ナタリー ビアンキ。 機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像

【ガンダム秘話】シャアには子どもがいた事が判明 / ハマーンとの知られざる秘話 | バズプラスニュース

ナタリー ビアンキ

人気ロボットアニメーション「機動戦士ガンダム」には数々のシリーズが存在するが、宇宙世紀を舞台とする作品に大きな影響を与えたキャラクターといえば、アムロ・レイとシャア・アズナブルだ。 ・アムロ以上に主役級の存在 特にシャアは主人公アムロのライバルでありながら非常に人気があるキャラクターで、続編の「機動戦士Zガンダム」にも出演し、さらには「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」ではアムロ以上に主役級の存在となった。 ・ハマーンと深い信頼関係 そんなシャアだが、実は子供がいたのをご存じだろうか。 ハマーンと深い信頼関係にあるナタリー・ビアンキ中尉が相手の女性で、シャアの子どもを身ごもった。 しかしハマーンから嫉妬のような怒りを受け、関係が悪化。 その後に不幸な展開となり命を奪われ、子どもの命とともに他界した。 ・榊原良子も絶賛している作品 ハマーンがナタリー・ビアンキ中尉に対する態度を軟化させていれば、命を失わずに済んだかもしれない。 これは正史としても認められつつある作品「機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像」にて語られているもので、ハマーン・カーン役の声優として絶大な支持を得ている榊原良子 64歳 も絶賛している作品だ。 ・ガンダムオタクでも知らない人がいる アニメーションではない作品ではあるが、シャアに子どもがいたのは物語の中で事実であり、ガチのガンダムオタクのなかでも知らな人が少なからずいると言われている。

次の

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像

ナタリー ビアンキ

概要 アニメ『』のキャラクターであるを主人公に、後にクワトロ・バジーナとしてに身を投じるまでの終結からにかけての空白の7年間を、主にとの関係に主軸を置いて描いた作品。 本作は劇場版『機動戦士ガンダムIII』から繋がる形で描かれており(『』が劇場版『機動戦士ガンダム』を正史としている)、冒頭で(TV版では劇中で戦死)が登場する事からもそれが伺える。 ハマーン・カーン役のも本作を評価しており、劇場版『』のキャラクター作りに役立ったという。 なお、『ガンダムエース』2002年12月号増刊にて、ハマーンと幼いとの出会いを描いた番外編『或る日 -H. -』が未完成の状態で掲載されたが、こちらは単行本未収録作品となっている。 後にガンダムエース2010年12月号の特別付録「ガンダムエース0号」にて、オールカラーで仕上げられた完全版が掲載された。 なお、同作者の漫画『』は、本作品の設定を引き継いで描かれている。 主要キャラクター 本作では原作アニメのキャラクターが数多く登場するが、ここでは主要キャラクターのみ記述する。 アクシズ 大佐。 への復讐を果たしたのち基地へと逃亡する。 父の思想に理解を示し無血による宇宙移民者の自治権確立を求めるマハラジャに共鳴し、以後アクシズ内の穏健派の中心人物となる。 また、この頃にミネバ・ザビの皇室警護官に任命されている。 しかし、0081〜0082年に発生した地球連邦小惑星機動艦隊襲撃事件とその捕虜脱走事件の際に、アクシズ兵士の練度の低さや強硬派の拙速さが露呈したため、新たな方針を模索し始める。 宇宙世紀0082年10月にハマーンのサイド3の視察の随行役に任命され、これが強硬派の策略と知りつつも承諾する。 地球圏到達後は、以前から接触のあったジオン独立同盟と合流し、党首カイザス・M・バイヤーから父の遺志を継ぎ決起するよう打診されるが、サイド3の視察から判断し時期尚早であるとして固辞した。 この間、病床のマハラジャとシャアの留守を狙って強硬派が勢力を伸ばし、シャアがアクシズに帰還した頃には「真ジオン公国軍」を名乗りクーデターを起こし内戦状態となっていた。 戦闘はハマーンらに任せ、シャア自身はわずかな部下と共にアクシズに潜入。 首謀者であるエンツォ大佐の捕縛と過去の背任行為を公表し、内戦の鎮圧に成功している。 通説では、ハマーンとは恋人関係にあったとされるが、本作ではニュータイプおよび指導者として将来を期待する女性としてしか扱われず、ナタリー・ビアンキ中尉と深い関係を持っている。 しかし、積極的な独立運動を推奨するハマーンとの意見の相違に加え、ハマーンが嫉妬から強硬派残党によるナタリー殺害を黙認したことが決め手となり、シャアは彼女と決別。 ジオン独立同盟から、の話を知ると、それに参加するため表向きは地球圏偵察を名目に船団を率いてアクシズを退去した(U. 0083年10月29日)。 そしてルナツーで「クワトロ・バジーナ」の連邦軍籍を得て、運命の地グリーン・オアシスへと潜入することとなる。 マハラジャの次女で後のアクシズ。 容姿・性格共に既存作品で描かれたハマーン・カーンの面影が希薄な、可憐なる少女。 作品時点ではまだシャアに憧憬を持つ一人の少女だが、後のカリスマ的指導者となる素質の片鱗も見られる。 15歳の誕生日を境にエンツォの策略での世話係になる。 本来は正規パイロットではなかったが、緊急時にはNT専用MSで出撃し、不安定ながらこの時からすでに優れたNT能力を発揮していた。 