結婚式招待状 返信 マナー メッセージ。 結婚式招待状の返信メッセージでも友人を最高に喜ばせる工夫とは?|ドドヨの腹ぺこ自由帳

結婚式招待状の返信メッセージでも友人を最高に喜ばせる工夫とは?|ドドヨの腹ぺこ自由帳

結婚式招待状 返信 マナー メッセージ

結婚式招待状 の返信 メッセージ の例?友人・先輩・親族・上司・部下 の場合! 親しい相手から結婚式に招待されて、実際に招待状が手元に届くと、いよいよ当日が近づいてきているなってワクワクしますよね! 招待状を受け取ったら、なるべく早く返信ハガキを送り返すのがマナーになります。 出欠欄に一緒に記載されているのが、新郎新婦への「 メッセージ コメント 」項。 ここにはぜひ、 お祝いのコメントや、 招待してもらったことへの喜びの言葉を書きましょう。 メッセージ欄が用意されていなくても、空いているスペースに一言何か添えてください。 ハガキを受け取った新郎新婦からは、とっても喜ばれますよ! それでは、そのメッセージ欄はどんなことを書けばよいか、具体的にお話ししていきますね。 句読点【「、」「。 」】を使わない 2. 忌み言葉を使用しない 3. 黒のボールペンで書く まず、1の句読点を使用しないということですが、 「、」や「。 」には「区切る」や「終わる」という意味があります。 結婚とは、これからスタートしていくため、 区切るや 終わる といった言葉は 縁起が悪いとされています。 それを表す 句読点 は、 マナー違反にあたるんです。 普段から使っているもののため、何気なく書いてしまいそうになりますが、意識して書かないように気を付けましょうね! 2の 忌み言葉ですが、 結婚式では使用してはいけない言葉というものがあります。 例えば、離婚を連想させる「 別れる」「 別々」「 壊れる」や、再婚を連想させる「 たびたび」「 重ね重ね」「 再度」などです。 そんなつもりはなく書いた言葉でも、結婚式においては縁起が悪いとされる言葉も多いため、メッセージを書く際はくれぐれも注意してくださいね! 結婚式招待状に書く 返信メッセージの基本的な構成とは!? 書き始めは、やはり「 ご結婚おめでとうございます」というお祝いの言葉を書きましょう。 そのあとに、「 結婚式に招待されたことの喜び」や「当日を楽しみにしているという思い」を書けばOK。 あとは、新郎新婦との関係性によって、書く内容の若干の異なりがあるかと思います。 今回は「友人・先輩・親族・上司・部下」の5つのケースについて、具体的にご紹介しますね! 結婚式の招待状の返信ハガキに上司はどんなメッセージを書くべき!? まずは会社の上司という立場の人が書く、メッセージの例から見ていきましょう。 先輩…文例2 結婚おめでとうございます 慶んで出席させていただきます 先輩を差し置いてけしからん後輩だと思います というのは冗談でとても嬉しいです 素敵な結婚式になりますことお祈りしております 普段から交流のある親しい仲の人であったり、ちょっとした冗談くらいであれば通じ合うくらいの関係性であれば、 先輩…例文1、2のように、クスっと笑える内容を加えてみるのも、その人らしさが出て良いかもしれませんね。 親族・親戚からの結婚式招待状の返信メッセージは何を書けば!? 続いて、身内である「親族」や「親戚」の場合です。 家族である兄弟の場合と、それ以外の親戚の場合とそれぞれご紹介しますね。 兄弟が結婚招待状の返信メッセージを書くパターン 友人…文例2 結婚おめでとう 結婚式に招待してくれてありがとう 自慢のきれいな花嫁さんに会えること楽しみにしています また近いうちに一度飲みに行って幸せな話聞かせてください 返信メッセージの書き方の注意点で、ボールペンで記載と言いましたが、 友人の場合は、絵が得意な人はお祝いのコメントに合わせて絵を描く人もいます。 また、ウェディングドレスやウェディングケーキのような、 可愛いシールで可愛く仕上げる人もいます。 本来の返信ハガキに書く内容ではないのですが、心から祝福してくれて、結婚式当日を楽しみにしてくれていることがよく伝わるので、新郎新婦も絶対嬉しいはず! 親しい仲の場合であれば、ハガキをデコレーションしてみるのも良いでしょう。 喜んでもらえると、こっちもうれしいですよね。 結婚式を欠席する場合!招待状の返信メッセージは何て書くの!? せっかくの招待状をもらった場合でも、どうしても休めない仕事であったり、やむを得ない事情で欠席する場合もありますよね! その場合の、返信メッセージの書き方の文例もご紹介しておきますね。 結婚式を欠席する場合…文例2 ご結婚おめでとうございます 〇〇さんの結婚式を楽しみにしていたのですが どうしても都合がつかず本当に残念なのですが欠席させていただきます 改めてお話聞かせてくださいね 欠席する場合のメッセージの書き方は大きく2通り。 欠席理由を書く場合と、 欠席 理由を書かない場合です。 理由を書く場合は、日程がすでに決まっている 出張であったり、 出産などのおめでたい理由の場合です。 素直にその旨を記載し、出席したいが、やむを得ない旨を伝えましょう。 他の結婚式に、すでに出席する予定が決まっており、同じ日に招待されてしまった場合などは、「 都合がつかず」のように 言葉を濁すほうが無難です。 間違っても「他の結婚式に出席する」なんて書いてはだめですよ! 失礼ですし、断られた側も気分が良いものではありませんよね。 いかがですか? 返信ハガキは、新郎新婦だけでなく、 親御さんが見られる可能性もあります。 「親しき中にも礼儀あり」という言葉の通り、誰が目にしても気持ちの良い文章を書くように心がけてくださいね!.

