むい くん 可愛い。 第22話 むいてしまってごめんなさい

#鬼滅の刃 #時透無一郎 義勇さんとむいくん

むい くん 可愛い

人気の記事• 「ゆうこすモテちゃんねる」で人気のYouTuberゆうこすが、鼻の整形をしたことを公開しました... 恋つづからたけもねラブラブ、たけもね付き合っているのかな?指輪のお揃いを佐藤健君は否定したけど... どちらもモデル出身でバラエテイにもよく出るゆきぽよ とみちょぱ。 二人が似ていて見分けが付かな... 東京ドームのジュニア祭りのトップバッターを飾り、西畑大吾さんをメロメロにしたキャメロン君をご存... 2019年に元駅伝選手で商社マンの男性と結婚された和久田麻由子さん。 NHKの看板アナウンサーと... おうちで恋つづ見ましたか〜?可愛かったですね。 健くんも萌音ちゃんも。 カレカノ感が半端ないよ!っ... KPOPアイドルのTWICEらを生み出したオーディション番組虹プロジェクトでひときわ人気を誇る... ジャニーズJr. の人気グループSixTONESが2019年9月5日夜10時からの櫻井・有吉TH... ずっと同じ人物だと思っていた人がいる... 大人気ドラマとなった「恋はつづくよどこまでも」。 天堂先生と七瀬の人気ひいては「たけもね...

次の

第22話 むいてしまってごめんなさい

むい くん 可愛い

数日経って男の体に戻る事ができたのは良いが俺は今大変な目に合っている。 無惨「男でも構わない鬼になれ」 童磨「義勇くんは男になっても可愛いんだね〜」 猗窩座「義勇!俺はお前が好きだ!」 鬼に絡まれている。 何でこんなに鬼が集まってくるんだ。 ここは無視して早く立ち去ろう。 無惨「何故逃げるんだ」 義勇「…」 童磨「無口なところも可愛いね!」 義勇「…」 猗窩座「義勇!まずは付き合う事からから始めよう!」 義勇「…」 走っても走っても付いてくる。 しまった!行き止まりだ… 無惨「やっと追い詰めたぞ」 義勇「近寄るな」 童磨「ねぇねぇ俺のものになってよ」 義勇「ならない」 猗窩座「付き合ってくれ!」 義勇「嫌だ」 じりじりと近寄ってくる。 怖い…誰か助けてくれ。 宇髄「てめーら何やってんだ!」 煉獄「まだ懲りてなかったのか」 胡蝶「冨岡さんに近づくなクソ野郎ども」 実弥「粉々にしてやるよ!」 柱の皆が来てくれた。 無惨「柱が何人居ようが私には勝てない」 柱(こいつが無惨か) 童磨「義勇くん可愛い〜」 義勇「触るな」 いつの間にか上弦の弐が冨岡を触っている。 宇髄「何触ってんだ!」 実弥「ぶっ殺すぞ!」 甘露寺「冨岡さんが汚れちゃう!」 童磨がボコボコにされた。 童磨「みんな酷いよ」 無惨「今のは貴様が悪い」 猗窩座「義勇に触るな」 宇髄「この際言わせてもらうけどよ!冨岡はお前らに好意なんて抱いてねーんだよ!」 柱「もっと言ってやれー」 宇髄「あとそいつ俺の嫁だから」 「「「「は?」」」」 胡蝶「何を言っているんですか?私のですよ」 煉獄「俺の妻だ!」 実弥「俺のだ!」 義勇「え?俺男だぞ」 胡蝶「性別なんて関係ありません」 無惨「冨岡が俺を嫌いな訳ない」 猗窩座「義勇は俺のものだ!」 何故か言い争いが始まった。 義勇「え?どうしたら良いんだ…」 無一郎「冨岡さん、こっち来たほうがいいよ」 時透の近くに避難した。 無一郎「ここ座って」 義勇「ありがとう」 無一郎「冨岡さんも大変だね」 よしよし 時透が頭を撫でてくれた。 義勇「眠たくなってきた…」 時透「僕の足でよかったら貸すよ」 義勇「ん…」 すやすや 無一郎「可愛いなー」 「「「「冨岡は俺のだ!」」」」 無一郎「静かにしてくれない?冨岡さんが寝てるんだけど」 さっきまでのうるささがピタリと止んだ。 宇髄「え?冨岡寝てんの?」 煉獄「寝顔も可愛いな」 胡蝶・甘露寺・伊黒「可愛い」 猗窩座・童磨・無惨「可愛い」 伊黒「貴様らは帰れ」 また騒がしくなった。 無一郎「いい歳して静かにすることもできないの?」 「「「ごめんなさい」」」 義勇「ん…」 すやすや 「「「「「可愛い」」」」」 それからも皆んなから義勇へのアプローチは止まらなかった。

