楽天 基地 局 エリア。 楽天モバイルの楽天回線で新潟県はエリア外?口コミやエリア拡大の予定と速度についても

楽天モバイルが「白転モバイル」になってしまった理由

楽天 基地 局 エリア

楽天モバイルの基地局数の最新情報です。 総務省の公開情報です。 10月は劇的に基地局数が増加したのに対して、11月・12月からは増加ペースが落ち着いています。 前回説明されていた通り、12月末までに「3000局」を達成できるかどうか注目です。 ちなみに、物理的に基地局の設置が完了した地域が即座にこの総務省の公開情報に反映されるわけではありません。 東京23区、大阪市、名古屋市以外でも、楽天モバイルの基地局の設置が多数確認されていますが、それらはいくつかの手順を踏んだ後に公開情報に反映されます。 来月下旬あたりからの反映情報が楽しみです。 5MHz、40W ・ 20M0X7W、1835MHz、160W 首都圏は先月の1472局から1776局まで増えています。 東京都だけで1471局というのは圧倒的ですが、埼玉県、千葉県、神奈川県でも100を超えてきており順調に増加しています。 続いて、東名阪で最も評判の良い愛知県名古屋市の基地局数です。 すべての区で基地局が二桁となっています。 前回の318から384にまで増加しています。 続いて関西です。 一見すると数が減っていますが、包括免許からスライドしているだけです。 関西圏では、大阪を中心に以下の基地局数にプラスして324の基地局があります。 ちなみに、東京都港区は「 監視所」であり、横浜市戸塚区が「 制御所」であることから、同数の基地局がカウントされています。 大阪市と東大阪市を中心に、京都市(4局)と神戸市(4局)を確認することができます。 ということで、 楽天モバイルの基地局数は2500前後となりました。 無料サポータープログラムのみなさんのおかげで、電波状況の悪いエリアが改善されていっているだけでなく、多くの技術的な問題が解決していっています。