また、成長期のためのサイズがすぐに合わなくなり、緊急時に着用しないでに搭乗することもあった。 内乱終結後穏健派・強硬派を纏め上げるためシャアらの後押しでU. 0083年8月11日摂政に就任。 アクシズの指導者となった後は父が標榜としていた無血による独立自治権獲得とは違い、武力による独立を目指すようになった。 0086年2月6日、アクシズは地球圏へ向けて移動を開始する。 ナタリー・ビアンキ オリジナルキャラクター。 ハマーンとは年齢がやや近いこともあり(ナタリーのほうが4歳上)公私にわたって姉の様に接し、ハマーンもナタリーを慕っている。 またシャアとも仕事上親しく、ハマーンのことをしばしば相談される。 優秀なコンピューター技術者であり、連邦の捕虜によるハッキング事件が発生した際には、不在だった技術大尉の代わりに連邦のハッカーと熾烈な攻防を繰り広げており、のちに評価を受けた。 一方で、恩顧のあるエンツォ大佐からシャアを自分の派閥に鞍替えさせるよう圧力をかけられ苦悩していたが、それを見抜いたシャアに密命の件と共に自分の秘めていた想いを告げ、結ばれることになる。 後にシャアの子を身篭っていたが、ハマーンにシャアとの関係を告白すると憧れのシャアを取られたことで確執が生まれ決別。 その直後に、エンツォ派残党によって殺害される(ハマーンは残党の存在に気づいていたが彼女を見殺しにする)。 ハマーンの父。 アクシズの最高責任者だが、アクシズ内の派閥抗争を抑えるため思い切った動きが取れない状態。 穏健派として、武力闘争以外の方法での自治権を勝ち取る道を模索しシャアに協力する。 一方、ダイクン寄りの立場から長女マレーネをの侍女(実質的には側室)に差し出しその保護を得ており、「娘を生贄にした卑劣な父親」との自責の念を植えつけていた。 理詰めだが事を穏便に済ませようとするあまり、冷徹な手段を取れないという欠点があり、その性格的弱点をエンツォ大佐に突かれ、結果的にハインツ少佐を死なせた上、病床の中、ついにアクシズの実権を奪われてしまう。 アクシズ内乱が制圧されたU. 0083年8月9日、病死した。 セラーナ・カーン ゲーム『』に登場するキャラクター。 ハマーンの妹でマハラジャの三女。 父や姉が病床に陥った際には看病に携わった。 一年戦争からのシャアの部下。 リカルドと共にアクシズで再会を果たす。 シャア達のジオン本国の視察に同行し、任務全般にわたり補佐している。 時折、オクサーナとは良いコンビネーションをみせる。 戦後はシャアとともに地球圏に随行し、アポリーと名を変える。 一年戦争からのシャアの部下で、アンディと共にアクシズで再会を果たす。 シャア達のジオン本国の視察には同行せず、アクシズに残り強硬派の動きを監視する役目を任されるが、思うように成果はあげられていない。 強硬派がクーデターを起こした際には、穏健派MS部隊の指揮官を任された。 敵側に回った旧知の間柄であるヤヨイを説得するも、その最中にハマーンに撃墜され号泣している。 戦後はシャアとともに地球圏に随行し、ロベルトと名を変える。 エンツォ・ベルニーニ オリジナルキャラクター。 アクシズの兵力総括顧問。 戦争継続による独立獲得を求める急進派のリーダーで、裏で様々な策謀を繰り広げる。 個人としての才覚器量には乏しいが、独立志向の強いアクシズで彼に共鳴する者は多い。 敵対者には容赦しないが、部下の死を嘆くなど自分に近い人物に対してはそれなりに思いやりがある。 ただし、他人を立身出世の道具として扱う傾向が強く、マハラジャ提督の穏健さに付け込んだ身勝手な振舞いも多い。 またクローン兵士部隊の創設を極秘に推し進めている。 ハインツの死に対する関与の疑惑を暴露されたことをきっかけに、アクシズの実権を握るため「真ジオン公国軍」を名乗りU. 0083年7月31日にクーデターを起こす。 クーデターは失敗に終わったものの、結果として思惑通り急進派を促す結果となった。 ファビアン・フリシュクネヒト オリジナルキャラクター。 強硬派に属するMSパイロットの美青年。 愛称はファビイ。 エンツォ大佐の密命を受け、ハマーンを篭絡するため共にジオン本国の視察に同行するが、シャアには強硬派の手先だと看破されていた。 サイド3でハマーンを襲うがシャアによって阻止される。 シャアの計らいで銃殺は免れ追放処分となった。 のちに連邦軍の軍籍を入手した事で窮地に陥ったシャアらの救援に駆けつけている。 ハインツ・ヴェーベルン オリジナルキャラクター。 穏健派の中心的存在であり、アクシズの将来を担う人物としてマハラジャからの信頼が篤い。 強硬派の跳梁を憂いており、これを糾弾すべく独自に行動をおこすが策略にはまり殺害される。 ジェシカ・ディアス オリジナルキャラクター。 家族を戦災で亡くしたことで戦争継続には反対の考えを抱く。 穏健派のハインツ少佐に好意を寄せており、献身的に補佐をするが、強硬派の策略によりハインツを死なせる要因を作ってしまう。 のちにその仇を討つため強硬派へと鞍替えしたふりをして内情を探り、公の場でエンツォ派の陰謀を暴露。 これがアクシズ内乱のきっかけとなる。 戦後、ハマーンの方針で穏健派が冷遇されたため、シャアの地球圏行きを志願し随行、ジェーンと名を変える。 しかし、実戦を好まないため、ジオン残存軍の支援に回った。 ヤヨイ・イカルガ オリジナルキャラクター。 一年戦争敗退後に地球圏から流れてきた、元MSパイロットを自称する少女。 出身で、ニュータイプとして高い認識力を持つが、軍人として有能といえない部類であるため、周囲からはそうとは見られずに軽んじられている。 