カラオケ イングリッシュ。 イベント

七田式英語教材

カラオケ イングリッシュ

ビリからペラになったり香さんの英語トレーニング術を初公開! この1冊で、聞く話すコツがつかめる 料理研究家 行正り香さんが、高校・大学とアメリカ留学して、0から学んだ英語トレーニング術のコツを伝授。 り香さんが数々の失敗から見出した「声を出して英語を練習する」メソッドを初めてご紹介! 行正流メソッドで、あなたに合った英語の靴を手に入れて、新しい夢を実現してくださいね! 行正り香 ゆきまさ りか 1966年、福岡県生まれ。 料理研究家。 またアクティブラーニング教材「カラオケ! English」、キッズ無料サイト「なるほど! エージェンント」、アプリ「今夜の献立、どうしよう? 」などを手がける株式会社REKIDS代表。 カリフォルニア大学バークレー校卒。 帰国後は電通でCMプロデューサーとして活躍し、在職中から料理本を出版。 著書は50冊以上。 中国語版、韓国語版にも翻訳されている。 2011年よりNHKワールド料理番組「Dining with the Chef」に出演。 主な著書に『19時から作るごはん』 講談社 、『肉の本』 扶桑社 、『行正り香のインテリア』 講談社 など。 著者略歴 「BOOK著者紹介情報」より 米国で勤務している時に、著者がパックンと出演しているNHKの料理番組を視聴しました。 とても品位があり上質な暮らしをされている方だろうなと印象を持っておりました。 今回、著書を拝見し、使える英語を習得するノウハウがきっちり押さえられていると感じました。 英語で仕事をしはじめた際に、不思議と伝わりにくいと実感することが多く、 母音の発音から直していったことなどを思い出しました。 本書のような使える英語学習本に触れて、改めて感じるのは、 日本の英語教育っていったい何だったんだろう。。。 著者が記しているように、英語は道具、道具は使い方を指導するのが、良いんでしょうね。 大変読みやすく、まったく読み疲れしない本でした。 行正さんの英語教室に通い、英語コンテンツ[カラオケイングリッシュ]をほぼ毎日続けていたら、最近はニュースのトランプ大統領の声が単語で聞こえ始めました。 スリムな行正さんの太っ腹な一冊。 ご自身の体験や学びの視点が明快に書かれたエッセイもあわせて読むことで、英語を練習する時間が豊かにものになっていきます。 色鉛筆でお花を塗ったり、学びの蓄積を可視化していく手立ても楽しめます。 英語関連本は書店に数多並び、コンテンツもいくらでもありますが、この一冊を繰り返し学ぶことがゴールへの最短距離。 画期的なメソッドてす。 本書は行正り香さんの英語学習メソッド集であるとともに、1つの物語、はたまたエッセイとしても完成された一冊だと思いました。 全く英語が話せなかった筆者が、英語という世界を歩くための靴を手に入れるまでの物語。 それをベースに、体験者だからこそ語れる学習方法が、わかりやすく解説されています。 特に発音についての学びの章は必読です。 メソッドの合間合間に織り込まれるコラムも、読み応え満点。 海外留学で英語を話せるようになる方は多いと思いますが、その経験を元に、「なるほどエージェント」や「カラオケEnglish」などの学習コンテンツを作ってしまうり香さんのバイタリティは並のものではありません。 ポジティブに人生を生きる姿に感化され、自分も頑張ってみようかなと思える一冊です。

次の

H264_「舟唄」_(英語) / イングリッシュ演歌家元 シーゲル・カジワラ

カラオケ イングリッシュ

楽しく英語を学べる「カラオケEnglish」の活用の仕方、そして楽しみ方セミナーです。 カラオケEnglishは3歳児から大人まで、中学文法をベースに声を出しながら英語を学ぶ教材です。 英語の基礎を固めることが目的ですが、例文の内容は文章ではなく、イラストで理解できるようになっています。 イラストにはキャラクターがでてきて、彼らの家やインテリアは、世界の建築をモチーフとしています。 今回は英語を学びたい方に必ずお役に立つカラオケEnglishの学び方、そしてイラストの大切な要素となっている家やインテリアについてセミナーを開きます。 1時間はセミナールームで座学。 その後は、学んだことを確かめつつリビングデザインセンターOZONE を実際に歩きながら、素材や家具についてお話をさせていただきます。 私、行正り香もリビングデザインセンターOZONEには昔から通い詰めております(笑)。 こちらに通い、世界の建築や、壁、木の素材について学ぶことで、カラオケEnglishのキャラクターたちの家や町が出来上がりました。 夏の楽しい午後となりますよう。 お申し込みは先着順とさせていただきます。 「ビリから学べる英語術」の出版を記念して、英語の学び方、英語が上手に聞こえる発音のしかた、英語学習を続けるコツ、英語を通じたお仕事体験談などについてお話をさせていただきます。 何度も挫折したけれど、英語をもう一度やりなおしたいという方、お子様に自宅で英語を学ばせてあげたいという方、英語を学んでいるけれど通じないとお悩みの方、行正り香が「ビリ学生だったからこそ気がついた、さまざまな英語学習法」をお伝えさせていただきます。 当日は、「カラオケEnglishを活用した英語の学び方」についてもご紹介いたします。 ぜひご参加ください。

