アコギ ネック 調整。 アコギのオクターブ調整は難しい?狂う原因と直し方

ギター・ベースのネック反り・ロッド調整は神経質になりすぎてはNG!

アコギ ネック 調整

ネックは反ってるものなんです! ギターやベースのネックが反るものでトラスロッドで調整ができると知ると、大抵の方はネックの反りが気になって仕方がなくなります。 で、ネックが完璧にまっすぐな状態をにしたがりますが、その考えは改ましょう。 『 ギター・ベースのネックはどんなに頑張ったところで反っている 』ものなのです。 ネックはまっすぐにならないし、必ずしもまっすぐである必要もない ネックがまっすぐにならない理由 まずギター・ベースのネックがなぜまっすぐにならないか。 なるわけがありません。 ネック反る場所が必ずしもトラスロッドの効く場所とは限らない 原因はいろいろありますが、要約すると ネックがロッドが効く形でキレイには反ってくれるとは限らないからです。 ネックがロッドが効く形でキレイに反ってくれればいいのですが、そんなことはありません。 ネックの根元から反る(いわゆるハイ起き)こともあれば、くねくねと波打つように反ってしまうこともあります。 また、ロッドは真ん中辺りにあるため基本的に左右同じくらいの力で利きますが、必ずしも6弦側と1弦側とで同じくらい反っているとは限りません。 6弦側をまっすぐにしたら1弦側が逆反っているなんてことよくある話です。 ネックが反っていることによって起こる症状を要約すると、 ・順反りの場合 = 弦高が高くなるため弾きづらくなり、音程がシャープしやすくなる ・逆反りの場合 = 逆反りが始まる辺りから弦高が低くなり、ビビりやすくなる 要約すると弦と各フレットの距離の問題。 極端な話、音がビビりもせず弾きづらく感じるわけでなければ別段ネックが反っていても問題はないのです。 例えば若干の逆反りがあったとしても、各フレットの距離と弦との距離が一定で問題なければそのままで演奏して問題なし。 下手に逆反りを直してネックをまっすぐにしてしまうと真ん中あたりだけが弦高が高くなってしまい違和感を感じるようになってしまうでしょう。 反対に順反りでフレット、弦間の距離が一定になっている場合にネックをまっすぐにしてしまうと、真ん中辺りのフレットがローフレットよりも弦と近くなってしまい、ローポジションでビビりが出るなどの症状が出たり。 先ほども出た例でいえば、 6弦側がまっすぐでも1弦側が逆反っていてビビるようであれば意味がありません。 それなら全体的に少し順反らせて、6弦側は順反り、1弦側をまっすぐに、という状況の方が、楽器としてもまともな状況。 順反りによる弦高の高さが演奏上問題がないようであればこれでOKです。 ネック反りに神経質になりすぎちゃダメ!まとめ ・大事なことはネックがまっすぐであることではなく、演奏上問題がない状態であること ・そもそもネックが完全にまっすぐな状況はほぼありえない! ・ネックのまっすぐさよりも弾きやすさや音のビビりがないことの方が大切 もちろん、ネックがある程度まっすぐな状態でビビりもなくフレット弦高も全弦全フレットで適切であれば理想的です。 しかし、フレットはよく弾いている場所から削れて他より低くなってしまいますし、先述の通りネックはキレイに順反りか逆反りかだけで反ってくれるとは限りません。 かといって常にネックにアイロンをかけてまっすぐにしたり、フレットを打ち替えたり擦り合わせたりなんていうのも現実的ではありませんし、ネックに余計な負荷をかける結果になります。 一度反ってしまったネックを完全に元に戻すことは難しい上に、日本の気候上どうしても反ってしまうのは仕方がありません。 あとは程度の問題として、 妥協と調整を繰り返しながらうまく付き合っていくしかないのです。 とはいえ、反りそのものが起こりにくいように普段日ごろから気をつけてあげられる点もたくさんあります。 たとえば弾かない時は少しチューニングを緩めておくとか、なるべく環境が一定した場所に保管してあげるなど。 この辺りについては以前すでに記事にしておりますので、下記関連記事からぜひ併せてお読みになっておいてください。 関連記事 — —.

