あぐら を かく と 膝 が 痛い。 あぐらできない原因とは|「あぐらだと痛い」を解消する2つの簡単ヨガポーズ

膝痛の方は必見!あぐらをかいた時に膝痛になる原因や対策を紹介

あぐら を かく と 膝 が 痛い

最近、 あぐらがかけない方が増えているようです。 よく長い時間正座をしたあと、「足がしびれて」急に立ち上がれなくなることはありますが、あぐらを長い時間かいたあと、「腰が痛くて」立ち上がれないというケースも多いようです。 日本の住環境も、昔の畳中心のスタイルから椅子やソファーに座るような西洋スタイルへと変わり、 家のなかに畳の部屋いわゆる「和室」が少なくなってきたということも、あぐらがかけないことの一因になっているかもしれません。 とはいえ 「あぐらがかけない」ままでは、畳のお座敷の「会食」や冠婚葬祭など、長くあぐらをかいて座っていなければならない時にとても不便です。 女性の場合、人前で「あぐらをかく」ことは多くないかもしれませんが、それでも流行りのヨガでは「あぐら」は基本のポーズ。 「あぐらがかけない」ままでは、これからヨガにチャレンジすること自体、ムズカシイものになってしまいかねません。 今回は、 あぐらがかけない原因や、対策として股関節の筋肉を伸ばす簡単なストレッチなどを、わかりやすく見ていきましょう。 あぐらがかけない原因とは? あぐらがかけない原因としては、 ・ 股関節でつながる「骨」の変形 ・股関節周辺の「筋肉」の硬さ これら、2つに起因するものが代表的です。 股関節とは、お尻の骨「骨盤」と太ももの骨「大腿骨」が繋がっている部分で、それぞれの骨に変形などが生じていると、股関節を大きく開くような姿勢となる「あぐら」は、股関節に痛みが出ることがあるのです。 「あぐらがかけない」代表的なもう1つの原因は、股関節周辺の「筋肉」の柔軟性が低下するなどして可動域が狭くなる「拘縮(こうしゅく)」によって、股関節を思うように開くことができずに「あぐらがかけない」状態になるものです。 あぐらがかけけない色々な原因! あぐらがかけない原因を深掘りすると、真の原因となりえる色々なものが見えてきます。 ・カラダに掛る荷重のバランスの片寄り ・慢性的な腰痛 ・肥満による体重増加で股関節への負荷が大きい ・スポーツで股関節を痛めた経験がある ・出産や妊娠中の骨盤が広がり これらが見えない「真の原因」となって、 骨盤や大腿骨の変形や股関節周辺の筋肉が柔軟性を低下することに繋がり、それが「あぐらがかけない」原因となってしまうのです。 サッカーをはじめスポーツ界では、股関節を痛めることでリタイヤに追い込まれる事例を多々見掛けます。 現役時代、イタリアを中心に欧州サッカーで活躍し、2006年にドイツW杯を最後に若くして引退した中田英寿選手が「グロインペイン症候群」という股関節の内側(鼠径部)の筋肉を傷めていたことは有名です。 現在も現役を続けている中村俊輔選手や日本代表キャプテンの長谷部誠選手も、股関節の痛みを抱えながらプレーしていると聞きます。 特に股関節の内側の筋肉 「内転筋」を痛めると、股関節を開くだけで痛むのですから、 あぐらをかくのは辛いものであったでしょう…。 あぐらがかけない!まずは「股関節の可動域」をチェックから! 「あぐらがかけない」悩みの代表的な原因となるのが、股関節の骨盤や大腿骨の変形や、股関節周辺の筋肉の問題ですが、それぞれ動かすことができる範囲 「可動域」を広げることが「あぐら」をかけるようになることへの近道になります。 まずは、自分の「股関節の可動域」の状態をチェックすることから始めましょう!。 股関節の可動域のチェック方法 1.背中を伸ばすように床に座り、足の裏側どうしがピタリとつくように膝を曲げます。 2.1を痛みなくできた方は、そのまま両膝を床につくように手で押していきます。 