スシロー くら寿司 はま寿司。 【スシロー はま寿司 くら寿司】回転寿司の特徴と違い徹底比較!

テイクアウト海鮮丼☆くら寿司・はま寿司・スシロー比較

スシロー くら寿司 はま寿司

3大回転寿司チェーン店の くら寿司、はま寿司、スシローの比較を検証します! 今回は• 店舗数• こだわり• そう! 回転寿司って ネタとの素敵な出会いがあるねん! 「あーお腹いっぱいやなぁ・・・ん?! 何やこのきらびやかな赤身は??? あかん、惚れてもたら負けや・・・食べるでしかし っていう感じ??? 恋に似てるやん!! そう 回転寿司って恋やん。 そんな出会の場である回転寿司のお店ってどこがええねん? って思うやん?? せっかく行くならいい出会いほしいやん?? 有名な3つの出会いの場• くら寿司• はま寿司• スシロー これらの特徴見てくで! 目次• 200種類以上のすべての食材において四大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料)を使用していない。 鮮度を保つために時間制限管理システムを導入• 米自体の味が優れている厳選した国産米のみを独自の手法で精米している• 5皿投入に1回、様々なゲームが始まり、当たりが出るとガチャが出来る。 はま寿司• 100%国産米を使用し、毎日お店で数回に分けて炊き上げている。 自動で一定時間経過したお寿司を取り除き、鮮度を保っている。 こだわりぬいた厳選醤油を使用している• 仕入れた鮮魚を毎日お店でさばいている。 スシロー• 鮮度にとことんこだわった新鮮なネタを仕入れている。 国産本わさびと北海道産西洋わさびを贅沢にブレンドしたわさびを使用• 商品単品管理システムを導入• 鮮度と旨みを最大限活かすため、店内で皮引きした鯛やはまち。 くら寿司の5皿食べたら1回ガチャが引ける仕組みは良く出来てるよね! 4皿食べてたら、お腹いっぱいでもあと1皿食べてしまうもんね どこの店舗も 鮮度と食材選びは相当力入れてるのがわかりますね! 値段 くら寿司 1皿あたりの価格は一部を除き100円(税込みで108円) はま寿司 1皿あたりの価格は一部を除き100円(税込みで108円)で、 平日は1皿90円 スシロー 1皿あたりの価格は一部を除き100円(税込みで108円) スシローの平均原価率は50%を超える。 はま寿司の平日の1皿90円は激熱やな!! あとスシローの原価率へのこだわりは凄い。 利益より食材の質を重視しているのが分かる。 以上回転寿司の比較でした! それぞれの良さがあることが改めて分かりましたね!! 正直好みによるところが大きかもですが、平日狙うならはま寿司。 子供連れて楽しむならくら寿司。 食材優先ならスシロー。 というところでしょうか!.

次の

スシロー?はま寿司? 100円回転寿司を徹底比較!【三文】

スシロー くら寿司 はま寿司

日本の心・寿司。 私(中澤)は、かれこれ10年以上、週1~2回のペースで回転寿司屋に通っている寿司ジャンキーだ。 No sushi No life である。 ところで、あなたは寿司屋に行った時、絶対に食べるネタってあるだろうか。 私の場合、鉄火巻は絶対に外せない。 そこで、くら寿司、スシロー、はま寿司の「鉄火巻」を食べ比べてみたところ…… マジかよ!? 全然違うじゃないか! ・鉄火巻サイコー 各社で個性の違う回転寿司だが、イカ、まぐろ(握り)、トロ、さばなど、定番ネタがメニューから外れることはない。 よって定番ネタには実力が出る! その中でも鉄火巻は、基本中の基本。 そのため、実力をはかるにはもってこい…… と個人的には思う。 詰まるところ、私は鉄火巻が好きだ。 大好きだ。 というわけで、主要回転寿司チェーン3社の鉄火巻を 仕事にかこつけて食べる。 それがこの企画のテーマだ。 まずは、はま寿司に行ってみよう。 ・はま寿司 他の2社に比べて新進気鋭感のある はま寿司。 だがしかし、その人気は勝るとも劣らない。 店舗は超満員だった。 鉄火巻は丈短めで1皿6個。 さっそく食べてみたところ…… 衝撃! 経費で食べる鉄火巻がウマすぎる。 握りが若干ゆるいような気がしたが、机に「だし醤油」「日高昆布醤油」「濃口醤油」「さしみ醤油」「まろやかぽんず」の5種類が常備されており色んな味で楽しめるのは良い。 次に、スシローで食べてみよう。 ・スシロー 巨大ネタ・デカ盛り系の豪快な寿司が目立つスシロー。 フライドポテト、かぼちゃの天ぷらなど、寿司屋と思えないほど充実したサイドメニューも強みである。 鉄火巻は丈長めが4つ。 はま寿司 の2倍くらい丈がありそうだ。 食べてみると…… 脂の乗ったまぐろがシャリとジャストフィットしておりウマイ。 ネタの大きさに比べてシャリが少し多すぎる気もするが、なんと言ってもこのボリュームがスシローという感じだ。 ・くら寿司 最後に、くら寿司。 言わずと知れた老舗高コスパ回転寿司チェーンだ。 鉄火巻はスシローと同じく丈長めが4つ。 いざ実食! ウマーーーーーーーー! まぐろの分量が多く、シャリとちょうど良いバランス感である。 さらに、机に常備されているワサビがかなり豊かな風味なのも高ポイント。 ワサビをつけることで鉄火巻の味がビシッと締まる。 それにより まぐろ のジューシーさがより際立つ。 ・鉄火巻は芸術 握りのまぐろとは全く別の味わい。 これぞバランスの芸術・鉄火巻。 というわけで、個人的には くら寿司の鉄火巻が別次元だった。 明らかな差がついた今回の食べ比べ。 ただし、握りのゆるさや具の大きさについては、店舗によって違う可能性もある。 気になった人はぜひ自分の舌で確認してみてくれ。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

