リゼロ 8話 感想。 リゼロ第7話感想、スバル号泣!報われない思いと現実とは?

リゼロ2期1話の感想とあらすじ結末まとめ!動画無料視聴方法も

リゼロ 8話 感想

リゼロファンの方、お待たせしました!今回も、長月先生のツイートを引用しながら、27話を振り返り、感想などを含めてお送りしてまいります! ついに第4部スタート! いよいよ第4部がスタートしました!第3部から長きに渡り過ごしたクルシュ邸を後にするエミリア陣営。 スバルの愛竜パトラッシュは、お礼としていただけることになった。 暴食の大罪司教ライ・バテンカイトスに記憶を食べられてしまった、しおらしいクルシュとの別れが印象的でした。 きっと、記憶があったとして、白鯨討伐成功というスバルへの恩は変わらなかったでしょう。 (提供バックにお辞儀はシュールでしたw) 村に戻ると、避難したはずの村人がいない。 ロズワール邸に戻る、ラムが出てくると重きや、スバルの知らないメイドが。 新キャラのフレデリカが出迎える。 フレデリカは、スバルが現れる前にメイドを辞めたはずだったが、ラムが連絡をして呼び戻していた。 第3部でロズワール邸を後にしてから戻ってくるまで、長かったようで一週間ほど。 「レム」がいれば、ラムもフレデリカを連れ戻すための連絡をしたりしませんでしたが……。 — 鼠色猫/長月達平 nezumiironyanko フレデリカは亜人の為、歯がギザギザしてます。 「キバこわー!」と失礼を働いたスバルは、屋敷内で正座させられて、エミリアに耳を引っ張られてるのが可愛い(笑)。 でもソファに正座させるあたりが、 EMTですね。 そして、久々ラムチーの登場。 さらに、フレデリカの口から 「禁書庫の大精霊」と、ベアトリスの正体が明かされた。 ベアトリスの正体 スバルは、話を聞きにベティを探すが、毎度のこと、ベティの部屋渡りの魔法をいとも簡単にる。 そして、ラムたちが避難している 「聖域」について尋ねるが、半獣のフレデリカが教えるだろうと、ベティは教えてくれない。 そして、ペテルギウスから回収した福音書を見せると、不穏な空気に。 ペテルギウスを殺したことを伝えると、 「お前もベティを置いていったのかしら、ジュース・・・」 と意味深な発言をする。 さらに、 「お前が大罪司教を殺したなら、"魔女因子"はどうなったのかしら?」 "魔女因子"という新たなキーワードが生まれ、謎は深まるばかり。 「お前が欲しがる答えは全部"聖域"にあるかしら」 と言うと、今までになく機嫌を悪くしたベティは、 「ベティは話さない」 「これ以上ベティに甘えるな!」 「ベティはお前の都合いい道具じゃないのよ!」 と、魔法によってスバルを部屋から弾き出す。 この発言に、ベティの過去に何かがあったことを感じますね。 そして、巻き込まれたオットー。 ロズワール邸に戻る際や、第3部でも、悉く空気を壊すオットー。 シリアスクラッシャー・オットーのことを、作者の長月先生も言っています。 真剣な空気を壊すのに便利なオットー。 つい重宝してしまう。 — 鼠色猫/長月達平 nezumiironyanko オットーを御者に、クレマルディの聖域に向かうことになったエミリアとスバル。 「ガーフィールという人物にお気をつけください」と、危険な匂いとフラグ満載のセリフが飛び出す。 出立の朝 出発の朝、レムが退場してしまい、メイドが足りなくなったことで、ペトラが12歳にしてメイドに。 さらには、 「スバル様」という発言に、驚きを隠せない私(笑) ペトラにとってスバルは使用人の先輩なだけなはずなのに、スバルは偉そう(笑)。 あ、スバルは誰に対しても偉そうだった(笑)。 レムのこと、ベアトリスのことをペトラに託す。 ちなみに、 なお、屋敷に二人で残されるペトラとフレデリカですが、ペトラは大変物覚えがいいので、すぐにスバルよりも使えるメイドになります。 — 鼠色猫/長月達平 nezumiironyanko だそうです(笑) 見送りの際、フレデリカはエミリアに青い輝石を渡す。 これが、聖域に入る為に必要だと。 「場所と資格は揃いました。 あとは、覚悟と強い意志を」 聖域に入るには、一筋縄ではいかないよう。 ここでも、 「ガーフィールに気をつける」ということを復唱する。 間違いなく重要人物・・・。 スバルには、ペトラが白いハンカチを渡す。 帰ってきたときに返すという、旅の無事を祈る風習だった。 腕に巻きつけたあと、ペトラはフレデリカの後ろに隠れる。 鈍感なスバルは反抗期と勘違いするが、同じく腕に白いハンカチを巻きつけたペトラは、手を振り見送る。 (ONE PIECEかな?) 出立を見送ると、 「これで、旦那様のお言いつけ通りに」 手紙を取り出して、意味深な発言をするフレデリカ。 「あとは、エミリア様が聖域を、いかにして乗り越えられるか」と、さらに意味深な発言。 フレデリカを呼び戻したのは、ラムということでしたが、ロズワールの指示だったのか?謎は深まるばかり・・・ まだまだ守られる側のスバル 聖域へ向かう道中、パックはエミリアの言葉に反応しない。 レムのお見舞いに来た時、スバルに 「娘を頼んだよ」と言い残したのも、意味ありげ。 エミリアが、 「何があっても、スバルを守ってあげる!」と男前な発言をするが、さすがに頼りない。 「何かあってもスバルを守ってあげる!」は、基本的にこの先のエミリアのスバルに対する変わらぬスタンス。 スバルはすぐ死ぬので、周りは大変です。 