後に才能を見出され昇進を条件にのパイロットに選出。 アクシズ内乱ではハマーンを圧倒するが、旧知の間柄であるリカルドの説得中に撃墜され戦死した。 ジェレミー・ヴァンダム オリジナルキャラクター。 穏健派の領袖の一人。 「ハインツ中佐衝突事故」の真相究明のため、臨時総会を開催させジェシカ少尉に質問、事故の真相を暴く。 更なる露見を恐れたエンツォ派がクーデターを起こすと、この成功を阻止すべく同志を集めてカウンタークーデターを決行した。 戦後は、冷遇された穏健派を率いシャアとともに地球圏に随行している。 スミレ・ホンゴウ オリジナルキャラクター。 アクシズで兵器の開発に従事していた技術士官。 ナタリーの士官学校での後輩にあたる。 制御システムごとMSに搭載可能な小型サイコミュ兵器(後のファンネル)、及び同兵器を搭載したNT専用次世代MS(後の)の発案・設計者である。 所属するサイコミュ研究部門がエンツォ大佐の管理下にあったため、アクシズ内乱時にはエンツォ派の下でトゥッシェ・シュヴァルツのオペレートを担当していたが、にされた同期の友人レベッカ・ファニング少尉が戦闘中に廃人になってしまった事を受けエンツォ派のやり様に嫌気が差し、の組成図を持ち出して穏健派に寝返った。 さらには慕っていたナタリーの死によって退役を決意、シャア一行と共に地球圏へ向かい、その後はに身を寄せた。 イリーナ・レスコ オリジナルキャラクター。 ミネバ・ザビ付の親衛隊隊長。 ハマーンの摂政就任後シャアらとともに地球圏へ向かい軍を退役。 地球連邦 一年戦争後のにおける急進派の頭目として様々な面で暗躍している。 ジオン残党狩りを名目に上司のへの創設を進言する。 ジャミトフと同じく連邦軍の急進派だが、彼には無能扱いされるなどライバル関係にある。 やらが所属する機動艦隊を率い、ゼブラゾーンに潜伏するジオン独立同盟基地ヴァールシカを襲撃。 基地陥落直前に自爆したことを自らの手柄にしていた。 地球連邦軍の准将で、地球連邦政府議員の資格を持つ。 反連邦の暴動激化とティターンズの台頭を危惧し、強力な反地球連邦組織の結成を模索。 サイド1でシャアと面会してのち、エゥーゴを結成した。 その他 オクサーナ・ボギンスカヤ オリジナルキャラクター。 ジオン独立同盟から特使として派遣され、シャアに対しジオン本国の視察を促す。 主に潜入任務を得意とする諜報員で、持ち前の明るく屈託のない性格からハマーンやナタリーとも親しくなる。 ジオン独立同盟の党首で、表向きはジオン共和国議員。 マハラジャ・カーンとは旧知の間柄。 シャアに対しジオン・ズム・ダイクンの遺志を継ぐようにオクサーナを派遣して地球圏への視察を促し、ジオン本国に訪れたシャアと面会し決起するように働きかけた。 ジョルジョ・ミゲル オリジナルキャラクター。 妹と共にジオン独立同盟に所属する活動員。 一年戦争末期に学徒動員で出撃し、戦後MSパイロットの腕を買われ表向きは地球連邦軍に所属している。 連邦内部のスペースノイド独立を目指す動きについてシャアに話した。 のちに結成に参加するようシャアに働きかけ、連邦軍の軍籍を入手するなど便宜を図る。 物語終盤にてサイド1で開催される会議を襲撃しに向かうティターンズとの交戦中に、コックピットをジムに貫かれ戦死する。 カムジ オリジナルキャラクター。 ジオン独立同盟に所属する少女で、表向きはサイド3の貿易会社の経営者兼歌手。 登場時15歳。 一年戦争に参加し初陣でジム5機を撃墜した経歴を持ち、遊戯のような操縦でをザクマシンガン1発で戦闘不能にするなどニュータイプとしての素質を持つが、ビットを制御する能力に恵まれず、そのため本人もニュータイプであることを否定している。 その後、シャアのエゥーゴ参加に協力するが、カムジ自身は連邦軍の内部抗争への関与を拒み本業の歌手に戻った。 搭乗機は専用。 モデルは。 ジェラルド・シンクレア ゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』に登場するキャラクター。 突撃機動軍第七師団所属。 サイド3視察に赴くシャア一向へ救援に現れ、ジオン残党基地アムブロシアへ誘導した。 以後シャアの元で活躍し、視察団がアクシズへ帰還する際には同行を志願した。 搭乗機は。 アムブロシア基地の案内役として登場。 のちに生き別れになった双子の妹を探すためアクシズ行きへ同行する。 ハマーンに献身的に従い、アクシズ内で勃発した真ジオン公国軍のクーデター事件では、12歳ながらパイロットとして活躍する等、ニュータイプの素質をうかがわせた。 搭乗機は。 単行本• 第1巻 2002年11月22日刊行• フィギュア付き初回完全限定版 2002年9月1日刊行• 第2巻 2003年11月25日刊行• 第3巻 2004年7月26日刊行• 第4巻 2004年12月25日刊行• フィギュア付き初回完全限定版 2004年12月13日刊行• 第5巻 2005年5月26日刊行• 第6巻 2005年10月26日刊行• 第7巻 2006年3月25日刊行• フィギュア付き初回完全限定版 2006年3月10日刊行• 第8巻 2006年8月26日刊行• 第9巻 2007年7月26日刊行• 第10巻 2007年12月26日刊行• 第11巻 2008年7月26日刊行• 第12巻 2008年11月26日刊行• 第13巻 2009年5月26日刊行• 第14巻 2010年3月26日刊行• 公式ガイドブック 2010年3月26日刊行.

