電報の送り方。 葬儀への弔電(お悔やみ電報)の送り方とマナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

レタックス

電報の送り方

弔電をインターネットで申し込む人が増えています。 クレジットカード払いに対応しているので便利です 電話で弔電を打つ場合は、NTTの115番に電話すればよいですが、受付時間が8時から22時までに限定されているので注意が必要です。 料金は台紙の種類と文字数によって異なり、だいたい1000円~3000円が一般的な費用となります。 あらかじめ文章を考えておきます。 NTTの文例(下記参照)の一部の言葉を入れ替えて利用することもできます• 弔電の送り先の住所、名前を調べておきます。 最近は自宅で葬儀が行われないケースが多いので、通常は通夜・葬儀が行われる斎場・式場宛に送ります• 局番なしの「115」に電話します• オペレーターが出たら、自分の電話番号と名前を告げ、送り先の住所と名前を告げます• 台紙を選びます• 電報に記す文章をゆっくり読みます。 NTTの文例を使用する場合は、文例番号を告げます• 送り主の名前を入れる場合は、名前(会社名、役職など)を告げます• オペレーターが復唱するので確認をします• (23文字) 7502:ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 (46文字) 7522:ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 (48文字) オペレーターの指示に従えば、誰でも簡単に弔電を送ることはできますが、昔と違って今は全部がカタカナというわけではありませんので、先方の住所や名前などをくれぐれも間違えないように注意しましょう。 インターネットからも簡単、NTTの弔電サービス 電話ではなく、NTTのサイトを経由して申込をする場合は24時間受付可能。 事前登録も不要で、クレジットカード払いOK。 電話でオペレーターに口頭で告げるより、住所や名前などの間違いがないという点でも利用価値大です。

