溶ける愛 管理。 【Aleph】とか言うよくわからない個性

Melting Love

溶ける愛 管理

…それでも他の高ランクアブノーマリティより対策が単純かつ簡単なため、やはり「エネルギーを多くくれる天使」であるように感じる。 特殊能力• 職員が作業中に死亡、パニックになる、あるいは作業結果が赤 悪い とその職員を新しい[殻]にする。 いつの頃からかエンサイクロペディアが追加され、「[正義]のランクが4以下の職員が作業を完了するとクリフォトカウントが下がる」との文が追加されたが、実際は 「[正義]のランクが3以下の職員が収容室に入った瞬間クリフォトカウントが下がる」ようだ。 何もないのクリフォトカウントは1。 つまり[正義]ランク3までのエージェントが収容室に入ると 即脱走する。 管理方法 [殻]をかぶった「何もない」 コメント• 11月の改定でE. OのアーマーのミミックがRED耐性0. 2に変更され、無敵になれなくなってます。 ご指摘ありがとうございます。 文章を一部修正しました。

次の

管理7週目①

溶ける愛 管理

3 確率 …そして私の愛する職員の皆さん。 先ほどここに入る時に、支給されたマスクは着用しましたか? …and my dear employees, I do hope you all put on the gas masks we distributed to you before we enter. - Melting Love Melting Love(D-03-109、溶ける愛)は、少女の姿をしたピンク色の粘液のです。 頭部からは、腰ほどの長さを持つ髪のような粘液が垂れ下がっています。 彼女は、白い瞳を持つ2つの目、閉じた口、細身の体、一対の腕を持ち、常に胸元に片手を当てています。 下半身は不定形で、水たまりのように溶けています。 コンテンツ [] 特殊能力 溶ける愛は独立した複数の特殊能力を持ちます。 特殊能力が発動すると溶ける愛は作業を終えた最初の職員にピンク色の粘液でできたハートを贈ります。 ハートは職員の頭上に浮かび、以降その職員は" D-03-109-1"という名で呼ばれます。 ハートは職員の作業成功率を5強化し、更に15秒ごとにMPを30ポイント回復させます。 粘液のハートは常に1人の職員にしか与えられません。 粘液のハートは該当職員が死亡する、または一日を終えると消滅します。 D-03-109-1は 10秒ごとに粘液を放出し、同室内の職員を 約25%の確率で感染させます。 D-03-109-1が 洞察作業で 24個以上のPE-BOXを生成すると、30秒間粘液の放出が行われなくなります。 感染した職員は頬に粘液が付着し、以降" D-03-109-2"という名で呼ばれます。 D-03-109-2は職員が 接触すると粘液を放出し、接触した職員を 約25%の確率で感染させます。 感染した職員を発見次第処分を行わないと、部門が壊滅する危険性が高いです。 頬に付着した粘液はやがて顔全体に広がり、最後には全身を飲み込まれて 『眷属』に変貌します。 カウンターは以下の条件で減少します。 作業結果が普通以下:カウンターが1つ減少• D-03-109-1が溶ける愛に 抑圧作業を行う:カウンターが1つ減少• D-03-109-1が死亡する:カウンターが0に減少• D-03-109-1が生存した状態で、部門の合計職員の約半数の眷属が生まれる :カウンターが0に減少 D-03-109-1が生存した状態でクリフォトカウンターが0になると、D-03-109-1は死亡して 眷属に変貌します。 特殊能力が発動すると 収容違反を起こします。 収容違反中の溶ける愛は、内部に幾つもの骨が浮かぶ、長い腕を持つ巨大な粘液の塊に変身します。 彼女は約1,500ポイントのHPを持ち、平均的な移動速度で施設内を徘徊します。 視界に入った職員やアブノーマリティに近接攻撃を行い、15~25ポイントの BLACKダメージを与えます。 時に彼女は口から粘液を吐き出し、25~45ポイントの BLACKダメージを与える遠距離攻撃を行います。 吐き出された粘液を浴びた職員は10秒間、2秒ごとに2~3ポイントの BLACKダメージを受けます。 彼女の攻撃によって死亡した職員は粘液に飲み込まれ、 眷属に変貌します。 職員のMPが先に0になった場合、眷属にはならずパニックに陥ります。 