次の

楽天モバイル「2980円」の標的 サポータープログラムを使ってきた筆者が読み解く: J

楽天 基地 局 エリア

この記事では、楽天モバイルの楽天回線エリアに新潟県が含まれているのかについてや口コミ などをまとめていきます! 2020年3月3日に、楽天モバイルが4月8日からモバイルキャリアとしての本格的なサービスを開始すると発表がありましたね。 それを聞いて新潟県にお住まいの方の中にも、楽天モバイルに興味を持った方もいるのではないでしょうか。 そのサービスの料金プランは「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」の1つだけで、楽天モバイルエリアでの高速データ通信は無制限に利用でき月額料金が税別2,980円! しかも300万人については契約してからの1年間は1人あたり1回線限定で無料だというのです! スマホが使い放題で値段も安くて、さらに1年間無料になるなら使ってみたいと思いますよね。 そこで気になるのが、 新潟県が楽天モバイルの楽天回線エリアに入っているのかどうかということですので調べてみました。 1人様1回線1度のみ• 製品代、事務手数料(同額相当ポイント還元)、オプション料、通話料等は別料金発生• 先行申込は新規のみ対象 個人的にはテザリングを使用しても、楽天モバイルのエリア内であれば料金は定額で使い放題というのには驚きました! これなら楽天モバイルのエリア内で使用する場合にはモバイルWi-Fiは不要になり、すごく節約できるという方もいるのではないでしょうか。 ただこのサービスには楽天回線エリア内に限定して受けられるものがあり、 新潟県のような地方に住む方が特に注意しなければいけないのが、その地域が楽天モバイルの楽天回線エリア内かエリア外かということです。 楽天モバイルの 楽天回線エリア内で使用するからこそメリットが多くなりますので、新潟県が楽天モバイルのエリア内かエリア外かということはとても重要となってくるように思います。 楽天モバイルの楽天回線エリア内・エリア外の違いとは? 2020年3月5日時点での新潟県の楽天モバイルの楽天回線エリアとなります。 申込みの際は公式サイトを必ずご確認ください。 【新潟県内の楽天モバイル楽天回線エリア該当地域】 なし 【新潟県内の楽天モバイル楽天回線エリア外地域】 新潟市、長岡市、三条市、柏崎市、新発田市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、村上市、燕市、糸魚川市、妙高市、五泉市、上越市、阿賀野市、佐渡市、魚沼市、南魚沼市、胎内市、聖籠町、弥彦村、田上町、阿賀町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村、関川村、粟島浦村 残念ながら、 今のところ新潟県では新潟市を始めとしたすべての市町村が楽天モバイルの楽天回線エリア外となっています。 新潟県が楽天モバイルのエリア外の場合どうなる? 新潟県が楽天モバイルの楽天回線エリア外だとしても、 パートナーエリアに該当している地域であればRakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)を使用することはできます。 ただ、楽天回線エリア外の場合には月に使用できるデータ容量は2GBまでで容量追加には1GB500円の料金が発生してしまいますので、スタート時からデータ無制限の恩恵を受けることができなくなってしまうのです。 それでも、300万名の対象者になれれば楽天モバイルを1年間は無料で使えるわけなので、約4万円が節約できるとあれば申込みを検討してみても良いかもしれません。 新潟県での楽天モバイルの口コミ・反応 Twitterから新潟県での楽天モバイルの口コミや反応を見てみました。 やはり、 楽天モバイルは楽天回線エリア内だからこそ申込む意味があると感じている方が多いようです。 新潟県での楽天モバイルの通信速度の評価は? ここでは 楽天モバイルの現時点での通信速度について、ユーザーの評価を み ていきます。 現在楽天モバイルを新潟県で使用している場合には、楽天回線エリア外のためドコモ回線かau回線を利用して通信を行います。 ドコモ回線とau回線のどちらを利用するかはユーザーが選ぶことができるようですが、調べたところ新潟県では多くの方が現在ドコモ回線を利用しているようです。 楽天モバイル新潟県ユーザーの通信速度を表にまとめてみました。 新潟県の楽天モバイル 格安SIM の通信速度 日付 2020. 21 2020. 20 2019. 29 2019. 23 2019. 5 2019. 26 2019. 26 2019. 16 2019. 16 2019. 21 2019. 11 2019. 14 平均 最小値 最大値 時間 基本情報 13:40 16:29 13:48 15:28 21:55 18:37 18:36 13:13 13:00 12:55 8:09 20:31 地域名 新潟県 新潟市西区 新潟市西区 新潟市中央区 新潟県中央区 上越市 新潟市東区 新潟市東区 上越市 上越市 長岡市 新潟市西区 新潟市西蒲区 回線タイプ 格安SIM 通信キャリア名 NTTドコモ 端末の種類 スマートフォン OS名 ios ios android ios ios ios ios ios ios ios ios ios ブラウザ WebKit WebKit Chrome Mobile Safari WebKit Mobile Safari Mobile Safari WebKit WebKit WebKit WebKit WebKit Ping値 ms 63. 43 55. 76 52. 64 64. 00 122. 66 59. 00 58. 00 61. 57 62. 90 73. 86 61. 40 60. 05 66. 27 52. 64 122. 66 下り速度 Mbps 5. 08 2. 47 5. 20 2. 60 1. 38 2. 62 0. 27 1. 13 1. 72 1. 37 2. 52 1. 04 2. 28 0. 27 5. 20 上り速度 Mbps 4. 29 10. 20 13. 54 10. 77 2. 81 12. 98 0. 30 0. 71 0. 61 0. 61 6. 21 0. 63 5. 31 0. 30 13. わかりやすくするために上の表からそれぞれの平均値、最小値、最大値を抜き出してみます。 【新潟県】 楽天モバイル通信速度 平均値 最小値 最大値 Ping値 ms 応答速度 66. 27 52. 64 122. 28 0. 27 5. 31 0. 30 13. 54 Ping ピン 値 ms は、数値が小さければ小さいほど快適な通信であるといえ、快適に利用できる目安は50ms未満といわれているようです。 Ping値が高いと通信速度が遅くなるので、オンラインゲームなどではタイムラグが発生して快適にプレイすることができません。 Ping値の最小値だけをみると不便はないのではないかと思いますが、平均値が目安となる50msを上回っていますので、多少遅いなと感じてしまうかもしれませんね。 メールの受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴をするうえで重要な下り速度bps(ビーピーエス)ですが、こちらは値が大きければ大きいほど通信速度が速いといえます。 下り速度の平均値をみるとWebサイトの閲覧であれば快適に利用できると い えそうですが、動画の視聴には5Mbps以上あった方が快適に視聴できることから最大値でも5. 2Mbpsとなっていますので少し遅いなと感じてしまうのではないかと考えられますね。 上り速度はLINEやインスタグラムに写真や動画を投稿する時などのアップロード速度をいい、快適に利用できる目安は10Mbps位のようです。 上り速度の平均値が快適に利用できる目安の半分程度なので、少しアップロードには時間がかかるように感じてしまうかもしれません。 楽天モバイルの楽天回線エリアに新潟県が入る予定はある? 新潟県が楽天モバイルのエリアに入る可能性は今後十分あると考えられます。 それは楽天モバイルが2021年3月までに楽天回線エリアを全国に拡大すると予定していいるからです。 ただ、楽天モバイルが2020年3月末までに屋外LTE(4G)の基地局を約4,400局まで拡大する予定でいること以外は、具体的にどこのエリアをどのくらい拡大していくかは示していないようですね。 そういったことから、 実際に新潟県が楽天モバイルのエリアに入るのはいつなのかということを予想するのは現時点では難しいと思います。 ただ、Twitterにこのような情報がありました。 楽天モバイル基地局 信越総合通信局管内 新潟県新潟市北区 2局 新潟県新潟市東区 1局 — とろくま コマさんPlus trokuma 調べてみるとこちらは総務省電波利用ホームページのしてある内容でした。 これによると新潟県新潟市北区に2局、新潟市東区に1局は開局することとなっているようですので、 新潟県で 近い未来 に楽天モバイルの楽天回線エリアに入るのは新潟市ではないかと考えられますね。 まとめ 魅力の多い楽天モバイルのサービスRakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)は、今現在の新潟県のように楽天モバイルの楽天回線エリアに入っていなくてもパートナーエリアにさえ入っていれば、申込みを検討してみる価値はあるように感じました。 1年間の料金が無料になるのであれば、たとえ2GBの制限付きで使用していて1GB追加することになっても、500円しか料金が発生しないと思えば結構お得なのではないかなと思います。 1年間無料で使っている間に自分の住んでいるエリアが、楽天モバイルの楽天回線エリアに入ればさらにラッキーです! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!.