テイクアウト海鮮丼☆くら寿司・はま寿司・スシロー比較

スシロー くら寿司 はま寿司

予約のあとに折り返しの確認電話が来るので、これに出ないと注文キャンセルになります。 しばらくしても電話がかかってこない場合、電話番号を間違えて入力している可能性があるので予約完了のメールで間違いがないか確認しましょう。 注文可能なメニューは、注文フォームで全て確認できます。 持ち帰り用のセットメニューと単品での注文も可能です。 ただし、uber eatsのサービス提供範囲は2018年11月現在、東京23区内に限られます。 対応できるかっぱ寿司の店舗も限られますが、使える地域にお住いの方は取りに行く手間が省けるので利用を検討しても良いかもしれません。 かっぱ寿司 uber eatsの対応店舗、概要はこちらからどうぞ。 はま寿司の持ち帰り方法 エントリーNo. 2は、はま寿司。 はま寿司は、店舗に直接電話して注文する必要があります。 したがって、欲しいものをメモしてから電話をする必要があるので面倒です。 母体がすき家のゼンショーグループなので、人の応対を重視してなのか、もしくはIT導入に疎いだけなのかもしれません。 現場のペッパー君はさぞ悲しんでいることでしょう。 僕が三鷹井口の店舗に電話したときは、時間指定には対応してもらえませんでした。 (作っておくので早めに取りに来てくださいというスタイル) 持ち帰り用のセットメニュー(いわゆる桶)だけではなく、単品メニューでも注文可です。 家まで宅配してほしい人は、dデリバリーにて申し込むと良いでしょう。 dデリバリーの詳細は、下記のバナーからチェックしてください。 くら寿司の持ち帰り方法 くら寿司も店舗に直接電話かFAXで注文する必要があります。 ネット注文ができない、 これには正直びっくらポン。 はま寿司同様、スマホ世代には大痛手間違いなしでしょう。 FAX注文の場合は専用台紙が必要です。 各店舗の詳細ページからPDF形式でダウンロード。 一度印刷する必要があるので、超めんどくさいです。 くら寿司では、持ち帰り用のセットメニュー、もしくは単品での注文が可能です。 注意が必要なのは、単品メニューを頼む場合は4皿以上の注文が必須です。 例えば、セットメニューに1皿だけ足すというのもダメみたい。 メニューの確認は以下のURLからどうぞ。 地域によってメニューが異なるので、ページの遷移先からご自身の地域を選択してください。 (下記は東日本のものです。 店舗至上主義でしょうか?ビッくらポンをそこまで引かせたいか!! スシローの持ち帰り方法 スシローは、 ネット注文、電話・ FAX 注文どちらも OKです。 会員登録も強制ではありません。 この時点で、文字を打ち込む手間が増えるので一気にめんどくさい感が漂います。 ただ、電話注文の場合は店舗でのクレカ・現金決済が可能です。 だったらネット注文の時も店舗で決済を選べればいいのになと思ってしまいます。 注文できる商品ですが、持ち帰り用のセットメニューと単品注文が可。 単品注文は一皿からでもOK! セット注文に好みのお寿司を合わせてもいいかもしれません。 調べた限り、楽天デリバリーでも23区内は宅配ができそうです。 結果発表! 大手回転寿司チェーン4社の調査が終わり、以下のような結果となりました。 ネット注文ができる• 支払いは店舗でできる(現金可)• Uber Eatsが使える(一部店舗のみ)• 会員登録が不要 『寿司が食いてえ!』と思いたってから、注文完了までの流れに一切の無駄がありません。 一時は経営不振が囁かれたかっぱ寿司ですが、商品購入までのフローを簡略化している点が高評価でした。 スマホが使えない世代向けに電話注文の手段も選べる点も評価として外せません。 宅配はまだまだ弱いですが、今回は持ち帰り王決定戦なので減点は最小限に抑えられました! ユーザー目線に立った企業努力で、みごと1位に輝きました! 次点には、スシローがランクイン。 スシローはかっぱ寿司と同様ネット注文が可能ですが、 ネット注文の場合はクレジットカード決済が必要である点が評価に響きました。 現金派の人にとっては見逃せないポイントでしょう。 Webのクレジットカード決済は注文後に店に取りにこない客を防ぐための仕組みだと思われますが、身の保身に走った結果、ユーザビリティの低下を招いてしまいました。 あとの順位は正直どうでもいいのですが、強いていうなら はま寿司 > くら寿司 でしょう。 どちらも電話注文のみですが、はま寿司は宅配が多少融通が効くようです。 くら寿司は持ち帰りユーザーにとっては最悪の結果に。 完全に店舗至上主義なのか、持ち帰りにはあまり力を入れていないように見受けられます。 というわけで、第一回の王者は、 に決定しました! 回転寿司を持ち帰り予約したいと思ったときに、この無駄な知識を生かしてください。 ケイスケでした。

次の