お布施 水引。 四十九日のお布施!封筒や袋の書き方・入れ方・渡し方は?

香典袋 種類》黄色・銀色・水引・色・金額・金額別・蓮・法事・一周忌・御仏前

お布施 水引

お布施の際、のし袋の書き方は?のし袋の種類や水引の形について解説 仏壇購入の際、魂入れをしてもらった時などにご住職様にお渡しするお布施ののし袋には何と書けばいいのかとよく聞かれます。 そこで今回は仏事の際、のし袋の書き方についてご説明します。 葬儀・法事 葬儀の時などは基本的に黄色の水引ののし袋を使用し「御布施」と記入し、下に自分の名前を書きます。 なお、水引はないものでもかまいません。 交通費や宴席代をお渡しする場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記入します。 仏壇を購入したとき 仏壇を購入されてご住職様に開眼式(魂入れ)を行ってもらった時は、浄土真宗の場合、紅白ののし袋に入佛慶讃御礼(にゅうぶつけいさんおんれい)と記入します。 浄土真宗以外の場合は開眼供養御礼(かいげんくようおんれい)と記入します。 お墓を購入したとき お墓を購入したときもお寺様に開眼供養をしてもらいます。 紅白ののし袋に石塔建立御礼(せきとうこんりゅうおんれい)と記入します。 のし袋の種類 のし袋を使用する際、のしのついたものは慶事にしか使用しません。 仏壇やお墓を購入することを慶事ととらえるのに少し不思議な感じはしますがそういうものだと考えてください。 水引は、慶事には紅白のものを、弔事には黒白のものを使用します。 黄白のものはどちらにも使用します。 慶事 弔事 両用 水引の種類 水引の結び方には大きく分けて「結び切り」「蝶結び」があります。 結び切りは水引を細結びにして解けないようにしてます。 「二度と繰り返さないでほしい」という思いを込めて婚礼や全快祝い、弔事全般に使用します。 蝶結びは何度も結べることから「何度あってもうれしいこと」の意味があり、出産や進学祝いなどの慶事に使用します。 結び切り 蝶結び なお、のし袋を直接渡すことはマナー違反です。 渡すときは袱紗に包んで渡しましょう。

次の

仏事の豆知識「水引と表書き」

お布施 水引

お布施の白封筒は、二重になっているものは使わないようにします。 (二重になったものは「不幸ごとが重なる」といわれます。 二重封筒は避けた方が良いでしょう。 ) 郵便番号の欄の無いものを選んでください。 その場合の水引きは結び切りのものを用います。 また、このような場合の不祝儀袋の水引きの色は黒白、黄白などです。 黄白の水引きについては関西の一部の地域で使われるほか、四十九日以降の(忌明け後の)法要の時に使う地域もあります。 こうした不祝儀袋に入れるよりも、半紙に包んだものを奉書紙で上包みし、水引を付けないのがやはり最も丁寧な形です。 ・袋に住所氏名を書くケースというのは、基本的には「中包み・中袋」を「外包みや奉書紙」で包むような場合に中袋に書くものです。 この場合の住所・名前を書く墨の色は薄墨ではなく濃墨で書きます。 ・なお、地方によっては裏面に金額を書く地域がありますが、本来は書く必要はありません(金額を記載しなくてもマナー違反にはなりません)。 もし中に入れた金額を裏面に書く場合の数字の書き方はこのページの下の方で解説します。 ・袋に金額を書くケースというのは、基本的には「中包み・中袋」を「外包みや奉書紙」で包むような場合に中袋に書くものです。 この見本画像は中袋に金額を書く場合の書き方です。 この場合の金額を書く墨の色は薄墨ではなく濃墨で書きます。 ・ごく一部の地域では、お布施袋の裏面に金額を書くことがあるようです。 その場合は住所氏名の右側に金額を縦書きで書きます。 もし金額欄が横書きの場合にはアラビア数字(30,000円などの書き方)で書いて構いません。 【はみだし知識】 裏書きという言葉は、一般的には小切手や手形の譲渡などの際に裏側に署名等の必要事項を書き込むことや、書画の裏面に書かれた鑑定文、あるいは事実を裏付ける別角度からの証明などをさします。 お布施の中袋の裏面や白封筒の裏側に金額を書く際には裏書きという言葉を使うことは通常のケースにおいてはふさわしくありません。 通夜葬儀や法事法要の時に使うものなのでちょっと意外かもしれませんが、お寺にとっての不幸があったわけではないからと覚えると覚えやすいでしょう。 お札は顔のある方(表側)が表面に来るように入れます。 中袋があるタイプも見本画像と同様の向きに入れて下さい。 お布施のお札は顔のある方(表側)が表面に来るように入れます。 やはり、慶事の時のお金の入れ方と同じになります。 なお、お車代、お膳料などを包む時のお金の向きも同じです。 特に法事法要のときには準備をしておいたお金という考え方となり、新札を包むのがマナーです。 ただし、通夜から葬式葬儀の時のお布施については必ずしも新札を用意できるとは限りませんので新札でなくてもOKです。 なるべくきれいなお札をお渡しするようにします。

