瞼が腫れる原因。 まぶたの腫れとかゆみに悩むあなたへ!6つの原因と治し方

目の下・まぶたの腫れの原因はストレス?考えられる病気と対処法|All About(オールアバウト)

瞼が腫れる原因

眼瞼皮膚弛緩症で皮膚の切除手術を行った例 (左:術前。 右:術後) 眼瞼下垂とは、上のまぶたが開きづらくなってしまった状態の事を言います。 年をとっておじいちゃんやおばあちゃんになると、上まぶたがたるんだ感じになり、目がしっかりと開いてないように見えることがあるでしょう。 極端に言うと、そのような状態を指します。 眼瞼下垂の症状 眼瞼下垂になった患者さんは、上方の視界が狭くなった、暗くなった、見づらい、などの症状を訴えられます。 また、まぶたの中にある「眼瞼挙筋」という筋肉でまぶたを上げられなくなるので、その上にあるおでこやこめかみの筋肉でまぶたを上げるくせがついてしまい、おでこにしわができたり、おでこやこめかみが凝ったり、慢性的に頭痛がしたりといった現象や症状を併発することもあります。 例えば、顔にあんまりしわがないのに、おでこにくっきり3本しわがあるような人がいらっしゃいますが、よく見ると、やや眼瞼下垂ぎみで、おでこで無理してあげているからそうなっている場合が多々あります。 (そういう自分も、最近ちょっとやばいかなぁと思って、自分で自分のおでこをなでなでしてしまうことがあります。 40歳を超えると、老眼なんかも含めて、いろんな老いにまつわることが自分の体でわかってくるものですね。 ) 眼瞼下垂の原因・好発年齢 眼瞼下垂の原因は加齢です。 通常高齢者に起こりますが、30代、40代でお悩みの方も多くいらっしゃいます。 30代40代で加齢はないだろうと怒る方もたまにいますが、そういう人は、加齢と高齢を混同されているのです。 ドライに言うと、生まれた瞬間から加齢が始まるわけで、たとえば3歳の子供でも今までなかったほくろがいつの間にかできていたりしますが、なぜかというとやっぱりこれも加齢なのですね。 以下、加齢による眼瞼下垂について説明したいと思います。 ちなみに、時々生まれつきの眼瞼下垂の人もいます。 生まれつきの方は、瞳孔が隠れるような重症例なら早期手術、そうでない場合は美容的な手術を行います。 後者の場合は大きくなってからのほうが麻酔が安全にできるなどの面で有利、となります。 やることは以下の「眼瞼挙筋短縮術」が基本となりますが、筋力自体が非常に弱い場合なども多く、その場合はもっと複雑な手術となります。 子供さんの場合はともかくもあれこれ考えずに病院に直行してください。 眼瞼下垂になるメカニズム・眼瞼下垂の分類 まぶた(漢字では瞼と書きます)の中では、「眼瞼挙筋(がんけんきょきん)」という筋肉が、まぶたの中、一番下にある「瞼板(けんばん)」という軟骨についています。 この眼瞼挙筋が縮むことにより瞼板を上げてくれるので、まぶたが開いています。 眼瞼下垂には2つのパターンがあります。 狭義の眼瞼下垂(blephaloptosis) 眼瞼挙筋が伸びきってしまったり、ひどい場合には眼瞼挙筋が瞼板から外れてしまったりして、まぶたが期待通りに上がらなくなる状態 2. 眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう)(blephalochalasis) 眼瞼挙筋の機能は正常範囲だが、皮膚がたるんできているために、まぶたが下がってるように見える状態 まず、このどちらであるかの診断が非常に重要です。 もちろん両方同時に起こっている場合もありますが。 眼瞼下垂の治療・手術 眼瞼下垂は、手術で治療することになります。 