両足の股関節が痛むこともありますが、左右・内側・外側、どこかに痛みがある場合はその部分に、筋肉の柔軟性が低下していたり、骨盤・大腿骨の変形など可動域を制限してているしまう原因があると考えられます。 スポンサーリンク あぐらがかけない! 対策は股関節の筋肉を伸ばすストレッチ! 「あぐらがかけない!」ということは、つまり股関節の可動域が狭くなっているということです。 股関節周辺の筋肉を伸ばす「ストレッチ」が効果的です。 ストレッチで大事なことは、「無理をしない」ということ。 次に、股関節の内側・外側・後ろ側の筋肉を伸ばすストレッチを紹介しますが、大事なことは焦って無理をしないこと。 焦って強く伸ばしてしまうと、逆に筋肉を傷めてしまって股関節が固くなってしまうことに繋がります。 股関節の内側の筋肉を伸ばすストレッチ 1. 背中を伸ばして床に座り、両足の裏側がピタリとつくように膝を曲げます。 そのまま踵を体に引きつけます。 (両手を使って出来るだけ体へ近づけます) 3. そのまま上半身をゆっくり前へ倒していきます。 股関節の内側の筋肉が固いと、痛みから逃げるように膝が上へと上がってきますので、両肘で膝を下へ押さえるようにしましょう。 この姿勢をゆっくり30秒ほど続けることを数回繰り返すことで、股関節の動きがよくなり「可動域」が広がっていきます。 股関節の外側の筋肉を伸ばすストレッチ 1. 右膝を左へ捻るように倒します。 左膝も押されるように床につく形で捻っていきます。 (右の股関節の外側の筋肉が伸びていることを実感してください) 3. そのまま左の足首あたりを使って、右膝を床へ押しつけるようにしてさらに右の股関節の外側の筋肉を伸ばします。 股関節の外側の筋肉が、伸ばされていることを実感できているかがポイントです。 この姿勢を30秒ほど続け、逆の左足の股関節の外側も同じように伸ばしていきます。 股関節の後ろ側の筋肉を伸ばすストレッチ 1. 曲げた右膝を左足を通り越すように捻り、床へ向かって倒していきます。 右の股関節の後ろ側を伸ばすことを意識して、左手で右膝を床へ押しつけるようにします。 上半身は傾くことなく上を向いた姿勢をキープしましょう。 下半身だけが捻られているのが理想的な姿勢です。 まさに、下半身と上半身が逆方向へ捻られるストレッチ。 けっこう厳しいかもしれませんが、30秒くらいキープしましょう。 この下半身と上半身とが捻られることで、股関節の後ろ側の筋肉が伸ばされていきます。 まとめ 今回は あぐらがかけない原因や、効果的な対策として 股関節の筋肉を伸ばす簡単なストレッチなどを紹介してみました。 「あぐらをかけない」といっても、そもそもあぐらをかくこと自体できない方から、長くあぐらをかいていると腰が痛くなってしまう方まで、様々な悩みがあるようです。 あぐらがかけない原因としては、 股関節の「骨盤や大腿骨の変形」や 「筋肉の柔軟性の低下」があげられます。 とくに骨盤周辺の筋肉の柔軟性の低下が原因で、軽い症状のものであれば、今回紹介した股関節の筋肉を伸ばすストレッチを繰り返すことで、「あぐらをかける」「あぐらをかいていても腰が痛くならない」ことへ、徐々に改善されていくことが期待されます。 ストレッチは、継続することが第一。 焦って無理をすると、かえって筋肉を傷める原因にもなりえるので、気持ちを抑え少しづつ繰り返していくことが大切です。 股関節を形成する骨盤や大腿骨に異常がある場合には、ストレッチだけでは改善されない場合もあります。 あぐらをかくことで痛みが続く場合には、整形外科や整骨院など医療機関で受診されることも必要かと思います。

次の

あぐらが原因の膝の外側上と太もも下の痛み 治し方はどんな治療方法が効果的なの??