金魚かよ。 — 鼠色猫/長月達平 nezumiironyanko というか、スバルの頼りなさ感が半端ない(笑)。 確かに、第1部ではエルザを倒すために、フェルトやロム爺、エミリアとパックも参戦し、最終的に剣聖ラインハルトの力を借りて攻略しました。 第2部では、魔獣オルガルドの群れに立ち向かう時、鬼化したレムや、ラムの力を借り、トドメを刺したのはロズワール。 第3部での白鯨戦では、自分を囮にして白鯨を引き寄せるたりしましたが、クルシュにも「この中で最も弱い」と言われる始末。 ただ、知恵を働かせて、フリューゲルの大樹を倒すことで討伐に成功。 その判断は、異世界から来たスバルにしかできないものでした。 ペテルギウス戦では唯一トドメを刺したと言えます。 ただ、最優の騎士・ユリウスと共闘するも、視覚を共有したり、魔石を投げてアシストしたのがメインでした。 まぁ、体を乗っ取りに来たペテルギウスに対処できたのは、スバルだけでしょうけど。 とは言っても、ユリウスにボコボコにされたり、所詮は、MAX120キロの投力、握力75キロの、人間にしてはそこそこなだけで、異世界では刺して通用する実力ではありません。 スバルのアドバンテージは、「死に戻り」による情報力と、メンタル力であり、力の弱さは否めません・・・。 聖域に入る前の、 「クレマルディの迷い森」に入る。 亜人族の森に、緊張するエミリア。 不安をエミリアが不安を露わにして、スバルが和ませようとすると、フレデリカに渡された宝石が光り出す。 嫌な予感がしたスバルがエミリアから取り上げた途端、エミリアは倒れ、スバルはいつのまにか外に。 フレデリカに持たされた輝石が光り輝き、エミリアは意識を失い、スバルはどことも知れぬ場所へ。 このへん、Webと書籍では流れを変えています。 — 鼠色猫/長月達平 nezumiironyanko そこにいたのはエルフの少女。 走り去った所を追うと、遺跡らしいところに到着。 中に入ると、 「なるほど。 それが君の欲の根幹かぁ」 という声が聞こえてくる。 すると突然、いた場所が平原になる。 そこにいたのは、 「強欲の魔女・エキドナ」だった。 ついに解禁!オープニング『Realize』 そして、ここにきてOPが(笑)。 第1期OPと同じ、鈴木このみさんが担当しています。 いきなり新キャラ登場と、スバルの恐ろしい表情。 スバルの両親らしき存在も初登場! まだ出ていないキャラから、前回出た大罪司教。 そして、第1部ぶりのエルザさま! 第4部での再登場が楽しみです! そして、スバルが死んできた、自身の亡骸を踏み越えます。 そして、現在に追いつきますが、進んでいく中で、とにかく、死にまくってます。 「キミをすくうためなら、オレはなんどでも死ぬ」 という文字とともに、スバルの覚悟が感じられますが、よくもまぁこんなに主人公を死なせようと思いましたね。 ランキング形式で発表します!(笑) 一位(3回) パック 二位(2回) エルザ スバル(自殺) 三位(1回) レム ラム オルガルド(魔獣) カン ユリウス という結果でしたー! 第3部で、パックが稼ぎましたね。 エルザ様も、第1部で2回と頑張りました。 レムとラムは、第2部で仲良く一回ずつ。 自分を殺した相手を愛せるスバルも中々鬼がかってますね! ユリウスは、ペテルギウスに乗っ取られたスバルを介錯する為に仕方なくという感じでしょうか。 12回スバルが死んだ中でも、自殺に近い "死"なのかもしれないですね。 カンは、王都にいるガラ悪3人組の一番小柄な男です。 勢い余ってスバルを刺し殺してしまいましたね。 その死がきっかけで、スバルは自分の「死に戻り」能力に気付くことになりました。 長月先生の気になるツイート 最後に、長月先生の気になるツイートを紹介します! しかし、情報量の多いOP……ぜひ、OPは頑張って止めたりスローモーションにしたりして堪能してください! というところで、今日もすごい速いが終了! ありがとうございました! また来週!!— 鼠色猫/長月達平 nezumiironyanko 長月先生も言っているように、とても情報量の多いOPです。 ツイートでも言われていますが、解読が必要ですね(笑)。 ただ、まだ出ていない新キャラもいないし、始まったばかりなので、物語と共に明らかになる真実も、見所の一つですね! そして、迫力もあるし、スバルの死の連続から、悲壮感も感じます。 第4部は、今まで全てを合わせた以上の展開になるのではないかと、思わせてくれるような作りになっていますね。 というか、OPからこれだけ重く始まるのであれば、EDは癒し系でお願いしますよ!! 巻末 さて、『リゼロ』27話は、第4部のスタートということで、意味深な発言のオンパレードでした(笑)。 フレデリカとベアトリスの発言は特に、今後のフラグになったり、キーワードも出てきたと思います。 そして、ついに現れた強欲の魔女・エキドナ。 声優は坂本真綾さんが担当していますが、坂本真綾さんが担当するキャラは、一癖も二癖もあり、物語の「ジョーカー」というようなキャラであることが多いです。 男性で言えば、櫻井孝宏さんが多いですが、この二人が担当するキャラは、間違いなく重要キャラであることが多いので、坂本真綾さん演じるエキドナが、敵なのか味方なのか。 スバルにとってどんな役割を担っているのか。 私は原作を読んでいないので、今後の展開が楽しみです!! 第1期を振り返るならこちら!.

