男たちの大和 映画 動画。 映画「男たちの大和/YAMATO」の名言で

超映画批評『男たちの大和 YAMATO』75点(100点満点中)

男たちの大和 映画 動画

『男たちの大和 YAMATO』75点 (100点満点中) 思想色は薄い、感動の戦争ドラマ 2005年は戦後60周年ということで、 『ローレライ』『亡国のイージス』『戦国自衛隊1549』といった、軍事大作の公開が続いた。 しかし、大東亜戦争(太平洋戦争)を真っ向から描いた戦争大作は、今年最後を締めくくるこの『男たちの大和 YAMATO』だけだ。 製作発表時から、大いに期待されてきたこの作品の出来は、いったいどうなのか。 戦艦大和の生き残りを父に持つヒロイン(鈴木京香)は、父の生き様を知るため、漁船を借りて大和の沈没地点に向かう。 そしてその道すがら、父の同僚だった船長から、大和の沖縄水上特攻作戦の真実を聞かされる。 さて、沖縄水上特攻作戦とは、史上最強かつ最大だった戦艦大和最後の作戦の事だ。 当時の日本は、すでに敗色が濃厚。 だが、本土たる沖縄を守るため、彼らは航空支援が無いにもかかわらず、上陸した米軍を艦砲射撃で殲滅するため、護衛艦隊と共に出撃した。 しかし、400機近い圧倒的戦力の米軍機から猛烈な攻撃を受け、乗員2千数百名と共に、東シナ海の藻屑と消えたのだ。 『男たちの大和 YAMATO』の物語は、その作戦を中心に描いたものだが、焦点は乗組員とその家族、恋人たちに当てられている。 つまり、 「彼らは、どんな思いでこの作戦に挑んだのか」=「どんな思いで死地に挑んだのか」を丁寧に描いた人間ドラマである。 よって、米軍側に対する描写は一切無い。 米軍=悪という、単純な構図にならないあたり、いかにも日本らしい。 日本軍兵士を、血の通った人間として描いている点は評価に値しよう。 騙されたのでも、洗脳されたのでもなく、明確な国家防衛の意思を持って、自ら戦いに挑んだ若者たちの姿が、否応無しに涙を誘う。 ただし、歴史にうるさい人、とくに保守派の人たちにとっては、いくつかの不満が残るだろう。 つまりこの映画は、 思想的にはかなり薄まった内容になっていると言うことだ。 なにしろ邦画としては最大級の、 30億円をかけた超大作だから、余計な商売上のリスクは犯せないといったところか。 その分、万人向けの、ベーシックな戦争ドラマになっているわけだが。 具体的には、まず、 靖国神社という単語が一切出てこない。 そして、 この作戦の発案過程の描き方が、かなり強引である。 これでは、途中で迎撃されるのが確実なのに、天皇陛下がやれと言ったから仕方なくやった、というような印象を受けてしまう。 実際のところは、呉でじっとしていてもやられるのだから、不利を承知で出撃した、という側面もあったはずなのだが。 また、これは特攻作戦全般に言えることだが、日本人は死んでも抵抗するのだ、という姿を見せておかなければ、民族単位で叩き潰されてしまうから、やむなくあんな悲壮な作戦が実行されたのだ。 当時の国際情勢、とくにアメリカという国は、それほど容赦無い相手だったと言うことだ。 映画の中で長嶋一茂が「この国は、一度負けないと立ち直れない」というような事を言っていたが、それと同時に、上記のような事も主張してほしいところだった。 映画の見所は、やはり 6億円をかけた大和のセット、そして戦闘シーンということになるだろう。 セットについては文句なしの素晴らしい出来映えだが、いかんせんそこで予算がつきたか、劇中の世界には奥行きが無い。 まるで、この世には大和一隻しか存在しないような、そんな映画になっている。 僚艦の存在もまるで感じられないし、言ってみれば6億のセットを舞台にした演劇みたいなものだ。 これは、大和の全景をほとんど描写していない点に原因がある。 戦闘シーンにおいても、カメラは常に甲板のどこかにあり、甲板上ばかりを写している。 大和を離れ、空中からの構図や海上からの構図を頻繁にはさんでいけば、もっとスケール感のある、良いシークエンスが出来あがったはずなのだが。 しかし、CGで描くのが大変だったのか、そうしたショットは少なく、非常に残念だ。 ただし、肉片が飛び散り、火薬の匂いも伝わってくるかのような凄惨極まりない戦闘場面自体には、かなりの迫力、臨場感がある。 仲間がバッタバッタと倒れても、 決して一歩も引かずに戦うその姿に、私は強く胸を打たれた。 ここまで追い詰められるまでに、どうにかならなかったものかと、その理不尽さにも腹が立った。 また、もうひとつ評価したいのは、久石譲による音楽で、これは彼の映画音楽の最高傑作じゃないかと思うほど良かった。 まとめとして、映画自体は、タイタニックと同じ構成だったり、随所に古臭さを感じさせるなど、センスの悪いものではある。 ただし、 「当時、命がけで日本を守ろうとした男たちがいた」というテーマを現在に伝えるという、大きな目的はしっかりと遂げている。 少なくとも、冒頭にあげた軍事もの大作の中では、ダントツに見るべき価値のある作品といえる。 私自身、ほかの映画は2度見る気はしないが、この『男たちの大和 YAMATO』だけは、公開されたら自腹でもう一度観に行くつもりだ。 批評する目で観るのではなく、純粋に味わい、楽しむために。