HPが一定以下になると、付近の 眷属を吸収してHPを200ポイント回復します。 このとき、D-03-109-1から生まれた眷属が吸収されることはありません。 溶ける愛より先にD-03-109-1を鎮圧すると、ハートが割れるエフェクトと共に「 憤怒」状態に変化します。 憤怒状態に移行すると、HPが 全量回復して、攻撃力が上昇します。 近接攻撃のダメージは20~32ポイントに、遠距離攻撃のダメージは30~60ポイントに強化されます。 彼女の収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。 眷属 眷属には「D-03-109-1」と「D-03-109-2」の2種類が存在し、それぞれ性質が異なります。 眷属たちは外見と危険レベルから、その種類を判断することが可能です。 彼らは、収容違反中の溶ける愛に付き従うように行動します。 眷属たちは、視界に入った職員やアブノーマリティを攻撃して BLACKダメージを与えます。 D-03-109-2は、感染が進行した、あるいは溶ける愛に殺害された職員が変貌したものです。 クラスに分類されており、やや低い移動速度と200ポイントのHP、6~12ポイントの攻撃力を持ちます。 溶ける愛のHPが一定以下になると、周囲に存在するD-03-109-2を吸収することがあります。 吸収されたD-03-109-2は死亡し、溶ける愛のHPは200ポイント回復します。 D-03-109-1は、溶ける愛から粘液のハートを受け取った職員が変貌したものです。 クラスに分類されており、D-03-109-2よりもサイズが大きく、頭上に粘液のハートが浮かんでいます。 彼らは高い移動速度と800ポイントのHP、12~20ポイントの攻撃力を持ちます。 D-03-109-1を鎮圧すると、溶ける愛は前述の「憤怒」状態に移行します。 溶ける愛が先に鎮圧されると、残された眷属たちも同時に死亡します。 由来 その由来は現在明らかになっていません。 詳細 溶ける愛は、 愛着、 洞察、 本能、 抑圧の順に作業を好みます。 愛着には作業レベル3以上で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。 洞察には作業レベルに関わらず普通の反応を示します。 本能には作業レベル4以上で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。 抑圧には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。 他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。 溶ける愛の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。 作業終了時のPE-BOXが0~10個だと悪い、11~24個だと普通、25~32個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約15秒で、クリフォトカウンターの初期値は3です。 <管理方法 1>• 作業結果が普通、あるいは悪かった場合、クリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 2>• 溶ける愛は抑圧以外の作業を初めて行った職員(以下、D-03-109-1)に粘液の塊を与えた。 粘液はD-03-109-1の精神力を回復させ、作業の成功率を向上させた。 しかし、粘液の影響がアブノーマリティの状態に応じてどのように変化するかは、更なる観察を要する。 <管理方法 3>• D-03-109-1が抑圧作業を完了すると、クリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 4>• D-03-109-1と同じ区域にいる職員は低い確率で粘液に汚染される可能性がある。 粘液に汚染された職員 以下D-03-109-2とする は 頬に粘液の跡を確認することができる。 D-03-109-2と接触した職員は低い確率で粘液に汚染された。 <管理方法 5>• <管理方法 6>• D-03-109-1が死亡するとクリフォトカウンターが0になった。 <管理方法 7>• 数度の実験の末、洞察作業が粘液の伝染に関係してると判明した。 D-03-109-1に洞察作業を行い24個のPE-Boxを生成すると、30秒間、粘液が他の職員に汚染しなかった。 脱走情報 Cost: 30 PE Boxes 脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 3 をアンロックします。 収容違反時の耐性: 溶ける愛の属性耐性: RED: 吸収 -1. 0 - WHITE:普通 1. 0 - BLACK:弱点 1. 5 - PALE:耐性 0. 8 眷属(D-03-109-1)の属性耐性: RED: 吸収 -1. 0 - WHITE:普通 1. 0 - BLACK: 脆弱 2. 0 - PALE:耐性 0. 8 眷属(D-03-109-2)の属性耐性: RED: 免疫 0. 0 - WHITE:普通 1. 0 - BLACK: 脆弱 2. 0 - PALE:普通 1. 0 作業 レベル 1 成功率 レベル 2 成功率 レベル 3 成功率 レベル 4 成功率 レベル 5 成功率 本能 最低 0 最低 0 最低 0 最低 0 最低 0 観測レベル E. ストーリー 溶ける愛の肖像 スポンサー「mul」様のアイデアを基に作られたアブノーマリティです。 本来の外見は融解したスライムのような物です。 人間に似た仮の姿は調査の進行につれて徐々に暴かれます。 収容室は当該アブノーマリティから分泌された粘液によって覆われています。 当社の誰もが一度は耳にした事のあるここ最近の事件についてお話し致しましょう。 スライム共が群れを成し、当施設が[編集済み]分間に渡って埋め尽くされたあの恐ろしい出来事に関する話です。 [編集済み]研究所では[編集済み]に関する実験の最中、幾つかの収容室が適切な処置を受けていなかったのです。 [編集済み]に関する実験を知っているという事は、そうした収容室の中身が単なる無用な失敗の産物であったという事も既に御存知でしょう。 研究者達はそれらを廃棄する必要性を感じませんでした。 研究班の新人が内容物の正体について何も判っていなかったのは明確です。 職員の一人、マリーは収容ユニットの中に桃色のスライムを発見し、それらが脅威たり得るとの結論を出しました。 恐らく彼女はそれらに対して徹底的な封じ込めを行い、結果として[編集済み]の状態を保ったと思われます。 私の推測が正しければ、この溶解した物体は[編集済み]の[編集済み]でしょう。 幸か不幸か、そいつは生前の全ての記憶、もちろん一連の実験で経験したことも含めて、全て失っていました。 口に出せるのも簡単な単語の一つ二つがやっとの状態でした。 精神的にもひどく不安定な状態で、職員マリーが席を空ける時はいつも怯えた様子を見せたそうです。 弟を1人、職員マリーは幼少時に兄弟を1人亡くしていました。 件の事件の起りは、自分のそばを離れようとしない子供の形をした粘液体に職員マリーが無意識ながらも愛着を感じていたことです。 上層部もマリーの精神的変化には頓着していませんでした。 この期間、職員マリーの精神汚染値は急激に減少しました。 異例と言えるほどの数値でした。 えぇ、あのアブノーマリティが職員マリーに非常に肯定的な心理的効果をもたらしたことは確実です。 ですが、良かったのはそこまでの話でした。 次第に職員マリーの一連の行動に違和感を感じた同僚の職員たちが、彼女を追及し始めました。 職員たちがマリーについてそのようなことをするのも致し方ない事でした。 精神汚染値が急激に下がり、休憩時間の度に姿を消すというのは、とても危険な予兆であると教育されていたからです。 しかし、職員マリーは彼らに何も明かしませんでした。 最終的にはカウンセリングルームに隔離され、真実を話すまで管理に割り当てられないようされました。 一方、あらゆる記憶が消えたと思われていたこの粘液体も、1つのことだけは本能的に覚えていました。 何があっても、「この会社から脱出しなければならない」ということです。 職員マリーが決まった時刻に来ない、そのことでこのアブノーマリティはまた強烈な不安を感じました。 彼女の身に起きたことを察知し、「彼女と共に」この場所から脱出しようという意志を強くしたのです。 二人の絆はより強いものになりました。 互いが互いを心から愛した、珍しい事例でした。 