次の

結婚式招待状の返信メッセージでも友人を最高に喜ばせる工夫とは?|ドドヨの腹ぺこ自由帳

結婚式招待状 返信 マナー メッセージ

この記事の目次• 結婚式招待状返信メッセージを書く前に知っておきたい2つの注意点 結婚式の招待状が届いたら「早速返信を!」と進めたいところですが、はじめに覚えておきたい2つのマナーがあります。 句読点は使用しない まずひとつめは、「、」や「。 」などの句読点を使わないということです。 「区切る」や「終わる」ということをイメージさせるため、慶事には句読点は避けるのがマナーです。 改行したり、1文字分空白を入れたりして文章を作成するように心がけましょう。 忌み言葉は使わない もうひとつは、「忌み(いみ)言葉」を使わないということです。 忌み言葉にはいくつか種類がありますが、代表的なものとしては「不幸や別れを連想させる言葉」が挙げられます。 たとえば「忙しい」という言葉は心を亡くすと書くため、避けられます。 「おしまい」「欠ける」などのワードも要注意です。 また、「重ね重ね」や「度々」など同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」も、「結婚を繰り返す」というイメージを持たれるため、忌み言葉とされています。 うっかり使ってしまわないように注意しましょう。 続いては、具体的な招待状の返信メッセージについて、関係性別で文例をご紹介します。 \お役立ち情報配信中!/ 関係性別!結婚式の招待状返信メッセージ文例 実際にはどのようなメッセージを書けばよいのか、具体例を見ていきましょう。 親しい友人向け 学生時代の同級生やサークル仲間など、気心の知れた間柄の友人に贈るメッセージは、少しくだけた内容でもOKです。 こちらも相手との親密度によって、少し格式高い言葉を使うか、フランクな言葉を使うかを決めると良いでしょう。 文例1 ご結婚おめでとうございます お招きいただきとても光栄に存じます おふたりの新たな門出を心からお祝い申し上げます 文例2 ご結婚おめでとうございます 慶んで出席させていただきます 先輩のステキなドレス姿を見るのがいまから楽しみです 会社の後輩や部下向け 会社の後輩や部下に向けてのメッセージは、多少打ち解けた文面でも問題ありません。 ただし、返信先が新郎新婦のご両親の場合もあります。 その際は、本人以外が目にすることを考えて、敬語を使うなどして丁寧な文章にすると良いでしょう。 堅苦しい言葉を選ぶよりも、素直なお祝いの言葉を記したほうが、きっと喜ばれることでしょう。 その場合の返信メッセージ例をご紹介します。 ・挙式のみに出席する場合 ご結婚おめでとうございます 所用により披露宴まで居ることができませんが 挙式にはぜひ参加させてください 当日を心待ちにしております ・披露宴のみに出席する場合 ご結婚おめでとうございます あいにく諸事情により挙式に駆けつけることができませんが 披露宴には出席させていただきます 受付や余興などを依頼されている場合 続いては、受付や余興などを新郎新婦から依頼されている場合のメッセージ例です。 その場合のメッセージ例もご紹介しておきます。 欠席の場合は、正直に理由を書いて良い場合と、書かないほうが良い場合があります。 たとえば、以前から決まっていた仕事や出張、妊娠・出産などのおめでたい理由の場合は、理由をそのまま伝えても問題ありません。 気をつけたいのは、弔事や体調が思わしくない場合、またほかの結婚式の日程と重なってしまった場合です。 これらの場合は、理由を明記せず、「やむを得ない事情で」などという表現に留めるのがマナーです。 覚えておくと良いでしょう。 ・仕事で出席できない場合 ご結婚おめでとうございます あいにくこの時期に長期の出張が入っており 残念ながら欠席させていただきます おふたりのお幸せをお祈りしております ・出産直後で出席できない場合 結婚おめでとう! とても出席したいのですが 出産を間近に控えているため 残念ながら欠席させていただきます 改めてゆっくりお祝いさせてくださいね ・理由を濁した方がいい場合 ご結婚おめでとうございます せっかくお招きいただきましたが やむを得ない事情により欠席させていただきます おふたりの新しい門出と末永い幸せを 心よりお祈り申し上げます 返信メッセージ例がわかったところで、続いては返信するタイミングについて見ていきましょう。 