次の

香典袋 種類》黄色・銀色・水引・色・金額・金額別・蓮・法事・一周忌・御仏前

お布施 水引

四十九日のお布施とは 四十九日法要とは まず、「四十九日」と「四十九日法要」について見ていきましょう。 2つ 故人にとってと遺族にとって の意味があります。 仏教では一部の宗派を除き、故人は亡くなった日から四十九日間はあの世へ転生・成仏する期間と考えられ、この世とあの世を彷徨っているとされています。 そこで… 故人にとっては、49日目または直前の土日等に四十九日法要を執り行うことで、無事成仏して極楽浄土に行くことができるのです。 また 遺族にとっても四十九日法要は、忌明けのとても大切な法要です。 親戚などを呼んで忌明け法要を営むことで、故人との別れに一つの区切りをつけて日常生活に戻る、という意味合いもあります。 なお、 四十九日間を忌中 きちゅう といい、 四十九日が過ぎると忌明け きあけ となります。 遺影を仏壇の外に飾ったり、神棚に封印した白い紙をはがしたりします。 このように四十九日法要は、故人にとっても遺族にとってもとても意味のある法要なんですね。 お布施とは 続いてお布施とは何でしょうか? 一般にお布施とは、四十九日法要等の読経に対する報酬や謝礼と思いがちですが、本来のお布施は喜捨 きしゃ です。 何の見返りも求めずにただ与えるだけ。 何か見返りを求めたら、お布施にはなりません。 また 本来のお布施は、お寺のご本尊へお供えするもの。 「御布施」と書かず「御供」と書く方もいます。 それまで僧侶がお布施を一時預かりするわけですね。 お布施袋・封筒の書き方 袋または封筒に書きます。 お布施の入れ方は第3章をご覧ください。 スポンサードリンク お布施の入れ方 四十九日法要 四十九日法要のお布施の入れ方!ズバリ言います。 不祝儀袋は使用できません。 『お布施』を渡す相手は僧侶。 自分は不幸でも、 僧侶に不幸があったわけではないので、不祝儀袋は使用できません。 コンビニや文房具屋さんに売っています。 なおコンビニは数ヵ所行きましたが、置いてないお店の方が多かったです。 お札の入れ方は、 封を開けた時に、人物の顔が【表面】・【上部】になるようにしてください。 開眼法要 既にお墓をお持ちの方もまだお墓がない方も、位牌の開眼法要は四十九日法要と同時に執り行うことになります。 開眼法要のお布施の入れ方をご覧ください。 では、四十九日までに本位牌を準備して、戒名を書い 彫っ てもらいます。 四十九日法要で成仏された魂を、白木位牌から本位牌に移す開眼法要をしていただきます。 お待たせしました。 では開眼法要 位牌 のお布施の入れ方はどうするのでしょう? 四十九日法要と開眼法要が 同日ですから、合計金額をひとつのお布施として渡しても結構。 でも、弔事と慶事ですから、分けて渡したいという方! 開眼法要は 慶事祝い事ですので、本来は熨斗なし・水引が 紅白の祝儀袋ですが、 葬儀からそれほど日が経っていない時期に紅白の祝儀袋は、遺族には抵抗を感じます。 ちょっと地味に、 熨斗なし・水引が黄白または双銀の祝儀袋ぐらいが最適です。 お札の入れ方は慶事用です。 封を開けた時に、人物の顔が【表面】・【上部】です。 なお浄土真宗では、位牌やお墓などに魂を入れる 開眼 という概念がありません。 また、過去帳を使い位牌を作らない方もいます。 つまり浄土真宗の方は、お布施は不要となります。 お布施の渡し方 本来お布施は喜捨ともいい、何の見返りも求めずただご本尊へお供えするもの。 それまでは僧侶が一時お預かりするわけですね。 ということもをご理解していただいたうえで、お布施の渡し方の作法をご紹介しますね。 渡す前に、切手盆とふくさ お布施を入れておく を用意しておきます。 直接手渡しするのではなく、 切手盆 ない時はふくさ にのせて、向きは僧侶から見て正面になるようにします。 静かに引きずらないようにして僧侶の前に切手盆を置いてください。 その際、下記のような一言を添えてお渡しください。 「本日は、お心のこもったお勤めをしていただきありがとうございました。 おかげさまで無事四十九日法要を執り行うことができました。 これはお布施でございますが、 ご本尊様に どうぞお供えしてください。 」 まとめ 四十九日法要は、故人にとっては無事成仏して極楽浄土に行くことができ、遺族にとっても一つの区切りをつけて日常生活に戻ることができる、とても意味のある法要でしたね。 四十九日法要と同時に位牌の開眼法要を執り行うことが多いようですので、お布施も両方必要です。 封筒の 表書きは、『お布施』または『お供え』 四十九日法要の お布施の入れ方は、白封筒。 どうしても袋を使いたければ、熨斗なし・水引の色は黄白または双銀。 開眼法要のお布施は、四十九日法要と一緒に入れてもいいですが、 分ける場合は、熨斗なし・水引が双銀または黄白の祝儀袋。 お布施の渡し方は、切手盆またはふくさにのせ、引きずらないように静かに置いてくださいね。

次の