カウンセリングルームに長期間隔離された職員マリは、諦めたように打ち明け始めました。 自分がどうやって粘液体を保護しており、そして、それとどのような繋がりを形成してきたか。 しかし、最後までその言葉を聞くことは出来ませんでした。 肌に異常な兆候が見え、そして瞬く間に全身が溶けてしまったのです。 ええ、完全に溶けてしまいました。 それだけでなく、その状態で動き始めました。 職員マリーだった粘液にカウンセリングルームのドアの隙間を抜けることなど容易いことでした。 それに一抹の理性が残っていたか、ですか? いえ、それに理性などありません。 生まれたばかりの子供がとにかく親へ追従する。 そんな本能に沿ったかのように、アブノーマリティのいる方向へと動き始めたのです。 職員マリーだけではありませんでした。 彼女と生前に接触した職員の体も溶け始めました。 職員マリーを追及した同僚、昼食を共にした職員、一緒に作業に向かった職員... 恐ろしい数に増えたこの粘液たちは我先にと目に見える職員たちを攻撃し始めました。 全ては自分たちが愛する粘液のアブノーマリティために。 ただその愛の為だけに。 そして私の愛する職員の皆さん。 先ほどここに入る時に、支給されたマスクは着用しましたか? 私が話している途中に、あまりの退屈さにマスクを少しでも外した職員はいない事を願いますよ。 お伝えしなければいけないことがあります。 私の話した粘液のアブノーマリティに感染している方がこの中にいます。 先ほどマスクが支給されなかった職員が何人かいるはずです。 あれは在庫不足ではなく感染者と非感染者を区別する為のものでした。 すぐには異常は感じないでしょうが、1時間も経てば骨と肉は全て溶け、理性も麻痺してくるでしょう。 そしてあなたたちの愛する粘液のアブノーマリティの為にこの会社をめちゃくちゃにするつもりです。 まずはこの場にいる職員たちの皆殺しでしょうか。 ええ、わかっていますよ。 信じられないのでしょう。 今、こんなにもはっきりとした意識を持っているのに、もうすぐ粘液へと変わるなんて、ですよね。 皆さんのせいではありませんよ。 恐らくどこかにアブノーマリティと接触した最初の感染者がいたでしょうし、そして皆さんはそれを知ることなくその人の周りにいただけなのでしょう。 でも、今になって最初の感染者を捜す意味などありません。 本人が一番よくわかっているでしょう。 純粋な愛着でやった行動が、このような残酷な惨事を引き起こすことになってしまった、と。 さて、マスクを着用中の非感染者の皆さま、どうか衛生管理には十分に注意してください。 そして、もし異常な職員がいるのならまずは報告をしてください。 生半可に彼らを助けようとすると、あなたも感染する恐れがあるからです。 皆さんが座った机の引き出しには、会社から支給された9mm拳銃があるはずです。 銃弾は装填されています。 皆さんのすることはもうわかったでしょう。 全ての状況が解決するまで、このドアを開けるつもりはありません。 もしあまりにも残酷な仕打ちだと思うのならば、こう考えください。 それがあなた達の仕事だと。 全てが終わりましたら、またお会いしましょう。 フレーバーテキスト• 溶ける愛は相手に対し、無意識のうちに愛着を感じさせる。 溶ける愛はピンク一色の粘液であり、収容室内を動き回っている。 職員<Name>がいつも以上に衛生管理と安全規則に気を配らなかった場合、ここを瞬時のうちに地獄へと作り変えるかもしれない。 溶ける愛の軍勢は、だれも知らないうちに徐々に生まれてゆく。 溶ける愛は、ゲームのスポンサー'mul'氏のアイデアを基に作られたアブノーマリティである。 ゲームの内部ファイルでは「SlimeGirl(スライム娘)」という名が付けられている。 ゲームの内部ファイルでは、D-03-109-1には「Lover(恋人)」という名が、D-03-109-2には「Pawn(歩兵、駒)」という名が付けられている。 要検証 以下の項目について情報が不足しています。 また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。 管理方法5について• 眷属に変貌する前のD-03-109-2の数ではなく、眷属が生まれた数をカウント?• 条件は収容部門によって異なるのか ギャラリー if window. config. wikia. nocookie.