次の

ナタリーヴィゴとは?特徴と歴史、基礎知識

ナタリー ビアンキ

機動戦士ガンダム ここには、および『』の登場人物を挙げる。 小説版『機動戦士ガンダム』シリーズ(1〜3巻)にのみ登場する人物は含まれない。 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 アントニオ・カラス• ウッディ・マルデン• エルラン• カミラ• コーリン• ゴップ• ジュダック• モスク・ハン• リード• ワッケイン ()• オスカ・ダブリン• オムル・ハング• キッカ・キタモト• キムラ• サンマロ• ジョブ・ジョン• (アルテイシア・ソム・ダイクン)• タムラ• パオロ・カシアス• ハワド• バンマス• フムラウ• マーカー・クラン• マクシミリアン• マサキ• レツ・コ・ファン• ロウル 軍 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 アサクラ• ガデム• カヤハワ• カンプ• ギャル• ククルス・ドアン• クワラン• ケージ• コワル• コンスコン• (本編未登場)• ジオン・ズム・ダイクン• ジョイス• ジンバ・ラル• セシリア・アイリーン• ダルシア・バハロ• トレノフ・Y・ミノフスキー• トワニング• (本編未登場)• バロム• フランシィ• フラナガン• マイヤー• ラコック• リオ・マリーニ• ロス ジオン公国軍(シャア・アズナブル少佐旗下)• クラウン• ジーン• ジェイキュー• (キャスバル・レム・ダイクン、エドワウ・マス)• スレンダー• デニム• ドレン• フィックス• マチュウ ジオン公国軍(シャア・アズナブル大佐旗下)• シムス・アル・バハロフ• デミトリー• トクワン• バタシャム• マリガン• ジオン公国軍()• イワノフ• カラハ• キャリオカ• クラフト• コーカ・ラサ• ゴダール• コノリー• ジッタル• フラナガン・ブーン• ボラスキニフ• マーシー• マジソン• ラムジ• リー・ホワン ジオン公国軍(ランバ・ラル大尉旗下)• アコース• イリューシン• ギーン• クランプ• コズン・グラハム• サグレド• ステッチ• ゼイガン• トルガン• マイル• ミサキ• ジオン公国軍(マ・クベ大佐旗下)• ウラガン• オルテガ()• ガイア(黒い三連星)• クリンク• デラミン• バイス• ヘイブ• マーチ• マッシュ(黒い三連星)• ラング ジオン公国軍(ガルマ・ザビ大佐旗下)• ガバラ• ゲビル• ダロタ• バイソン• バムロ• ハンブル• ビービ 民間人・その他 登場人物に関してはを参照。 イセリナ・エッシェンバッハ• エッシェンバッハ• カマリア・レイ• カムラン・ブルーム• コーリー• コミリー• コミリーの母(おばさん)• ジル・ラトキエ• スミス• ファム・ボゥ• フラウ・ボゥの祖父• ペルガミノ• ペルシア• ミハル・ラトキエ• ミリー・ラトキエ• ロラン・チュアン モビルスーツバリエーション(MSV) ここには、プラモデル企画『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• ギャリー・ロジャース• フランシス・バックマイヤー ジオン公国軍• アルフレディーノ・ラム• イアン・グレーデン• エリオット・レム• エリック・マンスフィールド• カーミック・ロム• ギャビー・ハザード• キリー・ギャレット• サイラス・ロック• ジェラルド・サカイ• ジョニー・ライデン• シン・マツナガ• トーマス・クルツ• ビリー・ウォン・ダイク• フランク・ベルナール• フレデリック・クランベリー• マサヤ・ナカガワ• マルロ・ガイム• ロイ・グリンウッド• ロバート・ギリアム MS-X ここには、プラモデル企画『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• デン・バザーク ジオン公国軍• ダル 機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑 ここには、書籍『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• サミュエラ• シャルル・キッシンガム• ダグラス・ベーダー• テキサン・ディミトリー• テネス・A・ユング• デリス・ハノーバー• ハインツ・ベア• パウルス• バッフェ• ビク・ハボクック• フランクリン・ノボトニー• マイーア・パゾク• ミヤ・サミエック• リド・ウォルフ• ロドニー・カニンガン• ロン・コウ ジオン公国軍• エーリッヒ・ハルトマン• キリング・J・ダニガン• グレニス・エスコット• ジョン・クエスト• ノルディット・バウアー• ブレニフ・オグス• ヘルムート・ルッツ• ロイ・ジューコフ GUNDAM THE RIDE ここには、劇場アトラクション『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アダム・スティングレイ• アヤ・スワンポート• ジャック・ベアード• トーマス• 機動戦士ガンダム(その他の作品) 機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079 死にゆく者たちへの祈り ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• サナ・ニマ• ダバ・ソイ• ノクト・ガディッシュ• ボルク・クライ ジオン公国軍• サキ・グラハム• ヘンリー・ブーン• マーチン・ハガー• レイ・ハミルトン• レスタ・キャロット 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アルフ・カムラ• エミリー・バウアー・マイスター(漫画版のみ)• サマナ・フュリス• ジェームズ(小説版のみ)• パク(小説版、漫画版のみ)• フィリップ・ヒューズ• モーリン・キタムラ• ユウ・カジマ• ロゴージン(小説版のみ) ジオン公国軍• アブラハム(漫画版のみ)• グロス(漫画版のみ)• ニムバス・シュターゼン• レイバン(漫画版のみ) フラナガン機関• クルスト・モーゼス• マリオン・ウェルチ 機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で… ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アニタ・ジュリアン• スタンリー・ホーキンス• バックス・バック• ボブ・ロック• マクシミリアン・バーガー• マスター・ピース・レイヤー• レオン・リーフェイ ジオン公国軍• アリソン・ハニガン(小説版のみ)• ヴィッシュ・ドナヒュー• ウォルター・カーティス• エイドリアン(小説版のみ)• 逆木(サカキ)(小説版のみ)• 三枝(サエグサ)(小説版のみ)• ジョコンダ・ウィリス(小説版のみ)• タイソン(小説版のみ)• ティナ・デュバル(小説版のみ)• ニアーライト(小説版のみ)• マヤ・コイズミ(小説版のみ)• ユライア・ヒープ(小説版のみ) ガンダムバトルオンライン ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• ウィル・フレッド• バーラム・トライバル• リサ・プリスキン ジオン公国軍• ウォルフ・ランサム• ネディ・アエージャ• ノルド・ランゲル ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079 ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• エイガー• サカキ(小説版のみ) ジオン公国軍• ゲラート・シュマイザー• サンドラ• シャルロッテ・ヘープナー• ソフィ・フラン• ニッキ・ロベルト• マット・オースティン• マニング• リィ・スワガー• ル・ローア• レンチェフ 機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アニー・ブレビック• アニッシュ・ロフマン• ノエル・アンダーソン• マット・ヒーリィ(小説版、漫画版のみ)• ラリー・ラドリー• レーチェル・ミルスティーン ジオン公国軍• ウォルター・カーティス(小説版のみ)• ガースキー・シノビエフ• クローディア(小説版のみ)• クロード(小説版のみ)• ケン・ビーダーシュタット(小説版、漫画版のみ)• ジェイク・ガンス• ジェーン・コンティ• ダグラス・ローデン• メイ・カーウィン• ユウキ・ナカサト 機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに… ここには、コンピュータゲーム『』及び漫画・小説『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アニー・ブレビック(小説版、漫画版のみ)• キルスティン・ロンバート• フォルド・ロムフェロー• ミユ・タキザワ• ルース・カッセル ジオン公国軍• ギュスター・パイパー• ノルド・ランゲル(漫画版、小説版のみ)• マレット・サンギーヌ(漫画版、小説版のみ)• ユイマン・カーライル• リリア・フローベール 機動戦士ガンダム戦記 ここには、コンピュータゲーム『』及び漫画『機動戦士ガンダム戦記U. 0081-水天の涙-』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• カマル・クマル• ゴドウィン・ダレル• シェリー・アスリン(タチアナ・デーア)• ハイメ・カルモナ• ヒュー・カーター• ボブ・ロック• マオ・リャン• ユーグ・クーロ• ロブ・ハートレイ ジオン公国軍• アイロス・バーデ• エリク・ブランケ• オットー・アイヒマン• グスタ・エーベル• クリスト・デーア• ヒルダ・ニーチェ• フィリーネ・エステル• ブリッツ・バウアー• ロルフ・アーレンス 機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン ここには、アーケードゲーム『』の登場人物を挙げる。 ジオン公国軍• カート・ラズウェル• ロビン・ブラッドジョー 地球連邦軍• セバスチャン・クリエ• タカシ・キタモト• ナオ・ジェシカ・パーカー• バリー・バルザリー• ファレル・イーハ 機動戦士ガンダム MS戦線0079 ここには、コンピュータゲーム『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アラン・アイルワード• デニス・バロウ• ホア・ブランシェット• リル・ソマーズ ジオン公国軍• アン・フリーベリ• クラウス・ベルトラン• トルド・ボブロフ• レオ・ブラウアー 機動戦士ガンダム クライマックスU. ここには、コンピュータゲーム『』及び漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU. 紡がれし血統』の登場人物を挙げる。 第一世代• エレン・ロシュフィル• カムナ・タチバナ• ザック・ウィンザー (漫画版のみ)• シャーリー・ラムゼイ• ナギサ・フローリン• ニシバ・タチバナ (漫画版のみ)• パミル・マクダミル 第二世代• エイギス・ヴェラクルス• シュン・タチバナ(シュテイン・バニィール)(名前は漫画版にのみ設定)• ナナ・タチバナ (名前は漫画版にのみ設定) 機動戦士ガンダム 宇宙のイシュタム ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 ジオン公国軍 ムサイ級ルーチュ所属ストレット隊• エリザ・ヘブン伍長• ストレット少尉• ルンゴ・ブラッキュ中尉 その他• クラン・C少尉• ウンナ大尉 地球連邦軍 マゼラン級トーチタス• イライザ・オロマ中佐• ウィッシュ上等兵• キム曹長• ケイモス・サト曹長• サカキ少尉• ナダ・チノミ中尉• フォリーナ• フュゼ副長• アン曹長 その他• ティアンム中将• 民間人 コロニー公社• ゼイン• ザジル• ザビオ• トウコ• ライア Developers 機動戦士ガンダム Before One Year War ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 ホシオカ工場• オバちゃん• おじいちゃん• ゲンザブロウ・ホシオカ• ミオン・ホシオカ• ヤス・ニシカワ ジオニック• エリオット・レム• テオ・パジトノフ ジオン公国• ギレン・ザビ 魔法の少尉ブラスターマリ ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 ジオン公国軍• マリコ・スターマイン