バトルフィールド ハード ライン。 過小評価されているのが残念。バトルフィールドハードラインのキャンペーンモードはもっと評価されるべき!

過小評価されているのが残念。バトルフィールドハードラインのキャンペーンモードはもっと評価されるべき!

バトルフィールド ハード ライン

BATTLEFIELD HARDLINE ・ とは、に発売されたのである。 は「 BFH」。 「よりディス、 6 」 「ディス了解、付近のはBFHLの記事へ 6 」 概要 商品詳細 発売日 開発 ral 販売 機種 EA 時点でのの最新作。 発表当時の発売予定は4で、同年にはが開始されていた。 今までのでは軍隊同士によるや・などのが中心だったが、本作ではをとしたととの戦いを描く。 はもしくは団に属し、はを奪い、はそれを奪還もしくは警護することになる。 開発を担当したのは、社(EA)の社内であるヴィルズ(ral )。 ヴィルは「」を手がけた事でも知られている。 プムは、、、、の5種類である。 バージョン 価格と内容は、の較表より。 は、がで組織を追っていくと言うものである。 イブの・ムはの取材に対し、 「弱点とされてきたを、しっかりに描きたい」と答えている。 は最大人( )で、は自動的にかに割り振られることになる。 キャンペーン はマイアミ警のとなって、の販売を追う職務に身を投じ、そこからやがて巨大な陰謀に巻き込まれていく。 『マイアミ・』を地で行く設定の通り、のモノを強く意識した形式となっている。 した後には、ちょうどを1一気見したような心持になること請け合い。 単なる捜が続くのではなく、潜入から強行突入、から戦(!)まで、多種多様なが用意されている。 の方も、裏切りや策謀が絡んでする内容で飽きさせない。 開発側が「今回はにもを入れた」と自負する通り、全体でも特に評価の高いに仕上がっている。 あらすじ 、。 囚人を乗せた護送が、へと走っていく。 その中には、かつてマイアミ警のだった・メンドーサも乗っていた。 なぜとしての職を失い、囚人になり果ててしまったのか。 彼はする。 3年前、ン・ドーズ警部の揮の下、・ストダードというと共に、ある密売を追い始めたのがすべての始まりだったのだ。 登場人物• ・メンドーサ( N Moza) 吹替:。 マイアミ警の官で。 新任警官として配属され、マイアミで蔓延するの密売を追っていくが……。 ・ストダード( C ) 吹替: ので、マイアミ警の。 でとを組み、密売のトへ突入する。 ・ミン・ダオ( h o) 吹替; マイアミ警の。 ヴ・マガを体得しており、並の男ならにしてしまう女傑。 ン・ドーズ( n es) 吹替: マイアミ警の警部で、やストダード、の上。 新たな組織によって製造されたと思わしきが流通しはじめたのを受け、達を率いて、密売の解明・壊滅へと動く。 : or ビン、副:を装備。 医療特化ので、固有は救急や除細動器の他、 イバという条件下でのみ自己生ができる新がある。 :、副:を装備。 特化で、固有はリペア・・の他、 タージュはや標物等に仕掛けるので、うかつに敵が物を操作するとする。 EORR• : or 、副:ーを装備。 特化で、固有は・爆破装置()・防弾が使用可。 今作の防弾は度設定があるものの、物も防げる優れものである。 :( or )、副:を装備。 隠密特化で、固有は収集や撹乱をとした設置が多い。 は的な使い方ができる。 を視認されないよう設置には気をつけよう。 :色のBa、格闘:トチを装備。 ヘアで側から1名選出される限定で、にとっての標的。 はイバと内部補強材。 彼のみが入っているーの鍵を解除できる。 HKER• 先に触れたとおり、及びにおける官的な位置付けの。 に1名のみの特別。 はのだが、今作は新たにハッ系のが追加されている。 や発電機などの設置物や、庫や拠点といった標物にし味方に有利なができる。 車両 は多種多様なものが用意され、、ペ、ユーーバン、武装、、装甲、、ソーなどが登場している。 今回は一部を除きの勢によっての名称が違う。 例として側で mand (移動)と名づけられている両が、側では Cab(団員輸送 )とされている。 このはどちらもになる。 関連動画 関連商品 関連リンク• 関連項目• 2、、のどれかを持ってる人限定。 ただし、BFHの購入後にこれらを買うのでもOKらしい。 (まで)• 版名称はキャブ.

次の

ゲームソフト

バトルフィールド ハード ライン

警察と犯罪者で目的の異なるモードも存在するので、常に新鮮な感覚でオンラインプレイを楽しむことができる。 ・チームデスマッチ……相手チームよりも多くの敵を倒すことを目的としたデスマッチ。 ・ハイスト……輸送中に襲われた現金をめぐり、警察と犯罪者に別れて金庫への回収を目指すモード。 ・ブラッド・マネー……相手チームの金庫を襲って現金を奪い合うモード。 より多くの現金を集めたチームの勝利となる。 ・ホットワイア……指定された車を盗もうとする犯罪者と、それを奪い返そうとする警察とのバトルが描かれる。 ・レスキュー……SWATチームの一員となって、犯罪者の人質となった市民を救出するモード。 再出撃不可なので慎重な行動が求められる。 ・クロス・ヘア……組織を裏切り証言台に立とうとしている元犯罪者をめぐり、犯罪者と警察で対立。 犯罪者チームは裏切り者の粛清をすれば勝利、警察は証人を保護できれば勝利となる。 早めに購入し、存分にオンラインプレイを楽しもう! なお、ダウンロード版にも2015年3月19日から2週間の期間限定で、同内容の特典が付属する。 1ヶ月:2,500円(税込)• 3ヶ月:5,900円(税込) ゲームソフトにアップデートが発生した場合、PS Nowのゲームにアップデートが適用されるまでに数日から1週間ほどかかります。 適用までの期間、対戦におけるマッチング、またはゲームソフトを起動いただけない場合がございます。 scene7.