次の

覆面作家の愛の歌 (角川文庫)

溶ける愛 管理

朝目が覚めたら視界がピンク色に染っていた、目を擦ろうと手を顔に近ずけると、柔らかな弾力のある感触が帰ってきた。 あっやばいなんかヤバい何がやばいって弾力で気づいてしまった事がやばいのと今この状況がやばい触れたせいでスライムのようなものが動いてさらに押し付けられてヤバいあっちょっまっ息が!! 息ができない!! しまったなんて事だ今日が休みでほんとによかったとかじゃなくてどうにかしてどけないと窒息してしまう?! あっそうだあの3鳥オ共は何処だくっそ寝てやがるお前ら睡眠必要としないじゃなかったのかくっそ何の役にも立たないなこいつ等こうなったら自力でぬぅぅぅうん…っ?! 手が飲み込まれた?! 力強く掴みすぎたか?! いやもしかしたらこのまま顔から離せるかもってああっ?! 手だけ抜けた! スって抜けたよこのスライム?! 起きろ3鳥オ共?! 飼い主がピンチだぞまじで!! え、マジで? なんでこんなときにかぎっておきないの? ちょっとマジで? もう誰でもいいから助けて?! そう思った時誰かがピンク色のスライムを掴み上げ、自分の体から引き離した。 それは白と黒の燕尾服を着ていてその佇まいは静かに、オーケストラの指揮者のような人だった 『余り甘え過ぎるのもどうかと思いますよ? まぁ貴女からすれば感染しない人間は極めて珍しい存在でしょう、ですが窒息するまで抱きしめるのはどうかと思いますが? 』 え、何この人、すっごい紳士…じゃなくてどっから現れたよ? 螻ア』 『ごめんなんて言っタ? 』 朝食に手? を伸ばして黒い何かに叱られるモザイク 『……』 目を瞑った状態で宙に浮く沢山の翼を持った胎児 『…? 』 人体のパーツで作られた生物 それらが食卓を囲う姿ははっきり言ってカオスだった、夢じゃない事が非常に悔やまれる、後から来たオーケストラが3羽の鳥を連れて来て 『さ、皆さんご一緒に、いただきます』 『ィただきマス』 黒い何かしか言わなかった 黒い何かが増えたこと以外何事もなく朝食を終え、オーケストラから彼らの事を教えて貰った。 『何から説明しましょうか…、先ず私達はあなたの個性です、個性の名前は『Aleph』と言います、分類は異形系個性ですね』 『私達は基本的にあなたに手を貸します、まぁあなたのお陰で私達が存在できますから当然ですね』 「そのAleph達の名前が知りたいのだが? 」 『わかりました、では私から、私の名前は『静かなオーケストラ』と言います、そしてあちらの白い翼を生やしたのが『白夜』そしてその隣にいるのが『蒼星』です、黒い笑顔の方は『笑う死体の山』で近くに居るモザイクが【規制済み】と言います、そしてあなたにくっついて離れないのが『溶ける愛』です』 「ふむ…危険…なのか? 」 『はい、私があなたに手を貸した時同様、皆が人を簡単に殺すことができます『Aleph』ですので』 「そのAlephと言うのは? 」 『危険度のようなものです、因みに私達が1番危険度が高いですよ、一部危険度詐欺がいますが』 「なるほど、わかった、そろそろ時間だし他に聞きたいことが出来たらその時に聞く」 『わかりました、ではいってらっしゃい』.

次の