次の

電報なら【ほっと電報】|ソフトバンクグループ

電報の送り方

Contents• 弔電にはどんな送り方がある?注文の仕方は3種類 弔電は、お葬式で読み上げられる電報なので、少なくともお葬式が始まる前までには届けられる必要があります。 そのため訃報を受け取ったらすぐに手配するようにしましょう。 弔電を送る方法には何があるのか、まとめました。 弔電を送る方法• NTTの電報サービス(DーMAIL)を利用する• 郵便局の電報サービス(レタックス)を利用する• そのほかインターネット電報サービスを利用する 弔電を送る手段のうち、それぞれどのような特徴があり、どんなメリットとデメリットがあるのかを解説します。 弔電の送り方1、NTTの電報サービス(DーMAIL)を利用する NTTの弔電は、昔から一般定期に利用されてきた電報サービスですね。 NTTの弔電は、局番なしの115に電話をかけて注文する方法と、インターネットで注文する方法(D-MAIL)があります。 電報といえばNTTというイメージが強いので、NTT以外の選択肢を知らないという方も多いかもしれません。 それくらいネームバリューのあるNTTの弔電ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 NTTで弔電を送るメリット・デメリット メリット ・注文方法が電話とインターネットが選べる ・無料の台紙がある ・フラワー電報で、供花を送ることもできる デメリット ・オプション料金がかさむと合計金額が割高になる ・メッセージ料がかかるため、文字数が多くなると合計金額が高い ・差出人名も(住所を入れる場合は住所も)文字数にカウントされる。 ・時間指定ができない NTTは弔電を電話注文できるため、インターネットの利用がむつかしい人にとって嬉しいサービスですね。 電報料金の計算の仕方は、次のとおりです。 電報料金の計算 メッセージ料+台紙料金+オプションサービス料金+消費税 気になるメッセージ料金は、25文字までだと660円。 5文字増えるごとに90円課金されるシステムです。 オプションサービス料金というのは、受取人を連名にしたり、文字を毛筆書体に変えるなどの依頼に応じて課金されます。 NTTで弔電を送ると最短でいつ届く? NTTの弔電サービスで送った場合の到着時間は、申し込み時間によって3つに分けられています。 無料台紙、本当に大切なあの人の最期の別れに使いますか? NTTには、選択できる台紙のなかに「無料」のものもあります。 参照:NTT(DーMAIL)の無料台紙 しかしご覧のとおり、無料の台紙は余分なものがなくシンプルすぎるデザイン。 本当にこれを大切な方の最期の別れに使いますか? たしかに弔電ひとつで誠意のあるなしは関係ないかもしれませんが、シンプルすぎて、木で鼻をくくったようにそっけない印象を先方に与えかねない、という心配もあります。 お得にデザイン台紙を送る裏ワザは「」をお読みください。 弔電の送り方2、郵便局の電報サービス(レタックス)を利用する 弔電を郵便局から送る方法に、レタックスというサービスがあります。 レタックスは冠婚葬祭、さまざまなシーンに利用できる電報。 正式名称は、ファクシミリ送信型電子郵便といい、実はファックスを利用して送信されるメッセージなんですよ。 レタックスのシステム• 受注した弔電(原稿)を配達支店へファックス送信• 受信した文面を指定台紙に貼り付け、弔電を作成• 送付先に速達として配達 レタックスはこのようなサービスです。 では次にレタックスの特徴を、メリットとデメリットに分けて説明します。 レタックスで弔電を送るメリット・デメリット メリット ・シンプルな「かんたん作成」と、テキストや写真を編集する「こだわり作成」が選べる ・ 無料の台紙がある ・文例や台紙の選択肢が少ないため、迷わずに済む デメリット ・台紙の種類が少ない ・メッセージ料がかかるため、文字数が多くなると合計金額が高い ・線香やお花など付属品と一緒に送るサービスはない ・供花が送れない POINT もし配達日に希望がある場合は、「当日配達ができるか」「締め切り時間はいつか」「配達日や配達時間を希望できるか」を郵便局に問い合わせてみるほうがいいでしょう。 弔電の送り方3、インターネット電報サービスを利用する 弔電をインターネットで注文できるサービスは、いまどんどん増えています。 24時間365日、いつでも注文を受け付けてくれるのが、インターネット電報の良いところですね。 そのほかにもどんなメリットがあるのでしょうか。 インターネットで弔電を送るメリット・デメリットは次のとおりです。 インターネットで弔電を送るメリット・デメリット メリット ・たくさんの電報業者が競合しているので、サービスが充実している ・写真を見ながら比較検討できるので商品をイメージしやすい ・台紙のバリエーションが豊富で豪華 ・線香やプリザーブドフラワーとともに送ることもできる ・供花を送ることもできる デメリット ・パソコンが苦手な人には利用しにくい ・たくさんの電報業者が競合しているので、どこがいいのか迷ってしまう ネットで弔電を送るシステムは、最近とても発達してきています。 インターネット電報の参入企業は各社競合しているため、消費者により便利なサービスへとどんどん進化しているんですね。 どこの会社の商品も種類やサービスが充実し、利用しやすい工夫がされています。 一律料金で値段を提示する会社や、文字数制限なしのサービスを提供する会社、西陣織の台紙、プリザーブドフラワーと送る弔電など、使い勝手にも商品のデザインにもさまざまに工夫が凝らされています。 たしかに、生前お花が好きだった故人を偲び、プリザーブドフラワー付きの弔電を送るなんてとても素敵ですよね。 またネット申し込みの弔電は、人件費などのコストをカットできるため料金が安いだけでなく、届くスピードも速いのでオススメの送り方なんですよ。 ネットで弔電を送ると最短でいつ届く? 弔電はお葬式の前までに届かなければ意味がありません。 そこで気になるのは「弔電を送ったらいつ届くか」ですね。 ここでは 弔電業者のひとつ、「 」 を例にとって解説します。 VERY CARDは、株式会社humony(ヒューモニー)」が運営する電報サービス。 humonyの親会社であるSGホールディングスは、物流サービスで有名な佐川急便も傘下に抱える東証一部上場企業なので安心できますよ。 VERY CARDの弔電の送り方は、次のとおりです。 VERY CARDを送る手順• 配達希望日、送付先の情報(住所や宛名)を確認する• 電報の本文を考える(文例を参考にしてもOK)• 電報を申し込む VERY CARDは、「より早く届けられる電報(台紙)を、届け先の住所から検索」することができます。 そのなかから台紙を選べば、当日or翌日に届けることも可能。 「特急サプライズ便」を選べば、当日3時間以内という最速の時間で配達することができるんですよ。 POINT 弔電は、訃報を受け取ったらできるだけ早く届けたい。 まして喪主が忙殺される「お葬式直前」に届くのはできるだけ避けたいもの。 場合によっては、便利な特急サプライズ便の利用も検討し、ぎりぎりに届くようなことのないようにしたいですね。 弔電がいつ届くか心配!当日、最短で届ける方法は? 急ぎでお悔やみ電報を送りたいけど、どこの業者から送るのがいいのかよくわからないという人もいるでしょう。 確実に「早く」届けたいなら、おすすめできるのは次の2つの方法です。 確実に早く弔電を送る方法• VERY CARDの特急サプライズ便を使う• NTTで午後7時までに注文する この2つの中でも、「3時間以内」という時間指定ができるVERY CARDはオススメ。 しかしここに「電報は電話で注文したい」という条件が加わると、電話注文ができるNTTがオススメになります。 郵便局のレタックスは、配達先が街の中心部付近なら何の問題もないのですが、地域によっては配達が遅くなる場合があるので、確実に当日配送とはいえないところに難点があります。 弔電の送り方まとめ!自分にあった送り方を選ぼう この記事では、弔電にはどんな送り方があるかについてまとめました。 入学や進級といったお祝い事に使う電報と違い、お悔やみの電報は「いつ必要になるのか」全く予測できないという側面があります。 訃報を受け取ったらすみやかに手配しなければ間に合わないため、どの電報会社がもっともスピーディーに送れるのか、基礎知識として頭に入れておくといいですね。 電報会社のなかでも、電話で注文できるのはNTTだけになります。 しかしインターネット注文の強みは、やはり24時間365日、夜間でも注文できるところ。 メリットとデメリットを比較して、自分に合ったサービスを提供するものを選ぶことをおすすめいたします。

