年4月4日閲覧• (2018年12月19日)• (2019年4月1日)•

次の

関西みらいフィナンシャルグループおよびグループ銀行の役員異動について

みらい 銀行

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)傘下の関西アーバン銀行と近畿大阪銀行が1日、合併して「関西みらい銀行」が発足した。 人口減や超低金利で厳しい環境が続く中、事務システムの統合や店舗の統廃合などでコスト削減を進める。 関西みらい銀の店舗は大阪府や滋賀県などを中心に約270。 貸出金は約6兆4千億円で、関西の地銀では最大規模となる。 菅哲哉社長は、大阪市中央区で開いた発足式で「お客様の成功、地域活性化に全力を尽くす覚悟。 『なくてはならない』と思ってもらえる銀行を目指す」と語った。 営業時間は旧近畿大阪の店舗が午後5時まで。 旧関西アーバンの店舗は午後3時までだが、10月以降に午後5時までの店を増やしていくという。 同FGはりそなホールディングスの子会社。 傘下のみなと銀行(神戸市)は独立を維持する。

次の

住宅ローン|関西みらい銀行

みらい 銀行

歴史 [ ] 発足前史 [ ] 関西みらい銀行の上のにあたるりそなホールディングス は、の創造を目標に掲げたリテールバンクとして、事業を行ってきた。 とりわけ、関西地区におけるスーパーリージョナルバンクの構築は、りそな銀行の前身であるの時代より、の設立とやの子会社化などと言った形で行われてきたものであった。 一方で、発足前の2017年当時、及びの親金融機関等であり、日本のメガバンクの1行でもあるやそのであるにあっては、 ()などの国際的な金融規制の対象となっており、その規制強化により、資産の効率化による資本効率の向上が最重要課題となっていたうえ、ゼロ金利政策の継続で利ザヤが縮小しているうえに、人口減少で融資や手数料収入の増加が見込めず今後の先行きが不安視される地方銀行を傘下に抱えることはリスクとなっていた。 こういった問題がある中で、傘下地銀2行を売却し自己資本比率を0. 5%程度引き上げるなど、この課題をクリアすることが求められていた。 更に、持ち合い株式を放出することで、コーポレート・ガバナンスの改善を図るというメリットもあった。 このようななか、三井住友銀行及び三井住友フィナンシャルグループは、からにかけて、に本店を置きを地盤としつつ及びへの進出を模索するに対して、みなと銀行との経営統合を持ちかけるも、固辞されるなどしていた。 また、関西アーバン銀行においても、との経営統合以前にに本店を置くの豊富な預金量を当て込んで経営統合を持ちかけ、統合後の名称を「都ホールディングス」とするところまで合意に至っていたなど、三井住友フィナンシャルグループの意向のみならず、各行においても地銀再編にコミットしようとする動きがあった。 こうした経緯もあり、関西地区でのグループの規模を拡大を求めるりそなホールディングスと傘下地銀の早急な切り離しを目論む三井住友フィナンシャルグループの利害が一致したことから、両行の傘下にあり関西地区に本店を置くりそなホールディングス傘下の及び三井住友フィナンシャルグループ傘下の並びにが経営統合し、を創設すること、そして、同FG傘下の近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併することが決定した。 2017年9月26日、りそなホールディングス及び経営統合予定の3行が経営統合の最終合意に至る。 あわせて各社より、関西みらいフィナンシャルグループ発足後の組織形態等の見通しが示され、2019年4月にに本店を置き、大阪府内で営業エリアが大きく被る近畿大阪銀行と関西アーバン銀行の両行を合併させ、 関西みらい銀行を発足させることが公表された。 2018年4月1日、当行の親金融機関等にあたる関西みらいフィナンシャルグループが設立される。 2018年10月22日、関西みらい銀行の発足に先立ち、両行合併時に重複することを避けるため、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行のそれぞれにおいて、一部支店の店名及び店番の変更を実施。 2018年12月19日、2019年4月の発足を前に、当行の初代代表取締役社長に関西みらいフィナンシャルグループ代表取締役社長の菅哲哉が就任することが報道された。 2019年1月15日、近畿大阪銀行と関西アーバン銀行がそれぞれ「合併に伴うお知らせ」を公表。 2019年2月26日、関西みらい銀行発足時の新体制が公表される。 2019年3月29日、金融庁より近畿大阪銀行と関西アーバン銀行に対し、第30条第1項の規定に基づき、両行が合併し関西みらい銀行となることについて認可した旨が公表される。 発足当初 [ ] 2019年4月1日、関西みらい銀行が発足し、大阪市中央区の本店で発足式が開催される。 