次の

アコギの弦高調整&ネック調整のやり方:なつばやしギター小学校〜すべてのギター初心者へ〜

アコギ ネック 調整

注意点 トラスロッドを弄る前に、いくつか知っておいたほうがいい注意点があるので説明します。 テイラーギターはサドルやナットで弦高の調整をしてはいけない テイラーギターは弦高をサドルを削ることで調整することを良しとしていません。 ネックに仕込まれたシムを交換することで調整します。 詳しくは。 順反りで弦高が高い場合はトラスロッドで調整できる ギターのネックが順反りになっていることが原因で弦高が高い場合は、トラスロッドを回すことで調整できます。 順反りに関しては下の項目で説明しています。 トラスロッドの調整は自己責任で あくまで調整は自己責任で行う必要があります。 本来、トラスロッドを回すのは専門的な知識を持った人がするべきことで、やみくもに回すとギターを破損する可能性があることを心に留めておいてください。 自身がない場合は、ギターを購入した販売店に相談するのが最善です。 ネックの順反りと逆反り ギターのネックは環境によって反ることがあります。 ネックは弦のテンションに常に引っ張られており、さらに温度・湿度の変化によって木の収縮が起きるため季節や環境にも敏感です。 (テイラーギターの理想的な環境は。 ) ネックが内向きに反ることを順反りといい、その反対を逆反りと言います。 順反りになると弦高が高くなり弾きにくくなったりします。 環境や、経年でだんだんとこの状態になりがちです。 逆反りはビビり(振動する弦がフレットに当たって雑音が出る)が発生しやすくなります。 弦を張っていない状態で放置などするとこのようなことになるかも。 これらの問題を解決するために、ギターにはトラスロッドと呼ばれる金属の棒が仕込まれています。 このトラスロッドを回すことにより、弦のテンションとネックをバランスさせ、ネック角度を矯正することができます。 弦高をチェック 12フレットの6弦の高さをチェックしてみます。 弦高の高さは、好みやプレイスタイルによって変わります。 ビビらない範囲で低いと弾きやすくなり、ある程度高い方が弦の振動幅に余裕が出て音が大きく開放的になります。 今回は弾きやすさを重視します。 一般的には2. 5mm以下だと弾きやすいとされているので、その数字を目指します。 ネックの状態をチェック 自分のギターのネックがどのような状態かをチェックします。 1フレットと13フレットを押さえて、6フレットの状態を見てトラスロッドを回す基準にします。 6フレットはギリギリつかないくらい(名刺の厚み以下)が目安です。 トラスロッドを回す トラスロッドを回していきます。 トラスロッドの調整部は、Baby Taylorはサウンドホール内にあります。 Taylor 314ceの調整部は、ヘッド内です。 順反りの場合 順反りの場合は時計回りに回す(締める)ことで、真っ直ぐに近づけることができます。 4分の一回転くらい回したら、「弦高をチェック」「ネックの状態をチェック」の工程に戻り、理想的な状態に近づけていきます。 逆反りの場合 逆反りの場合は反時計回りに回し(緩める)ます。 順反りの場合と同じように、少し回してチェック、を繰り返します。 完成 弦高が弾きやすい高さになり、ネックがストレートになったら完成です。 (ネックがストレート、はわずかに順反りのことを言います。 ) 弦高が、たとえば3. 5mmくらいから2. 5mmくらいに下がると、ギターは別物と言っていいくらい弾きやすくなります。 ギターの上達は楽しさに直結するため、ギターのコードが押さえ辛いと感じたらまず弦高の調整をすることをおすすめします。 画像はより.

