プルーム・テックスターターキット。 Ploom TECH(プルーム・テック) 買取価格が高い

【楽天市場】【JT公式】プルームテックプラス(Ploom TECH+)・スターターキット<ブラック> / 加熱式タバコ|JT公式Ploom楽天市場店

プルーム・テックスターターキット

今回は、ニオイのなさと味の良さで人気が広がる プルームテックのスターターキットが新しくなるという事で、その詳細な内容とこれからのプルームテックの展開についてをまとめてみようかと思います。 気になっていた方やこれからプルームテックの購入を検討している人の参考になればと思います。 さて、最近は加熱式電子タバコ業界もめまぐるしくキャンペーンを行っていますが、比較的おとなしかったプルームテックも今回新たにスターターキットのリニューアルをアナウンスしてきました。 6月4日より順次に全国の一部たばこ販売店およびPloomオンラインショップで販売を開始。 全国のコンビニエンスストアなどでも7月2日より順次販売する予定。 実際に価格競争が熾烈化してきている加熱式電子タバコ業界ですので、今回のプルームテックのリニューアルも価格変更が主な内容になっています。 ここではその リニューアルの内容の詳細、 タバコカプセルのデザインの変更についても記述していこうと思いますので、ご覧下さい。 スターターキットのリニューアルの内容 今回発表されたプルームテックのスターターキットのリニューアルの内容は、 キットの同梱物の変更と価格の改定によるものになっています。 その内容の詳細としては旧仕様は4,000円だった 価格が3,000円に改定されて、同梱物であったキャリーケースが付属しなくなるというものになります。 その他の同梱物であったバッテリーやチャージャー、アダプターなどは同じものが同梱される事にあっています。 さらにマイナーチェンジとしてパッケージのデザインが旧仕様ではホワイトを基調にしたカラーデザインだったものが、新仕様としてブルーカラーを強調したものになっています。 単純に1,000円を値引きするために、純正のキャリーケースを外して販売するという形を取る事になったプルームテック。 パッケージデザインについては、他社の加熱式電子タバコとの加熱方法の差別化を視覚から感じてもらうために、ブルーを基調にしているそうです。 アナウンスでは低温加熱方式を強調するパッケージカラーとあるので、今後はJTからも高加熱式プルームテックが登場するかも知れません。 プルームテックの値下げについて 今回のプルームテックスターターキットの内容変更で気になる点なのですが、 そもそも純正のキャリーケースを削ってまでの値下げをなぜ行わなくてはいけないのか?という疑問があります。 その疑問に対する答えとしては、今回同じ時期に同業他社であるグローの値下げキャンペーンが関係していると思われます。 実はこのプルームテックの価格改定に時を同じくして、 グローはなんと本体代金が実質2,980円になるキャンペーンを展開、その期間はなんと2018年末までと大規模な値下げ商戦を仕掛けてきました。 これまで、プルームテックはニオイの少なさ以上に価格の安さで新規ユーザーを開拓してきました。 その価格の面でキャンペーン期間中とはいえ同業他社であるグローに水をあけられてしまってはシェアの拡大どころではありません。 気軽に安価に購入する事のできる加熱式電子タバコとしての地位は、プルームテックにとっては業界でのシェア拡大の生命線とも言えますので、今回の値下げは加熱式電子タバコの熾烈な値下げ合戦の末の苦肉の策なのではないでしょうか。 キャリーケースが無くなる利点は? 今回のプルームテックスターターキットの内容変更で無くなる事になった 純正のキャリーケースですが、実のところそこまで評判の良いケースではありませんでした。 そのため、ユーザー自身で好みのプルームテックケースを探して使用する形が主流になっていて、そのため今回の値下げに伴うキャリーケースの喪失は実のところメリットの方がユーザー視点で見ると多いような気がします。 そのような経緯がありますので、外部メーカーによるプルームテックケースのラインナップは非常に充実したものになっており、潤沢に選択肢がありますので新規のユーザーはそこまでこの点は気にする必要はないでしょう。 さらに2018年中には新型の加熱式電子タバコのリリースも予定しているため、今年はプルームテック自身にとっても非常に大切な勝負の年になりそうです。 最近の加熱式電子タバコ業界の中においてのプルームテックは、少し出遅れ感がありましたので、今回のスターターキットの内容変更をのろしに様々な内容での話題提供をしてくる事が予測されます。 取り急ぎ夏までに予定されているプルームテックの全国展開のアナウンスを待ちましょう。 タバコカプセルのデザインをリニューアル! そして少し小規模なニュースですが、今回のプルームテックのスターターキットの内容変更に合わせて、その純正タバコである タバコカプセルのデザインもリニューアルされています。 旧仕様としてはメビウスレギュラーもグーラーグリーンもグーラーパープルもそれぞれのテイストカラーとシルバーを基調としたカラーデザインになっていましたが、新カプセルはテイストカラーに合わせてホワイトを基調にした爽やかなパッケージになっています。 さらにカプセル自体もブラックをメインにしたデザインに変更されているため、新鮮な気持ちで新たにプルームテックを使用する事ができるでしょう。 最後に ここまで、プルームテックスターターキットがリニューアル内容をまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか? 今回プルームテックはスターターキットのリニューアルのみならず、純正タバコであるタバコカプセルのデザインまで変更してきました。 その意気込みはこれまで加熱式電子タバコ業界の三番手として甘んじてきた 今の状況を脱却する勢いが感じられます。 その性能からユーザーやその周辺の人たちからは非常に人気の高い加熱式電子タバコなので、これから先大きくプルームテックにシェアが移る事が考えられるでしょう。