次の

弔電の送り方

電報の送り方

葬儀に送る電報とは• 間柄別の例文• 葬儀への電報の手配方法• 葬儀へ送る電報の価格相場• 電報へのお礼の例文 電報を書く機会は少ないので、急に電報を書くとなると不安に思う方は多いと思います。 いざというときに困らないためにも、葬儀のための電報についてしっかり確認していきましょう。 最後には、お礼状の書き方についても例文を挙げて詳しくご紹介します。 電報を書く立場だけでなく、もらう立場になったときのお礼に困らないように合わせて確認しておきましょう。 「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。 葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。 一般的に、葬儀へ送る電報のことを 弔電と言います。 生前親しかった友人や仕事の関係者などの訃報を知ったものの、様々な理由から通夜や葬儀へ参列できないときには弔電を打つことができます。 これには、喪主や遺族の方々に対して、故人の死を悼む気持ちが込められます。 また、弔電は故人に対して打つものと思われがちですが、 残されたご遺族に対して打つものだということを覚えておきましょう。 一般的に弔電は、家族葬の場合や、「香典・供花・供物は辞退いたします」といった案内がある場合でも送って良いとされています。 送られた弔電のメッセージについては、告別式で読み上げられます。 たくさん届いている場合は一部を読み上げ、名前を紹介するだけの場合もあります。 葬儀に送る電報の例文• 故人の敬称 電報の中で故人を指す敬称に注意しましょう。 電報で故人を指すときは、ご遺族に対して使います。 下記に敬称の具体例を載せますので参考にしてください。 忌み言葉を使わない 電報では、「再び」「引き続き」「いよいよ」「ますます」のような、不幸が重なったり、繰り返されたりすることを連想させるような言葉を使わないようにしましょう。 また、「急死」「ご存命中」「生きている」といった、直接的な表現も使わないよう注意が必要です。 宗教を配慮する 故人が信仰する宗教によっても、使用できない言葉があります。 仏教以外の宗教を信仰していた場合には、仏教用語である「成仏」「冥福」「供養」「往生」「ご愁傷様」といった言葉は使用しないよう配慮しましょう。 電話で手配する 最も一般的な「NTT」での申し込み方法について説明します。 固定電話、またはドコモかauの携帯電話で「115」に電話をかけるとオペレーターに繋がります。 受付時間は、年中無休の8時〜22時の間で、19時までの申し込みなら全国当日配達が可能です。 注文に不安がある場合は、オペレーターと相談しながら決めることができるので安心です。 また、電報の支払いを、毎月の電話料金と一緒にすることもできます。 郵便局で手配する 郵便局での手配は、最寄りの郵便窓口で専用の原稿用紙に記入して申し込みます。 記入後は、封筒に料金相当分の切手をはり、通信文、差出人と受取人の住所、氏名を書いたレタックス用紙を入れて投函します。 郵便局での申し込みでは、手書きの文字を送れたり、追跡サービスで配達状況を確認できたりします。 インターネットで手配する 「NTT」のインターネット電報サービスサイト「D-Mail」が多く利用されています。 24時間申し込みが可能で、19時までの申し込みで全国当日配送が可能です。 インターネットからの申し込みでは、画面上で台紙を選ぶことができ、文章も例文を参考にしながら記入できます。 送るタイミング 電報を送るタイミングは、 通夜の前までです。 もし通夜に間に合わないようであれば、電報が紹介される告別式に間に合うように手配します。 急な訃報の場合もあるので、参列できないことがわかったらすぐに電報を手配するようにしましょう。 通夜が自宅で行われる場合は、ご遺族の多忙に配慮して、なるべく通夜の直前に届かないようにしましょう。 また、葬儀が終わってから送るのは失礼にあたりますので、 遅くても告別式に間に合うように注意が必要です。 宛名・宛先は? 電報の宛名は故人ではなく、 喪主の氏名を記入します。 電報は、通夜、葬儀、告別式が行われる場所に送ります。 葬儀場か、自宅で行われる場合には 自宅へ送ります。 また、葬儀が行われる場所がわからない場合は、故人やご遺族の自宅に送りましょう。 電報の金額相場 電報にかかる金額は幅があり、台紙の種類や、メッセージの文字数によって大きく異なります。 一般的に電報にかかる金額は、 台紙料金+メッセージ料金+オプション料金の金額です。 稀に、メッセージ代や送料が含まれた金額のものがあるので、確認しましょう。 台紙の金額は、シンプルな台紙であれば 1000円~3000円程度のものから選べます。 また、プリザーブドフラワーや香りがついた豪華な台紙では、1万円以上のものもあります。 