上原美佐 引退。 上原美佐 (1983年生)

上原美佐 (1937年生)

上原美佐 引退

0 「隠し砦の三悪人」上原美佐 上原美佐という、まったく無名の新人がお姫様役として抜てきされた。 その上原美佐が経歴詐称で騒がれたことがあった。 この作品でお姫様役が一般から募集され、上原美佐という、まったく無名の新人が抜てきされ主演した。 このときの彼女の役はあまりセリフもなく、黒澤監督の演出のせいもあって、ボロも出さず、大いにイカス新人として注目された。 なにしろ彼女は徳川義親元侯爵が、孫娘のようにかわいがっていた遠縁の娘ということだった。 当時「隠し砦の三悪人」の記者会見の席上、黒澤監督とともに上原美佐、そして徳川義親が同席して「上原は遠縁にあたります」といったのだから、保証付きである。 彼女の風貌も、いかにもおっとりしているし、まがうことなく貴き家の出と感じさせたものだ。 ところが、記者会見後、旬日を出でずして「上原さんは徳川家との血のつながりがなく、将軍家の孫娘は私の方です」という娘さんが名乗りをあげ、上原美佐の前歴、いや毛並みに横ヤリが入った。 名乗り出た直系のお嬢さんは、徳川義親の実兄の孫娘・徳川和子さん。 彼女はその春まで宝塚に席をおき、雪組で葵美津子として三年間舞台を踏んでいた。 「おじさまが上原さんを縁続きだといって応援してくれるなら、なぜこの私にもやってくれなかったのかしら—-」、と、いうエゴイズムが、和子さんの胸をふるいたたせた。 「上原さんは良く知っております。 あの人が抜てきされたことについては別に何とも感じていません。 でも、徳川の遠縁だとか、孫だとかいうのだったら、そんなことはゼッタイないといいきれます。 おじさまが可愛がっていたのは事実です。 それを利用するのはイヤな話です」和子さんの母親・徳川喜和子さんは芸能界のことは知らないので、この問題はただ笑っているだけ。 では上原美佐は一体何者? 昭和12年3月生まれ、当時20歳。 福岡女子高校から文化女子短期大学に学び、在学中から校長の徳川元侯爵にかわいがられ、卒業後、上京すると徳川宅に泊まり、徳川さんの行く先々に付いてまわるほどだった。 そのため徳川家の孫娘のように思われ、名古屋での試写会で東宝プロデユーサーにスカウトされ、「隠し砦の三悪人」のヒロインに決まったのだった。 活動屋の面目躍如といえようか。 収まらなかったのは本モノたち。 彼女はいわば静かなるドライ娘であったのだ。 そんな話題もあった「隠し砦の三悪人」だったが、上原美佐は、あの少しかん高い声で難しいセリフや演技を良くこなした。 黒澤監督が「気品と野生の二つの要素がかもしだす異様な雰囲気」で採用したと言うが、その意図が良くわかった。 作品は昭和33年の興行収入ベスト・テン5位と健闘した。 その後上原美佐は、一躍スターとなり、「戦国群盗伝」「独立愚連隊」「日本沈没」などに出演するが、「私には女優としての才能が無い」と言って、2年であっさりと引退してしまった。 平成15年、66歳で他界している。 Filed Under: , Tagged With: , , Primary Sidebar.

次の

昭和30年代上原美佐さんは、女優を直ぐに引退しましたが、人気があったのに何故...

