アラジン 実写 ホール ニュー ワールド。 「ホール・ニュー・ワールド」など名曲満載! 実写版「アラジン」US版予告編公開 : 映画ニュース

アラジン実写化の日本語吹き替え歌詞は?アニメ版と比較してみた!

アラジン 実写 ホール ニュー ワールド

日本では1993年に公開されたディズニー映画「アラジン」。 原案が有名な「アラジンと魔法のランプ」であったこともあり、映画の売上や、その後のVHSの売上で記録的な数字となりました。 数あるディズニー映画の中でも「成功作」と呼ばれている作品の一つです。 そのディズニー映画「アラジン」の中に収録している曲「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド)」は映画を見たことがない人や覚えていない人でも「聞いたことがある」と感じるほど有名なバラードの曲ですね。 アカデミー賞でも歌曲賞を受賞した曲です。 ディズニーのバラード自体珍しいわけではないですが、とりわけこの曲は坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」のように頭に残る音楽です。 ピンとこないかたは一度原曲を聞いてみてください。 今回はそんなディズニー映画「アラジン」の 「A Whole New World(ホール・ニュー・ワールド)」の無料のピアノ楽譜を紹介します。 世界的に人気なディズニーの映画の中でも有名な曲です。 無料のピアノ楽譜は、簡単なものから難しいものまでたくさんあります。 そのなかでも完成度の高い楽譜をいくつかご紹介します。 特に初心者の方や子供向けの楽譜をお探しの方は難易度にあった楽譜を選んでみてください。 ピアノ楽譜の画像をクリックするとリンク先へ移動しますので、そちらで詳細を御覧ください。 どの楽譜も、 ダウンロード・印刷は可能です。 紹介する無料楽譜ではどうしても合わないという方はプロが書いた楽譜を書店やネットで購入してみてください。

次の

『アラジン』エンディングを歌うのは新鋭の18歳!