ブラスターマリ• マイケル・スターマイン• 赤い彗星のひと キャスバル・レム・ダイクン 民間人• メアリ・ハートレー• バン・スターマイン• ダイ・スターマイン Gの影忍 ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 リョウガ• 星雲斎• スザク• サジリ• 不死身のクグツ• 苦念坊• 死念坊• タロウザ• 槍の斬牙• ヒュウガ• 十文字• コウリュウ• アシュラ• シビト• スイコ• 猿(ましら)三兄弟• 尾張のアカギ• 不動のオガミ• 飛翔鬼ヤシャ• ミミザル• ハナザル• メザル ジオン公国軍• エマリー• ハウエル• シンプソン• ネオ・ジオン• シャア・アズナブル その他• リクオー• 加代 機動戦士ガンダム サンダーボルト ここには、漫画及びWebアニメ『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• イオ・フレミング• クローディア・ペール• コーネリアス・カカ• グラハム• ビアンカ・カーライル• ビンセント・パイク• モニカ・ハンフリー ジオン公国軍• ダリル・ローレンツ• フーバー• ショーン・ミダテラ• フィッシャー・ネス• レイトン• カーラ・ミッチャム• J・J・セクストン• バロウズ• クライバー• ビリー・ヒッカム• セバスチャン 南洋同盟• レヴァン・フウ• チャウ・ミン 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 ここには、『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• クリスチーナ・マッケンジー• スチュアート• ディック・ルムンバ ジオン公国軍• キリング• フォン・ヘルシング• ルーゲンス ジオン公国軍(サイクロプス隊)• アンディ・ストロース• ガブリエル・ラミレス・ガルシア• ハーディ・シュタイナー• バーナード・ワイズマン• ミハイル・カミンスキー 民間人・その他• アルフレッド・イズルハ• イームズ・イズルハ• チェイ• チャーリー• テルコット• ドロシー• ミチコ・イズルハ 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 また劇場版『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ミラーズ・リポート』やエピローグ『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 ラスト・リゾート』、本OVAに付随したCDドラマの登場人物も含む。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• アリス・ミラー• イーサン・ライヤー• エレドア・マシス• カレン・ジョシュワ• コジマ• サリー• ジェイコブ• ジダン・ニッカード• ジョニー・ナカミゾ• シロー・アマダ• テリー・サンダースJr. マイク• ミケル・ニノリッチ• ロブ ジオン公国軍• アイナ・サハリン• ギニアス・サハリン• シンシア• トップ• ニエーバ• ノリス・パッカード• バリー• ボーン・アブスト• マサド• ユーリ・ケラーネ• ルネン 民間人・その他• キキ・ロジータ• 少女(キキ)• 少年A(サンダース)• 少年B(エレドア)• 隊長(シロー)• ネスカ・コールマン• ノッポ• バレスト・ロジータ• マリア 機動戦士ガンダム MS IGLOO ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 ジオン公国軍• アルベルト・シャハト• アレクサンドロ・ヘンメ• ヴェルナー・ホルバイン• エーリッヒ・クリューガー• エルヴィン・キャディラック• オッチナン・シェル• オリヴァー・マイ• ジャン・リュック・デュバル• ジーン・ザビエル• デメジエール・ソンネン• ドメニコ・マルケス• ヒデト・ワシヤ• フランツ・プラント• フリードリッヒ・カッテル• ヘルベルト・フォン・カスペン• マルティン・プロホノウ• モニク・キャディラック• ユルゲン・ヘプナー 地球連邦軍• フェデリコ・ツァリアーノ 機動戦士ガンダム MS IGLOO2 ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍• アリーヌ・ネイズン• ドロバ・クズワヨ• ハーマン・ヤンデル• パパ・シドニー・ルイス• ベン・バーバリー• ミケーレ・コレマッタ• ミロス・カルッピ• レイバン・スラー ジオン公国軍• エルマー・スネル• クライド・ベタニー 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY ここには、OVA『』の登場人物を挙げる。 本OVAに付随したCDドラマの登場人物も含む。 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 地球連邦軍• アクラム・ハリダ• アリスタイド・ヒューズ• アロイス・モズリー• イワン・パサロフ• ウィリアム・モーリス• グリーン・ワイアット• ジーン・コリニー• ジャクリーヌ・シモン• ジョン・コーウェン• ステファン・ヘボン• チャック・キース• ディック・アレン• ナカッハ・ナカト• ピーター・スコット• マーネリ• モーラ・バシット• ラバン・カークス ジオン公国軍• アサクラ• アダムスキー• ヴィリィ・グラードル• ウォルフガング・ヴァール• カリウス・オットー• クルト• ゲイリー• デトローフ・コッセル• ドライゼ• ノイエン・ビッター• ボブ アクシズ(ネオ・ジオン)• ユーリー・ハスラー 民間人(アナハイム・エレクトロニクス含む)• オサリバン• クレナ・ハクセル• ニック・オービル• ポーラ・ギリッシュ• ラトーラ・チャプラ• ルセット・オデビー 機動戦士ガンダム ファントム・ブレット ここには、雑誌企画『機動戦士ガンダム ファントム・ブレット』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• ジャック・ベアード ジオン公国軍• 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 