次の

【Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ) 第8話 感想】大変…だったね【アニメ個人的レビュー】

リゼロ 8話 感想

あらすじ クルシュとの同盟を結ぶことに成功したスバル。 さらにアナスタシアの協力も得て、白鯨討伐に挑むことになった。 上空に出現する白鯨。 白鯨と相対することを夢に見ていたヴィルヘルムは、過去の因縁を思い返し剣を構えるのだった。 作品情報• 著者 : 長月達平 ライトノベル• 放送期間 : 2016年• 時間 : 24分 どちらも 登場人物• ナツキ・スバル・・・主人公。 17歳。 目つきの悪さが特徴。 エミリア・・・人間とエルフの間に生まれたハーフエルフ。 銀色の長い髪に紫紺の瞳を持つ美貌の少女• レム・・・ロズワール邸のメイドの少女。 双子のラムの妹。 ラム・・・ロズワール邸のメイドの少女。 双子のレムの姉。 クルシュ・カルステン・・・ルグニカ王国カルステン公爵家当主の肩書きを持つ男装の麗人。 ルグニカ王国の王選候補者• ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア・・・クルシュの部下。 白鯨と相対することを夢に見ている• フェリス・・・クルシュの騎士 『リゼロ』1期の中では 1番面白かったバトルシーン。 20話 「ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア」 では、14年の悲願だった白鯨討伐にかける、ヴィルヘルムの思いと回想が描かれていました。 続く21話 「絶望に抗う賭け」 では、3体に増えた白鯨を見事に討伐します。 14年越しの思い| 20 「ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア」 白鯨強し。 みんなで一斉攻撃をするも、空を舞い、なかなか高度を下げない。 でもヴィルヘルムの攻撃により白鯨が怒り、凄まじい戦いになります。 14年、ただひたすらにこの日を夢みてきた ヴィルヘルムの攻撃がすごかった。 14年、ひたすらに悲願してきただけのことはあります。 その14年分の思いを全て白鯨の攻撃へと向ける。

