やすともの恋愛島 結果。 「恋愛島」で話題のKO

「恋愛島」で話題のKO

やすともの恋愛島 結果

海原やすよ・ともこ(うなばら やすよ・ともこ)は、のコンビで、実の姉妹によるコンビである。 大阪本部所属。 テレビのテロップ表記などではの入らない「海原やすよともこ」が多い。 メンバー• 海原 やすよ(本名: 宮本 康世(みやもと やすよ/旧姓・梅本(うめもと))、 - )卒業 立ち位置は、妹。 担当(結成当時は)。 (17年)12月に当時投手であったと結婚。 (平成28年)12月26日に、脳の加療のために入院したことが発表される。 海原 ともこ(本名: 前田 智子(まえだ ともこ/旧姓:梅本(うめもと))、 - )淀之水高等学校卒業 立ち位置は、姉。 ボケ担当(結成当時はツッコミ。 (平成15年)に1度離婚したが、(平成18年)に、元のと再婚(前田もバツイチなので互いに再婚)。 (平成19年)、第1子となる女児を出産。 『』より復帰。 、帝王切開により第2子となる男児を出産した。 プロフィール の小浜の孫で、「・めぐる(後の)」のかけるを父、のを母に持ち、母方の祖母にワンダー天勝がいる。 親子3代で漫才師であり、親子3代でを受賞している、梅本家はいわゆる上方お笑い界の名門一家である。 幼い頃から2人でよく漫才をしており、小学生のころには社長の藤井康民から毎週水曜日に漫才の稽古を受けていた。 (60年)にはテレビで小浜の前で漫才を披露したことがある。 (平成4年)2月に当時やすよがの漫才のファンであったため、親交のあった父・かけるの紹介でボタンに弟子入りし正式にコンビ結成、本来ならば「中田やすよ・ともこ」となるはずだが、「女流漫才の名門である海原の屋号を名乗ったほうが良いと思う。 おばあちゃん(小浜)に海原の屋号を名乗っていいかどうか、相談しておいで」という師匠の計らいと、それを快諾した小浜のおかげで海原の屋号を名乗る運びとなった(小浜は2代目『』を名乗っても良いと言ったが、やすよ・ともこの2人が断った)。 従って、海原小浜の弟子ではなく、海原一門とも直接的な関係はない。 またコンビ名で妹・やすよの名が先にくるのは、ボタンへの師事がやすよが先・ともこが後であったことに起因する。 結成当初はやすよがボケ、ともこがツッコミを担当していたが、2年目から現在のスタイルに交替した。 ネタは、最新の芸能ネタを前振りにして、そこから転じて「東京と大阪の女の子の違い」や「大阪のオバチャンの生態」を示すものが多い。 大げさに大阪の女の子やオバチャンを表現するともこのボケを、やすよが宥める。 姉妹で大阪で「ちゃんこ家unabara」をプロデュースしていた。 (経営者は実父)。 また、(平成21年)11月1日に大阪・の7階に、プロデュースするモンブランの専門店「モンローズ」を開店するが現在は閉店している。 その他• とはデビューがほぼ同時期で、も同期にあたる。 元漫才師のの2人とはすんげー! Best10出演時より交流があり、は芸人を引退した後もとしてやすよ・ともこの漫才を2人と共同で制作していた。 現在は構成作家として、大阪関係の仕事から一線を退いているが、やすともの漫才作家の仕事だけは継続している。 ともこと夫・の出会いは『なるトモ! 』で共演したことがきっかけだった。 二人とも極度のだが、特にやすよは極端であり、家に遊びに来た友達を風呂に入らせた上で家に上げたという念の入れようである。 夫の前田耕陽によると、ともこは自身が作ったオムライスの中の玉ねぎが大きかった事を前田から指摘されて以来、家で料理を作っていないという。 ともこは女性にしては大柄であり、ギャルのようなファッションやメイクで有名だが、自らの容姿や体型で笑いを取る芸人が多い上方演芸界の中では珍しくそのようなネタをあまりしないことで知られている。 