外れている場合は、眼瞼挙筋を瞼板の元の位置に縫い付けることによって、元に戻します。 外れている場合も、外れる以前に眼瞼挙筋が伸びている場合がほとんどなので、短縮した状態で元の位置に縫い付けるというわけです。 これを眼瞼挙筋短縮術と言います。 言うのは簡単なのですが、眼瞼下垂の手術はものすごく難しく、ゆえに専門の先生が専門的にやっているというわけです。 その理由についても解説します。 まぶたの中は、表面から、皮膚、皮下組織、眼輪筋、脂肪組織、眼瞼挙筋、ミューラー筋、結膜という順番に層になっています。 まぶたのようにうすいところにこれだけの層があるわけで、どの組織が何であるかの判別、医学用語でorientationというのですが、この判別がものすごく難しいのです。 何せ、基本的に皮膚以外はすべて血管がたくさんで、出血もするし、真っ赤なのですから……。 しかも、長年酷使されて、へろへろに伸び切った眼瞼挙筋はめちゃくちゃに薄いのです。 ちなみに近年、レーザーメスを使って止血を少なく切開して、眼瞼挙筋の裏にあるミューラー筋というものすごく薄い筋肉に到達して、それを短縮することにより、「狭義の眼瞼下垂」を治療するという方法がはやっています。 これを「ミューラー筋短縮術」と言います。 この方法では、眼瞼挙筋は一切無視します。 眼瞼挙筋がまだ瞼板にちゃんとくっついている状態でも、ミューラー筋に到達するためにそれをあえて切り離して、再度縫合することもなく、切り離された状態で永久に放置しておくと考案者の先生がおっしゃっていました。 この方法の利点は、何といっても手術が早く終わることです。 上手な先生がされると、切開幅や出血も最小限で終わります。 ですが、自分たちのグループではあえてこの方法を採用しておりません。 理由は2つあります。 1つは、実は昔いた先生がこの方法で治療を行っていた時代があり、うちの病院ではレーザーメスも持っておりますが、その時の印象では、確かに効果はあるものの、うまい術者がやった眼瞼挙筋短縮術ほど安定していないと感じたこと。 もう1つは、自分たちのグループは、あらゆる手術において、可能な限り元の(若いころの)状態に戻すことを基本としているので、眼瞼挙筋と強制的に「さようなら」することにどうしても抵抗があるということです。 ですが、上記の理由に関しても、自分がやればもっと確実だという先生もいらっしゃるでしょうから、そういう先生方には申し訳なく感じます。 ミューラー筋短縮術に関しては、現在やっていない自分たちが良し悪しを語れる立場にありませんので、これ以上のコメントはここではご容赦いただければ幸いです。 切除には目のふちの皮膚を切除する場合と、まゆ毛の部分の皮膚を切除してひっぱりあげる方法があります。 目のふちの皮膚切除の利点は、切開創が、まぶたのしわや、ふたえまぶたの折り込みのような感じになって、術後に傷が目立ちづらい事です。 欠点は、ふちに近いので、眼の形が期待したものと違う方向に大きく変わってしまうことがあることです。 まゆ毛の部分の皮膚切除の利点は、目のまわりにメスを入れないので、目の形が変になりづらいことです。 欠点は、まゆ毛が濃い人はまゆ毛のふちを切ることによってまゆ毛にキズを隠せるが、そうでない場合は傷が目だちやすい事です。 時間とともに薄くなってはいきますが……。 また、「狭義の眼瞼下垂」「眼瞼皮膚弛緩症」両方に当てはまりますが、症状が極めて軽度の場合は、皮膚に強制的に折り込みを作る、すなわち、二重まぶたを新しく作る、ないしはもともとあるのをさらに強く折り込むことによって、まぶたが少し上げることによって対処することがあります。 利点は二重がきれいになること、大きな傷を作らないので術後がきれいなことが挙げられます。