次の

『リゼロ』27話感想!(ネタバレ!)|MAX/神アニメ研究家@道楽舎|note

リゼロ 8話 感想

となるとやはりスバルは魔女との関係性がありそうです。 エミリアから学ぶ「ゴメン」より「ありがとう」 エミリアたんのありがたいお言葉 「ごめんって何度も言われるよりありがとうって1回言ってくれたほうが 相手は満足するの、謝ってほしいんじゃなくて してあげたくてしたことなんだから」 嫉妬の魔女サテラ、チート並の戦闘力 嫉妬の魔女サテラ、かつて存在した大罪の名を冠する6人の魔女を全て喰らい 世界の半分を飲み干した最悪の災厄• 曰く彼女は愛を欲していた• 曰く彼女には人の言葉が通じない• 曰くその身は永遠に朽ちず、衰えず、果てる事がない• 曰く龍と英雄と賢者の力をもって封印させられしもその身を滅ぼす事叶わず• 曰くその身は銀髪のハーフエルフであった 今回ベアトリスがサテラについて語ってくれたんだけど サテラって強すぎじゃない!?自然災害レベル。 6人の強い魔女食べちゃっておまけに不老不死 封印さえも効かない。 これはもう出会ったらゲームオーバー級の強さ! そんなチート魔女の匂いがスバルからするっていうのは現時点では謎すぎます。 以前、街に一緒に行くとスバルに迷惑をかける事になるって言ってたのは エミリアがサテラと間違われるからって事なんでしょうね。 ナツキスバルの心を見抜く天使の一言 「けど、そんな生活に疲れきったらエミリアたんの膝に飛び込みにいくから ちゃんと空けておいてね!」 このセリフを覚えてて膝枕してくれるエミリア 「何に悩んでるの?私でよかったら相談してね」 誰かの様子がおかしいと思ったら普通こんな風に聞くんじゃないかな だけど空元気全開のスバルの身を案じてのエミリアのセリフは 「打ちのめされてるの見てるばわかるの 詳しい事情はきっと話してくれないんでしょ こんな事で楽になるだなんて思わないけど」 言葉では伝えられない 自分の気持ちを察してくれて 行動をおこしてくれる女性って素敵すぎる。 優しすぎる!天使すぎる!かわいすぎる! やはり呪術の正体は犬? 呪術は接触しなければかけられないという事がわかりました。 となるとやはり呪術は犬に噛まれる事によるもの? もしくは街のこどもたちの誰かにかけられた可能性が高いですね 前回は4日目に街に行き今回は3日目に街に行くようですが どのような結果になるのでしょうか?子供達と犬はいるんでしょうか? 「レム、スバルはいい子よ」憎しみは消えた? エミリア 「そうねえ、今日はおやすみ 働きはじめて2日で休んじゃうなんてすご~く悪い子 元気になったらお仕置きしてあげてね」 レム 「こうして見てるとその気も失せますね」 レムにはスバルに対する憎しみがあると思いますが 無邪気な子どものようなスバルの姿を見る事によって その憎しみがちょっとは緩和されたって感じました。 レムにしまつされないための回避イベントかな エミリアたんの天使すぎる画像まとめ 「本当に仕方ないんだから」 「動いちゃダメ!体中のマナを出し切っちゃったんだから」 「恥ずかしいからはっきり言わないの、あとこっち見るのも禁止」 「そういう変な強がり、今はしなくていいの」 「打ちのめされてるの見てるばわかるの 詳しい事情はきっと話してくれないんでしょ こんな事で楽になるだなんて思わないけど こんな事しか、できないから」 「疲れてる?困ってる?」 「大変、だったね」 「うん、わかってる」 Re:ゼロから始める異世界生活8話「泣いて泣き喚いて泣き止んだから」感想 エミリアに膝枕されるなんて羨ましすぎる!癒しボイスも最高! 今回は絶対にしに戻り回避したいですね。 エミリアの膝枕が なかった事になるなんて考えただけでゾッとします 次週、レムとラムと街に行くようですが呪術師の正体はわかるんでしょうか 次週が楽しみです。

次の