次の

楽天モバイルエリアの実体験、楽天回線エリア内なのに自社回線が繋がらない?確認方法と対処法、パートナーエリアの違い(楽天モバイル体験談)

楽天 基地 局 エリア

「データ無制限」「電話かけ放題」を掲げる 20年3月3日に行われた正式プラン発表会では、楽天の三木谷浩史会長兼社長みずから、自社回線の正式プランを発表した。 名称は「Rakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)」。 わかりやすい1種のみを用意し、別プランは「将来的にも出す予定はありません」(三木谷氏)と明言した。 今回発表された正式プランでは、自社回線エリア内のデータ通信が使い放題となる。 ただ楽天モバイルは現在、自社エリア拡大を進めているが、多くの地域でKDDI回線をローミング(提携会社の回線を利用できること)している。 ローミングエリアの場合には、月々2GBが通信上限(超過後は128kbps、高速通信分の追加は1GB500円)となるため、スタート時から「データ無制限」の恩恵を得られるのは、東名阪のユーザーが中心になってくるだろう。 海外でも66の国と地域で、毎月2GBのデータ通信ができるという(SMSは無料)。 また、電話やSMSをまとめた新サービス「楽天Link」を利用すると、国内通話も無制限で「かけ放題」になる。 そして最大の目玉は、300万人を対象に「1年間無料」とすることだ。 では、本当のところ、実用に耐えるのだろうか。 基地局&通信衛星で「つながらない」をカバー 楽天モバイルでは19年10月から、自社回線の「無料サポータープログラム」を行っている。 居住エリア(東京23区、名古屋市、大阪市、神戸市)と年齢(18歳以上)をしぼって参加者を募り、通話とデータ通信が期間中無料になるもので、募集は1次(5000人)、2次(2万人)に分けて行われた。 サポータープログラムは、当初20年3月末までの予定だったが、正式プラン開始までに延長されている。 筆者はプログラムを利用し、この1か月ちょっと、東京23区の自社回線エリア内で毎日使用してきた。 当初の「つながりにくそう」とのイメージよりは快適に使えているが、電車内ではデータが「詰まる」感覚が多々あるし、音声通話がしづらい場面もあった。 少し厳しい言い方をすれば、まだまだ発展の余地がある。 楽天モバイルは、20年3月末までに、3432の基地局設置を目指している。 3月3日の会見では、すでに2月時点で3490局を達成したとし、来年3月までの目標8600局も大幅に前倒しする予定だとした。 また、あわせて資本業務提携を発表した米AST社による通信衛星ネットワークを通して、エリア空白地をなくす方針も示している。 ただ、エリアが確保できても、回線が安定しなければ意味がない。 「1年無料」となる300万人は、単純計算でサポータープログラムの100倍以上となる。 ユーザーが増えて、負荷がかかった際に、現状の速度や通信環境を保てるか。 ツイッター上では、無料期間は「実質サポータープログラムの1年延長ではないか」と見る向きもある。 各社の料金プランと比較すると... 約3000円でデータ無制限、しかも初年無料。 利用者にインパクトを与えた「Rakuten UN-LIMIT」に、他社はどう対応するのだろうか。 三大キャリアと呼ばれるNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、いずれも大容量もしくは無制限プランを7000円前後に設定している。 一見すると「半額以下」になるが、過疎地でもつながる傾向にある3社と比べると、エリア面では劣る。 MVNO(他社回線を借りた通信事業)による「格安SIM」とも比較してみよう。 たとえば通話ありで3000円前後のプランを見てみると、LINEモバイル(12GB)が3200円、mineo(10GB)が3130~3570円、IIJmio(12GB)が3260円といった価格設定がされている。 楽天基地局が乏しく、ローミング前提の地方であれば、当面こっちを選んだ方がよさそうだ。 価格設定で言えば、「サブブランド」と呼ばれる、大手キャリア系列のサービスに近い。 ソフトバンクが運営するワイモバイル(3GB)が2680円、KDDI傘下によるUQモバイルが(9GB)が2980円。 どちらも格安SIMよりデータ容量は減るが、代わりに通信速度の安定さには定評がある。 ここのユーザー層をいかに切り崩せるか。 ひとまずの評価軸は、そこにありそうだ。 (J-CASTニュース編集部 城戸譲).

次の