上原美佐 引退

来歴・人物 [ ] に『』でデビュー。 に『』で初主演。 には監督の映画『』で主演を果たす。 『』では、当時29歳ながらほぼで17歳の女子高生を演じた。 彫りの深い顔立ちと均整の取れたの秘訣は、「と」というでもある。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (2004年11月-12月) - 楠花梨 役• (2005年1月-12月) - 手古奈 役 系• 第5話(2011年、) - 三条実花 役• 第5話(2012年、読売テレビ) - 大西冴子 役 系• (2000年10月-12月) - 明峯響子 役• (2001年) - 林麗子 役• (2002年)- 真鍋周子 役• (2003年) - 倉木真弓 役• (2005年4月-6月) - 小谷毬子 役• (2008年7月-9月) - 高塚薫 役 系• (2002年1月-3月、) - 風間めぐみ 役• 第3話(2002年) - 真崎奈津子 役• (2002年7月-9月、関西テレビ) - 松本アリス 役• (2003年7月-9月、関西テレビ) - 坂上明日香 役• (2004年1月) - 山崎良美役• (2004年7月) - 小川友香 役• 「誰かが囁いている」(2004年3月) - 原田さやか 役(主演)• 「真夜中のサイレン」(2004年12月) - 青竹千咲 役(主演)• 『RUNNER'S HIGH』(2004年) - 高原あすか 役• (2005年)• (2006年) - 太田和子 役• (2006年4月-6月) - 弘田沙織 役• 土曜プレミアム・アテンションプリーズスペシャル〜ハワイ・ホノルル編〜(2007年1月) - 弘田沙織 役• アテンションプリーズスペシャル〜オーストラリア・シドニー編〜(2008年4月) - 弘田沙織 役• (2006年10月-12月) - 多賀谷彩子 役• 2007年 秋の特別編「自販機男」(、フジテレビ) - 川井田美月 役• 僕と彼女の間の北緯38度線(2007年、関西テレビ) - 金美姫 役• (2007年) - 吉野加奈子 役• 第5話(2008年) - 韮沢の娘・奈津子 役• 特別企画・(2010年) - 水谷香苗 役• 第9話 - 最終話(2011年) - 剣持留美 役• (2012年10月-12月) - 工藤美希 役 系• (2003年)• (2004年) - 島崎美和 役• グルメ弁護士VSダイエット検事(2005年、朝日放送制作) - 三崎若葉 役• (2011年) - 山名冬美 役• (2012年) - 西条美保 役• (2012年) - 三村茜 役• (2006年1月-3月) - 杉原七々美 役• (2007年4月-6月、共同制作) - 鳥居玲奈 役• (2010年1月-3月、朝日放送共同制作) - 白井尚子 役• (2012年) - 大島悦子 役 系• (2005年4月27日) - 清水優子 役• (2011年11月2日) - 児玉梨奈 役 系• ・(2011年) - 中山由香 役• ・(2011年4月3日) - 深沢美香 役 テレビ出演 [ ]• (2006年3月20日、フジテレビ) 「アテンションプリーズ」撮影現場から中継出演• (2006年4月10日、フジテレビ) 「アテンションプリーズ」チームとして出演• (2006年4月18日・6月27日、フジテレビ) コーナーゲスト• (2006年10月16日、フジテレビ) 「のだめカンタービレ」チームとして出演• (2009年1月14日、関西テレビ)• (2012年12月9日、フジテレビ)• (2013年2月8日 - 3月29日・7月12日 - 9月27日・2014年6月3日 - 7月29日、フジテレビ) - 旅人• (2013年4月13日、フジテレビ) - 乙姫 役• (2014年1月13日・1月20日、) - 旅人 映画 [ ]• (2003年1月25日) - 遠山いづみ 役• (2003年9月27日) - 佐藤真弓 役• (2005年)• (2006年10月28日) - 井上早樹 役• (2007年3月10日) - 小野薫子 役• (2009年5月9日)• (2014年6月14日) - エミ 役 舞台 [ ]• (2010年5月2日〜24日) 写真集 [ ]• 『Two faces:上原美佐写真集』渡辺達生(撮影)、2002年、、• 『20th anniversary:はたち:上原美佐写真集』渡辺達生(撮影)、2004年、・特別編集、• 『きらきら:上原美佐写真集』玉川竜(撮影)、2004年、メディア・プランナーズ、 イメージビデオ [ ]• 上原美佐 2003 PV [ ]• 『Shine』 2003年 雑誌 [ ]• 『』集英社• 『』 CM [ ]• (2002年-2004年)• (2002年)• 「」(2003年)• (2004年)• キリン(2005年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• コーンチップ(2007年)• 「新キューピーコーワi」(2009年-)• 緑ウェディング「ガーデンテラス東山」(2013年) Web [ ]•

次の

昭和30年代上原美佐さんは、女優を直ぐに引退しましたが、人気があったのに何故...

