イタズラ ガチョウ。 Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~

いたずら大好きなガチョウが人間に牙をむくNintendo Switch「Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~」レビュー

イタズラ ガチョウ

かがみながら歩くと、ゆっくり歩ける• スティックを少しだけ倒しても、ゆっくり歩ける• ズームアウトをしながら行動すると、周りの動向がわかりやすい• 人の動きをよく観察すると、糸口が見えてくることが多い• ガチョウよりも人の方が走るのが早いので、普通に走っても追いつかれる 別のもので注意をひくとスムーズ• 小さいアイテムが奪われても、そのアイテムを後ろからこっそりくわえれば、ひったくり返すことができる 攻略のヒント「ToDo(すべきこと)」 解き方が複数あるお題も多い今作。 今回紹介するヒントは、あくまで みなとが解いた方法に基づきます。 特に難しめのお題のみ、取り扱います。 奪った帽子は隠してしまいましょう。 サンドイッチは、2つとも必要です。 ラジオはくわえるとうるさいので、最後にするか、音が鳴らないように運びましょう。 メイン通り 余談ですが、このエリアの右端にあるトランシーバーの片方をくわえて鳴くと・・・。 ドア等にはさんでも壊れません。 こっそりくわえて、こっそりお店に置けば、おばさんが自分の店のものだと勘違いしてくれます。 あとは、元の持ち主をお店に誘導しましょう。 右のポスト側がオススメ。 歯ブラシは、お店にはありません。 洗剤は、2か所にあります。 よく探してみましょう。 置くアイテムは、3種類です。 全ておじさま側にあります。 アヒルは目の届かないところへ。 していることによって、組む足が変わります。 下の方を見ると・・・。 少し高いところに立ってみましょう。 あとは、よく見て。 補充されるので心配ありませんが、追いつかれないように気を付けて盗みましょう。 水路に落とす時に失敗すると悲しいので、くわえたまま水路に入ると安全です。 鳴いたり、トマトを使ったり。 ショートカット用の柵は封鎖されてしまっていますが、新しく開いている扉もあります。 ベルをくわえたまま走ると音が鳴ります。 こっそり行きたいところは歩きましょう。 奪われても、割と簡単に取り返せます。 攻略のヒント「ToDo(できれば)」 ここからは、隠しお題である「ToDo(できれば)」。 1周目クリアまではお題の項目自体隠されているため、ここから先は 完全にネタバレ注意となります。 項目さえ分かればクリアできるお題も多いですが、一応全てのヒントを書きます。 扉を閉め、おじさんが自力で開けられない状態になるのがクリア条件です。 男の子をそこに誘導するだけではダメ。 かわいそうですが、顔から。 がんばって誘導しましょう。 花は、ミニチュアステージを含む、全てのステージに一輪ずつあります。 くわえて持ち運びできるサイズのものじゃないと、キャッチはできないかと。 以上を別のステージから調達します。 口にくわえるものは、別のお題で使ったアレや、赤ちゃん用のアレでもOK。 酒場にも良いものがあります。 盗むことさえできれば、簡単。 ショートカットを開放してから、迂回しましょう。 まとめ いかがでしたか? 自分で考えて解くのが楽しい作品ですが、もし詰まってしまって断念してしまうようならもったいないと思い、記事にしました。 攻略の参考になれば幸いです。

