家紋 調べる。 自分の家紋を調べる方法。家系のルーツをたどる方法を知ろう

家紋を名字から検索したい!!【あなたの家紋はないかも!!】

家紋 調べる

家紋について 家紋は自分の家や名字を表わす紋章として生まれました。 現在その数は241種、5000紋以上あるといわれています。 戦場では、幔幕や旗、馬標や刀の鞘などあらゆる場所に家紋を描き、自分の武勲の証明や敵味方の区別のために使いました。 さながら武将の名札や名刺といったところでしょうか。 家紋は見れば氏素性が分かるほどに家名と強い関係を持つようになります。 そのため、主君の家紋はもちろんのこと、他家の家紋を無断使用することはできませんでした。 家紋が原因で争いになったとも記録されています。 下克上の戦国時代になり同族同士での争いも増えると、同族の中でも異なる家紋を使用するようになりました。 このころから急激に家紋の種類が増えます。 また、家紋は功績ある家臣への褒美にもなりました。 これを 拝領紋といい、とても名誉なことでした。 江戸時代になると、家紋の使用は一般庶民にも広がりました。 一般庶民の苗字の公称は禁止されていましたが、家紋使用の制限はなかったため、家紋は家・一族の標識として使われるようになります。 庶民の生活が華やかになる元禄時代に入ると、家紋の使用はさらに広がり、家紋の図柄も華美・優美ものになっていきます。 左右や上下対称の家紋や、丸で囲んだ家紋はこの時期に増え始めたと考えられています。 家紋は一家に一つというわけではありません。 家同士での家紋のやりとりや、自由に家紋をつくることも出来ました。 武士の間では複数の家紋を持つことが一般的でした。 そのため、公式に使う家紋を 定紋と決め、 替紋・ 裏紋とは別格に扱いました。 関西地方には女系から女系へと伝える 女紋という紋章もあります。 「家紋が一つしかない家は、旧家とは言わない」という地方もありますが、確かに複数の家紋を持つ家は由緒ある旧家に多いようです。 そのため現地調査では、系統や同族関係を明らかにする判断材料として家紋はとても有効です。 しかし、家紋から先祖の由緒や出自を判断することは、多くの家系で困難といえます。 実際、現地調査で家紋は無いという家に出会ったことがあります。 「家紋の歴史」で記したように、庶民の家紋使用が始まるのは元禄時代といわれています。 家紋は家の識別が目的であるため、家紋の必要性が特に無かった地域があったように思われます。 では家紋を調べるにはどういう方法があるのでしょうか まず 家を意識する先祖祭祀なもの(墓石・位牌・仏壇)、着物や袱紗(ふくさ)、 調度品や食器などを確認する方法があります。 これが確実です。 ただし、 女紋の習俗がある地域は注意が必要です。 実家の家紋を使っていたり、女系の家紋が使われていることもあります。 この辺りは家紋の知識が必要です。 次に、 直接の本家・同じ系統の親戚に問い合わせてみる方法があります。 家紋は分家の際に変更される可能性がありますので、系統的に近い親戚で確認する必要があります。 ここで注意点があります。 同じ集落の同じ苗字だからといって、家紋が同じとは限らないということです。 前述のように、 家紋は家祖が同じくする一族(系統)の標識として使われています。 たしかに戸籍を取得し本籍地を探しだして、同姓の家に問い合わせれば家紋が判明します。 しかし、それが家祖が同じくする一族の家紋であるかは調査する必要があります。 家紋を誤り、別の系統に組み入れられたら、ご先祖様もあまり気持ちが良いものではないでしょう。 しかし「家紋が分からない」「系統がはっきりしない」という結果に終わったこともあります。 江戸時代、苗字とは異なり家紋の使用制限(一部を除いて)は無かったため、庶民は自由に家紋を選び使用していました。 もし 全く分からないのであれば、家族できれば親族を交えて相談し、新しく家紋を決めたら良いと思います。 そもそも家紋は一族・子孫の繁栄を願い決められています。 よってそれぞれの家紋には瑞祥的な意味や歴史背景があります。 それらをよく理解し、深い願をこめて決められることをお奨めします。 その際に家紋辞典などを参考資料されると良いでしょう。