しかし年々やすよも体型に変化が出たため、ネタにするようにはなってきている。 ファッションセンスは2人とも昔から高く、流行の服や髪型やメイクをしており、私服での出演が多い。 「怖い先輩」としてや、を挙げている。 昔はも怖いと思っていたが、ともこ曰く「ほんこんはもう 緊張 せぇへん」と話していた。 また雨上がり決死隊の2年後輩のは「今は怖くないけど、矢部さんよりも岡村さんの方が怖かった。 」と語っており、現在では2人とも岡村の恋愛のアドバイスをするほど仲が良い。 はやすよ・ともこの漫才を高く評価しており、2015年12月20日放送の「」で2人の漫才を見た際に「今の女の人の漫才で一番上手いじゃないの!? 最高にうまいよ、面白いし。 女を感じないもん! 男の漫才を聞いているような」と絶賛していた。 たけしは全芸人のネタ終了後、やすよ・ともこに「たけし賞」を授与している。 やすとものどこいこ!?(2020年3月22日放送)にても元々「シューク」と言うコンビ名で活動していたとの浜本広晃()にいじりながら明かされる。 受賞歴• 1994年/第15回 香川登枝緒賞• 1995年/第16回 最優秀新人賞• 1995年 演芸部門大賞• 上方漫才大賞 1995年/第30回 新人奨励賞• 上方漫才大賞 1997年/第32回 新人賞• 1994年/第25回 優秀賞• ネイルフェスティバル1998 1998年 (ともこのみ)• 2005年/第34回 最優秀技能賞• 2008年/第43回 奨励賞• 上方漫才大賞 2012年/第47回 上方漫才大賞• たけし賞• 上方漫才大賞 2017年/第52回 上方漫才大賞 出演 テレビ番組• (、2005年 - 2009年)• ()戦績6勝3敗 最高517KB• 第2回チャンピオン大会 予選7位• 自己最高である517KBという記録は、歴代で出場した女性芸人の最高KBである。 また、女性コンビ唯一のオーバー500経験者である。 上述のように番組では一度だけチャンピオン大会に出場経験があるが、出場した当時は現在のようなチャンピオン大会の出場条件である「年間4勝」がなく、年間オンエア回数の上位20組が出場していた。 彼女達以外の出場芸人19組は全て年間5勝に到達しており、残りの一枠は「年間4勝している芸人の中で平均KBが最も高い芸人が出場」という条件であり、その結果彼女達が出場権を獲得した。 (、5週勝ち抜きチャンピオン)• (NHK総合テレビ)• ()(2005年7月10日、2007年11月18日、ゲストで出演)• (、火曜の収録ロケコーナー担当)• (毎日放送)• (毎日放送、声〈ともこのみ〉)• (毎日放送)• (毎日放送)• (、2011年 - 2015年)• (、2012年4月-)• (読売テレビ、2012年 - 2013年)• (テレビ大阪、2013年 - 2014年)• (テレビ大阪、2014年 - )• (フジテレビ、2015年12月20日、2017年12月17日、2018年12月9日)• (朝日放送、2016年 - 2019年3月)• (朝日放送、2016年3月20日)• (関西テレビ、2018年4月24日 - )• 系列 - 近年毎年出演している• (朝日放送テレビ、2019年10月 - 2020年3月)• (朝日放送テレビ、2020年4月 - ) 映画• (2014年、・) - マリアン 役〈ともこのみ〉 劇場アニメ• (1998年、) - 辻弘樹の彼女 役 舞台• キミとボクから始まった(2012年5月、) - の妻・日出子 役〈やすよ〉 脚注 [] 外部リンク• 旧公式ブログ• 旧公式ブログ• - (2018年11月5日アーカイブ分)• tomocolovesmile -• - チャンネル この項目は、・(これらの関連記事を含む)に関連した です。