次の

男たちの大和 YAMATOのレビュー・感想・評価

男たちの大和 映画 動画

— ito-musen itomusen DailymotionやPandoraのようにCMも入らないし、キレイな画質で見ることができます。 そんなウソみたいな方法が無料動画で見れちゃうんです。 とっておきの裏技方法をご紹介しますね! 映画『男たちの大和/YAMATO』動画のあらすじ 辺見じゅんのノンフィクションを「敦煌」の佐藤純彌監督が映画化した戦争スペクタクル・ドラマ。 昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。 2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港。 老漁師の神尾のもとを内田真貴子と名乗る女性が訪ね、60年前に沈んだ戦艦大和が眠る場所まで船を出してほしいと懇願する。 彼女が大和の乗組員・内田二兵曹の娘と知り驚いた神尾は、小さな漁船を目的の場所へと走らせる。 神尾もまた大和の乗組員だったのだ。 内田二兵曹の名前を耳にし、神尾の胸裡に60年前の光景が鮮やかに甦ってくる…。 映画『男たちの大和/YAMATO』の動画予告 映画『男たちの大和/YAMATO』を無料で見るために知っておくべきこと! 映画動画を無料で見たいと思っている時って、ついついDailymotionやPandoraなどの無料動画サイトから探してませんか? それは悪いことではないのですが、やっぱり正規の動画サイトではないのである程度の「リスク」が伴います。 今回ご紹介する【動画を無料で見る方法】を見つけるまで、私もDailymotionやPandoraから動画を探していました。 でも・・・・ 映画動画を無料でちょっと・・・とお金をケチったことで、余計にお金も時間もかかってしまいました。 まさか自分が被害に遭うとは思っていませんでしたが、実は私の周りでもこういった経験をしている人が何人かいたんです。 (後から知りました) 実は被害に遭っていないというアナタの方が「ラッキー」なのかもしれません。 こういったリスクがあると無料動画で見るのがとっても怖くなり、私はDailymotionやPandoraをはじめとする無料動画を使えなってしまいました。 映画『男たちの大和/YAMATO』の動画フルを無料で見る方法 パソコンをウィルスで侵されないようにするためにも、安全な方法で動画を見ることが重要です。 そこで私が見つけた動画を無料で見る方法。 相棒 シリーズ• 東野圭吾ミステリーズ• 最高の人生の終り方~エンディングプランナー~• グッドライフ• 座頭市 THE LAST• 交渉人• 影と呼ばれた男たち シリーズ• トットてれび• 起終点駅 ターミナル• 宮本から君へ• シリーズ• 隣の家族は青く見える• A LIFE~愛しき人~• 映画『男たちの大和/YAMATO』動画の感想 戦争で犠牲になってまで守ろうとした日本に自分たちは生きている。 自分たちは戦争を経験した世代ではないが、せめてこの時期だけでも、戦争を学び振り返ることが大切だと思った。 心から泣いた。 心が震えた。 心に届いた。 何とも言えないが、日本人でよかった。 誇りある先祖を持てたことに感謝。 