薄化粧 浅野 温子。 浅野温子のヌーディーが話題に!若い頃の美人な画像まとめ

浅野温子の現在と昔 息子の正体に、ネット騒然!

薄化粧 浅野 温子

一方、10代のデビューから脱ぎまくっていたのが 浅野温子(55)だ。 まずは、若松孝二監督の「聖母観音大菩薩」(ATC)で魅せた一糸まとわぬシーンからお届けしよう。 まだあどけない表情の浅野は女子中学生役ながら、暴漢に襲われて死ぬことを決意。 海辺の小屋の中で、神社のアルバイトで着ていた巫女衣装を脱いでスッポンポンになると、「抱いて」と同級生に懇願する。 バスト全開の濡れ場では、 「もっと激しく、忘れさせて」 などと叫びながら激しいシーンを繰り広げるのだ。 このあと80年代に入り、「スローなブギにしてくれ」(81年、角川)、「陽暉楼」(83年、東映)、「薄化粧」(85年、松竹)と、トップ女優としてメジャー作品への出演が続いた浅野だが、脱ぎっぷりのよさは変わらなかった。 それでも、70年代の浅野を推すのは映画ライターの松井修氏だ。 浅野のトレードマークのワンレンヘアはいっそう艶やかに輝いて見えた。 「撮影時に実際に高校生くらいの年齢だったというのが、何ともそそる作品です。 映画では片方の乳房が映るだけですが、制服の似合う美少女のチラリズムヌードに、10代ならではの汚れない肉体と純真さがあふれています」(前出・松井氏) 同じく70年代に脱ぎまくっていたのが 原田美枝子(57)だ。 デビュー作「恋は緑の風の中」(74年、東宝)ではネグリジェ姿でその巨乳ぶりを見せつけ、長谷川和彦監督のデビュー作「青春の殺人者」(ATG)では親殺しの罪を犯した恋人・水谷豊を裸で癒やすのだ。 「大きく前に突き出た美しい巨乳の持ち主で、ヌード出演作は多いが、この映画でもみずからスパッと全裸で現れ、共演の水谷豊に見せつける場面があります。 日本人らしからぬ堂々とした脱ぎっぷりで、迫力満点のオッパイは10代ならではの補正不要の張りのよさでした」(前出・松井氏) アイドル全盛期の80年代になると完脱ぎする女優が減少するが、それでも脱ぎまくっていたのが 工藤夕貴(45)。 相米慎二監督の「台風クラブ」(85年、東宝)でオナニーシーンを熱演したばかりか、「本場ぢょしこうマニュアル 初恋微熱篇」(87年)ではセミヌード、アメリカ映画「ミステリー・トレイン」でみごとな完脱ぎを果たす。 エルビス・プレスリーの聖地・メンフィスの安ホテルの一室で恋人とアツいメイクラブを繰り広げたのだ。 「ベッドシーンでは、小ぶりながらもビクッと屹立した乳首が印象的です。 若さゆえの躍動感を感じます。 また、乳首を吸われている時に、感じながら髪を振り乱すしぐさは10代とは思えない。 見た目は二の次で、快楽優先とも取れる女の業が体中からにじみ出ています」(織田氏) 10代ならではの性の盛りがかいま見えるようだ。

次の

浅野温子の現在と昔 息子の正体に、ネット騒然!

薄化粧 浅野 温子

「薄化粧」緒形拳 緒形拳、藤真利子 浅野温子、緒形拳 今回は五社英雄監督1985年製作「薄化粧」をピックアップする。 本作は実話を基にした西村望氏の原作を映画化したもので、緒形拳さんの抑えた演技が冴えるが、「」に比べ、情念の迫力が足りないと感じた。 これは構成が、時系列を曖昧にして、必死の追跡・逃走という大事な側面を薄めてしまっているのが原因ではないかと思う。 逮捕直前のラストにカタルシスが全くなかった。 しかし俳優陣の演技は、誰を見ても素晴らしく、決して悪い作品ではない。 川谷拓三 大村崑、川谷拓三 【ストリー】 昭和23年、ある山奥の鉱業所。 坂根藤吉 緒形拳 は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ 浅利香津代 、息子と3人で暮らしていた。 そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。 坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。 裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子 浅野温子 に接近、親密な仲になる。 そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子を次々と惨殺。 また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑ 宮下順子 とも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子松本伊代 にまで手を出そうとする。 しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。 小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。 この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事 川谷拓三 、松井刑事 大村崑 の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。 留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。 昭和27年、坂根は刑務所を脱走。 以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。 一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。 そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえ 藤真利子 と巡り合う。 坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。 ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。 ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。 最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。 しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。 ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。 彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。 だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。 そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。 久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。 そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。

次の

薄化粧 : 作品情報

薄化粧 浅野 温子

「薄化粧」緒形拳 緒形拳、藤真利子 浅野温子、緒形拳 今回は五社英雄監督1985年製作「薄化粧」をピックアップする。 本作は実話を基にした西村望氏の原作を映画化したもので、緒形拳さんの抑えた演技が冴えるが、「」に比べ、情念の迫力が足りないと感じた。 これは構成が、時系列を曖昧にして、必死の追跡・逃走という大事な側面を薄めてしまっているのが原因ではないかと思う。 逮捕直前のラストにカタルシスが全くなかった。 しかし俳優陣の演技は、誰を見ても素晴らしく、決して悪い作品ではない。 川谷拓三 大村崑、川谷拓三 【ストリー】 昭和23年、ある山奥の鉱業所。 坂根藤吉 緒形拳 は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ 浅利香津代 、息子と3人で暮らしていた。 そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。 坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。 裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子 浅野温子 に接近、親密な仲になる。 そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子を次々と惨殺。 また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑ 宮下順子 とも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子松本伊代 にまで手を出そうとする。 しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。 小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。 この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事 川谷拓三 、松井刑事 大村崑 の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。 留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。 昭和27年、坂根は刑務所を脱走。 以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。 一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。 そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえ 藤真利子 と巡り合う。 坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。 ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。 ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。 最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。 しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。 ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。 彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。 だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。 そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。 久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。 そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。

次の