次の

【電子タバコ】プルームテックを高く買取ってもらえるお店5選!

プルーム・テックスターターキット

今回は、ニオイのなさと味の良さで人気が広がる プルームテックのスターターキットが新しくなるという事で、その詳細な内容とこれからのプルームテックの展開についてをまとめてみようかと思います。 気になっていた方やこれからプルームテックの購入を検討している人の参考になればと思います。 さて、最近は加熱式電子タバコ業界もめまぐるしくキャンペーンを行っていますが、比較的おとなしかったプルームテックも今回新たにスターターキットのリニューアルをアナウンスしてきました。 6月4日より順次に全国の一部たばこ販売店およびPloomオンラインショップで販売を開始。 全国のコンビニエンスストアなどでも7月2日より順次販売する予定。 実際に価格競争が熾烈化してきている加熱式電子タバコ業界ですので、今回のプルームテックのリニューアルも価格変更が主な内容になっています。 ここではその リニューアルの内容の詳細、 タバコカプセルのデザインの変更についても記述していこうと思いますので、ご覧下さい。 スターターキットのリニューアルの内容 今回発表されたプルームテックのスターターキットのリニューアルの内容は、 キットの同梱物の変更と価格の改定によるものになっています。 その内容の詳細としては旧仕様は4,000円だった 価格が3,000円に改定されて、同梱物であったキャリーケースが付属しなくなるというものになります。 その他の同梱物であったバッテリーやチャージャー、アダプターなどは同じものが同梱される事にあっています。 さらにマイナーチェンジとしてパッケージのデザインが旧仕様ではホワイトを基調にしたカラーデザインだったものが、新仕様としてブルーカラーを強調したものになっています。 単純に1,000円を値引きするために、純正のキャリーケースを外して販売するという形を取る事になったプルームテック。 パッケージデザインについては、他社の加熱式電子タバコとの加熱方法の差別化を視覚から感じてもらうために、ブルーを基調にしているそうです。 アナウンスでは低温加熱方式を強調するパッケージカラーとあるので、今後はJTからも高加熱式プルームテックが登場するかも知れません。 プルームテックの値下げについて 今回のプルームテックスターターキットの内容変更で気になる点なのですが、 そもそも純正のキャリーケースを削ってまでの値下げをなぜ行わなくてはいけないのか?という疑問があります。 その疑問に対する答えとしては、今回同じ時期に同業他社であるグローの値下げキャンペーンが関係していると思われます。 実はこのプルームテックの価格改定に時を同じくして、 グローはなんと本体代金が実質2,980円になるキャンペーンを展開、その期間はなんと2018年末までと大規模な値下げ商戦を仕掛けてきました。 これまで、プルームテックはニオイの少なさ以上に価格の安さで新規ユーザーを開拓してきました。 その価格の面でキャンペーン期間中とはいえ同業他社であるグローに水をあけられてしまってはシェアの拡大どころではありません。 気軽に安価に購入する事のできる加熱式電子タバコとしての地位は、プルームテックにとっては業界でのシェア拡大の生命線とも言えますので、今回の値下げは加熱式電子タバコの熾烈な値下げ合戦の末の苦肉の策なのではないでしょうか。 キャリーケースが無くなる利点は? 今回のプルームテックスターターキットの内容変更で無くなる事になった 純正のキャリーケースですが、実のところそこまで評判の良いケースではありませんでした。 そのため、ユーザー自身で好みのプルームテックケースを探して使用する形が主流になっていて、そのため今回の値下げに伴うキャリーケースの喪失は実のところメリットの方がユーザー視点で見ると多いような気がします。 そのような経緯がありますので、外部メーカーによるプルームテックケースのラインナップは非常に充実したものになっており、潤沢に選択肢がありますので新規のユーザーはそこまでこの点は気にする必要はないでしょう。 さらに2018年中には新型の加熱式電子タバコのリリースも予定しているため、今年はプルームテック自身にとっても非常に大切な勝負の年になりそうです。 最近の加熱式電子タバコ業界の中においてのプルームテックは、少し出遅れ感がありましたので、今回のスターターキットの内容変更をのろしに様々な内容での話題提供をしてくる事が予測されます。 取り急ぎ夏までに予定されているプルームテックの全国展開のアナウンスを待ちましょう。 タバコカプセルのデザインをリニューアル! そして少し小規模なニュースですが、今回のプルームテックのスターターキットの内容変更に合わせて、その純正タバコである タバコカプセルのデザインもリニューアルされています。 旧仕様としてはメビウスレギュラーもグーラーグリーンもグーラーパープルもそれぞれのテイストカラーとシルバーを基調としたカラーデザインになっていましたが、新カプセルはテイストカラーに合わせてホワイトを基調にした爽やかなパッケージになっています。 さらにカプセル自体もブラックをメインにしたデザインに変更されているため、新鮮な気持ちで新たにプルームテックを使用する事ができるでしょう。 最後に ここまで、プルームテックスターターキットがリニューアル内容をまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか? 今回プルームテックはスターターキットのリニューアルのみならず、純正タバコであるタバコカプセルのデザインまで変更してきました。 その意気込みはこれまで加熱式電子タバコ業界の三番手として甘んじてきた 今の状況を脱却する勢いが感じられます。 その性能からユーザーやその周辺の人たちからは非常に人気の高い加熱式電子タバコなので、これから先大きくプルームテックにシェアが移る事が考えられるでしょう。