結婚式の招待状はいつ返信すべき? 結婚式の招待状に返信する場合も、知っておくべきマナーがいくつかあります。 大きくわけて、次の3つのポイントをおさえておきましょう。 出席するのであれば招待状の返信は1週間以内に行う 結婚式に出席する場合、返信ハガキはできるだけ早く出すことが望ましいとされています。 基本的には、招待状が届いてから2~3日以内に出すのがベストです。 遅くとも、1周間以内には返信するように心がけましょう。 新郎新婦は、招待状の回答状況を見ながら、披露宴の料理や引出物などを調整していきます。 出席できるとわかっている場合は、少しでも早く返信すると、相手に迷惑をかけずに済みますね。 欠席する場合はすぐ返信しないのがベター 反対に、やむなく欠席する場合は、すぐに返信するのはマナー違反!1週間程度は間を空けてから、返信するようにしましょう。 「調整してみたけれど、どうしても都合がつけられなかった」という思いが伝わります。 ただし、返信期限間際まで返信しないのはおすすめできません。 もしも家庭の事情などで、返信期限ギリギリまで出席できるかどうかわからない場合は、事前にその旨を新郎新婦に伝えておきましょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 返信しない、SNSで出欠連絡をすることはNG たとえ口頭やSNSなどですでに返事をしている場合でも、返信ハガキは期限内に必ず返送しましょう。 親しい友人にありがちなケースですが、口約束は相手を不安にさせてしまいます。 ただし、返信することをうっかり忘れていた場合など、取り急ぎの連絡手段としてSNSや電話などを使うことは、やむを得ない事情として問題ありません。 次の章では、結婚式の招待状の書き方マナーをあらためておさらいします。 結婚式の招待状の書き方マナーまとめ 招待状の返信ハガキを書く際にも、いくつかの知っておくべきマナーがあります。 基本的に出席・欠席いずれの返信をする場合も同様なので、しっかり覚えておきましょう。 黒色のペンで書くこと 招待状の返信ハガキは、毛筆もしくは万年筆で書くことが正式なマナーです。 持っていない場合は、黒色のボールペンなどでも問題ないとされていますが、グレーは薄墨といって弔事を連想させるのでNGです。 カラーペンも絶対に避け、必ず黒色を使いましょう。 線を引く際は定規で丁寧に 招待状の宛名の「行」を「様」に書きかえ、裏面の「御」や「御芳」などゲスト側に向けられている敬称は、二重線で消すのがマナーです。 その際、フリーハンドで線を書くのではなく、定規を使って丁寧に線を引くように心がけましょう。 書き損じをした場合は二重線で訂正 もしも書き損じをしてしまった場合も、定規を使って二重線を引き、訂正します。 修正ペンや修正テープを使うことは避けましょう。 最後の章では、実際にイラストを参考にしながら、招待状の返信ハガキの書き方を確認しましょう。 \お役立ち情報配信中!/ 【イラスト付き】結婚式の招待状返信の書き方例 先程確認した黒色のペンを使う、定規で二重線を書く、書き損じた場合も修正ペンを使わないというポイントをおさえたら、実際に返信ハガキの書き方を見ていきましょう。 【表面】の招待状書き方 まずは表面の書き方です。 表面には、返信先の住所と名前が記されています。 宛先の「行 宛 」を「様」に修正 返信先の宛名の下には、「行」と記されていることがほとんどです。 この「行」のまま返信するのはマナー違反なので、二重線もしくは斜線を引いて、「様」と書きかえます。 なお二重線は、縦書きの場合は縦線、横書きの場合は横線にします。 【裏面】の招待状書き方 裏面には、結婚式の出席・欠席、名前、住所、メッセージ欄が設けられている場合が多いです。 続いて、「御」や「御芳」など、自に向けられた敬称を二重線で消します。 また、二重線のかわりに「寿」で打ち消すことを「寿消し」と言い、少し上級者の返信テクニックとなります。 出席する場合は「喜んで(出席)させていただきます」、欠席の場合は「残念ながら(欠席)させていただきます」と一言加えると、とても丁寧です。 出席する場合は「御欠席」、欠席する場合は「御出席」も、忘れずに消しておきましょう。