次の

苗字から家紋を調べる方法!検索に便利サイトで家の由来・ルーツを探る!家紋一覧表&名字家紋ランキング100

家紋 調べる

家紋を調べるには「お墓」に行ってみよう 家紋の調べ方の中で、一番手っ取り早くて簡単なのは「お墓に行ってみること」です。 お墓には、自分の家の家紋が刻まれていることが多いからです。 今はお墓のタイプも随分とバラエティー豊かになりましたが、伝統的な種類のお墓にはきちんと家紋が刻まれているものです。 お墓に家紋が入れられているのは、その家の発展や反映、そして成功を祈ってのことでした。 それだけでなく、お墓にいくたびに家紋を目にすることで、代々続いてきた家柄を意識することもできるでしょう。 そうすれば、ご先祖様につながるお墓を粗末にすることもなくなり、大切にされるはずです。 よっぽど離れた、遠い遠い場所にあるのなら、家紋を確認しにいくのはちょっと大変かもしれません。 しかしそうでないなら、家紋を知るためにちょっと足を延ばして、お墓参りをしてみましょう。 また、もし自分の家のお墓に家紋が入っていない場合は、本家のお墓を見てみることで、家紋が分かるかもしれませんよ。 家紋が分からないなら「本家」で色々なものを見せてもらう 家紋の調べ方でポイントとなるのが「本家」です。 本家というのは家を代々守ってきているので、その家につながるものをきちんと保管している場合が多いです。 そこから家紋を調べることができるかもしれません。 自分の家の中にはまるきり家紋が分かるものがのこっていないそんな時には、事情を話して本家の人々に尋ねてみましょう。 「あらまあ、自分の家のことなのに、家紋を知らなかったの? 」なんて笑いながら、自分達の家の家紋を教えてくれるかもしれません。 祖父母の時代の着物が残っていたりすると、例えば紋付き袴や留袖などに家紋が入れられていたりすることがあります。 他にも桐の箪笥やお仏壇、他にも提灯などに家紋が入れられていたりもします。 先祖伝来の古いものが残っているようなら、本家の人にお願いして、ぜひその品々を見せてもらいましょう。 思わぬところに家紋が入れられていて「あ、これがわが家の家紋か」と、見つけ出すことができるかもしれないのです。 過去帳を調べたり以前住んでいた土地へ赴いてみよう 自分の家も本家でも家紋が分からない時、どうやって調べたらいいのか途方に暮れてしまいます。 そういう時には「過去帳」を調べたり、以前住んでいた土地へ赴いてみるのもオススメな方法です。 過去帳には、自分の家の家紋が入っていることがあります。 自宅や本家に保管されていれば、それを見せてもらうことで家紋を知ることができます。 中にはお墓があるお寺に保管されていることもあります。 そういう場合はそのお寺のご住職に事情を話して、過去帳に入っている家紋を教えてもらいましょう。 また、過去帳から家紋が分からない場合は、その過去帳を参考にして、以前住んでいた土地へ赴いてみましょう。 そうしてその地で同じ苗字の人を探してみるのです。 その場合、家紋が同じという確率は高くなります。 同じ土地で同じ苗字なのですから、考えてみればそれも納得できますよね。 過去帳をきっかけにして、自分の家の家紋が分かる可能性があります。 面倒だと思わずに、一度過去帳はどこにあるのか、探してみるようにしましょう。 「家紋検索サイト」や「家紋調査代行」を利用してみる 家紋の調べ方には「家紋検索サイト」や「家紋調査代行」を利用してみるという手もあります。 どうしても自分では探し出せない、または時間がないなんていう時に、こういうものを上手に使ってみるのもオススメです。 家紋検索サイトは、苗字を入力したりすることで、家紋を捜してくれるサイトです。 家紋というのは非常にたくさんの種類がありますから、必ずしもこういうサイトを利用しただけでは正確なことが分からない場合もあります。 しかし、大体の辺りを付けたりすることはできるでしょう。 そして、プロが調べてくれるのが「家紋調査代行」の会社です。 お墓を調べても分からないような時、本家や以前住んでいた土地を丁寧に調査してくれて、家紋を見つけ出そうとしてくれます。 戸籍を遡って、ご先祖様が住んでいた古い本籍地を捜してくれたり、またはその近辺に生活している家々の中から同じ苗字を見つけ出して「本当の家紋」を発見しようとしてくれます。 それでも、プロが行っても調査には時間がかかることがあります。 また、調査費もそれなりにすることもあります。 しかしプロに頼むことで、より正確に調べてもらうことができるでしょう。 家紋なんて、普段の生活の中では忘れているかもしれません。 しかし、せっかくご先祖様によって受け継がれてきた家紋です。 忘れたままにはしないで、ちゃんとどういうものかを知るようにしましょう。 それは、自分のルーツを理解していくためにも、とても大切なことです。 「自分の家紋を調べる方法。 家系のルーツをたどる方法を知ろう」への感想コメント一覧 現在のところ、まだ感想はありません。 ぜひ最初の感想を書いてください。

次の

名字検索No.1/名字由来net|日本人の苗字・姓氏99%を掲載!!