上原美佐 引退

「隠し砦の三悪人 1958年黒澤明監督作品)」上原美佐、奇跡のヒロイン。 「隠し砦の三悪人 1958年黒澤明監督作品)」上原美佐、奇跡のヒロイン。 数々の犠牲の上に立ってお家再興を目指さなければならない雪姫の悲劇性、 強欲さで分け前をめぐってすぐ喧嘩する太平と又七のユーモラスな掛け合い、 勇壮な真壁六郎太と田所兵衛、と徹底して娯楽性を追及して作られている、 もう娯楽映画の一つの到達点、と言っても過言ではない名作。 黒澤映画初のワイドスクリーン。 三船と藤田の槍での対決シーンに効果的。 槍を相手に向けて構えると両者が横長になるから、横に細長いワイドスクリーンにうまくおさまって見栄えがいい。 それから雪姫が横になって眠っているいるシーンでも 顔から足までが全部入り、大胆な太腿がエロティック。 【上原美佐(雪姫)】 何度も見てるんですが、今回はより雪姫の心情について見ることが出来ました。 自分の見代わりになって死んだ真壁の妹への涙。 男勝りに育てられたための気丈ぶり。 人買いに連れられていた自分の領地の娘を、いくさに負けた責任感から馬を売った金で買い戻す。 捕えられた後、火祭りが楽しかったと旅の思い出を語り、 朗々と火祭りの歌を歌い覚悟を決めるシーン 泣かせます。 ビジュアル的にも先に述べた眠りのシーン、 宿場での立ち姿の気品あるたたずまい、と荒々しさの中に見られるエロティシズムを感じさせます。 上原美佐さんは突如スカウトされて大抜擢でヒロインの座を射止め、短期間で引退してしまったそうで、 これ以外の出演作品もあるんですが、これ以外でお見受けしたことがございませんですが、 この映画での出来は素晴らしいものがあります。 奇跡のヒロインと言ってもいいかも知れません。 【藤田進 田所兵衛)】 後半、非常に重要な役柄です。 ライバルの真壁との槍勝負、 そしてラスト近くの爽快な脱出劇。 このシーンは「火祭りの歌」のアカペラ、 例の決めゼリフとおいしいところ総取り。 【加藤武 落武者 】 オープニング、千秋実と藤原鎌足がとぼとぼ砂漠を歩いているシーンで 突如画面の外から飛び込んできて殺される血だらけの落武者が加藤武だそう。 んで倒れた後騎馬が通過するんだけど、倒れたままの加藤武の頭のすぐそばを馬が通過する。 すっごくヤバい。 馬の脚が頭踏んづけそう。 で騎馬が通り過ぎた後、加藤武の体の向きが変わる。 演出か、馬の脚をとっさに避けたまま固まったのかは不明。 んで動いた後のポーズって言うのが、左手が空を掴むように上がってる。 そのまま固まってる。 んで太平と又七が同じシーンで長セリフしゃべるもんだから、 加藤武そのままずーっと手を上げたまんまのポーズが続いてる。 かなーりキツそう(笑)。 もちろん三船の真壁六郎太、いい出来です。 騎馬で手綱を持たずに敵を斬るシーン、スタントでしょうか? 機知を効かせて関所を通るシーンなどはまってます。 オープニングのマーチ風の曲も勇壮感があっていい。 なかなかアラを見つけるのが難しい、 つまり完成度が高く 雪姫のエロティシズム、 三船の機知に富んだ展開、 藤田進の先に書いた見せ場、 両雄の槍勝負、 そして千秋と藤原の笑わせる掛け合いと もう娯楽映画の一つの〜 頭に戻る)。 1958年東宝・モノクロ 監督:黒澤明 製作:藤本真澄、黒澤明 脚本:菊島隆三、小国英雄、橋本忍、黒澤明 音楽:佐藤勝 出演:配役 三船敏郎:真壁六郎太 千秋実:太平 藤原釜足:又七 藤田進:田所兵衛 上原美佐:雪姫 志村喬:長倉和泉 樋口年子:秋月領の娘 上田吉二郎:人買い 加藤武:落武者 三井弘次:山名の番卒 堺左千夫:足軽 その他、中丸忠雄、沢村いき雄、大橋史典、高堂国典、小杉義男、大村千吉、中島春男、広瀬正一、佐藤允、藤木悠、土屋嘉男 まあ最後にちょっとだけ書くと・・・。 中丸忠雄、沢村いき雄、小杉義男、大村千吉、佐藤允、藤木悠、土屋嘉男・・・ この辺の有名な方たちがどこのシーンに出ているのか、まだ発見できていません。 今後の課題です。 ('11. 0110).

次の