次の

やすとも 「無人島恋愛」完結編にハラハラ 新企画「復縁島」も― スポニチ Sponichi Annex 芸能

やすともの恋愛島 結果

動画配信 番組• 豆助のニッポンっていいな。 小さな柴犬の豆助が、日本が誇る美しいモノとそれを生み出す職人の技を世界に発信する番組です。 トミカ絆合体 アースグランナー 地球の自転エネルギーから放たれるアースエナジーを狙って、宇宙から謎の敵ダークスピナーが現れた!彼らの野望を食い止めるべく立ち向かうのが、双子の兄弟ライガとクウガ、そして地球防衛隊『アースグランナー』…果たして彼らは地球を守ることができるのか!? OSAKA LOVER 大阪人の新常識 明日誰かに自慢したくなる新常識のてんこ盛りです!• やすとものどこいこ!? 海原やすよともこがゲストと自腹で買い物。 女子目線の街ブラお買い物バラエティ。 おとな旅あるき旅 ゆったり、のんびり、ちょっとぜいたく、やすらぎの旅…そんな「おとな旅」を毎週ご紹介します。 案内するのは「おとなの旅人」三田村邦彦。 THEフィッシング 本格的釣り番組として、最新の釣り方や、旬の釣りをいち早く紹介し、アングラーの挑戦と自然の素晴らしさを次代へお伝えします。 お墓から見たニッポン 歴史の偉人の墓を訪ね、日本人の死生観はどんな風に変遷してきたのか?庶民たちは死者とお墓にどう向き合ってきたのか?お墓から見えてくる「知られざるニッポン」の姿とは?• NIKKEI presents 17の目標~SDGs「未来への約束」 10年後の2030年までに、持続可能でよりよい世界を目指す世界共通の目標。 それが… ( Sustainable Development Goals )「SDGs」 明るい未来を創るための17の目標を達成するには、 私たちの生活様式や企業の生産活動を見直す行動を起こすことが大切です。 この番組は、変革が求められる時代に、「SDGs」達成に向け、 大きな一歩を踏み出している取り組みを紹介します。 ねじの世界 史上初!? 日本を支える「ねじ」にスポットライトを当てた唯一無二の番組!中川家がねじ工場の工場長(礼二)と女性従業員(剛)に扮する、町工場あるあるコントも• 真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。 」 時は1986年。 ドラマ「抱かれたい12人の女たち」 山本耕史が個性派女優12人と繰り広げる大人の即興恋愛劇• テレビ大阪 真夜中ドラマ「まどろみバーメイド ~屋台バーで最高の一杯を。 ~」 月夜に現れては、ふと消える不思議な「屋台バー」の店主は女性バーテンダーの雪。 客が求めている味を提供する天才バーテンダーだ。 バーに来る客は、悩みや悲しみをグラスと共にカウンターに置いていく。 雪自身も同居する先輩バーテンダー騎帆と日代子と出会い、過去も含め物語が動き出す。 気鋭のイラストレーター・パオの漫画デビュー作を実写化。 ドラマ「焼肉プロレス」 何の取り柄もないダメ男のプロレスの才能が開花!?一風変わった焼肉店で繰り広げられるドタバタ人情コメディ• 真夜中ドラマ「面白南極料理人」 浜野謙太 主演!映画化もされた西村淳のエッセイをドラマ化!マキタスポーツ をはじめ、実力派俳優たちが集結!• しかし、与えられた時間はたった9時間。 果たして本当の恋は芽生えるのか?• 第47回サマーエンデュランス 鈴鹿10時間耐久レース SUZUKA 10H 世界屈指のテクニカルコースと言われる鈴鹿サーキットに、世界各地で行われるGT3レースのシリーズ王者&有力チームが結集。 過酷な夏の10時間耐久レースという舞台で"GT3の世界一"を決める夢のステージ。 名門!モウカリマッカー学園 アキナが中心となって繰り広げる学生新聞部の活躍をコントで構成。 笑いのなかに時折、ホロリする人情も織り交ぜたショートコメディ!• 吉本超合金A お笑い芸人・アキナが過酷なロケを敢行。 窮屈な世の中を笑い飛ばし、明日を生き抜く知恵と勇気と活力が得られる体当たりロケバラエティ!• やさしいニュース 「視聴者にやさしい」「社会的弱者にやさしい」「高齢者にも子どもにもやさしい」関西のニュースを、わかりやすく、やさしく伝えます。 濱口女子大学~長距離バスと寝袋と鈴木拓~ よゐこ濱口優とドランクドラゴン鈴木拓が、全国各地の大学をアポなしで訪れ、そこに通う女子大生の「悩み」を聞いちゃいます!• JAPAN COUNTDOWNアニメ「Caribadix」 「ジャパンカウントダウン」内で放送の45秒アニメ。 ついにバンド結成!カリーナを中心としたガールズバンドが登場!歌も歌っちゃってます!ディキーとカリーナのゆる~いトークもパワーアップ!! 豆助っていいな。 和風総本家のマスコット犬として活躍中の14代目豆助の可愛いシーンをたっぷりとお届け。 その他•