次の

アコギリペアのおすすめショップ紹介|自分で調整かプロに頼むか見極め方

アコギ ネック 調整

リンク 六角レンチはネックの反りを調整するのに必要です。 通常はギターに付属されているものを使ってください。 レンチにもいろんな規格(インチやミリなど)があって、どの規格を採用しているかわからないからです。 ある程度、良い金額のするギターには調整用の六角レンチが付属していることが多いです。 一度お持ちのギターの付属品を確認してみてください。 どうしても見つからなければ、合わないのを覚悟でレンチセットを買ってみましょう。 3.ペーパー(紙ヤスリ) ペーパーはブリッジサドルを削ることになった場合に必要になります。 粗削り用と仕上げ用の2種類用意すると良いでしょう。 僕は下記の品番のものをよく使います。 粗削り用 #200~300番程度の目の粗いもの 仕上げ用 600~800番程度の目の細かいもの リンク ネットでも買えますが、ホームセンターで1枚数十円ですのでお得ですよ^^ アコギの弦高確認方法 まずは、あなたのギターの現在の弦高(げんこう)を確認してみましょう。 弦高とはフレットから弦までの距離のことです。 スケールが必要ですが、下記に弦高の測り方を記します。 適切な弦高は弾きやすさの基本となります。 あなたも測り方を覚えて友達のギターの弦高を指摘してあげましょう。 現在の弦高確認 ギター12フレットにスケールを立てて、フレットから弦までの距離を測ります。 アコギは6弦で2. 5mm程度、1弦で2. 0mm前後が基準とされています。 ちなみに僕のギターは6弦=2. 3mm、1弦2. 0mmにセッティング済です。 あなたのアコギが6弦で3mm近くの弦高があれば、かなり弾きにくい(手が痛い)ギターだと思われます。 さっそく調整に入っていきましょう! 弦高は低いほど弾きやすい?! 弦高を図ってみて、あなたのギターが僕のセッティング(6弦=2. 3mm、1弦2. 0mm)に近い数値であれば、調整の必要はないと思われます。 弦高を下げすぎると、弾いたときに弦がフレットに触れ、ビリビリと不快な音がします。 低ければ良いというものでもないんですね。 アコギの弦高調整方法 アコギの弦高調整には2つの方法があります。 1.ネックの反り調整 2.ブリッジサドルによる弦高調整 です。 この順序で調整しないと、取り返しがつかないことになりますので注意してください。 何度も言いますが、「1.ネックの反り調整」だけで弾きやすさが改善する場合が多いです。 勢いあまって、ブリッジサドルに手を出す前に、都度あなたのギターの弾きやすさを確認しながら慎重に進めてください。 それでは、ボリュームのある作業ですが、あなたのギターを蘇らせましょう!! 1.ネックの反り調整 ネック調整に入る前に、上図のようにボディのサウンドホールから、ネックの方向を覗いて、ネック調整用の穴が開いていることを確認します。 この穴が見つからない場合は、ネックを調整するトラスロッド(金属の棒)がギターに仕込まれていないか、素人では調整できない位置にトラスロッドが入っている可能性があります。 特殊な道具を必要とする場合もありますので、諦めてギター屋さんに調整を依頼しましょう。 *注 Gibson系のギターは、下記のようにヘッド側からトラスロッドの調整ができるタイプがあります。 写真のようなプラスチックのカバーを外してみましょう。 ネックの反りを直すには、六角レンチという道具が必要です。 これはギターのネックに仕込んである金属の棒を回転させ、ネックの反りを調整するための道具です。 このレンチは、ギターによってサイズが違うため、適当なものを買ってきても合わない可能性があります。 六角レンチを差し込む穴はあるけれど、レンチが無い場合は、ネック調整はお店に依頼するか、いろんなサイズの六角レンチがセットになってるものを入手する必要があります。 1) チューニングしたギターを上図のような角度から見ることで、ネックが真っすぐかどうか判断します。 真っすぐかどうか調べる方法に「タッピング法」という指を使った方法がありますが、目視で十分だと思います。 ネックが反っているかどうかこの角度で見ればわかります。 2)ネックの反りは2種類あります。 上図のように「順反り」と「逆反り」と呼びます。 順反りは弦の力に負けて、ネックが起きてしまう現象。 逆反りは、ネックに入っている調整用の金属(トラスロッド)の力に負けて、ネックが順反りと逆方向へ曲がってしまう現象です。 3)反り状態がわかれば、 弦を緩めてから六角レンチを調整用の穴に差し込み回します。 弦を緩めずにトラスロッドを回してしまうと、ギターに強い負荷がかかりますので、 面倒でも弦はかなり緩めてください。 順反りしているギターが多いと思います。 順反りしていると、弦高が高くなり、弦を押さえる力が要りますので指が痛くなります。 この順反りをほぼまっ直ぐに調整してあげることで、弦高を下げることができます。 六角レンチで、トラスロッドを回す時は慎重に行います。 写真の「順反り」方向に回すと、ネックは徐々に真っすぐになってきます。 トラスロッドの回し方 1)でネックの反りを確認した方法で、ネックの状態を見ながら、少しずつトラスロッドを回してください。 ギシギシと音が鳴ることもあります。 硬くて回らない場合は、トラスロッドが限界まで回されているかもしれません。 いくらでも回せるわけではありませんので注意してください。 限界以上に回すと壊れますのでストップし、自身でのネック調整はあきらめてください。 ギター屋さんに調整に出すか、ブリッジサドルによる弦高調整に移ってください。 