マヨルカ島 ホテル。 スペインの美しいリゾートへ。【マヨルカ島】をご案内します

マヨルカ島にファミリー ホテル

マヨルカ島 ホテル

マヨルカ島のホテル事情 マヨルカ島の主要宿泊エリア マヨルカ島はスペインの人気観光エリアです。 地中海気候なので年間通して温暖でビーチリゾートを満喫できます。 さらにスペイン領になる前はアラゴン王国やカスティーリャ王国領だったので、当時の歴史的建造物などの観光スポットも数多くあります。 そのため宿泊先も多く、特に海沿いや海を見下ろせる高台周辺に人気の高級ホテルがあります。 リゾート地というだけあって宿泊費は高めで1泊2万円台から5万円台のホテルが多くあります。 マヨルカ島へのアクセス マヨルカ島へのアクセス方法は飛行機かフェリーです。 飛行機はスペイン内からはもちろん国外からも就航している航空会社があります。 バルセロナやマドリードからは約1時間、ドイツからはルフトハンザ航空で約2時間で到着します。 日本からの直行便はないので周辺のヨーロッパ諸国からのアクセスになります。 フェリーの場合はバルセロナから約7時間で到着します。 価格はフェリーの方が安いのですが、短時間で移動するなら飛行機がおすすめです。 マヨルカ島の主要観光地 マヨルカ島のおすすめ観光スポットは「サンタ・マリアカテドラル」です。 アラゴン王国時代の1229年に建築をスタートし、1601年に完成した島のシンボル的建築物です。 ゴシック様式の建物にはバラ窓と言われる丸いステンドグラスがあり、天候の良い日には美しい光が降りそそぎます。 また、「レアル・カルトゥハ・デ・バルデモ」という修道院もおすすめです。 作曲家として有名なショパン 恋人が宿泊した場所で実際に滞在した部屋も見られます。 マヨルカの老舗レストランで、伝統料理を食べられます。 パンボリという生ハム料理やソパ・マジョルキナというマヨルカ風スープ、トゥンべというトマトソースがかかった野菜料理などがあります。 どれも野菜たっぷりで素材の旨味が感じられます。 さらにデザートにはビスコチョというケーキがおすすめです。 マヨルカ名物のアーモンドがたっぷり入ったパウンドケーキです。 マヨルカ島観光の注意点 マヨルカ島観光で気になる治安情報 マヨルカ島の治安は良く、現地スタッフもアットホームで優しいのでかいがいでも安心して過ごしやすいエリアです。 海外というと夜の繁華街周辺は危ないイメージがありますが、マヨルカ島は夜も安心して楽しめるほどです。 しかし、繁華街でないエリアは街灯が少なく暗いので注意が必要です。 また、観光シーズン以外は飲食店やお店は休業状態で食べるところに悩む場合もあるので、あらかじめお店の情報を調べておくことをおすすめします。 マヨルカ島観光で知っておきたい物価事情 マヨルカ島の物価はヨーロッパの中ではリーズナブルな方です。 特に食費は安く、市場周辺の飲食店では現地の料理を格安で食べられます。 島ということで新鮮な海鮮料理が豊富で大粒の牡蠣やタコの唐揚げなどがあります。 市場に来たら色々なお店の食べ歩きがおすすめです。 宿泊施設においてはリゾート地ということで高級ホテルは高めですが、食事に地元民が利用するような飲食店を利用するとかなり経費をおさえられます。 海に面して建つホテルです。 16〜17世紀のアンチークスタイルの宮殿を思わせる外観と、自然な風合いを生かした前衛的なデザインの内装の組み合わせが、高級感を出しています。 石造りのアーチに囲まれたプールからは地平線を臨めます。 海に面したオープンテラスのレストランでは、アワビやロブスターなど地中海の新鮮な素材を使った料理を堪能できます。 17世紀のマヨルカの田園地帯や農村をイメージし、カプデペラの城を見下ろす伝統的な石造りのホテルです。 客室は、真っ白い壁に白木や籐の家具をあしらった本格的なカントリースタイルで飾られています。 自然光が入る広々としたバスルームはゆったりとして、贅沢な気持ちにしてくれます。 プール、レンタルサイクル、トレッキングなどのアクティビティも楽しめます。