あぐら を かく と 膝 が 痛い

「靭帯 じんたい 」 「腱 けん 」 という組織もたくさん存在します。 腱 けん とは 腱 けん とは、筋肉と骨とを結びつけている白い繊維性の丈夫な組織。 ピーンと張った部分が目につく 「アキレス腱」などは分かりやすい部位ですが、膝や腕の関節にもあります。 腱と筋肉は何が違うの? 腱 =スジ は筋肉と骨のつなぎ目にあるもので、 伸縮性はほとんどありません。 これに対し、 筋肉は関節を動かすために伸び縮みをよくします。 靭帯 じんたい とは 靭帯というのもよく聞かれますね。 靱帯とは骨と骨をつなげる組織で、腱と同様に固くて伸縮性はありません。 陸上競技の長距離選手• ランニング だけでなく、日常生活では• 自転車に乗りすぎの人• 登山者 にも多く見られます。 膝の使いすぎ・曲げ伸ばしの繰り返し、 膝の変形 O脚X脚 などによる膝の負担の蓄積で、 腸脛靭帯が大腿骨との摩擦で部分的に炎症を起こします。 腸脛靭帯炎の痛み・症状 ・膝の外側の 骨を押すと痛いと感じる ・走っている時、走り終えた時も痛みを感じる 膝の外側の痛み -関節トラブルや病気 — 膝の痛みになる原因は、スポーツで腱や靱帯を痛めるだけではありません。 膝関節の骨に異常がある• 膝の変形 O脚X脚• 体のゆがみ• 加齢 なども大きくかかわってきます。 1 変形性膝関節症 中高年のひざの痛みの代表格といえば 「関節リウマチ」 のことを意味しています。 関節リウマチの原因 関節リウマチは、本来は体を守る『免疫機能』が異常になることで、関節部分を攻撃してしまう病気とされていて、適切な治療をしないと最終的には• 手足の変形• 骨や軟骨が壊れることで関節が動かせなくなる など非常に怖い病気です。 関節リウマチの痛み・症状 関節リウマチの場合は、• 関節全体のこわばり• 膝を曲げると痛い などがあります。 進行するにつれて痛みは強くなり、膝に水がたまったりもします。 「」で詳しくご覧いただけます。 膝の痛み・子供に特有な症状は 子供の場合は、急激に骨が軟骨から成長する時期です。 スポーツなどで良く体を動かす時期と重なるため、子供特有の膝周辺の痛みの症状も多いようです。 有痛性分裂膝蓋骨 ゆうつうせいぶんれつしつがいこつ サッカーなどの運動中・運動後に膝のお皿(膝蓋骨)のやや外側上方がジンジンと痛む障害。 成長期(10~17歳)の男性に多い。 オスグッド病 膝のお皿の下あたりの 「脛骨結節 けいこつけっせつ 」 という骨が徐々に突出してきて痛みを伴います。 時には赤く腫れて熱を持ったりすることも。 骨軟骨骨折 ほねなんこつこっせつ• 滑膜骨軟骨腫 かつまくこつなんこつしゅしょう• スポーツによる関節の酷使や事故による衝撃 などさまざま。 膝の足関節ほか、肘や股関節にも発生します。 膝蓋骨不安定症 しつがいこつふあんしょう 「膝蓋骨 しつがいこつ 」とは俗に 「ひざのお皿」 と言われる骨。 スポーツや加齢などで、靭帯が緩んだり、膝蓋骨がずれたりすることで、 不安定さを感じたり膝のお皿が外れたりする感覚がある症状です。 膝蓋大腿関節症 しつがいだいたいかんせつしょう 加齢などにより骨が変形し、膝のお皿がズレているような感覚になります。 お皿の上部に痛みが生じて腫れも感じます。 膝の屈伸運動でゴリゴリ音がすることも。 テーピング• ツボをおす• 冷やす・温める• 湿布を貼る• サポーターをする• ストレッチをする• マッサージをする• お灸をする• 痛み止めの薬を飲む• 電気治療をする などで一時的に緩和されたとしても、 間違った方法で対処してしまっては、症状を悪化させてしまう恐れもあります。 医療機関では• アイシング 冷やす 方法• ギプスやサポーターなどで膝の固定• リハビリ指導 など、それぞれの症状に適した最短の対処法で、痛みの改善が期待できます。 まとめ 膝の外側の痛みだけでもこれだけの症状が考えられ、もちろんこれが全てではありません。 一つの症状だけでなく、沢山の症状が併発した痛みの場合も考えられます。 基本は「痛みにもう耐えられないから病院に行く」ではなく、 「少しの違和感・痛みを感じたら病院」です。 痛みを放置してしまうと、だんだん歩くことも辛くなり、運動量が減り筋力が低下してしまうため悪循環になってしまいます。 早めに根本的な原因をつきとめ、適切な治療を受けるようにしてくださいね。