次の

結婚式招待状の返信メッセージでも友人を最高に喜ばせる工夫とは?|ドドヨの腹ぺこ自由帳

結婚式招待状 返信 マナー メッセージ

この記事の目次• 結婚式招待状返信メッセージを書く前に知っておきたい2つの注意点 結婚式の招待状が届いたら「早速返信を!」と進めたいところですが、はじめに覚えておきたい2つのマナーがあります。 句読点は使用しない まずひとつめは、「、」や「。 」などの句読点を使わないということです。 「区切る」や「終わる」ということをイメージさせるため、慶事には句読点は避けるのがマナーです。 改行したり、1文字分空白を入れたりして文章を作成するように心がけましょう。 忌み言葉は使わない もうひとつは、「忌み(いみ)言葉」を使わないということです。 忌み言葉にはいくつか種類がありますが、代表的なものとしては「不幸や別れを連想させる言葉」が挙げられます。 たとえば「忙しい」という言葉は心を亡くすと書くため、避けられます。 「おしまい」「欠ける」などのワードも要注意です。 また、「重ね重ね」や「度々」など同じ言葉を繰り返す「重ね言葉」も、「結婚を繰り返す」というイメージを持たれるため、忌み言葉とされています。 うっかり使ってしまわないように注意しましょう。 続いては、具体的な招待状の返信メッセージについて、関係性別で文例をご紹介します。 \お役立ち情報配信中!/ 関係性別!結婚式の招待状返信メッセージ文例 実際にはどのようなメッセージを書けばよいのか、具体例を見ていきましょう。 親しい友人向け 学生時代の同級生やサークル仲間など、気心の知れた間柄の友人に贈るメッセージは、少しくだけた内容でもOKです。 こちらも相手との親密度によって、少し格式高い言葉を使うか、フランクな言葉を使うかを決めると良いでしょう。 文例1 ご結婚おめでとうございます お招きいただきとても光栄に存じます おふたりの新たな門出を心からお祝い申し上げます 文例2 ご結婚おめでとうございます 慶んで出席させていただきます 先輩のステキなドレス姿を見るのがいまから楽しみです 会社の後輩や部下向け 会社の後輩や部下に向けてのメッセージは、多少打ち解けた文面でも問題ありません。 ただし、返信先が新郎新婦のご両親の場合もあります。 その際は、本人以外が目にすることを考えて、敬語を使うなどして丁寧な文章にすると良いでしょう。 堅苦しい言葉を選ぶよりも、素直なお祝いの言葉を記したほうが、きっと喜ばれることでしょう。 その場合の返信メッセージ例をご紹介します。 ・挙式のみに出席する場合 ご結婚おめでとうございます 所用により披露宴まで居ることができませんが 挙式にはぜひ参加させてください 当日を心待ちにしております ・披露宴のみに出席する場合 ご結婚おめでとうございます あいにく諸事情により挙式に駆けつけることができませんが 披露宴には出席させていただきます 受付や余興などを依頼されている場合 続いては、受付や余興などを新郎新婦から依頼されている場合のメッセージ例です。 その場合のメッセージ例もご紹介しておきます。 欠席の場合は、正直に理由を書いて良い場合と、書かないほうが良い場合があります。 たとえば、以前から決まっていた仕事や出張、妊娠・出産などのおめでたい理由の場合は、理由をそのまま伝えても問題ありません。 気をつけたいのは、弔事や体調が思わしくない場合、またほかの結婚式の日程と重なってしまった場合です。 これらの場合は、理由を明記せず、「やむを得ない事情で」などという表現に留めるのがマナーです。 覚えておくと良いでしょう。 ・仕事で出席できない場合 ご結婚おめでとうございます あいにくこの時期に長期の出張が入っており 残念ながら欠席させていただきます おふたりのお幸せをお祈りしております ・出産直後で出席できない場合 結婚おめでとう! とても出席したいのですが 出産を間近に控えているため 残念ながら欠席させていただきます 改めてゆっくりお祝いさせてくださいね ・理由を濁した方がいい場合 ご結婚おめでとうございます せっかくお招きいただきましたが やむを得ない事情により欠席させていただきます おふたりの新しい門出と末永い幸せを 心よりお祈り申し上げます 返信メッセージ例がわかったところで、続いては返信するタイミングについて見ていきましょう。 