タマルweb。 Webを利用した遠隔監視端末の有効活用|データマル®(DL8シリーズ)

テレメータ・Webロガー

タマルweb

カタログ名 カタログNo. 改No. データ 電子ブック 【製品紹介とアプリケーション事例】 エム・システム技研の ワイヤレス信号伝送器選択ガイド 500508 改3 IoT時代の現場設置形データロガー Webロガー2(形式:DL30) 500487 改7 【製品紹介とアプリケーション事例】 現場設置形データロガー Webロガー2(形式:DL30) 500498 改6 【アプリケーション事例集】 ユーティリティ設備の集中監視 500531 改6 【ご提案カタログ】 データマル こんなに便利になる実例集 500470 改11 【アプリケーション事例紹介】 自動車工場のクーリングタワー設備の 予知・予防保全にWebロガー2が 採用されました。 500630 改1 【アプリケーション事例紹介】 高温環境の鋳造現場で無線くにまる による 遠隔監視ができました。 500622 改1 920MHz帯マルチホップ無線機器 くにまる登場!! 500472 改12 データマル DL8シリーズ 500437 改14 エム・システム技研のBAコンポーネント 500629 改1 【アプリケーション事例紹介】 AGVをくにまるパトレイバーと Webロガー2で遠隔制御できました。 500601 改1 【アプリケーション事例紹介】 点在する簡易水道の設備を Webロガー2で遠隔監視しています。 500620 初版 【アプリケーション事例紹介】 浄水場の既設テレメータを 多くの実績があるD3テレメータへ 安心して更新できました。 500621 初版 【アプリケーション事例集】 現場で稼働中の機械や装置にWebロガー2を 取り付けるとIoTマシンに変身します。 500540 改2 【アプリケーション事例集】 既設テレメータの更新を エム・システム技研のD3テレメータが お引き受けしています。 500554 改2 【製品紹介とアプリケーション事例】 920MHz帯マルチホップ無線機器 くにまる 500485 改3 【アプリケーション事例集】 エム・システム技研は 道路施設の安全運用と節電を IoT機器でサポートしています。 500561 改1 【アプリケーション事例集】 市場に供給されなくなった工業計器の代替機種を エム・システム技研がお届けした事例集です。 500608 初版 【アプリケーション事例集】 エム・システム技研は 鉄道施設の安全運用と節電を IoT機器でサポートしています。 500581 改1 【アプリケーション事例紹介】 温泉設備管理の見える化を データマルがお手伝いします。 500602 初版 【アプリケーション事例集】 今すぐできる!畜産・養殖の遠隔監視 500534 改2 【アプリケーション事例紹介】 天井クレーンの予知・予防保全が 無線でできます。 500538 改2 【アプリケーション事例紹介】 土地改良区遠隔監視の 経費削減対策は無線で解決! 500591 初版 【アプリケーション事例紹介】 Webロガー2を使ったIoTで管理人の常駐しない! サービス付き高齢者向け住宅の遠隔からの見守りができました 500592 初版 【アプリケーション事例紹介】 大形クレーン(アンローダ)の 予知・予防保全が無線でできます。 500539 改1 【アプリケーション事例集】 今すぐできる酒造工場の遠隔監視を オススメします! 500499 改1 【アプリケーション事例集】 エム・システム技研は設備管理のIoT化で 病院のシステムをサポートしています。 500547 改1 テレメータ・Webロガーシリーズカタログ 500435 改4 【アプリケーション事例集】 土地改良区の遠隔監視・制御 作業の省力化と維持管理適正化のご提案 500491 改2 【アプリケーション事例紹介】 ゴルフ場の給水設備が無線で遠隔監視できます。

