あつまれ どうぶつ の 森 青 バラ。 【あつまれどうぶつの森】青いバラが咲く確率を大幅に上げる新交配方法が判明【あつ森】

あつまれ どうぶつの森 花について。

あつまれ どうぶつ の 森 青 バラ

すずらんは白色のみ存在 すずらんは現状、白色のみ存在が確認できています。 過去作でも白以外の色はなかったため、アップデートで追加される可能性は低いです。 一定の条件を満たすと、レア花と言われる花が一定確率で咲くこともあります。 花は2種1セットで配置 効率良く交配をする場合は、 孤立した花を作らないように2種1セットで配置しましょう。 孤立した花があると、増殖するため狙った色の花が生まれずに時間の無駄になってしまいます。 じょうろ使用で交配確率アップ 花にじょうろで水をかけると、交配しやすくなり新しい花が増えていきます。 前作では花が枯れないためにじょうろを使用していましたが、今作は花が枯れることはありません。 花の増やし方 マルチプレイの水上げが最効率 Before After 気持ち程度に増える マルチプレイで他の島のユーザーが花に水を上げると、体感できる程度に花が増えました。 検証の結果、たしかに通常より花が増えています。 増殖させたい花がある者同士で集まって、水やりを相互で行い、増やしたい花を効率よく咲かせるといいでしょう。 大量に増えるわけではない 何個かの花畑にわけて検証しましたが、通常の水上げと変わらない増加率の花もありました。 あくまでも通常時よりは増えやすいという小技として、覚えてておいた方が良いかもしれません。 じょうろで水を上げる 花にじょうろで水を上げると、一定確率で次の日に増殖します。 同じ花同士で交配する 同じ花同士で交配させると、同じ花が生まれることがあります。 確実に同じ花が咲くわけではありませんが、1本増殖に比べて高頻度で花が交配していくため、素早く花を増やすことが可能です。 花の種類一覧 花は全部で9種類 花の種類 あつ森には、全部で9種類の花が存在しています。 タヌキ商店では3種の種が売られていますが、離島や他プレイヤーの島におでかけすることで全種コンプリートすることが可能です。 スズランは島の評判5で自生 スズランだけは島の評判を星5まで上げると自生し始めます。 星5になってすぐに自生し始めるわけではないので、生えるまでの一定期間は評判を維持し続けましょう。 また、低木によって花が咲く季節が異なります。 ただし、花と違って低木は、交配することはできません。

次の

『あつまれ どうぶつの森』夏っぽさをアップさせる家具&服を厳選まとめ!これさえ押さえれば季節感がぐーんとアップ

あつまれ どうぶつ の 森 青 バラ

もくじ• 花の交配のやり方 花の交配では、 同種類の花同士を隣接させ、新たな品種の花を生み出すことができます。 全く同じ色の花が出来ることの方が多いので、なるべく多くの花を同時に交配させます。 最も効率よく交配を行える配置は、 自分を中心として上下左右に花や種を植えることです。 こうすることで、咲いた後の花の周囲1マスに交配した花が咲くことがあります。 最後に、 1日1回の水やりは絶対に行う事を覚えておいてください。 水やりをしないと芽が出ずに、交配をすることもできませんので。 雨の降りやすい6月の場合は、水やりの手間が省けますね。 リアルタイムで行う場合は、とてつもない時間が掛かると覚えておきましょう。 また、自身で試した組み合わせのみを載せているので、予めご了承ください この組み合わせでも出来るという情報もお待ちしています。

次の

【あつ森】花の交配まとめ【交配させるコツと早見表】

あつまれ どうぶつ の 森 青 バラ

花はそれぞれ遺伝子情報を持っている。 遺伝子情報から花の種類が決まり、同じ種類の花でも遺伝子が異なる場合がある。 今作は1日に繁殖できる花の数に上限はありません。 遺伝子情報と繁殖の仕組み• 画像は白色成分のみの例ですが、全ての成分が同じように組み合わせて抽選されます。 繁殖過程• 水やり判定• 繁殖判定• 交配判定• 繁殖 水やり判定 繁殖は「水やり」または「雨」が降っていないと行われません。 確認が取れた花のみ次の判定に進みます。 繁殖判定 繁殖に失敗した日数が増えるほど基礎確率が上がります。 繁殖するか掘り起こすと0日に戻ります。 また水やりをしてくれた他島民の人数が増えるほど繁殖率が増えます。 周囲8マス• 同種の花• 水やり済み• 未交配 を満たす花から抽選されます。 満たす花が1つもない場合は自己繁殖になります。 離島の花• 離島で見つかる花の遺伝子情報は固定。 種がある色は種と同じ遺伝子情報。 種がない色はを参照。 表の見方• 表の見出し(1行目)をタップするとその項目を基準に並べ替えできます。 そのため、自己増殖の危険性が植え方により異なってきます。 例えば上の場合、真ん中の白は確実に交配対象になるので、黄色に自己増殖の可能性が出てきます。 もしこの交配方法でほしいのが黄色の場合、自己増殖と見分けがつかないのでまずいでしょう。 逆に、欲しい色が白ならば、下の植え方をすると白に自己増殖の可能性が生じるのでまずいです。 おそらく種白と種黃からは交配白がほしいのだと思われますので、上の植え方をしたほうがよいということになります。 ただ、そういう理論が面倒な場合、クロス植えではなくペア植えのほうがいいと思います。 ここで尋ねるのは適切ではないのかもしれませんが… 青バラの交配を目指す過程で、特定の色の花を増殖させたいことがあります。 例えば紫11-00-00-00苗が、2株あるとします。 その他の条件としては、水やりはA, Bどちらも毎日、自分のみが行います。 言い換えるならば、交配が行われる一回あたりの確率と、自己増殖する確率とを比べ、交配が行われる確率が自己増殖する確率の2倍あるなら、交配をする方がよいと考えております。 どこを調べても答えが出ませんので、ご存知のかた、ご教授願えませんか。 それか、体感ではこっちの方が早いよ!的なアドバイスでも構いません。 また、私の考え方におかしな点がありましたら、ご指摘お願いします。 返答ありがとうございます。 交配時に2株ともリセットされるなら、 そうですよね、このリセットの仕組みがポイントになりそうですね…。 交配時、水やりで上がった繁殖率が、2株とも減るのか、片方はそのままなのか、気になるところですが、2株とも繁殖率が元に戻るのであれば、Aは、Bの二倍の時間がかかるでしょうし、これほどまで差が出るのなら素人の私でも検証できそうです。 もし、交配する株のうち一株しか繁殖率が元に戻らないとしても、AとBで差がなは出なさそうなので、とりあえず自己増殖の方法を選ぶことにします。 本当に困っておりましたので、助かりました。 丁寧なご説明ありがとうございました。

次の