結婚式の招待状はいつ返信すべき? 結婚式の招待状に返信する場合も、知っておくべきマナーがいくつかあります。 大きくわけて、次の3つのポイントをおさえておきましょう。 出席するのであれば招待状の返信は1週間以内に行う 結婚式に出席する場合、返信ハガキはできるだけ早く出すことが望ましいとされています。 基本的には、招待状が届いてから2~3日以内に出すのがベストです。 遅くとも、1周間以内には返信するように心がけましょう。 新郎新婦は、招待状の回答状況を見ながら、披露宴の料理や引出物などを調整していきます。 出席できるとわかっている場合は、少しでも早く返信すると、相手に迷惑をかけずに済みますね。 欠席する場合はすぐ返信しないのがベター 反対に、やむなく欠席する場合は、すぐに返信するのはマナー違反!1週間程度は間を空けてから、返信するようにしましょう。 「調整してみたけれど、どうしても都合がつけられなかった」という思いが伝わります。 ただし、返信期限間際まで返信しないのはおすすめできません。 もしも家庭の事情などで、返信期限ギリギリまで出席できるかどうかわからない場合は、事前にその旨を新郎新婦に伝えておきましょう。 \ハナユメで結婚式のプロに相談しよう!/ 返信しない、SNSで出欠連絡をすることはNG たとえ口頭やSNSなどですでに返事をしている場合でも、返信ハガキは期限内に必ず返送しましょう。 親しい友人にありがちなケースですが、口約束は相手を不安にさせてしまいます。 ただし、返信することをうっかり忘れていた場合など、取り急ぎの連絡手段としてSNSや電話などを使うことは、やむを得ない事情として問題ありません。 次の章では、結婚式の招待状の書き方マナーをあらためておさらいします。 結婚式の招待状の書き方マナーまとめ 招待状の返信ハガキを書く際にも、いくつかの知っておくべきマナーがあります。 基本的に出席・欠席いずれの返信をする場合も同様なので、しっかり覚えておきましょう。 黒色のペンで書くこと 招待状の返信ハガキは、毛筆もしくは万年筆で書くことが正式なマナーです。 持っていない場合は、黒色のボールペンなどでも問題ないとされていますが、グレーは薄墨といって弔事を連想させるのでNGです。 カラーペンも絶対に避け、必ず黒色を使いましょう。 線を引く際は定規で丁寧に 招待状の宛名の「行」を「様」に書きかえ、裏面の「御」や「御芳」などゲスト側に向けられている敬称は、二重線で消すのがマナーです。 その際、フリーハンドで線を書くのではなく、定規を使って丁寧に線を引くように心がけましょう。 書き損じをした場合は二重線で訂正 もしも書き損じをしてしまった場合も、定規を使って二重線を引き、訂正します。 修正ペンや修正テープを使うことは避けましょう。 最後の章では、実際にイラストを参考にしながら、招待状の返信ハガキの書き方を確認しましょう。 \お役立ち情報配信中!/ 【イラスト付き】結婚式の招待状返信の書き方例 先程確認した黒色のペンを使う、定規で二重線を書く、書き損じた場合も修正ペンを使わないというポイントをおさえたら、実際に返信ハガキの書き方を見ていきましょう。 【表面】の招待状書き方 まずは表面の書き方です。 表面には、返信先の住所と名前が記されています。 宛先の「行 宛 」を「様」に修正 返信先の宛名の下には、「行」と記されていることがほとんどです。 この「行」のまま返信するのはマナー違反なので、二重線もしくは斜線を引いて、「様」と書きかえます。 なお二重線は、縦書きの場合は縦線、横書きの場合は横線にします。 【裏面】の招待状書き方 裏面には、結婚式の出席・欠席、名前、住所、メッセージ欄が設けられている場合が多いです。 続いて、「御」や「御芳」など、自に向けられた敬称を二重線で消します。 また、二重線のかわりに「寿」で打ち消すことを「寿消し」と言い、少し上級者の返信テクニックとなります。 出席する場合は「喜んで(出席)させていただきます」、欠席の場合は「残念ながら(欠席)させていただきます」と一言加えると、とても丁寧です。 出席する場合は「御欠席」、欠席する場合は「御出席」も、忘れずに消しておきましょう。

次の