次の

Hara Museum Web

タマルweb

ページID1008431 更新日 平成28年9月23日 宇都宮市(うつのみやし)には、スポーツや芸術(げいじゅつ)をはじめ様々(さまざま)な分野(ぶんや)で、日本一(にほんいち)になったり日本(にほん)を代表(だいひょう)する活躍(かつやく)をしている人(ひと)がたくさんいます。 そんな、輝(かがや)いている「宮(みや)っこ」を紹介(しょうかい)します。 亜鉛(あえん)めっき加工(かこう)で日本一(にほんいち) 0. 1ミクロンを追求(ついきゅう)する職人(しょくにん)の技術(ぎじゅつ) 全国(ぜんこく)めっき技術(ぎじゅつ)コンクールの亜鉛(あえん)めっき部門(ぶもん)で、最優秀賞(さいしゅうしょう)の厚生労働大臣賞(こうせいろうどうだいじんしょう)を受賞(じゅしょう)した西島(にしじま)さん。 今回(こんかい)が6回目(かいめ)のチャレンジでした。 「今(いま)まで悔(くや)しい結果(けっか)が続(つづ)いていたので、うれしいです。 あきらめずに挑戦(ちょうせん)し続(つづ)けた結果(けっか)だと思(おも)います」と笑顔(えがお)をのぞかせます。 めっきは、日常生活(にちじょうせいかつ)から医療機器(いりょうきき)や自動車(じどうしゃ)の部品(ぶひん)まで、幅広(はばひろ)く使(つか)われるなくてはならないものです。 「皆(みな)さんの暮(く)らしを支(ささ)えていることがやりがいです」と自(みずか)らの仕事(しごと)に胸(むね)を張(は)ります。 1ミクロン(1万分(まんぶん)の1ミリ)のレベルまで追求(ついきゅう)する技術力(ぎじゅつりょく)を持(も)つ西島(にしじま)さんですが、「技術(ぎじゅつ)だけでなく、理論(りろん)や経験(けいけん)に裏付(うらづ)けされた勘(かん)も重要(じゅうよう)。 大切(たいせつ)なことは、自分(じぶん)がやると決(き)めたことはできるまでやり続(つづ)けることだと思(おも)っています」と職人(しょくにん)としての表情(ひょうじょう)を見(み)せます。 西島(にしじま)さんが働(はたら)く会社(かいしゃ)の社長(しゃちょう)の林直昭(はやしなおあき)さんは、ものづくりに関(かん)する国内最高表彰(こくないさいこうひょうしょう)の「現代(げんだい)の名工(めいこう)」を史上最年少(しじょうさいねんしょう)(40歳(さい))で受賞(じゅしょう)しています。 「自分(じぶん)もいつか現代(げんだい)の名工(めいこう)を受賞(じゅしょう)できるようさらに技術(ぎじゅつ)を磨(みが)いていきたい」と、未来(みらい)を見据(みす)える西島(にしじま)さん。 その挑戦(ちょうせん)は続(つづ)いていきます。 2013年度(平成25年度)広報うつのみや掲載分• 2014年度(平成26年度)広報うつのみや掲載分• 宇都宮(うつのみや)タマル工業(こうぎょう) 西島 弘尚(にしじま ひろなお)さん 2015年度(平成27年度)広報うつのみや掲載分• 2016年度(平成28年度)広報うつのみや掲載分• 2017年度(平成29年度)広報うつのみや掲載分• 2018年度(平成30年度)広報うつのみや掲載分• 2019年度(令和元年度)広報うつのみや掲載分• 2020年度(令和2年度)広報うつのみや掲載分.

次の

Hara Museum Web

タマルweb

2018年12月14日 7:00 内閣府『がん対策に関する世論調査』(平成28年)によれば、がんが怖いと思う理由の上位に「治療費が高額になる場合があるから」が挙げられている。 だが、その「治療費の総額」を知っている人は、どれくらいいるだろうか。 怖いのは、「お金がかかること」よりも「正しい金額を知らないこと」なのだ。 怖いから不安、不安だから怖い アメリカンファミリー生命保険会社(現アフラック)が行なった「がんに関する意識調査」(2011年)では、がん治療にかかわる費用(入院、手術、薬代など)がどの程度かかると思うかを尋ねたところ、がんにかかったことのない回答者の半数以上が「300万円以上、もしくは300万円程度」と回答した。 一方で、がん治療を経験した人の66%が「50万円程度」ないし「100万円程度」と回答。 このギャップは現在も歴然と存在し、がん罹患経験のない人は「がん治療にかかる総費用」に関する知識が乏しいままだ。 そうした不安を如実に反映しているのが「がん保険」だ。 「がん治療費. com」を運営する笠井篤氏が指摘する。 「『がんになったけど治療費はどれくらいかかりますか?』と相談をされる方は非常に多い。 実際には、公的保険制度が適用される標準治療なら意外とおカネはかからないのですが、その事実を知らず、経済的な不安を漠然と感じている人が大勢います。 がん治療にかかる自己負担の『総額』がいくらなのかを正しく知ってさえおけば、がんに関する治療費の不安も解消されるはずです」.

次の