次の

Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~

イタズラ ガチョウ

『Untitled Goose Game』はドタバタアクション・ステルス・サンドボックス・ガチョウシミュレーター(?)。 村の隅々まで自由に散策したりおじさんの帽子を盗んだり、突然鳴いてびっくりさせたりして人間の日常を台無しにしましょう。 ガチョウを操作して町の人々にイタズラしまくるという何とも地味な内容のゲームとなっています。 しかし、出来るイタズラの種類は非常に豊富で、それに対する町民たちのリアクションもユニークなものばかりなので、 意外に 中毒性の高いゲームとなっています。 また、マップ中のオブジェクトを適切な人物に使うことで特有の反応を見せたりと、 ちょっとしたパズル要素も含まれているため結構夢中になれます。 以上が、『』についての海外メディアの感想となります。 人間をひたすらイタズラしまくるという独特なゲーム性は、 非常にユニークで笑えるものに仕上がっています。 低ピクセルなグラフィックと、ゲームの展開に合わせて変化するサウンドトラックについても、魅力的だと高評価を得ています。 そしてただイタズラするだけでなく、物陰に隠れながらイタズラのチャンスをうかがっている時のドキドキ・ワクワク感は、 まるでメタルギアシリーズのようなステルスゲームっぽさを感じることも出来るようです。 一方で、本作のボリュームが少なく、 その割には値段が高い点が指摘されています。 本作のようなゲームは、ただクリアを目指すだけならあっという間に終わってしまうものが大半なので、長く遊び続けられるかどうかは、プレイする人の遊び心にかかっているようですね。 リリース年• 2019年 87• 2020年 62• 対応機種• iOS・Android 9• PC 100• PS4 104• Switch 71• Xbox One 80• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 16• 70点以上 51• 80点以上 63• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 29• VR対応 9• アクション 69• アドベンチャー 42• シミュレーション 6• シューティング 23• ストラテジー・戦略 8• スポーツ 9• その他 18• ホラー 9• レーシング 10• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 73• マルチプレイ対応 70• -, , , -, , , , , , , , , ,• リリース年• 2019年 87• 2020年 62• 対応機種• iOS・Android 9• PC 100• PS4 104• Switch 71• Xbox One 80• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 16• 70点以上 51• 80点以上 63• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 29• VR対応 9• アクション 69• アドベンチャー 42• シミュレーション 6• シューティング 23• ストラテジー・戦略 8• スポーツ 9• その他 18• ホラー 9• レーシング 10• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 73• マルチプレイ対応 70•

次の

『いたずらガチョウがやって来た!』って面白いの?│SWITCH速報

イタズラ ガチョウ

「Untitled Goose 」でプレイヤーが最初にすることは、「ガァ」と鳴くことだ。 この鳴くという行為は、本作でとれる数少ないアクションのひとつである。 なんたって、あなたはガチョウなのだから。 Untitled Goose Gameは、オーストラリアのゲーム開発会社House Houseが開発したゲームだ。 2017年、同社がゲームプレイの一部を紹介するトレイラーを公開すると、作品はネットで静かに話題となった。 それから2年後の19年、いたずら好きなガチョウのゲームは、待望の新作として世に出ることとなった。 パブリッシャーはPanicで、と、Epic Gamesストアから購入できるが用意されている。 ガチョウの魅力満載のゲームデザイン Untitled Goose Gameを成功に導いたのは、ガチョウがもつ本質的な愉快さだ。 ペタペタした足に、パタパタ動く羽、そして「ガァ」という鳴き声。 Untitled Goose Gameは、こうしたガチョウ本来の魅力をゲームデザインで最大限に引き出した。 歩けばペタペタと音がし、「鳴く」アクションと「羽ばたく」アクションにはそれぞれ専用のボタンが割り当てられている。 この「嫌なやつ」というのが、Untitled Goose Gameに登場するガチョウというキャラクターのベースとなっている。 ゲーム内では前述の「鳴く」「羽ばたく」に加え、「歩く」「泳ぐ」「かがむ」「くわえる」といったアクションが行なえるが、それ以上のことは何もできない。 この限られた(しかし、驚くほど使える)スキルを発揮して「ToDo(すべきこと)」リストをこなし、村を歩き回って迷惑なガチョウでいることが、このゲームのゴールなのである。 リストに並ぶのは、ガチョウがよくするあれこれだ。 おじさんからカギを盗んだり、子どもを怖がらせたり、サンドイッチをつまんだり。 一度リストを完了すれば、もっと難しいタスクが待ち受ける次のエリアに進める。 やりがいと納得感のあるパズルの数々 ゲームのコンセプトを聞くと、14年発売の「Goat Simulator」と比べたくなる。 しかし、表面上の類似点(変な生き物になってプレイすること、口でモノをくわえて運ぶこと)を除けば、Untitled Goose GameはGoat Simulatorとはまったく違う類のゲームだと言える。 なかには、対象にそーっと近づいて、村人に気づかれ邪魔される前にさっとくわえて逃げるこのゲームを、「ステルスゲーム」に分類する人もいる。 だが、これもちょっと誤解を生む説明だ。 というのも、ガチョウがステルスっぽくないからである。 ゲームでは、あえてガァガァうるさくするほうが効果的な場合も多い。

次の