次の

#6 朝起きたら女になってた冨岡さん最終話

むい くん 可愛い

私は今、猛烈に体中が痛い。 筋肉痛である。 宇髄さんにつけられた訓練で、足は痛いわ腹筋は痛いわ、何より恐ろしいほどやらされた素振りのせいで腕が痛いを超えてなんか震えている。 無理だ。 しのぶちゃんとは言え無理だ。 訓練と訓練の間にせめて1週間は間をあけてくれよ… でも!隊士の皆さんはこんなのをやって来ている!柱に教えて貰うなんて贅沢なんだ!! がんばれ!私!! はる「やっぱ無理だ…」 筋肉痛が痛すぎて立てない。 必死の思いで立って、布団をたたみ、朝食を頂き、着替えて訓練場に向かう。 お館様に頂いた服は風通しも良いし動きやすいし丈夫だし、あっちの世界でも着たいくらいだ。 壁にすがって歩いていたものの、足が産まれたての子鹿のようにガクガク震えている。 自分でも笑えた。 その時、うっかりバランスを崩してどってーんと転んでしまった。 「わっ!大丈夫ですか?!」 そう声をかけられて顔を上げると、すごい見た事のある顔。 主人公、竈門炭治郎である。 はる「だ、大丈夫です!」 炭治郎「よかった。 」 私が立てずに座っていたので、炭治郎も目線を合わせて座ってくれた。 炭治郎「俺は竈門炭治郎です。 えっと…」 はる「雪村はるです。 えっと…色々あってこのお屋敷でお世話になっていて、隊士じゃないんですけど、柱の皆さんに訓練をして頂いているんです。 」 炭治郎は一瞬キョトンとした顔をしたが、すぐに ニコッと笑って言った。 炭治郎「そうか!柱の皆さんに稽古をつけて頂けるなんてすごいな!はるは才能があるんだな!」 はる「いや、全く才能無いです。 そこの所だけ誤解しないで下さい。 」 炭治郎「お、、おぅ…。 そういえば、はるはどこに向かっていたの?」 はる「私は、胡蝶様に稽古をつけて頂くため、訓練場に向かっていました!」 訓練より、稽古って言った方がなんかかっこいいなと思った。 炭治郎「そうか!俺は時透くんを探していたんだけど見なかった?今日は合同任務で、ここで落ち合う予定だったんだけど見つけられないんだ…」 はる「ごめんなさい、見てないです…」 炭治郎「そうか、ありがとう。 そうだ!はる、俺と一緒に行かない?訓練場に向かう途中で会えるかもしれないし!」 炭治郎は本当にいい人だなぁ…… はる「ありがとうございます!!」 よいしょっと立ち上がって、炭治郎と一緒に歩き始めた。 時々道に迷ったが、2人で考えて進んだ。 炭治郎もこの屋敷には慣れていないらしく、私も1日ではこの複雑な屋敷の構造を覚えられなかった。 体が痛いのも慣れてきて、気にしなければ普通に歩けるようになってきた。 なにより、大好きな漫画の主人公が隣を歩いていることが嬉しくて、ニコニコしながら歩いていた。 はる「着いてしまいました…霞柱さん、いませんでしたね…すみません、付き合わせてしまって…」 炭治郎「全然!俺ははると話せてとても楽しかったから!」 炭治郎がいい人過ぎて泣けてきた… 「あれ?炭治郎?」 そう聞こえて振り向くと、そこには無一郎くんがいた。 おおーぅ!私の推し!むいくんにまた会えた! きゃーー!っと私は思わずはね回っていた。 炭治郎「時透くん!」 無一郎「探したかな。 ごめんね。 じゃあ行こうか。 」 炭治郎「はい!」 炭治郎と無一郎がテクテクと歩いていってしまう… もう少し話したい、また会いたい! はる「炭治郎!!」 やってしまった!と私は思った。 