アラジン 実写 ホール ニュー ワールド

アニメ、舞台、実写映画の曲 まずは曲の列挙。 曲数の後ろにかっこ書きをしているのは、台詞部分も含めた全体の時間です。 舞台版は日本公演に合わせています。 太字は他のver. にはない曲です。 なお、アニメ版の翻訳は湯川れい子さん、舞台版の翻訳は『アナと雪の女王』で有名になった高橋知伽江さんです。 ちなみに日本語でアラジンパートの歌唱をしているのは、アニメ版は石井一孝さん、舞台版は島村幸大さん、実写版は中村倫也さんです。 アニメ版 6曲 1時間30分 1. オーヴァーチュア 2. 逃げ足なら負けない リプライズ 5. バブカック オマール アラジン カシーム 8. ダイヤの原石 10. 1幕フィナーレ 12. 一人じゃないさ 16. 自慢の息子 リプライズ 17. プリンス・アリー 王のリプライズ 18. プリンス・アリー ジャファーのリプライズ 19. 2幕フィナーレ 実写映画版 10曲 2時間8分 1. 一足お先に リプライズ 4. スピーチレス~心の声 パート1 5. 一足お先に リプライズ2 9. スピーチレス~心の声 パート2 10. スピーチレス~心の声 各曲比較 こうしてみると結構違いますね。 アニメ版の曲少ない!舞台の上演時間長い! 各曲みていきましょう。 オーヴァーチュア これは歌唱ではないので本来は外すべきなのですが…。 舞台版で使用。 開演前に演奏される音楽のことですね。 幕が上がります 厳密には振り落としなので幕は落ちます。 なお、使用されている曲は「フレンド・ライク・ミー」のみです。 アラビアン・ナイト アニメ版では商人、舞台版と実写映画版ではジーニーによる曲。 物語の始まり始まり~! なお、1992年にアニメ版がアメリカで公開された際、この曲の歌詞が差別的だと批判され、翌年にディズニーは歌詞を変更しています。 当時の記事がこちら。 さらに2019年の実写版でも英語詞が少し変わっています。 こんなところからも、ディズニーが時代への意識を強く持っていることが伝わってきます。 実写版ではこの曲中にアラジンとジャスミンが出会いますが、アニメ版と舞台版ではアラジンのキャラクター紹介のみに使用されます。 アニメ版と舞台版は自分のためにパンを一切れ盗んだために衛兵に追いかけられますが、映画版はジャスミンを助けるために詐欺行為をしたがゆえに追われる身となります。 なお、全バージョン共通で、アラジンは以前は泥棒ではなかったような表現が出てきます。 また、アニメ版と舞台版でジャスミンが頭がおかしいフリをするのですが、実写版にはこのシーンないんですよね。 これも時代? 『アラジン』 アラジンがジャスミンに惹かれる際、隠れたポイントになっているのは彼女が町娘に変装している時に出逢うことです。 — 映画ランナー eigarunner 自慢の息子 アニメ版でカットされ、舞台版で復活した曲。 実写版ではメロディのみ使用されています。 アラジンが亡くなった母を想い、どうにかして泥棒生活を抜け出すことを誓います。 舞台版のアラジンが一番まともに見える人が多いのはこの曲所以。 マザコンっぽいけど。 俳優の井上芳雄さんもご自身のアルバムに別の訳詞を歌っているものを収録しています。 壁の向こうへ 舞台版のみの曲。 ジャスミンがお城を抜け出して市場に行ってみようと歌います。 3人の侍女たちも参加。 ジャスミンのお部屋での歌唱。 舞台版と実写版では、侍女がジャスミンの脱走を後押ししますが、アニメ版では自分だけで出ていきます。 なお、ジャスミンのペット、ラジャーは舞台版には出てきません。 スピーチレス~心の声 実写映画版のみの曲。 ジャスミンのソロ。 実写版のキーナンバー。 「壁の向こうへ」より力強さが増しています。 言葉にならない本当の思い…みたいな感じかな?さらにそれを叫ぶという。 ミュージカルの歌唱は基本的に「感情が溢れて歌い出す」ものなので、まさしくその役割を果たしています。 アニメ版だとジャスミンは「ホール・ニュー・ワールド」しか歌わないと考えると、時代も変わるんですね。 バブカック・オマール・アラジン・カシーム 舞台版のみの曲。 そもそもバブカック、オマール、カシームが舞台版にしか登場しないキャラクターです。 真っ当だけど楽な方法でお金を稼ぐため、4人でパフォーマンスを披露。 舞台ではこの曲の途中にアラジンとジャスミンが出会います。 行こうよ どこまでも 舞台版のみの曲。 アラジンとジャスミンのデュエット。 「ホール・ニュー・ワールド」よりも前に、アラジンがジャスミンの身分を知らないタイミングで歌われます。 自由に旅に出ることを夢見る歌詞。 すっかり仲良くなる二人ですが、この二人の言う自由の意味が少し違うこともポイント。 ダイヤの原石 舞台版のみの曲。 ジャファーとイアーゴがアラジンを危険な洞窟に誘い込むために歌います。 ジャファー🐍を担当したアニメーターさんによると「ジャファーは激怒して我を忘れたかと思うと、すぐ抑えて冷静になる男」😱とても礼儀正しくて、1日に3回もお風呂に入るような人物、という裏設定があるのだそうです😖😖 — アンク@金曜ロードSHOW! 舞台版はこの曲だけで約7分あり、途中は別のディズニー作品の曲も歌われます。 『美女と野獣』、『リトルマーメイド』、『ポカホンタス』ですね。 ちなみにアニメ版には他の作品の曲は出てこないですが、キャラクターは多用されています。 ・美女と野獣のビースト ・リトルマーメイドのセバスチャン ・ピノキオ ・ジーニーがかぶってるグーフィー帽子 — 茉莉花べにこ beniko71 1幕フィナーレ 舞台版のみの曲。 ここでアラジンは一つ目の願いで王子様に変身します。 ジーニーは変身させたあと、魔法の絨毯を準備することを示唆します。 そもそも舞台版では絨毯に人格は与えられておらず、「ホール・ニュー・ワールド」と「2幕フィナーレ」でアラジンとジャスミンが乗るだけです。 舞台版だけアリ王子じゃなくて、アリー王子なんですね。 歌い出しを担当するのは舞台版では3人のマブダチ、実写版ではジーニー、アニメ版ではジーニーの魔法で出てきた召使いです。 パレードはとにかく派手。 実写版のアラジンが少し戸惑った顔をしていたのが印象的でした。 関係ないか。 この曲でジャスミンはアリー王子とアラジンが同一人物だと気付きますが、タイミングやきっかけが違います。 訳詞も各バージョンだいぶ違いますね。 まだ実写版の歌詞に慣れない…。 舞台版の日本語詞ではホール・ニュー・ワールドという単語が出てこないのも注目ポイント。 間奏の長さもかなり違います。 翻訳については、こちらの比較記事が面白かったです。 。oO(いい機会なので、実写版「ホール・ニュー・ワールド」もお送りしますね…) — ディズニー・スタジオ disneystudiojp 危険な冒険 舞台版のみの曲。 バブカック、オマール、カシームの3人が危険に巻き込まれたアラジンを助けに行こうと歌います。 が、逆に捕まります。 一人じゃないさ 舞台版のみの曲。 ここでアラジンは二つ目の願いを使い、地下牢から逃げ出します。 歌い終わったらすぐ3人のマブダチはまた捕まります。 歌わずに早く逃げれば良かったのに。 アバヨって、アバヨ…。 しかもカタカナ…。 2幕フィナーレ 舞台版のみの曲。 物語の大円団。 ジーニーの「やっぱりハッピー・エンドじゃなきゃ!」という言葉とともに華やかなフィナーレを迎えます。 まとめ アニメ版、舞台版、実写版のそれぞれで用いられている曲、歌詞、意味は違いますが、全てディズニーの『アラジン』です。 正解や不正解ではなく、表現方法が違うだけです。 その違いがある分、『アラジン』の世界は豊かになっています。 改めてそれぞれの『アラジン』に触れてみることで、「新しい自由な世界」を見つけられるかもしれません。