どんな思いとか論理なしに、細かい心情は強調されているかもしれないけど、子供・妻・親・兄弟を守ろうと思って散ったのは間違いない。 感動した。 たまらなく悲しい気持ちになって怒りが込み上げてきそう。 ああ、ダメだ、思い出しただけで込み上げてくる。 映画『男たちの大和/YAMATO』の評判 男たちの大和面白かった。 小学生のときに1回見たけど、やっぱりその時より理解できるし、しっかりと見れた。 『男たちの大和』みてたんだけど、初めて見たときは小学生の頃で、血飛沫にただただ怯えてたけど。 父は大正生れ、赤紙が届き戦争に行った。 生前、戦争の悲惨さをよく話してくれた。 父が居ない今、せめて映画で戦争の悲惨さを胸に刻む。 今日はそんな日になった。 — 振田 仁 Lifeproduce 久々に男たちの大和見たけどやっぱ名作だわ。 実写映画ってどうしても演技臭さ感じるから好きじゃないけど、それ差し引いても、装備がおかしいとか細かい不満あっても実話だからかグッとくる。 — 村上大典 yamato1945dm 【男たちの大和鑑賞】「この国が生まれ変わるために死ぬんだ!」生まれ変わったこの国に住む私は、先人の上に在る事を忘れてはいかん。 と考む。 真夜中に終始1人ボロボロ涙む。 大和が壊滅状態になりながらも、内田が諦めずに機銃を乱射するシーンが熱い。 — 真電 NGT72808043 男たちの大和 もう何回見たかわからん 最高やね 明日も頑張ろう — ネオゴリラ石 井 gorila00002 久々に見た 男たちの大和観ると、やはり興奮する — おうすけ PW製作機 TANTOGT1 男たちの大和初めて見たけど、ここ最近見た映画で一番だと思ったしめちゃ感動した😭昔からお父さんが長渕剛のCLOSE YOUR EYES歌うから割と好きな歌だけど大和みてからより一層染みる😭本当に見てほしい。

次の

男たちの大和/YAMATOの無料映画をフル動画で視聴できる配信サービス

男たちの大和 映画 動画

昭和19年の春。 特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。 しかしその喜びも束の間、彼らを待ち受けていたのは厳しい訓練の日々だった。 神尾たちは上官である森脇・内田の叱咤激励のもと訓練に励んでいたが、彼らの努力もむなしく、日本は日増しに敗戦の色を濃くしていた。 そして翌年の4月。 米軍が沖縄上陸作戦を開始したのを受け、大和は沖縄特攻の命を下される。 「男たちの大和/YAMATO」の解説 世界最大最強の戦艦と謳われながらも、さしたる活躍の場を与えられず約3,000名の命とともに東シナ海に散った戦艦大和。 この大和の真実を綴った辺見じゅんのドキュメントを、『人間の証明』の佐藤純彌監督が総制作費25億円という壮大なスケールで映画化した。 約6億円をかけて作り出されたというセットは想像を超える迫力だ。 そして物語の後半、水上特攻の命を受け、なす術もなく沈んでいく大和の姿にただただ圧倒された。 わずか15,6歳の少年たちが、どういう思いで戦ったのか?戦後60年を迎える今だからこそ、改めてその意味を考えてみてはいかがだろう。 出演者は反町隆史、中村獅童、鈴木京香、仲代達矢、渡哲也など豪華な顔ぶれ。 ユーザーレビュー 総合評価: 3.

次の