次の

【楽天市場】【JT公式】プルームテックプラス(Ploom TECH+)・スターターキット<ブラック> / 加熱式タバコ|JT公式Ploom楽天市場店

プルーム・テックスターターキット

プルームテックのリニューアル内容 今回のリニューアルによって、プルームテック本体(スターターキット)の 価格と 同梱物が変更されます。 以下リニューアル変更の内容です。 旧仕様 新仕様 価格 4,000円 3,000円 同梱物 プルーム・テック・バッテリー USBチャージャー ACアダプター キャリーケース プルーム・テック・バッテリー USBチャージャー ACアダプター パッケージデザイン 白色を基調 青色を基調 価格が4,000円から3,000円に、1,000円の値下げ。 その価格分何が減ったかというと、 キャリーケースがそっくりそのままスターターキットから抜かれる形となりました。 これまでプルームテック本体にはプルームテックを携帯するためのケースが入っていましたが、それがなくなる形になるということですね。 また、パッケージデザインについても以下のように発表されています。 他加熱式タバコ本体はどうなってる? 確かに考えてみれば、加熱式タバコ本体を購入する時に携帯ケースが付随されるのはプルームテック本体だけでした。 グローもアイコスも、どちらも携帯ケースは本体には付随されていません。 glo(グロー)の値下げキャンペーンに食らいつく 1つには明らかに 他社への対向という面があるかと思います。 先日BATが製造販売しているグロー(glo)は、になる「 実質2,980円でglo買えるキャンペーン」を開始しました。 これは、原価や利益完全無視!シェアを獲得するただそれだけが目的だ!的なキャンペーン。 加熱式タバコ業界には結構な衝撃だったかと思います。 これに抵抗してアイコスは先日より「」キャンペーンを開始。 ではJTのプルームテックはどうする?という形で、値下げという選択肢を取ったのでしょう。 プルームテックの優位点は価格だった? そもそも「プルームテックが良い」と言われているのには様々な種類があり、おそらくどの加熱式タバコより「ニオイが少ない」という面が一番かと思います。 その次にくるのが価格面。 加熱式タバコ各種を定価で見ればこれまで以下の通りでした。 (それぞれ初期の価格) 加熱式タバコ 定価価格 10,980円 8,000円 4,000円 定価でいえばプルームテックが最安値だったのです。 ここから「プルームテックは気軽に買える」感からシェア拡大の希望がありました。 ところが、ここにを打ち出し、プルームテックの価格優位性が削がれた形に突入。 今回の値下げはシェア争いに打ち勝つための、まさに 苦肉の価格改定のように感じます。 全国展開・新型プルームテックも楽しみなJT ついにこれからします。 また、2018年中にはも発売予定。 今後「高加熱式」含めた複数展開のためにJTは数々の施策を打ち出していくでしょう。 次世代プルームテックについては以下の記事を是非参考にして下さいね。 最近はJTの手遅れ感が目立ち、株価が下がる事態などにも発展しました。 それに頑張って食らいつこうとしているのが今回の価格改定とも取れます。 JTの本気感が伺えますね。 加熱式タバコの群雄割拠の時代が本格的に始まりそう。 引き続きしっかり情報をお伝えしていきます。

次の