アブ・ダビア(小説版、劇場版のみ)• アポリー・ベイ• アンナ・ハンナ• サエグサ• サマーン• シーサー• シンタ• トーレス• トラジャ・トラジャ• トリッパー• ハサン• バッチ• ブレックス・フォーラ• ボティ• マナック• ロベルト• アジス・アジバ• アドル・ゼノ• カクリコン・カクーラー• ガディ・キンゼー• キッチマン• ゲーツ・キャパ• シドレ• ジャマイカン・ダニンガン• ソラマ• ダンケル・クーパー• ディーバ・バロ• テダム• チャン・ヤー• ヒルダ・ビダン• フランクリン・ビダン• ブラン・ブルターク• ベン・ウッダー• ホリィ• マウアー・ファラオ• マサダ• マトッシュ• ラムサス・ハサ• ローレン・ナカモト• アクシズ(ネオ・ジオン)• 民間人・その他• (キッカ・キタモト)• ステファニー・ルオ• チェーミン・ノア• (フラウ・ボゥ)• (ミライ・ヤシマ)• (レツ・コ・ファン) ガンダム新体験 グリーンダイバーズ ここには、劇場アニメーション作品『』の登場人物を挙げる。 民間人• アサギ・ブリッグス• タクヤ・ブリッグス ガンダム・センチネル ここには、雑誌企画『』の登場人物を挙げる。 イートン・F・ヒースロウ• シグマン・シェイド• ジョン・グリソム• シン・クリプト• ストール・マニングス• チュン・ユン• テックス・ウェスト• リョウ・ルーツ• ロバート・オルドリン• ジョッシュ・オフショー• トッシュ・クレイ• ドレイク・パーシュレイ• ファスト・サイド• ブライアン・エイノー• ブレイブ・コッド アクシズ(ネオ・ジオン)• マイク・サオトメ 民間人・その他• ティターンズ・テスト・チーム• ウェス・マーフィー• エリアルド・ハンター• エリンケ・ハモンド• オードリー・エイプリル• オットー・ペデルセン• カール・マツバラ• ケイト・ロス• ジョナサン・コーエン• トーマス・シュレーダー• ピート・シェルトン• ヘンドリック・ネス• レイチェル・サンド 旧ジオン公国軍残党• カザック・ラーソン• ガブリエル・ゾラ• ヒルデガルド・スコルツェニー• ヘルマン・キルマイヤー• ショーター 地球連邦軍• オルトヴァン・ジェスール• ゼルキン• テオドロ・ウルバーニ• マキシム・グナー• ロベルト・ベルナルド 地球連邦軍法務局• エディー・サウスウェル• ゲオルギー・ミルコフ• コンラッド・モリス• ジョアンナ・パブロア• ジョン・ゴードン• ペドロ・メンドーサ 民間人・その他• マイケル・チャン• リュウ・キシリマ 機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像 ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 アクシズ(穏健派、強硬派含む)• アンディ(アポリー・ベイ)• ジェシカ・ディアス(ジェーン)• (クワトロ・バジーナ)• スミレ・ホンゴウ• ナタリー・ビアンキ• ハインツ・ヴェーベルン• リカルド・ヴェガ(ロベルト)• エンツォ・ベルニーニ• エンリケ・ムニョス• ダリオ・サンティ• ファビアン・フリシュクネヒト• マルコ・ベッキオ• モニカ・バルトロメオ• ヤヨイ・イカルガ• ジオン独立同盟• イリーナ・レスコ• エーベルハルト・リヒター• オクサーナ・ボギンスカヤ• カムジ• ビョルン・エスティル 地球連邦軍(ティターンズ、エゥーゴ含む)• ガディ・キンゼー• グリーン・ワイワット• シーサー• ジーン・コリニー• ジョルジョ・ミゲル• ティアゴ• トーレス• バスク・オム• ブレックス・フォーラ• ベン・ウッダー• ヘンケン・ベッケナー• ラウノ 民間人・その他• キャラ・スーン• ゴットン・ゴー• 機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル ここには、及び『』の登場人物を挙げる。 エコール• アスナ・エルマリート• エミル・フォクトレンダー• エリシア・ノクトン• ケリー・シグネット• シン・バルナック• フォルマ・ガードナー• ヤハギ・フランジバック• リナィ 旧ジオン公国軍残党• アキラ• トーマス• フランシス• マリー・アルベルティア• ユーナ• ゴーロ• ジャック・ベアード• ソフィー・フェレル• タラカン・コンブラン• ナタリー・フェリセッタ• マークス・オーツカ• ミハエル・アカレッテ• ベルナルド・フェレ• ヘンゼル・ビノッケル• ヨーゼフ・コルデラット• レイラ・シングレックス ティターンズ• トゥール• ハンク・ライアン 民間人・その他• アルパ・ラウ• カラバ• エドガー・エドモンド・スミス• カン・ウー• フランクリン・ビダン• バスク・オム• ウォルナック• ウモン・サモン 民間人・その他• 登場人物に関しては及び個別に作成されている記事を参照。 エゥーゴ• エマリー・オンス• シーサー• シンタ• トーレス• ミリィ・チルダー• メッチャー・ムチャ• リィナ・アーシタ• ネオ・ジオン• アマサ・ポーラ• アリアス・モマ• イリア・パゾム• エイン• オウギュスト・ギダン• キャラ・スーン• クレイユ・オーイ• ゴットン・ゴー• サトウ• ダナ・キライ• ダニー• デューン• ニー・ギーレン• ネル・マーセン• パンパ・リダ• ビアン• ビーツ• マガニー• ユラー・ジャミコ• ラカン・ダカラン• ランス・ギーレン• ワイム 旧ジオン公国軍残党・ロンメル部隊• デザート・ロンメル• カラハン• ニキ アフリカ解放戦線・青の部隊• エロ・メロエ• ガデブ・ヤシン• ディドー・カルトハ 民間人・その他• ゲモン・バジャック• サラサ・ムーン• ジュネ・コク• スタンパ・ハロイ• セシリア• ダマール• タマン• チマッター• マサイ・ンガバ• ラサラ・ムーン• ルチーナ・レビン• ネオ・ジオン• ケイ・キリシマ• スパルナ・キャリバン• バーン・フィクゼス• メッチャー・ムチャ 地球連邦軍• ホワイト• ヨハン・ウィステリア• リア・ウィンディ ティターンズ• エンケラドゥス・ガイスト ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 モノトーン・マウス社• アイン・グレイフィールド• ダリー・ニエル・ガンズ• チェリィ・チノ・ローゼス 