次の

やすともの恋愛島

やすともの恋愛島 結果

メンバー [ ]• 海原 やすよ(本名: 宮本 康世(みやもと やすよ/旧姓・梅本(うめもと))、 - )卒業 立ち位置は、妹。 担当(結成当時は)。 (17年)12月に当時投手であったと結婚。 (平成28年)12月26日に、脳の加療のために入院したことが発表される。 海原 ともこ(本名: 前田 智子(まえだ ともこ/旧姓:梅本(うめもと))、 - )淀之水高等学校卒業 立ち位置は、姉。 ボケ担当(結成当時はツッコミ。 (平成15年)に1度離婚したが、(平成18年)に、元のと再婚(前田もバツイチなので互いに再婚)。 (平成19年)、第1子となる女児を出産。 『』より復帰。 、帝王切開により第2子となる男児を出産した。 プロフィール [ ] の小浜の孫で、「・めぐる(後の)」のかけるを父、のを母に持ち、母方の祖母にがいる。 親子3代で漫才師であり、親子3代でを受賞している、梅本家はいわゆる上方お笑い界の名門一家である。 幼い頃から2人でよく漫才をしており、小学生のころには社長のから毎週水曜日に漫才の稽古を受けていた。 (60年)にはテレビで小浜の前で漫才を披露したことがある。 (平成4年)2月に当時やすよがの漫才のファンであったため、親交のあった父・かけるの紹介でボタンに弟子入りし正式にコンビ結成、本来ならば「中田やすよ・ともこ」となるはずだが、「女流漫才の名門である海原の屋号を名乗ったほうが良いと思う。 おばあちゃん(小浜)に海原の屋号を名乗っていいかどうか、相談しておいで」という師匠の計らいと、それを快諾した小浜のおかげで海原の屋号を名乗る運びとなった(小浜は2代目『』を名乗っても良いと言ったが、やすよ・ともこの2人が断った )。 従って、海原小浜の弟子ではなく、海原一門とも直接的な関係はない。 またコンビ名で妹・やすよの名が先にくるのは、ボタンへの師事がやすよが先・ともこが後であったことに起因する。 結成当初はやすよがボケ、ともこがツッコミを担当していたが、2年目から現在のスタイルに交替した。 ネタは、最新の芸能ネタを前振りにして、そこから転じて「東京と大阪の女の子の違い」や「大阪のオバチャンの生態」を示すものが多い。 大げさに大阪の女の子やオバチャンを表現するともこのボケを、やすよが宥める。 姉妹で大阪で「ちゃんこ家unabara」をプロデュースしていた。 (経営者は実父)。 また、(平成21年)11月1日に大阪・の7階に、プロデュースするモンブランの専門店「モンローズ」を開店するが現在は閉店している。 その他 [ ]• とはデビューがほぼ同時期で、も同期にあたる。 元漫才師のの2人とはすんげー! Best10出演時より交流があり、は芸人を引退した後もとしてやすよ・ともこの漫才を2人と共同で制作していた。 現在は構成作家として、大阪関係の仕事から一線を退いているが、やすともの漫才作家の仕事だけは継続している。 ともこと夫・の出会いは『なるトモ! 』で共演したことがきっかけだった。 二人とも極度のだが、特にやすよは極端であり、家に遊びに来た友達を風呂に入らせた上で家に上げたという念の入れようである。 夫の前田耕陽によると、ともこは自身が作ったオムライスの中の玉ねぎが大きかった事を前田から指摘されて以来、家で料理を作っていないという。 ともこは女性にしては大柄であり、ギャルのようなファッションやメイクで有名だが、自らの容姿や体型で笑いを取る芸人が多い上方演芸界の中では珍しくそのようなネタをあまりしないことで知られている。 しかし年々やすよも体型に変化が出たため、ネタにするようにはなってきている。 ファッションセンスは2人とも昔から高く、流行の服や髪型やメイクをしており、私服での出演が多い。 「怖い先輩」としてや、を挙げている。 昔はも怖いと思っていたが、ともこ曰く「ほんこんはもう 緊張 せぇへん」と話していた。 また雨上がり決死隊の2年後輩のは「今は怖くないけど、矢部さんよりも岡村さんの方が怖かった。 」と語っており、現在では2人とも岡村の恋愛のアドバイスをするほど仲が良い。 はやすよ・ともこの漫才を高く評価しており、2015年12月20日放送の「」で2人の漫才を見た際に「今の女の人の漫才で一番上手いじゃないの!? 