ある程度ネックの反りが直ってきたな、と思ったら、緩めておいた弦を張り直し、チューニングします。 この状態でネックの状態が真っすぐか確認してください。 弦を緩めてある状態でいくらネックがまっすぐになっても、チューニングした状態でまっすぐでなければ弾きやすくはなりません。 まだ反りがあるようならば、再度弦を緩め、トラスロッドを調整します。 何度も言いますが、 チューニングした状態でネックの反りを確認することを忘れないでください。 チューニングした状態で、ネックの反りがほぼ修正できたら弦高をもう一度測定してみましょう。 弦高が適切になっていれば、以下の作業は必要ありません。 ずいぶん弾きやすくなっているはずです。 2.ブリッジサドルによる弦高調整 ブリッジサドルを調整するには、サドルをサンドペーパーで削ります。 削るということは、二度とサドルが元の高さに戻りません。 慎重に作業してください。 サドルを削りすぎると、ネックの調整と同じようにギターを弾いたときに弦がフレットに当たりビリビリと音がします。 コードを強く弾いたときにちょっと音がビリつくくらいなら「よくあるギター」ですが、軽く弾いても音がビビるようなら完全に調整の失敗です。 残念なギターになってしまいますので、心配な方は無理して自分で調整せずプロに任せましょう。 1)まず、すべての弦をブリッジ側のみ外します。 弦を緩めて行けば、ブリッジ側だけ外すことができますので、6本の弦を外し、よけておきましょう。 サドルを削った後、また弦を張り直して弦高を確認しますので、弦は切らずに外して避けておく方が作業がスムーズです。 2)次に、ブリッジサドルにマジックで線を引きます。 現在の弦高の目安となる線です。 この線を目安に、「削ってはブリッジにサドルを戻してどれくらい削れているのか目視で確認する」という作業を繰り返します。 目安線はエンピツで書くと、サドルを手で持った時に消えてしまいますのでマジックで書きましょう。 アルコールで消すことも出来ますし、サドルを削っていけば、最終的にマジックで書いた線はブリッジに隠れて見えなくなることもあります。 3)それではサンドペーパー(粗削り用)を硬い平らなものに乗せ、サドルを上図のように当てて削っていきましょう。 均等に平らに削るのは難しいのですが、少し削って、ギターのブリッジに入れ、ガタツキなどが無いか確認していきます。 ガンガン削ると、思いの外たくさん削れてしまい、弦高が低すぎてしまうことになります。 弦高は低すぎても音がビビってしまうので弾けません。 ベストな弦高をセッティングするには、とにかくマメに削れた量を確認することです。 面倒でも、少し削れてきたかな?と思うところで、一度サドルをブリッジに戻し、弦を張ってチューニングしてみましょう。 本当に面倒ですが、この方法が一番失敗がありません。 急がば回れですね。 サドルの削り落としを失敗すると、同じサドルを別に買わなければなりません。 高いものではありませんが、新しいサドルを1から削るのは相当骨が折れますよ^^; 上記作業を繰り返し、目標の弦高に近づいてきたらサンドペーパーを仕上げ用の目の細かいものに変えて、最後の仕上げをします。 失敗した場合は新しいサドルで作り直すのが基本です。 しかし、ほんの少しだけ削り過ぎてしまった場合は、ネックを多少順反り気味にセッティングし直せば弦高が高くなりますので、この方法でカバーできることもあります。 アコギの弾きやすさは使う弦でも調整できる アコギ自体のネックセッティングで、弾きやすさは随分変わります。 ただ、それでも相手は金属弦ですので「指が痛い」「握力不足でコードが押さえられない」ということはあるでしょう。 そんなとき、一番有効なのは弦の種類を変えることですね。 弦は同じ太さ(ゲージ)でもメーカーによって若干硬さが変わりますし、今使っているゲージより細いものがある場合があります。 ゲージを細くすると、弾き心地の他に「音量」「音質」なども若干変わってきますが、弾きやすいのが一番ですのでトライしてみてください。 下記の記事で弦の種類について紹介しています。 さいごに 僕はこれまで使ってきたギターは、ほとんど自分でネック調整をしてきました。 ギターを買った時に最適なセッティングだと感じたギターは今のところLarriveeだけです。 MartinもTaylorも何か気に入らなくて、ネックやサドルをいじり回しました。 自分でギターの調整をすることには当然リスクがあります。 しかし、これから先もずっとギターを弾いていくわけですし、ギターの細かい部分まで知っていたいと思うのはギタリストの性(さが)ですよね。 このギターだけは失敗できない!というものに関してはプロのリペアマンにお願いするとして、自分で出来る範囲の調整法は知っておくべきです。 自分でできるようになれば、道具もお金もそれほどかかりません。 ライブミュージシャン必読書。 こういう影の努力がファンを増やしていきます。 2~3時間でサクっと読めるので、ライブの待ち時間などに最適です。 DTMにおけるプロのエフェクトのかけ方から、ミックスの勘所まで。 音源連動の書籍となっており、実際のプロの仕事を確認できます。 我流MIXでハマる前に読んでおきたい1冊です。 自分の楽曲に「ちょっとジャジーなテイストを入れてみたいな」というときの入門編としてピッタリです。 反面、コードの押さえ方は初心者には高難度。 音楽活動向けの書籍ではありませんが、これからの時代のローカルな音楽活動には必ず必要になってくる「固定ファンを作る」という考え方です。 当Blogイチオチ!!.

次の