次の

バトルフィールド (コンピューターゲーム)

バトルフィールド ハード ライン

めちゃくちゃ広いマップでチームを組んで最大 64人での戦争を楽しむFPSで、 何百、何千時間プレイしても新鮮に楽しめるのが特徴となっています。 そのため1人用モードはマルチプレイモードに慣れてもらうための チュートリアルで、 あまり力が入っていなかったんですよね。 「コールオブデューティ」シリーズの影響を受けてストーリー要素があったりするけど二番煎じっぽいし、 ギミックが少なくてボリューム不足でパッとしませんでした。 そんな先入観で「 バトルフィールド ハードライン」のキャンペーンモードをプレイすると、 これまでとは大きく異なる力の入れ具合にビックリしてしまいます。 どこがパワーアップしているのか箇条書きで書かせていただくと・・・ ・ストーリーが大幅強化!刑事と犯罪者の戦いを重点的に描いている ・キャラクター性が強化!登場キャラがみんな特徴的 ・演出が強化!あらすじや次回予告など、海外ドラマ風の演出を盛り込んでいる ・刑事レベルの概念が登場。 レベルが上がることで武器がアンロックされる ・ステルス要素の追加。 コインを投げて敵の気をそらす事が出来る ・サブウェポンの追加。 体力の回復を急がせたり、ワイヤーアクションも出来る ・警察手帳と手錠の追加。 手帳を見せて敵の動きを止められる ・探索要素も強化。 スキャンをして手がかりを調べられる こんなところでしょうか。 まず、驚くのが ストーリー周りです。 シングルプレイをメインにしたアクションシューター並みに力が入っていて、 数年に渡る警察と犯罪者のドラマを描いています。 主人公のキャラクター性も強くなっていて、感情移入をしてしまうレベル。 このゲームのキャンペーンは良く出来てるのにあまり話題にならなかったから、こうして記事にしてもらえるのは嬉しいです! ゲームを終了すると次回予告が入る演出は遊び心があって良いですよね! これまでのあらすじを語ってくれるゲームはアラン・ウェイク、バイオリベ、ライフイズストレンジなど色々ありますけど次回予告をやるゲームは初めて見ました。 エピソード形式で話が進むので海外ドラマ仕立ての演出と親和性が高いですね。 洋画好きの僕には堪らないゲームでした。 ストーリーは警察VS犯罪組織という勧善懲悪ものではなく、警察の汚職や復讐の鬼と化す主人公の危うさを描いていて一筋縄じゃいかない展開が良かったです。 登場キャラは皆、個性的で良いですよね。 僕は主人公のニック・メンドーサが大好きでねぇ。 吹替の加瀬康之さんの美声には憧れます。 ところでkentさんのニックの画像のチョイスが素晴らしいですね!水も滴るイイ男じゃないですかw 僕は初見プレイで8時間以上かかったかなぁ? 2周してガッツリ楽しんだのでフルプライス分の満足感は得られました。 ラストは確かに賛否が分かれる展開ですね。 続きです。 このゲームはバトルフィールドブランドに頼らず「ハードライン:マイアミ」とでも銘打って売り出した方が新規IPとして注目されたかもしれませんね。 >「アンチャーテッド」のようなPLAYする映画を求めている人は、 セール価格で購入してキャンペーンモードだけプレイしても良いと思います。 そうそう!アンチャやクォンタムブレイクのようなプレイする映画が好きな人はきっと楽しめると思うんですよ! ニックの物語は一応、幕を閉じましたがヴィセラルゲームズには是非ともハードライン シーズン2を作って欲しいなぁ。 そういえば、このゲームにはデッドスペースの小ネタが2つ出てきますがkentさんは両方共気付きましたか? 余談ですがニックの元相棒のストダードを演じてる役者はインファマスSSのデルシンの兄ちゃんも演じてるんですよ。 キャラのモデリングがよく似ていますw >チキさん キャンペーンモードはあまり話題にならないので、 こうして単独記事にした方が良いかなと思いました。 次回予告は確かに珍しいパターンですよね。 あらすじを語ってくれるゲームはかなり見かけましたが、 意外にも次回予告は今作が初めてでした。 もちろん、確認した時は興奮しましたよー。 >ストーリーは警察VS犯罪組織という勧善懲悪ものではなく、警察の汚職や復讐の鬼と化す主人公の危うさを描いていて一筋縄じゃいかない展開が良かったです。 絵に描いた様なストーリーではないところはさすがですね。 大人向けのゲームらしいと思います。 画像はスクリーンショット機能を使って狙って撮りましたw ベストアングルに感じたようでしたら良かったー!w ラストはあっけなかったので、 思わず最後のところだけリプレイしてしまいましたよ。 >チキさん EAは世界一大きなゲームメーカーですから、 新規ブランドとして売っても良いと思います。 まあ、FPSだけでも色々なIPがあるので難しかったのかもしれませんが。 このゲームはPLAYする映画系にカテゴリーしても良いと思います。 マルチプレイばかりを前面に押し出していると どれに気が付く人が少ないと思うので、そういった特集記事も良さそうですよねー。 デッドスペースと言えば石村!ですよね!w あとから調べて知りましたよー。 >余談ですがニックの元相棒のストダードを演じてる役者はインファマスSSのデルシンの兄ちゃんも演じてるんですよ。 キャラのモデリングがよく似ていますw 似ていると思ったらそんな繋がりが!? 最近は本当にゲーム内のキャラクターは実在するようになりましたよね。

次の