そして、メッセージの料金設定は会社によって異なります。 一般的には、一定数を超えた場合の文字数に応じて、料金が加算されます。 オプションは、必要に応じて追加しましょう。 オプションには、書体の変更サービスや、届けた日時を知らせる配達通知サービスなどがあります。 電報にかける金額は、故人との関係をよく考慮して決めましょう。 過度に豪華な電報を送ってしまうと、かえって失礼になってしまうこともあります。 故人との関係性をふまえ、 遺族の負担にならないように注意しましょう。 なお、キャンセルをする場合は、電報会社に早めに連絡を入れましょう。 前日までのキャンセルであれば無料で取り消してくれるところも多くあります。 キャンセルの対応は会社によって異なるので、確認しておきましょう。 台紙の金額相場 葬儀の電報は、台紙によって金額が大きく異なります。 台紙は、カードタイプのもの、布張りのもの、刺繍が施されたもの、押し花やブリザードフラワーをあしらったものなど、様々な種類の中から選ぶことができます。 また、葬儀へ送る電報には、落ち着いた色合いやデザインのものが多く用いられます。 スタンダードな台紙であれば、 約1000円~4000円、豪華な台紙では1万円を超えるものもあります。 故人との関係性を考慮して選ぶと良いでしょう。 台紙を選ぶ際は、 香典を渡す場合の金額を目安にします。 3,000円の香典の場合は1,500円程度、5,000円の場合は2,000円〜3,000円程度が目安です。 ビジネスとして送る場合は、3,000円程度のものが一般的です。 文字数で金額は変わる? 台紙にメッセージ料金が含まれない場合は、 メッセージの文字数が増えるとその数に応じて金額も加算されていきます。 手配する会社ごとに一定額や加算額が決まっているので、確認してから文面を考えると良いでしょう。 文字数には、 差出人や宛名の住所もカウントされますので注意が必要です。 また、メッセージ代や送料が含まれた金額の場合は、文字数に上限があるので確認が必要です。 葬儀に送られた電報へのお礼 通夜や告別式に電報を頂いた時には、 電報へのお礼状をお返しするのがマナーです。 決められた形式はありませんが、ハガキや手紙など直筆の書面で送ることが最も丁寧な方法です。 親族や親しい人には、メールや電話でも問題はありません。 手紙を送る場合、便箋の色は白や薄いグレーのようなシンプルなものを選びます。 親しい方へのお礼であれば、故人の好きだった色やデザインを選んでも良いでしょう。 しかし、会社の方にお返しするような場合は、便箋の色やデザインなどにも気を付けましょう。 また、連名で弔電が送られてきた場合は、代表者だけにお返しするのではなく、名前が書かれている全員に対してお礼状を送ります。 送り漏れのないように、しっかり名前の確認をして全員にお礼状を送るようにしましょう。 そして、 弔電のお礼状には時候の挨拶をいれないのが基本です。 それ以外に特に決まった形式はありませんので、感謝の気持ちを込めて書くと良いでしょう。 以下に、実際に使用できる例文をご紹介します。 お礼状の例文 ここでは、 お礼状の例文をご紹介します。 例文を参考にしながら、気持ちの伝わる例文を作成していただけると幸いです。 お蔭さまをもちまして、滞りなく葬儀が済みましたことをご報告申し上げるとともに、ご厚意に深く御礼申し上げます。 本来ならばお伺いしてご挨拶申し上げるところ、略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。 弔電だけでなく、供花や香典をいただいた場合には、別にお礼を用意します。 会社など、何か品物を持っていきたい場合は、お茶菓子など心ばかりのものを用意するのが良いでしょう。 以下のリンクより、弔電のお礼に関するさらに詳しい記事がご覧になれます。 弔電のお返しについてお悩みの方はぜひご一読ください。 通夜や葬儀へ参列できないときに電報を送る。 「故人の敬称」、「忌み言葉」、「宗教」に注意して、故人との関係性を考慮しながら文面を作成する。 電報は、「電話」「郵便局」「インターネット」のいずれかで、なるべく早く手配する。 電報の金額は、台紙の種類やメッセージの文字数によって異なる。 電報へのお礼は、ハガキや手紙などで一週間以内に伝える。 弔電は、葬儀に参列できないかわりに弔意を伝えるために送るものです。 ご紹介した例文を参考に、自分らしく気持を込めた電報を送りましょう。 今回の記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。 また、「終活ねっと」では葬儀の費用についても詳しくご紹介しています。 以下のリンクよりご覧になれます。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の