年上だし、隊士である炭治郎を呼び捨てで呼んでしまった… はる「ご、ごめんなさい…」 炭治郎「呼び捨てでいいよ。 その方が俺も呼ばれ慣れてるし。 敬語もやめて、普通に話してよ。 」 はる「いいの?ありがとう…!!」 炭治郎はホントにホントにいい人…そうだ!言いたいことがあったのに忘れてた! はる「また、会おうね!もっと話したい!」 それを聞いた炭治郎はニコッと笑って、 炭治郎「もちろん!また会えるよ!」 生きて戻れるか分からない、そんな鬼殺隊の厳しさを感じた…。 そうだ。 はる「む…時透さん、あ、霞柱さん?えっと、お久しぶりです。 私が言える事じゃないですけど、任務、がんばってください!」 無一郎「あれ?炭治郎、はると一緒に来たの?」 炭治郎「はい!」 無一郎が自分のことを忘れていなかったことが嬉しくて、嬉しくて、仕方がなかった。 無一郎「僕も敬語じゃなくていいよ。 同い年だから。 はるも、胡蝶さんの稽古頑張って。 」 おおーぅ!応援されてしまった!!いいのかな。 ホントに敬語じゃなくていいのかな。 はる「あ、ありがとう…!むいくん!」 その瞬間、無一郎と炭治郎が雷に撃たれたような顔をした。 炭治郎「むいくんって!むいくんって!すごく可愛い!時透くん、俺もむいくんって呼んでもいいかな。 」 無一郎「だ、ダメだよ炭治郎!はる以外は呼んじゃダメ!」 私が呼ぶことを許してくれたので、嬉しくてニコニコしていた。 むいくんも炭治郎もニコニコしていて、すごく幸せだった。 炭治郎「それじゃあ、またーーーー!!」 炭治郎がいつまでも手を振っていたので、私も手を振った。 いい事です。 」 声の方を見ると、しのぶちゃんが立っていた。 はる「しのっ…胡蝶様、すみません…」 胡蝶「しのぶさん、でいいですよ。 炭治郎くんたちにもそう呼んでもらったりしていますし。 さっきまで無一郎くんと話していたんです。 はるさん、遅刻ですが、微笑ましい会話を見せていただいたので無かったことにしましょうね。 」 はる「すみません…」 しのぶちゃん怖い…ジワジワ来る… 胡蝶「宇髄さんの訓練はどうでしたか?具体的に何を行ったか教えてくださいますか?」 はる「えっと、昨日は、走るのと柔軟を3セットくらいやって、あとはひたすら素振りを見ていただきました。 」 胡蝶「そうでしたか。 あなたくらいの上背があれば鬼の首も切れるでしょう。 素振りを教えるのには私は向いていないので、時透くんや煉獄さん、あとは冨岡さんに教えてもらうといいでしょう。 宇髄さんも二刀流ですし、特殊な刀を使っていらっしゃいますけど…先程の3人の刀は普通ですので。 」 はる「分かりました…」 そういえば宇髄さんに二刀流も教わったなぁ…笑 胡蝶「それでは、今日は呼吸をやってみますか?」 呼吸と聞いて、私はわくわくした。 吹奏楽部だったので肺活量は少なくは無かったけれど、この世界では全然少ないんだろうな…でも、楽しみだ! はる「はい!!」 胡蝶「それでは!」 そう言ってしのぶちゃんは手をパチンとたたいた。 胡蝶「訓練場、100周してきてくださいね!」 ゾッとした。 なに?100って。 ここ凄い広いんだよ?足痛い…始めは足が痛くてノロノロと走っていたが、なんだか走るのに慣れて、痛いのにも慣れて、楽しくなってきた。 頑張るぞぉー!! そう思ったらすごいスピードが出て、自分でも驚いた。 宇髄さんが50周する間に3周はできそうだった。 昨日の1. 5倍…道は険しいな。 はる「終わり…ゼェ…ゼェ…ました…ハァ」 胡蝶「それでは、全集中の呼吸について、説明しますね。

次の