次の

行正り香さんのカラオケイングリッシュ : Mederu Blog

カラオケ イングリッシュ

5月からほぼ毎日、英語の勉強をしています。 教材は、「行正り香さんのカラオケ!English」 こちらを、り香さんからお声かけいただき(現在はインスタグラムで募集され、いくつかのクラスがあります)毎月り香さんのスタジオに通って、クラスの皆さんと一緒にコツコツとやっています。 カラオケイングリッシュとは、り香さんの会社で12月ローンチされる、スマホやパソコンでできる、中学文法を声に出して学ぶ英語教材。 スマホやパソコンの録音機能を使って、教材にならって録音しながら英語を話します。 自分の発音を聞くことによってどこがお手本の発音と違うのかがすぐにわかり、すぐになおすことができます。 お手本をすぐに徹底的に自分の声でアウトプットすることによって英語を身につけていきます。 もちろん、何度も練習しないと発音の難しいものもたくさん!でも、基本の基本からできますので(カラオケイングリッシュの最初のふれこみはビリでも出来る英語!(略してビリ英語と皆で言ってました)のとおり、あいさつやbe動詞から始めることが出来ますので(わたしも挨拶からはじめました)、お子様でも無理なくスタートすることが出来ます。 実際うちの子供たちは私とほぼ同時期から毎日やっています。 私より時間をかけていないのに、なぜか子供たちの方が身に着くのが早く、若い脳みそは素晴らしいわぁ、私も子供の時カラオケイングリッシュやりたかったな・・・と思いました。 毎日、と何度も言っていますが、やはり、英語はほぼ毎日、少し休んでもとにかく続けることが英語をマスターする道なのではないかなぁ、と思います。 り香さんのクラスでは、3カ月に1度メンバーを変えながらLINEグループを作り、ほぼ毎日報告メールをしあいます。 お休みした時も、さぼった時も(笑)そのまま正直に。 多忙や寝落ちで(笑)メールできない時もありますが、励まし合ったり分からないところは聞き合ったり、時には美味しいものの話や日々の話をしたりします。 継続することにあたって、この仲間のみなさんの存在がとても大きいです。 り香さんのところに集まる方は穏やかで楽しく話しやすい方ばかりで、本当にありがたいです。 毎日英語をやり、毎日報告する。 これで今まで英語の勉強が1日坊主だった私が楽しく半年続けられ、習慣になりつつあります。 毎月、大好きなり香さんと、超素敵なり香さんのスタジオに行けるのも、最初はド緊張していましたが、今ではドが取れて(笑)緊張しつつも楽しく通っています。 そして!この度、カラオケ!Englishがeラーニングアワード大賞というイベントのアクティブラーニング特別部門賞を受賞されました!!ローンチ前なのに受賞です!本当にすごい!自分の事のように嬉しいです。 続かない私が楽しんで続けられている、少しづつだけど英語が分かってきている実感があるので、上質なコンテンツなのだと思います。 スマホでパソコン画面を見たらこんな感じです。 愛すべきキャラクター達(またまだ楽しいキャラクターがたくさんいます!)が様々なストーリを見せてくれます。 これからも、カラオケイングリッシュを続けていくにあたって、ブログでも時々、英語の勉強の事を書いていきたいと思っています。 先日ブログに書いた、やりたかったことで今取り組んでいることの1つは、英語です。 ず~っとやりたかった英語。 でも敬遠していた英語。 コンテンツの画面の言葉「英語が話せる人生を」届けて下さり、継続できるようなしくみとコンテンツを作ってくれたり香さんと携わった方達には本当に感謝しています。 com.

次の