候補を。 香港議会選スタート 国安法で立候補禁じる動きに懸念:朝日新聞デジタル

令和3年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞候補者の推薦について:文部科学省

候補を

石原燃 1972年生まれ。 武蔵野美術大学卒。 2009年より劇作家として活動。 10年「フォルモサ!」で劇団大阪創立40周年の戯曲賞にて大賞を受賞。 11年、短編「はっさく」が「テアトロ」10月号に掲載、その抜粋版がNYの演劇人が立ち上げたチャリティー企画「震災 Shinsai:Theaters for Japan」で取り上げられ、12年3月11日に全米で上演される。 本作が小説デビュー作となる。 〈作品〉「はるか」2010年せりふの時代Vol. 「はっさく」11年テアトロ10月号=12年「震災 Shinsai:Theaters for Japan」にて全米上演。 「人の香り」12年『優秀新人戯曲集2013』所収=第18回劇作家協会新人戯曲賞最終候補。 「父を葬る」13年テアトロ4月号=第24回テアトロ新人戯曲賞佳作受賞。 「沈黙」14年テアトロ11月号=第22回OMS戯曲賞最終候補。 「白い花を隠す」17年テアトロ5月号。 岡本学 1972年生まれ。 早稲田大学教育学部理学科数学専修卒。 早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。 博士(国際情報通信学)。 日本電信電話株式会社勤務、神奈川工科大学情報学部准教授を経て、2017年より教授。 12年、「架空列車」で第55回群像新人文学賞を受賞。 同年、本作品を収録した『架空列車』でデビュー。 〈作品〉「架空列車」2012年群像6月号、単行本は同年講談社刊。 「再起動」16年群像11月号、単行本は17年講談社刊。 「俺の部屋からは野球場が見える」18年群像4月号。 高山羽根子 受賞 1975年生まれ。 多摩美術大学美術学部絵画学科卒。 2010年「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出される。 同年、同作を収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。 16年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。 〈作品〉『うどん キツネつきの』2014年東京創元社刊=第36回日本SF大賞最終候補。 「太陽の側の島」16年婦人公論4月12日号。 「オブジェクタム」18年小説トリッパー春季号、単行本は18年朝日新聞出版刊(「太陽の側の島」併録)=第39回日本SF大賞最終候補。 「居た場所」18年文藝冬季号=第160回芥川賞候補、単行本は19年河出書房新社刊。 「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」19年すばる5月号=第161回芥川賞候補、単行本は19年集英社刊。 「如何様」19年小説トリッパー夏季号、単行本は19年朝日新聞出版刊=第41回野間文芸新人賞候補。 遠野遥 受賞 1991年生まれ。 慶應義塾大学法学部卒。 2019年「改良」で第56回文藝賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「改良」2019年文藝冬季号、単行本は同年河出書房新社刊。 三木三奈 1991年生まれ。 2020年「アキちゃん」で第125回文學界新人賞を受賞しデビュー。 〈作品〉「アキちゃん」2020年文學界5月号。

次の

【日本代表候補メンバー】フットサル日本代表がW杯予選に向けて再始動!茨城県でトレーニングキャンプを開催。

候補を

9月6日投票の香港立法会(議会、定数70)選挙の候補者の受け付けが18日、始まった。 中国政府による統制が強まるなか、民主派からは中国との対決姿勢を前面に打ち出す多数の候補者が立候補する見通し。 香港国家安全維持法(国安法)違反を理由に選挙管理当局が立候補を禁じるとの見方もあり、国際社会が動向を注視している。 「香港の人権や自由が守られるかどうかが問われる重要な選挙だ」。 立候補した民主派の現職、葉建源氏は同日、第一声で訴えた。 国安法の施行を受け、一部の民主派候補には萎縮や困惑の声が広がる。 ある候補者は「条文の定義があいまいなため、どんなスローガンや公約が違法になるのかわからない」と漏らす。 民主派は7月11、12日、予備選挙を実施。 約61万人の市民が参加して候補者を選出した。 7月末の締め切りまでに、昨年来の抗議活動に積極的に参加したメンバーや、中国・香港両政府との徹底抗戦を唱え、自らを「抗争派」と称する若者ら急進的な候補者が届け出る見込みだ。 民主派は五つの選挙区からなる….

次の

印西市長候補・ゆづか姫は〝現役メイド〟だった!(東スポWeb)

候補を

(CNN) 米大統領選の民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領による副大統領候補選びで、4人が有力候補に浮上していることが27日までに分かった。 事情に詳しい関係者が明らかにした。 現在の選考には人種差別をめぐる国内の議論の高まりが大きく影響しているという。 候補選びは極秘に行われており、大半の陣営関係者や献金者に加え、長年の友人にも詳細は知らされていない。 ただ、選考過程に詳しい十数人はCNNの取材に対し、カマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)、バル・デミングス下院議員(フロリダ州選出)、アトランタのケイシャ・ランス・ボトムズ市長の4人が有力との見方を示している。 バイデン陣営とつながりの深い下院民主党幹部、ジム・クライバーン議員は、「人種問題が前面に出たことで、候補者選びに大きな影響を与えている」との見方を示した。 選考にかかわる関係者によると、各候補者に割り当てられた弁護士のチームは現在、身辺調査の最終段階に近づいているという。 選考委員会のメンバーは既に複数の候補者と面接を行ったが、バイデン氏自身が最終候補との面接に臨むのは7月中旬から下旬になる見通し。 発表は8月上旬とみられている。 ただ、選考状況は流動的で、開始時点から大きく変化してきた。 情報筋は審査が佳境を迎えるなかで再び情勢が変化する可能性もあるとして、慎重な姿勢を示している。 初期段階の有力候補に問題が生じた場合に備え、バイデン氏に複数の選択肢を用意することが目標となる。 スーザン・ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)やカレン・バス下院議員(カリフォルニア州選出)についても審査が進められているという。

次の