地球連邦軍• アルバ・ダグルト• アンティケ・ブリュワール• イベラ・ツギム• ウィントン・マルサリス• オッド・フェルド• シィド・フュエル• スティア・フレドリアツキ• タケシ・カザキ• ドーシー・ビワイド• マキ・イトウ• ミカヨ・ツギム カラード• アルヴェニシカ・キースト• エルデスコ・バイエ• ディーマッド• ナック・ラジャン• フォニオ・ラジャン・アシク• フォムン・ロフト• ヤン・クリーク ネオ・ジオン• ジェダ・ジースカロート• シン・ワタナベ• シンシア・ハース• タウ・ワタナベ 機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス ここには、漫画『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍• アムロ・レイ• シマ・八丈(シマ・ハチジョウ)• ジュドー・アーシタ• 鉄面皮(てつめんぴ) ネオ・ジオン• シャア・アズナブル• ヒトーリン• ミネバ・ラオ・ザビ その他• カイ・シデン• 無限力(むげんちから)• (名前のみ登場) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ここには、アニメーション映画『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 地球連邦軍()• アンナ• ケーラ・スゥ• チェーン・アギ• トゥース• メラン 地球連邦政府• アデナウアー・パラヤ• ジョン・バウアー(本編未登場) ネオ・ジオン• カイザス・M・バイヤー• クェス・パラヤ(クェス・エア)• ギュネイ・ガス• ナナイ・ミゲル• ホルスト・ハーネス• ライル• レズン・シュナイダー 民間人・その他• オクトバー・サラン• チェーミン・ノア• (エンドクレジットではミライ・ヤシマ) ガイア・ギア ここには、『』の登場人物を挙げる。 登場人物に関してはを参照。 (ズィー・ジオン・オーガニゼーション)• アザリア・パリッシュ• アフランシ・シャア• アン・マーサン• エミール・ルーサ• キムリー・ブラウス• クラッカワ・ナカガ• クリシュナ・パンデント• グレン・コールディル• ケイネス・ブレン• ケラン・ミード• ケンセスト・ベイレン• サエス・コンスーン• ジャック・ブルーム• ジョー・スレン• セゴビィ・ミラン• セシアス・ジィギス• トット・ゲーリング• ニアス・ケイン• バアム・ゼーゲン• ハタナ・ノムソザキ• ブノア・ロジャック• ヘイラル・ハルメル• ボーズ・ガルチェ• マーガレット・レーン• マドラス・カリア• ミランダ・ハウ• メスラー・デッケン• メッサー・メット• メンム・ケイレン• レエ・セイアス• レーザム・スタック• ミッシェル・エーケン• ムラソコ• ロドリゲス・カロス メタトロン(ユーロ・メタトロン)• キュレ・オウレボ• クロスハンゼン・スティンスリード• ピョル・スタッフ 地球連邦軍()• ウル・ウリアン• ガミアン・ヘーゲリック• ギュラーム• コンスタン・ペルケーネ• ジェラン・アルサ• シムナウ・アーバン• ジョナサン・リーヴ• ツィ・イェンガン• ハリー・スェームズ• ビジャン・ダーゴル• マリーサ・ナジス• レイラ・セイバー 地球連邦軍(ホンコン・マハ)• ウォン・ロー• ジャンウェン・フー• チョウ• リィホアウォン(麗華黄)• レイ・チャン• ロウ燕 民間人・その他• エヴァリー・キー• エントー・シスメシア• カサン・ムース• ガバ・スー• キャリ・ハウ• グレン• グロリア• ジェームス• トルース・シュトロンガー• ヤン教授 レジスタンス• ジャコブ・ベルハーレン• ピエトロ• ファレス・デ・ミンネ• ミハエル・キンゼイ 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ ここには、小説『』の登場人物を挙げる。 イラム・マサム• エメラルダ・ズービン• カウッサリア・ゲース• ガウマン・ノビル• クワック・サルヴァー• ケリア・デース• ゴルフ• シベット・アンハーン• ジュリア・スガ• ハーラ・モーリー• フェンサー・メイン• ブリンクス・ウェッジ• ヘンドリックス・ハイヨー• マクシミリアン・ニコライ• マフティー・ナビーユ・エリン()• ミツダ・ケンジ• ミヘッシャ・ヘンス• レイモンド・ケイン• ローウェスト・ハインリッヒ• オノレ・バレストリエーリ• キンバレー・ヘイマン• ゲイス・ヒューゲスト• ケネス・スレッグ• シーゲン・ハムサット• スタッグ・メインザー• ハンドリー・ヨクサン• フランシン・バクスター• ヘレナ・マクガバン• マルガリータ• ミネッチェ・ケスタルギーノ• メジナウム・グッゲンハイム• リチャード・クレッシェンド• レーン・エイム 民間人・その他• アマダ・マンサン• カーディアス・バウンデンウッデン• ギギ・アンダルシア• チャング・ヘイ• ファビオ・リベラ• メイス・フラゥワー• 機動戦士ガンダムUC ここには、小説及びOVA『』の登場人物を挙げる。 地球連邦軍(ロンド・ベル)• アンナ・ハナン• オットー・ミタス• ジョナ・ギブニー• ソートン• ダリル・マッギネス• ナイジェル・ギャレット• ノーム・バシリコック• ハサン• バナージ・リンクス• ホマレ• ボラード• ミヒロ・オイワッケン• メラン• リディ・マーセナス• レイアム・ボーリンネア• ワッツ・ステップニー 地球連邦軍(エコーズ)• ギャリティ• コンロイ・ハーゲンセン• ダグザ・マックール• ナシリ・ラザー 地球連邦軍(宇宙軍)• マセキ・ダンバエフ 地球連邦軍(海軍)• アディ• ゲノン• 水測長 地球連邦軍(上層部)• テッド・チェレンコフ• マウリ 地球連邦政府(移民問題評議会)• ローナン・マーセナス• パトリック・マーセナス ネオ・ジオン残党軍(フル・フロンタル旗下)• アンジェロ・ザウパー• キュアロン・マスカ• セルジ・ヘルファー• ヒル・ドーソン• フル・フロンタル ネオ・ジオン残党軍(ガランシェール隊)• アイバン• アレク• ギルボア・サント• クワニ• サボア• スベロア・ジンネマン• トムラ• フラスト・スコール• ベッソン• (オードリー・バーン) ネオ・ジオン残党軍(ガーベイ家)• アッバス・ガーベイ• マハディ・ガーベイ• ロニ・ガーベイ• ワリード・ガーベイ ジオン残党兵• ヨンム・カークス• キャンドル ジオン共和国軍• ギリガン・ユースタス• ケイマン• ホーギー•

次の