家紋 調べる

家紋の調べ方 家紋を調べるにはいくつかの方法がございますが、一番確実な方法は本家筋にあたるかたの お墓を確認させていただくことです。 また、本家の家にある仏壇・提灯・タンス・紋付きなどにも家紋が記されていることもございます。 そのため、本家筋のかたを探して連絡をとったり本家の先祖代々のお墓の所在地を探す必要がございますため、事前準備として戸籍をさかのぼってご先祖様のお名前を把握したり古い本籍地を把握することが家紋調査の近道となります。 戸籍をさかのぼることにより、古い戸籍が廃棄されていなければ江戸末期出生のご先祖様までさかのぼることが出来、江戸末期から明治期にご先祖様が住んでいらしたと思われる本籍地が判明いたします。 判明したお名前や本籍地を頼りに現在もその地にお住まいのかたがいらっしゃればお手紙を送って、本家のことや家紋についてのお尋ねをいたします。 昨今の個人情報保護機運の高まりや様々な悪質な詐欺の横行などから、お手紙をお送りしたもののご返信をいただけないこともございます。 その反面、ご先祖様探しや家紋探しに関する認知度もあがってきており、大変ご協力的なかたと出会えることもございます。 ただし注意していただきたいのが、 必ず先祖伝来の家紋が判明するとは限らないということです。 戸籍調査をして最古の本籍地を特定できたものの、そこには既に本家筋のかたが住んでいらっしゃらなかったり、本家が途絶えてしまっていたり、先祖代々のお墓を移設して菩提寺が不明な場合、宗教宗派や地域性・墓石建立の年代などにより墓石に家紋が刻まれていない場合などもあるかもしれません。 ご先祖様のお墓に家紋が刻まれていない場合には、同族にあたると思われる方々のお墓を確認することで、家紋が判明することもあります。 必要に応じ、戸籍から判明した遠縁にあたる方々に連絡をとりながら調査を進めていきます。 実際に現地に赴いて調査をすることもございますため、江戸末期にご先祖様がどこに住んでいらっしゃったのか、先祖代々の菩提寺がどこにあるのか、また、菩提寺がある場所をご存じでいらっしゃるのかにより調査費用も異なります。 家紋調査費用について 個別のお見積もりとなります。 費用算出の目安として下記のような項目を組み合わせてお見積もりいたします。 総額で5万円から25万円程度になると思っていただければと存じます。 費用にこれだけ幅が出てしまうのは、例えば既に戸籍取得済みの方が関東近県の本家のかたとお手紙だけで家紋が判明することもあれば、九州のお寺さんとお手紙をやりとりした後に実際に現地へとお墓を確認しに行くこともあり、 調査方法は各家により大きく異なるためです。 (1)戸籍調査 30,000円~ (2)住宅地図などの事前準備 10,000円~ (3)親戚筋や本家筋の方々へのお手紙による聞き取り調査 20,000円~ (4)同族と思われる方々へのお手紙による聞き取り調査 20,000円~ (5)菩提寺や周辺寺院へのお手紙による聞き取り調査 20,000円~ (6)現地調査の出張費用(日当+交通費) 出張先により異なります 家紋調査の注意事項について ・古い戸籍は役所によっては保存期間満了により廃棄されていることや、災害などで滅失しており江戸末期出生のご先祖様までさかのぼった戸籍が取得できないこともございます。 ・親戚筋や同族の方々へお手紙を書く際に、ご依頼人様のお名前や家紋調査の理由をお伝えし、簡略化した家系図を添付してお手紙を書きます。 お手紙の文面や添付書類は、ご希望の場合には事前にご確認していただけます。 ・「本家が途絶えてしまった」「既に転居をなさっている」などにより、戸籍から判明した本籍地において本家筋のかたがみつからない場合も考えられ、転居と同時に先祖代々のお墓を移転してしまっていることもあるかもしれません。 ・家紋調査は相手先様のある調査ですので、お手紙を書いたものの返信をいただけないこともございますし、返信をいただいたものの家紋をご存じでいらっしゃるかたがいないこともあるかもしれません。 ・費用をいただいて調査を進めたにもかかわらず、先祖伝来の正確な家紋が判明しなかったということも考えられ、その場合でもご返金は出来ませんことをご了承くださいませ。 ・親戚筋や同族と思われる方々からの情報が得られない場合には、最古の本籍地周辺のお寺を訪問し同姓の方々の墓石の家紋を確認して参ります。 そのため、数種類の家紋が判明してしまい「おそらくはこの中のどれかを使用していた可能性が高い」という曖昧な結果になってしまうことがあるかもしれません。 ・家紋はどのような絵柄を使用することも自由ですし、途中で変更することも自由です。 分家した際に本家と区別するために絵柄を少し変更したり、全く異なるものに変更することもあります。 そのため、本家の家紋が判明したとしても、その後に変更したかどうかなどの詳細は分からない場合もあります。

次の