次の

スペインリゾート マヨルカ島|海外旅行のSTW

マヨルカ島 ホテル

マヨルカ島への行き方 マヨルカ島は スペインにある離島。 バルセロナの南にあります。 バルセロナからは飛行機で 一時間。 夏になると島の人口が半分に膨れ上がるほど、ヨーロッパ人に人気の島なのです! マヨルカ島のベストシーズン おすすめの時期は夏の暖かい時期。 ベストシーズンは 6〜9月です。 マヨルカ島では海やプールで過ごすのが最高ですので、やっぱり夏がおすすめ。 マヨルカ島の海の色は、スペイン本土と全く違います。 11月〜4月は海やプールには入れない程寒いので気をつけてくださいね! マヨルカ島のビーチ マヨルカ島に来たなら必ずビーチへ! ご覧の通り、とーっても綺麗!! マヨルカ島で一番綺麗なビーチといえば エス トレンク(Es Trenc)。 パルマ空港からは車で一時間くらいですね。 泳いでる方もたくさんいますが、焼いてるの方が多いです。 本当に天国のような島。 海を楽しむなら夏の方がおすすめです。 ちなみに近くにある イビザ島も海が綺麗ですが、ゆっくり楽しみたい方にはマヨルカのビーチがおすすめ。 マヨルカ島のおすすめ観光 マヨルカ島は海だけじゃない! 街にはお土産屋さんがたくさんあり、旧市街も見所が多くあります。 特におすすめなのは、ガウディも建設に携わった パルマ大聖堂 午前中に行くと、ステンドグラスがちょうど太陽の日差しと重なり綺麗です。 大聖堂だけあってとても大きく迫力ある教会でした。 カーチャーターで島を周遊 マヨルカ島で観光するなら、おすすめの移動方法は カーチャーター! 広い島なので、街中の移動は車がオススメですよ。 島内を周遊するなら特に貸切の車をチャーターしないと移動が難しいです。 日本の甘いパンに近いです。 空港などどこでも売られているので、見つけたらぜひ。 ここのホテルに惹かれた理由は、 山も海も楽しめる所! インフィニティプール ジュメイラホテルのプールは、絶景のインフィニティプール。 地中海西部に位置する バレアレス海が目の前に広がり、とっても美しいです。 ここでのんびりカクテルを飲む時間は本当に贅沢でとっておきの時間。 絵に描いたようなビーチリゾートですね。 世界遺産が見える絶景SPA そして充実のスパ。 じんわりゆっくり汗をかいて、デトックスウォーターを飲みながらデッキチェアに横たわりのんびりする至福のひととき。 心も身体もリフレッシュ! お部屋の内装 お部屋からもトラムンタナ山脈が。 お部屋の内装も綺麗でお洒落。 ジュメイラホテルには海を臨める シービューのお部屋と、山を臨める マウンテンビューのお部屋タイプがあります。 私たちが宿泊したのは山脈が眺められるマウンテンビュールーム。 どちらのお部屋もおすすめです。 オーシャンビューのビュッフェ 朝と夜は海を眺めながらのお食事。 食事はビュッフェ形式です。 BARやレストランも充実 ホテル内に素敵なレストランやBARがあるので、ホテルから出ることなくのんびりホテルステイを楽しむ事が出来るんです。 街中に宿泊していない限り、レストランなどへの移動も大変なので マヨルカ島では のんびり ホテルステイを楽しむのがおすすめです。 ベストシーズンである6〜9月は特に人気ですぐ満室になってしまうので、お早めに! おわりに 人生初のマヨルカ島旅行。 マヨルカは島の人もフレンドリーで優しく、治安も良く、ごはんは美味しい、自然いっぱい、まさに 楽園。 ヨーロッパ中の人々がここに集まるのも納得です! 是非のんびり過ごす場所として、 マヨルカ島を訪れてみてください🌸.

次の

マヨルカ島で贅沢なひとときを!人気の高級リゾートホテル7選。

マヨルカ島 ホテル

あかん、田中あるある「勘違い度合にサブいぼ出る」 で、ですよ。 マヨルカビーチシーズン到来前に、 できれば避けたいビーチリゾートをご紹介しておこうかと。 観光客の皆様は、パルマ周辺に滞在されることが多いですから、特に注意が必要なんでございますね。 イギリス人観光客でごったがえすビーチMAGALLUF(マガルフ) はい。 Magalluf(マギャルフ)+夏=危険 ここですね、ビーチシーズンになるとイギリス人観光客で溢れかえるんですよ。 パルマやMagalluf周辺ビーチにやってくる、 イギリスの若者観光客たちのお目当ては、酔っぱらうこと。 羽目を外すなら、自国で勝手にやっていただきたいんですけども、何なんでしょうねぇ。 話題にもしたくなか。 そんなわけでございまして、マヨルカ島のビーチリゾートには危険が多いんです。 夜のビーチは特に気を付けてください。 ビーチ沿いのホテルに滞在する場合、できれば 子供連れの多いビーチを選ぶことをオススメしますよ。 パルマ周辺、マギャルフのビーチを楽しみたい場合、 女性の一人歩きは絶対NG。 夜一人で歩くのは自殺行為です。 パルマ周辺のビーチ観光客のすべてが、こういうタイプというわけでは決してありませんが、アホなタイプが多いので要注意です。 観光地マヨルカ島の取説 マヨルカ島の夏は観光客だらけになり、それを狙っての犯罪も増えてきます。 以下、マヨルカ観光での注意点を書いておきます。 マヨルカに限らず、日本国外では気を付けないといけないポイントですので、心の中にメモを残しておいてくださいね。 車中に荷物を置いたままにしない。 鍵を閉めたとしてもです。 観光バスの中に荷物は置いたままにしない。 ビーチに貴重品は持ってこない。 ビーチに持ってきた荷物からは絶対に目を離さない。 人ごみの中でリュックを背負ってウロウロしない。 夜の一人歩きは避ける。 お金持ってそうな恰好をしない。 お土産店などで、大量の現金を出して払わない。 危険なにおいを察知したら、ぼーっと見ないで即その場を離れる。 都会の狭い路地・薄暗い路地には立ち入らない。 (バル)バーなどは客層を見て選ぶ。 ヘヴィメタルバーとか危ないよ。 女子だけで夜のバルに繰り出すのはねぇ・・・夜飲みたいならレストラン・部屋飲みが無難。 8月はマヨルカ島の人口が3倍くらいに膨れ上がる。 日本と同じではありません。 治安、悪いです。 田中、許可証更新などで警察を訪れるたび、警察の人に「ごめんな。 治安悪くて。 気つけてな。 」と謝られます。 皆さん、 日本の治安がトップレベルだということを、ご存じなんですね。 そのあとは、日本を溺愛している家の天然(旦那)の「日本、ここが凄いよ」自慢が始まって、えらく許可証更新に時間がかかるんですけどねぇ。 いらねぇ。

次の