次の

あぐらをかくと腰が痛い|股関節まわりの筋肉が緊張しているのが原因

あぐら を かく と 膝 が 痛い

ヨガインストラクターのミツコです。 クラスの始まりと終わりは、あぐらを組むことが多いですよね。 あぐらのような座り方を、ヨガでは「スカーサナ(安楽座)」といいます。 スカーサナでは、かかとはすねの真ん中あたりか、恥骨の前におく場合が多いです。 話を聞いたり、呼吸を深めたりと、スカーサナで、まとまった時間を過ごすため、膝が腰よりも高い、左右の膝の高さが違う、腰が曲がる、足首が痛い等、窮屈さ、不安定さを感じることもあるかもしれません。 なかでも、股関節の硬さや可動域について、お悩みの方も多いのではないでしょうか。 元々の体つきや運動経験、ケガなど、理由はさまざまなだけに、即効薬はありませんが、工夫次第で、居心地は変わってきます。 自分の身体的特性を尊重しながら、「スカ(安楽、幸福、喜び)」へ近づけるよう、その一例をご紹介します。 1.イスに腰かける 骨盤を立てて座る感覚をつかむために、フラットな座面のイスに腰かけます。 脱力、緊張、前のめり、など、さまざまな座り方をしてみて、骨盤、腰、背中、肩、首、頭が、今どうなっているかを感じてみましょう。 力みがなく、緩みすぎてもない座り方が、骨盤が立っていると考えられます。 坐骨で座面を踏み、背すじは長く、頭頂部は、高いところへ。 しばらく、その姿勢を保ち、感覚を身体に沁みこませます。 鏡やカメラを使って、自分の姿を客観的に見ることも有効です。 2.マットに腰を下ろす マットの上に座りましょう。 足の裏を合わせて股関節を開いたり、両膝をそろえて左右に倒したり、お尻をほぐすなど、重心移動も交えながら、坐骨の存在を確かめます。 ミツコ ヨガインストラクター 幼少よりクラシックバレエ、高校からモダンダンスを始める。 日本女子体育大学、同大学院を修了。 同学の助手、文化庁新進芸術家国内研修生、民間ダンススタジオでの指導を経て、現在は、大学の非常勤講師を務める。 モダンダンスの振付および舞台出演も継続中。 ヨガのクラスに出会ったとき、新しい世界が広がる喜びと、自分に還っていく懐かしさを覚え、日々の生活に欠かせないものとなる。 ジャンルを問わずトレーニングを重ねている経験を活かして、一人一人が持つ輝きを見いだせるクラスづくりを目指しています。 現在、スタジオ・ヨギー北千住、渋谷で、リラックス 、ヨガ ボディI などを担当している。 おすすめ記事 ヨガ・ピラティスをライフスタイルに:スタジオ・ヨギー ヨガウェア通販:スタイル・ヨギー インストラクター養成スクール:ヨギー・インスティテュート.

次の