次の

映画「アラジン」実写版とアニメ版の設定の違いは?魅力や見る価値あるかどうかも

アラジン 実写 ホール ニュー ワールド

2019年6月7日(金)公開のディズニー最新作 『アラジン』の オリジナル・サウンドトラックが、英語盤、日本語盤、そしてその両方の内容を収録したデラックス盤の3形態で6月5日(水)に発売されることが分かった。 また、5月10日より、ZAYN(ゼイン)&ジャヴァイア・ワードによる本作のエンドソング「ホール・ニュー・ワールド」も先行配信されており、そのMVが公開された。 全世界に大旋風を巻き起こし、映画史に残る珠玉の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を生んだ名作アニメーション『アラジン』。 空前のスケールでの実写化となる本作では、『リトル・マーメイド』『美女と野獣』などのディズニーの名作を手掛け、アカデミー賞を多数受賞した作曲家アラン・メンケンがアニメーション版に続き、音楽を手掛ける。 また、映画『ラ・ラ・ランド』や『グレイテスト・ショーマン』の音楽を担当した ベンジ・パセクと ジャスティン・ポールによるコンビも本作に参加しており、新曲を手掛ける。 英語盤には、ランプの魔人ジーニー役の ウィル・スミスや、アラジン役の新鋭 メナ・マスード、ジャスミン役の ナオミ・スコットなどによる英語歌が収録。 中村倫也と木下晴香による、アラジンとジャスミンの歌声はもちろん、アニメーション版に続いてジーニー役の吹替を担当する山寺宏一のコミカルな歌唱も楽しめる。 さらに、上記のオリジナル・キャストによる英語歌バージョン、プレミアム吹替版キャストによる日本語歌バージョンを両方収録した2枚組み豪華デラックス盤も発売される。 また、これらの3形態全てに、 アラン・メンケンによるスコアも収録される。 1992年度のグラミー賞やアカデミー賞などを総なめにした名曲が、27年の時を超え、二人の奇跡のコラボレーションによって現代に蘇った。 このMVを監督したのは、ビヨンセやテイラー・スウィフト、エド・シーランなどのMVも手掛けたフィリップ・アンデルマン。 こちらの楽曲はApple MusicやSpotifyなど、各音楽配信サイトにて先行配信が開始され、iTunesではアルバム予約も受付中。 なお、こちらの楽曲はCD3形態全てに収録される。 lnk. lnk.

次の