次の

まぶたのたるみ?眼瞼下垂とは……原因・症状・治療法 [目の病気] All About

瞼が腫れる原因

いつもより目やまぶたがむくんでいる・腫れているように感じる時、見た目も気になりますが、健康面からも注意が必要なこともあります。 急にまぶたが腫れて熱を持っている• まぶたの腫れだけではなく目の充血や痛みもある• 片方のまぶただけが腫れている このような場合、どういった病気が考えられるでしょうか。 まぶたの腫れが知らせる病気 まぶたの腫れに伴ってさまざまな症状がある時、何らかの病気が隠れている可能性があります。 考えられるものとしては、次のようなものがあります。 まぶたの腫れが表れるよくある病気 まぶたの腫れから疑われる病気は、多くの場合以下の通りです。 霰粒腫 さんりゅうしゅ まぶたの裏側のマイボーム腺という場所に 肉芽腫 にくげしゅ という塊が発生する病気です。 初期症状としてはまぶたにしこりが生じ、しばしば腫れることがあります。 炎症が強くなると赤みが生じ、ときには皮膚から肉芽腫が出てきたり、まぶたにひきつれが生じることもあります。 数週間から数か月で自然に小さくなることもありますが、大きくなってしまった場合にはステロイド注射や手術で摘出などの治療が必要になることもあります。 受診の目安とポイント まぶたの腫れは数日のうちに自然と引くこともありますが、一方まぶたの腫れがなかなか引かない、日ごとにひどくなる、他の症状があるという場合にはできるだけ早く医師に相談しましょう。 その場合は基本的に眼科への受診でよいでしょう。 受診の際は、いつからまぶたが腫れているのか、他の症状はないのか、心当たりとなるきっかけがあるのかどうかなどを医師に伝えるとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 まぶたの腫れは普段の生活習慣から引き起こされていることもあります。 以下のようなまぶたの腫れの原因となる習慣がないかどうか、日常生活を見直してみるのもよいでしょう。 目を強くこすった まぶたは人間の皮膚のなかでも最も薄い部分です。 そのため、目をこすることで容易に刺激を受けて腫れてしまうこともあります。 目をこすりすぎたときは まず、目をこする原因となったなどがあれば、それを取り除きましょう。 目をこするという動作をなるべくしないことが大事です。 また、摩擦によって腫れたまぶたは乾燥しやすくなっています。 化粧水などで丁寧に保湿するのもひとつの方法です。 化粧品などの刺激 まぶたは皮膚が薄い分、肌に合わない化粧品などの刺激を受けやすく、乾燥や赤みなどの症状が出やすい部位でもあります。 スキントラブルを避けるために スキンケアもメイクアップもできるだけ肌への優しさにこだわっている商品を選ぶこともひとつの方法です。 また毎日アイメイクをしている人は、たまにはメイクをしない日を作るなど、まぶたを休ませる日を作るようにしてはいかがでしょうか。 アルコールや水分の取りすぎ アルコールや水分の取りすぎでまぶたがむくんだり、腫れたように感じることがあります。 一時的なものですが、飲み過ぎには注意しましょう。 よくならないときには このような工夫をしてもいつまでたっても良くならない場合は、何らかの病気が隠れている可能性も考えられます。 そのような時は一度眼科で相談してみましょう。

次の

目の周りが腫れて痒い症状が続く時は眼瞼炎かも!種類と原因!