最高にうまいよ、面白いし。 女を感じないもん! 男の漫才を聞いているような」と絶賛していた。 たけしは全芸人のネタ終了後、やすよ・ともこに「たけし賞」 を授与している。 やすとものどこいこ!?(2020年3月22日放送)にても元々「シューク」と言うコンビ名で活動していたとの浜本広晃()にいじりながら明かされる。 受賞歴 [ ]• 1994年/第15回 香川登枝緒賞• 1995年/第16回 最優秀新人賞• 1995年 演芸部門大賞• 上方漫才大賞 1995年/第30回 新人奨励賞• 上方漫才大賞 1997年/第32回 新人賞• 1994年/第25回 優秀賞• ネイルフェスティバル1998 1998年 (ともこのみ)• 2005年/第34回 最優秀技能賞• 2008年/第43回 奨励賞• 上方漫才大賞 2012年/第47回 上方漫才大賞• たけし賞• 上方漫才大賞 2017年/第52回 上方漫才大賞 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (、2005年 - 2009年)• ()戦績6勝3敗 最高517KB• 第2回チャンピオン大会 予選7位• 自己最高である517KBという記録は、歴代で出場した女性芸人の最高KBである。 また、女性コンビ唯一のオーバー500経験者である。 上述のように番組では一度だけチャンピオン大会に出場経験があるが、出場した当時は現在のようなチャンピオン大会の出場条件である「年間4勝」がなく、年間オンエア回数の上位20組が出場していた。 彼女達以外の出場芸人19組は全て年間5勝に到達しており、残りの一枠は「年間4勝している芸人の中で平均KBが最も高い芸人が出場」という条件であり、その結果彼女達が出場権を獲得した。 (、5週勝ち抜きチャンピオン)• (NHK総合テレビ)• ()(2005年7月10日、2007年11月18日、ゲストで出演)• (、火曜の収録ロケコーナー担当)• (毎日放送)• (毎日放送、声〈ともこのみ〉)• (毎日放送)• (毎日放送)• (、2011年 - 2015年)• (、2012年4月-)• (読売テレビ、2012年 - 2013年)• (テレビ大阪、2013年 - 2014年)• (テレビ大阪、2014年 - )• (フジテレビ、2015年12月20日、2017年12月17日、2018年12月9日)• (朝日放送、2016年 - 2019年3月)• (朝日放送、2016年3月20日)• (関西テレビ、2018年4月24日 - )• 系列 - 近年毎年出演している• (朝日放送テレビ、2019年10月 - 2020年3月)• (朝日放送テレビ、2020年4月 - ) 映画 [ ]• (2014年、・) - マリアン 役〈ともこのみ〉 劇場アニメ [ ]• (1998年、) - 辻弘樹の彼女 役 舞台 [ ]• キミとボクから始まった(2012年5月、) - の妻・日出子 役〈やすよ〉 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ. 2016年12月26日. 2016年12月27日閲覧。 このエピソードはの番組『』で紹介されている [ ]• 2013年11月17日放送. gooテレビ 2012年10月13日. 2015年1月3日閲覧。 番組の最後でTHE MANZAI最高顧問であるたけしの裁定により、最も面白い漫才を披露した出演者に贈られる賞。 livedoorNEWS 2015年12月21日. 2018年12月11日閲覧。 なお、ピン芸人においてはが、グループにおいてはの鈴樹志保がオーバー500(共に最高513KB)を記録した事がある。 TVLIFE web 2018年3月17日. 2018年3月17日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。 外部リンク [ ]• 旧公式ブログ• 旧公式ブログ• - (2018年11月5日アーカイブ分)• tomocolovesmile -• - チャンネル この項目は、・(これらの関連記事を含む)に関連した です。

次の