発足と同時に、旧関西アーバン銀行傘下の「関西アーバン銀リース株式会社」を「関西みらいリース株式会社」に、旧近畿大阪銀行傘下の「近畿大阪信用保証株式会社」を「関西みらい保証株式会社」に商号変更したほか 、旧関西アーバン銀行傘下の「株式会社関西クレジット・サービス」が個人ローン部門信用保証業務を関西総合信用株式会社に吸収分割したうえでりそなカード株式会社完全子会社となり、りそなカードに吸収合併された。 勘定系システムの統合 [ ] 旧近畿大阪銀行及び旧関西アーバン銀行の両行の勘定系システムの統合を2019年10月15日に実施した。 これにより、同行のすべての店舗・ATMで、同社(並びにりそな銀行及び埼玉りそな銀行)の通帳の利用及びキャッシュカードを利用した入金が可能になった。 なお、システム統合後は、旧関西アーバン銀行の通帳(もともと関西アーバン銀行だった関西みらい銀行の店舗で発行した通帳を含む)は、合併後、窓口では一切の使用ができなくなり、来店時に窓口での切り替えが必要となる。 店舗の移転統合(ブランチインブランチ実施店舗) [ ] 店名 移転先店名 旧住所 移転日 名古屋中央支店 名古屋支店 名古屋市中区錦2-15-22 2019年11月11日(月) 岸和田支店 岸和田駅前支店 大阪府岸和田市宮本町2-5 2019年11月18日(月) 沿革 [ ]• 2019年(31年・元年)• 04月 01日 - 近畿大阪銀行と関西アーバン銀行が合併し、関西みらい銀行が発足。 10月15日 - 旧関西アーバン店舗の勘定系システムのりそな統合システムへの移行(勘定系システムの統合)が完了。 関係会社 [ ] 連結子会社 [ ]• 関西みらいリース株式会社• 関西みらい保証株式会社• 関西総合信用株式会社• びわこ信用保証株式会社• 株式会社びわこビジネスサービス• 幸福カード株式会社 脚註 [ ] [] 註釈 [ ]• 関西みらい銀行の発行済株式のすべてを保有する関西みらいフィナンシャルグループは、自社の発行済株式の過半数をりそなホールディングスに保有されている。 銀行法施行令第四条の二の二及び同第四条の二第2項並びに銀行法施行規則第十四条の七の定義するところにより、銀行法第十三条三の二第2項に基づき、関西みらい銀行はりそなホールディングスの子金融機関等に当たることとされる。 これについて、ロイター通信は、大手銀行傘下の地方銀行が系列の垣根を超えて統合することは珍しいとコメントしている。 なお、に本店を置くみなと銀行については、関西みらい銀行には加わらず「県民銀行」としての経営に徹するとしている。 これについて、りそなホールディングスの幹部の一人は「みなとは形式的には関西みらいに加わるが、勝手にやらせてもらうと言っているようなもの」であるというコメントを月刊FACTAの取材に対して残している• 発足時に取締役社長に就任した菅哲也は「お客様の成功、地域活性化に全力を尽くす覚悟。 『なくてはならない』と思ってもらえる銀行を目指す」「時代の転換期で銀行のあり方そのものが問われている。 関西みらい銀行の存在感しっかり示せるよう、サービスを届けていきたい」等とコメントした。 同日より、関西みらい銀行発足を記念した合併記念定期預金が発売される。 出典 [ ]• 2019年4月に銀行の合併が行われたが、については同年10月15日のシステム統合まで合併前の旧両行のものを使用していた。 - 合併に関するお知らせ|関西みらい銀行 2019年4月10日閲覧. 日本経済新聞 2019年4月1日. 2019年4月3日閲覧。 (e-gov 2018年8月15日公布)• (e-gov 2018年8月15日公布 2018年8月16日施行)2019年2月14日確認• (e-gov 2018年8月15日公布 2018年8月16日施行)2019年2月14日確認• (『経済界』 2014年6月26日配信 2017年2月25日確認)• (投資家向け資料 2000年公表)• ( 2017年10月10日06:30配信) 2017年10月29日閲覧• ( 2017年2月20日14時38分配信 配信日に確認)• (NHK 2017年2月20日15時51分配信) 配信日に確認• 『三井住友・りそなの関西3地銀、来春統合で大筋合意』( 2017年2月25日朝刊5頁)• (産経新聞 2018年12月19日配信)配信日に確認• (日本経済新聞 2018年12月19日配信)配信日に確認• (近畿大阪銀行 2019年1月15日公表)公表日に確認• (関西みらいフィナンシャルグループホームページ)2019年4月2日確認• ( 2019年3月29日公表)公表日に確認• ( 2019年4月1日11:01配信)配信日に閲覧• (関西みらい銀行公式ホームページ) 2019年4月4日閲覧• (2018年12月19日)• (2019年4月1日)•

次の