瞼が腫れる原因

まぶたがかぶれる原因は何?かぶれてしまった時の対処方法 腫れぼったくなったり、カサカサしたり。 まぶたがかぶれてしまうと、目元が気になってしまいますよね。 もちろんアイメイクをするのにも支障が出てくるでしょう。 まぶたがかぶれてしまっているときは、メイクはおすすめできません。 そもそもまぶたのかぶれはどうして起こってしまうのでしょうか。 もちろん、かぶれが治らない場合は皮膚科などでお薬をもらうことも必要になってきます。 でも根本的な原因がわかれば、これから再発を予防したり、気を付けたりすることは可能ですよね。 まぶたのかぶれを起こしてしまう原因と、その対策について見ていきましょう。 まぶたはとっても敏感! 顔の皮膚は基本的にとても敏感なものですよね。 中でもまぶたはそれが顕著であるといえます。 まぶたの皮膚は、とても薄くなっています。 ただでさえ刺激に弱いのです。 しかし、ほとんどの女性はアイメイクをする習慣があると思います。 アイシャドウを塗ったり、アイラインを引いたり、マスカラがまぶたについてしまうこともあるかもしれませんね。 また、ときにはアイプチで二重にしたりすることもあるでしょう。 これらにより、まぶたはメイクによる負担が大きい箇所であると言えます。 実際に、まぶたのかぶれに代表されるまぶたのトラブルでよくあるのが、「メイク用品によるもの」だと言われています。 刺激になる要素がたくさんあるので、それも仕方がないことかもしれません。 メイク用品のトラブルもひとつ挙げられますが、考えられる原因はほかにもあります。 順番に見ていきましょう。 メイク用品に反応している 一番多いケースだと言われています。 アイメイクをしっかりする方ほど、なりやすいと言えるかもしれません。 アイメイクに使うメイク用品としては、このようなものがありますよね。 アイシャドウ• アイライナー• マスカラ これらが肌に合っていなかったり、刺激が強すぎたりすると、かぶれなどの反応を起こしてしまうことがあります。 また、人によってはメイクの際に、このようなものもプラスして使うかもしれません。 アイプチ• つけまつげ アイプチやつけまつげ自体が触れることが原因になるかもしれません。 でも、それより大きな考えられる原因は「糊」です。 アイプチやつけまつげを付けるのには、糊を使いますよね。 洗顔料が合っていないということや、洗顔方法が間違っているということも考えられます。 しかしやはりまぶたのかぶれの原因として考えられる一番大きなものは、クレンジング剤です。 アイメイクをしっかりしたら、そのぶんしっかり落としてリセットすることが必要になってきます。 それにはもちろんクレンジング剤を使いますよね。 「クレンジング剤が原因かもしれない」とひとくちに言っても、原因になっていることはさまざまです。 肌に合っていない• 洗浄力が強すぎる• 添加物が多い• 落とす際にこすってしまっている 「しっかり落としたい」と思って、落とす力が強いクレンジング剤を選ぶ。 もしくはこすってしまう。 このようなことが原因になる場合があります。 乾燥によるもの 乾燥はすべての肌トラブルの原因と言っても過言ではありません。 乾燥から肌トラブルを起こしてしまう例は非常に多いのです。 「全然治らない」「日常生活に支障がある」このような場合は、迷わず病院へ行くことをおすすめします。 投薬治療などが必要になってくるかもしれません。 しかし、予防や対策は自分でもすることができます。 お薬を使ってしっかり治したら、再発を避けるために、このようなことに気を付けてみると良いかもしれません。 アイメイクはお休みする かぶれは、肌トラブルを起こしてしまっている状態です。 そこへメイク用品、つまり刺激になるものを塗ったり触れさせたりして、良いはずがありません。 思い切ってメイクはお休みしましょう。 まぶたの皮膚をしっかり休ませてあげて、回復を促してあげましょうね。 メイク用品を見直す メイク用品に反応して、かぶれが起こってしまうケースは非常に多いのでしたね。 なので、その原因となっているメイク用品をやめることが必要になってきます。 メイク用品の劣化は、実はとても早いもの。 数か月単位で理想の使用期限が切れてしまうものがほとんどなのです。 ファンデーション、アイシャドウ、アイライナーなどのメイク用品は定期的に買い替えましょう。 メイクに使う道具も同じことです。 アイメイクですと、小さなブラシやチップなどを使うことがあるでしょう。 しかし、使っていくと皮脂がついたりして、そこから雑菌が繁殖したりすることがあります。 同じ状態のものをずっと使い続けるのはやめましょう。 定期的に洗ったり、もしくは買い替えたりするのが理想的です。 洗顔を見直す クレンジング剤や洗顔料が原因になっている場合もあるのでしたね。 その場合は普段の洗顔を見直すことが、必要になってきます。

次の